記憶なんてアテにならないもの ~ 初めて聞いたマーラー2番は、シカゴじゃなくロンドン

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

長いタイトルでごめんなさい、あと、この2日間「ブラームス、ヤルヴィ、フランクフルト、みなとみらい」で検索してここにたどり着いたかたがた、全然感想も書いてなくてついでにごめんなさい。コンサートの感想は近いうちにきっと書きます。

ところで、書くべき内容はタイトルでおしまいです。
私がこよなく愛する曲である、マーラーの交響曲第2番ハ短調「復活」を初めて聴いたのは、たぶん中学校2年生くらいのこと。NHK-FMで流れたのでした。後述するとおり、ライブではなくレコードがかけられたのでした。
それまでは「運命」「新世界」「未完成」だった私の平凡な耳に突然飛び込んできた、この長大でドラマティックで大仰な曲に、一発でやられちゃったのでした。さほど期待するでもなくエアチェックしていた90分テープ、たしかソニーのDUAD(歴史が感じられますな...)でしたが、もうすり切れるくらい繰り返し繰り返し聴きました。おかげで、未だにこの演奏が私にとっての「復活」のスタンダードです。

で、このときの演奏の指揮者が「サー・ゲオルグ・ショルティ」でした。
おかげで、私の中では「ショルティ=マーラー=最高」という単純な方程式が成立してしまい、NHKで時折かかるマーラーがノイマンだったりするとものすごーくがっかりしたものでした。今はそんなことなく、いろんな演奏をそれぞれに楽しんでいますけどね。
前後して、ショルティがシカゴ交響楽団という名門オーケストラの常任指揮者であることを知り、方程式の項がひとつ追加されました。「ショルティ=シカゴ響=マーラー=最高」というわけです。長年にわたって私はこの方程式に支配され、もちろん、「復活」といえばショルティ=シカゴが最高であり、私のマーラー生活の原点なんだと思い込んで生きてきました。

さて、時代は下って今年の初め、私は思い立ってショルティとシカゴ響によるマーラーの交響曲全集を購入しました。もちろんCDで、しかも8000円くらい。やすくなったもんです。
当然、最初に聴くのは2番です。あのときのあの演奏が...聞こえませんでした。
そう、マーラー好きのかたがたにはすでに推察がついているとおり、私がFMで聴いた演奏は、ショルティはショルティでもシカゴ響とのものではなく、ロンドン交響楽団とのものだったのですね。
ああ、記憶なんてアテにならないものです。しかも、これほど思い入れのある事柄に対して。

ええ、買ってきましたよ、ロンドン交響楽団とのCD。HMVの池袋メトロポリタンプラザで、1390円でした(なんと、今ネットで見たら900円以下じゃないですか。これ、未聴なら買い!です)。確かに独唱者もヘレン・ワッツとヘザー・ハーパー、これはうっすらと思えてました。
聴いてみると、確かに「あの復活」が聞こえてきました。唯一無二のものだった当時ほどの思い入れこそありませんが、ほとんど一瞬にして引き込まれた当時の感覚はよみがえってきます。違うのは、第4楽章から第5楽章の肝心なところでテープの切れ目がやってきて、手動でひっくり返した空白が存在しないこと。
それでも、「あの復活」がコンサートのライブ収録放送ではなく、レコードを音源としたものだったからこそ、今でも同じ演奏を聴くことができたのです。記憶は違っていましたけどね。

このエントリは、クラシカ・ジャパンで放映されたブーレーズによるマーラー交響曲第2番「復活」を聴きながら書きました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/808

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年6月 8日 15:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小倉クリームパンケーキ」です。

次のブログ記事は「クイジナートのハンドブレンダーを久しぶりに使う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja