2008年6月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

前回は、クリームを固く泡立てすぎたり、ジャムの水気を飛ばしすぎたりと失敗が重なったブルーベリーのパンケーキに再チャレンジしました。

パンケーキ自体は、なんの工夫もなくホットケーキミックスを使い、型を使って12cm経で4枚(ミックスが140g、卵一個、牛乳110mlくらい)を焼きました。
今回はなぜか型からうまく外れてくれなくてちょっと苦戦。前回に比べると記事に水分が多かったからかもしれません。

クリームを泡立て、ジャムは水気を飛ばさないように少しずつ確認しながらレンジで加熱、飾り用の生ブルーベリーは表面をきれいに磨いて万全を期しました。
結果としては、クリームは少し間をおいている間に予定より固くなってしまい、当初のイメージ通りにはなりませんでしたが、それでもまあ、前のよりはちゃんとできたんじゃないでしょうか。

カロリーが結構高めなので、お昼ご飯は軽めにしなくては...

今日の朝食ではなく、先週の日曜のものです。
今朝は冷蔵庫にめぼしい具がなかったので、簡単にホットケーキミックスで当たり前のパンケーキを焼いて食べました。

さて、写真でおわかりの通り、パンケーキを焼いてハムとサラダをのせただけ、実にシンプルですがおいしいし、ちゃんとした朝食になります。
パンケーキの記事は薄力粉とベーキングパウダー、卵、牛乳、サラダ油と至って当たり前のもの。砂糖も8gだけ入ってます。ハムは新宿の高島屋でおいしそうなのを買ったんだっけかな。サラダは近くのスーパーで売っているベビーリーフのセットもの、ざっと洗えばいいのでお手軽です。

パンケーキの側面でおわかりかと思いますが、型を使って丸く焼きました。直径12cmのものです。
初めて使ったのでうまく抜けるか不安でしたが、マニュアル通り薄くサラダ油を塗って使ったら意外にスムーズでした。これまで小さめに焼こうとして形が崩れちゃっていましたので、こんなに簡単なら早くから使っておけば良かった。やっぱり便利な道具は使わないと損ですね。

先日取り上げた週刊東洋経済の特集、『最強の「読書術」』で紹介されていたのがきっかけになったのか、この数日間で「Soundview Summaries」「Soundview Executive Book Summaries」といった検索語でたどり着くかたが多いようです。
Google検索でなんとトップに表示されるのが、下記のページです。

 「ビジネス書ダイジェストのススメ ~ Soundview Executive Book Summaries」

上の記事にも書きましたが、このサービスは毎月2~3冊ずつ、アメリカで話題のビジネス書を8ページのサマリーにして届けてくれるというものです。
サマリーの内容は、PDFファイル、HTML、マイクロソフトのeBook、PalmのPDAで読むdoc形式、そしてサマリーを朗読した音声ファイルがMP3で提供されます(なお、4ページの書評については朗読データはありません)。この中から自分にあったものを選んで読めば(聴けば)、あまたも今日から国際ビジネスマン...かも。
東洋経済では、日本語だけでは周回遅れ、なんていう刺激的な文字も躍っていましたが、たしかに翻訳を待たずに話題の本を「読んだ気になれる」というのは大きいでしょうね。サマリーでも中心となるアイディアはちゃんと理解できますし。

1年契約で、価格は情報を届けてもらう媒体によって変わります。
一番高いのは、サマリーの印刷物とCDのセットで$199、続いてCDのみが$189、印刷物のみが$179、そしてお得なオンライン契約が$119です。2年契約、3年契約ならばここから割引があり、さらにお得です。
CDはEnhanced CDになっていて、上記のファイルが収められているほか、CDプレイヤーで音声を聞くことができます(もちろん、iTunesなどでリッピングして携帯プレーヤへの転送も可能...てか、MP3ファイルも入ってますけどね)。

私は前回の更新からCD送付からオンライン版へ変更しました。なんといってもこれだけで$70の差は大きいです。
PDFファイルも好きなときにオンラインで取り出せるので、メディアなど不要(契約したときには、オンラインのみという形態はなかったのです)。
申込はとても簡単で、Soundviewのサイトからすべてオンラインで済ませることができます(右端にある、「Subscribe Now, Click here」というバナーからどうぞ)。クレジットカード決済ができますので面倒はほとんどありません。

Subscribeすると、オンラインでのユーザー登録ができるようになります。
だいぶ前なので手順は忘れてしまいましたが、たしか契約時のNo.を入れてメールアドレスやらを登録した記憶があります。ユーザーIDとパスワードは、自分で設定できます。
私の場合、CD送付の契約後にオンラインサービスが始まったので、最初からオンライン版で申し込むと手順は少し違っているかもしれません。

以後は、サインインすると好きなときに「My online summaries」にアクセスして契約が始まってからのすべてのサマリーを好きなときに取り出すことができます。
私の場合、2005年12月分からの契約ですので、これまで32ヶ月分のサマリーにアクセスができます(残念なことに、さらにさかのぼってアクセスが可能になるサービスは、今のところありません)。
PCでの利用はもちろんですが、普段持ち歩いているイーモバイルのEM・ONEでもサイトへのアクセス、データのダウンロードともに問題なくできます。携帯電話でも可能だとは思いますが、PDFファイルは600~700KBあるので試したことはありません。PDFファイルを携帯電話で表示させてみたことはありますが、画面サイズや表示領域の点であまり実用的とはいえませんでした。
MSのeBook形式ならずっと小さくなるようですから、試してみても良いかもしれません。Pocket PC用のReaderもありますし。私が以前PCで試したときには、フォントサイズの調整がうまくいかなかった記憶があります。もちろん読む分にはちゃんと読めました。

私の場合、アナログではありますが(あと、環境にも優しくないのですが)、PDFファイルをプリントアウトして読むことが多いです。もとがレターサイズなのでA4に印刷するとちょっとだけ小さくなりますが(97%くらい)、読むのに不便なほどではありません。
画面で読めないことはないのですが、EM・ONE程度の表示領域ではどうしても拡大表示しないと辛いですし、途中でどこを読んでいたかわからなくなってしまったり。やはり紙はラクです。
もしPDAや形態で読もうとするならば、一手間かかりますが、HTML形式から文字情報だけを(サマリーではイラストや図はまず使われないので)コピーしてテキストファイルにしてしまうのが一番かもしれません(PDFからも選択してコピーできますが、HTMLからのほうが改行などが入っていて読みやすいです)。

英語が不得手で、というかたには、HTML形式がおすすめです。
ブラウザで表示させてから、Googleツールバーのボタン一発で翻訳すれば、まあなんとか内容の理解の助けになる程度の日本語にはなります(もっとも、一度に翻訳できる分量に制限があるのか、後ろのほうが英語のままだったりしますが)。
このあたりは、英語リーディングの訓練と情報収集とを同時にやろうとするか、情報だけを効率よく採り入れるかによって選べば良いと思います。

さて、音声ファイルのほうですが、私はたまにしか聞きません。
さすがに英語圏で売ることを前提とした商品なので、読むスピードはもちろん速いです。よほどがんばらないと、途中で呪文になってしまいます。通勤中に聞いていても、ふと車内アナウンスに気を取られた瞬間に話が見えなくなることも。
テキストを眺めながら音を聞くという方法ならば、ついて行けるんじゃないかと思います。ただし、サマリーそのものを読むのではなく、いちぶ表現が違っていたりするので要注意(おそらく朗読は最終稿じゃなく手前くらいの原稿をもとに吹き込んでるんじゃないかと推測)。

良いことずくめのようなサービスですが、送られてくるサマリーは向こうで決められていて、選ぶことはできません。
アメリカでの流行り廃りがあるのか、最近ではリーダーシップに関する本がやたらに多いのですが、ジャンルを絞ることもできません。年に30冊ほどのビジネス書サマリーが来るけれど、そのすべてが苦労して英語を読んだ甲斐があったものになるとは限りません。むしろ、5冊に1冊くらい自分の問題意識にあっていたものがあれば、良しとする程度かも。
さらには、ちょっとぼーっとしていると積ん読(実際には積まれてもいませんけど)になっちゃう危険性もありますので、$119の価値があるかどうかは活用次第です。

300ページの原書を読むには、たとえば私の場合だと(他の読書も並行していることもあって)半月くらいかかっちゃいます。
本当にしっかりと読み込みたい本があればそれでもかまいませんが、まずは主たるアイディアだけを拾うことが目的ならば、サマリー送付サービスはそれなりにリーズナブルな選択ではないかと思います。月々にしたらたかだか1,000円ちょっとの出費ですから、ちょっと無駄遣いを減らせば良いくらい。
興味があるなら、まずは1年間、契約してみて判断してはいかがでしょうか。

「週刊東洋経済」2008年6月21日号の特集、『最強の「読書術」』を読みました。
感想は、私が取る立場によって大きくふたつの方向に分かれます。

ひとつは、会社員として仕事を進める上での情報収集手段として本を読む立場です。ここに立ち止まっている限りにおいては、特集記事にはそれほどの違和感はありません。
おそらく「週刊東洋経済」の読者のほとんどはこの立場から記事を読んでいるのでしょう。ここでいう「読書」とは、仕事のために情報や手法を吸収するための手段に過ぎません。ものすごく乱暴な表現になりますが、「金儲けの手段としての読書」といえます。

違和感こそないものの、個人的には金儲けのために本を読むことは、決して得意ではありません。面白くもない本を勉強と称して読むのは昔から嫌でしょうがありませんでした。読書感想文を課せられると、どんな本でも灰色に見えるのと同じです。
こうした週刊誌の特集記事だけでなく、速読術や読書術の本が売れたり、その手のブログ記事が人気を博したりしているのを見ると、多くのビジネスパーソンや起業家およびその予備軍が必死になって「勉強」しているのが実感できます。勉強が好きで得意な人はともかく、嫌いな人たちは大変ですね。
仕事をする上での情報収集をサボるわけにもいかない会社員としての私は、こうした特集記事を否定しませんし、実際に似たような読み方もするのですが(事実、1時間もかけて読むのは単なる時間の無駄、という本もたくさんあるので)、どこかにひっかかりが残ります。

東洋経済の記事の中では、最初に登場する本田直之氏や3人目の佐藤優氏など、何の疑いもなく金儲けのために本を読み続けているようで、むしろうらやましささえ感じます。
本田氏などは、読書術で一山あてたと思ったら、時間術だの英語勉強法だのと良くやるわ、と感心します。立派な商人です(皮肉ではなく、本当に立派だと思います。ただしとうてい友人にはなれそうにありませんが)。
もちろん、雑誌に掲載された彼らの「読書」はほんの一面でしかない可能性はありますので、記事だけから判断してもいけないんでしょうけどね。

さて、本を読むもうひとつの立場は、もちろん仕事のためとか出世のためとか考えずに、ひたすら読むことを楽しむというものです。
この立場に立ってしまうと、この特集記事は気持ち悪さと居心地の悪さのあまり鳥肌が立つ代物とさえいえます。

書いてある内容が何であれ、読んでいる時間を純粋に楽しめるのが読書。
もちろん、書店で見かけてから実際に読むまでの時間や、読後の疲労と満足感のあい混じった気分、そして時間が経ってから残るフレーズや光景やアイディアなど、すべてのプロセスにも読書の楽しみはあります。
仕事のためにひたすら効率を追い求める「読書」は、こうした楽しみ方を捨て去って成立しているものです。雑誌に登場する齋藤孝氏などは、「人間力を鍛える読書」にも3色ボールペンなどという「情報管理技法」を持ち込んでしまう。それは効率的かもしれないけれど、趣味や楽しみに効率やテクニックを持ち込んでしまうことは、本好きとしての私には耐えがたいことです。だいたいにおいて「よーっし、本を読んで人間力を鍛えるぞうっ」などと気合いを入れているひとなんて、個人的にはおつきあいしたくありません。
ボールペンを片手にニーチェを読むなんて、何をそんなにがっついてるんだか、と考えてしまう私は、本読みとしてはかなり保守的で頑固なほうなのでしょう。

単純化してしまうと、金を稼いで資産を増やすための投資活動としての読書と、時間と小遣いの消費活動としての読書との間には、とてつもなく大きな断層があります。
最近は本を読むことの大切さが強調されることが多いように感じられますが、いささか前者が強すぎるように、私には感じられます。「読書」などという、時間と金の無駄でさして役にも立たない割にはやたらと理屈っぽく湿っぽい人間を作り出してしまう、けれど(だからこそ?)私がこよなく愛する行為を、投資だのレバレッジだの3色ボールペンだのくだらないもので飾り付けるんじゃないよ、と思う。

東洋経済の記事によれば、親が読書に親しんでいればその子も読書好きになる確率が高いそうですが、親の「読書」が消費ではなく投資一辺倒だったとき、その子は本を楽しいものと感じるでしょうか? それって、学校の勉強と変わらないのでは?
読むきっかけが仕事上の焦りや将来への恐怖でああったとしても、読むことそのものへの愛情が生まれなければ、長続きはしないでしょう。部長になった途端に勉強をやめちゃうだけ。
その意味からは、速読術やフォトリーディング、3色ボールペンなどのテクニックを示すのは、雑誌を売る、ノウハウ本を売るという商売としては理解できても、ものすごく短期的な付け焼き刃に過ぎないようにしか思えません。本来は子供に対するのと同じで、本を読んで新たな知識を得ること、新たな価値観や世界観に触れることの楽しさを、伝えるべきなのではないでしょうか。記事に登場したかたがたや、紹介されたブログの書き手からも、そうした観点での発言を引き出すことは、決して不可能ではなかったはずです。

結論としては、この特集記事は雑誌の寿命と同じく、せいぜい1週間しかもたない、蜻蛉のような存在であったというべきかもしれません。

短時間で検索をしてみたところ、読書が「自己投資」のためのものとして語られることの多さに疑問を呈している記事が見つかりました。
「自分がマイノリティなのか、マジョリティなのか。。。(改行)気になるところです。」とのことですが、「自己投資」のためにしか本が読めないひとは短期間で本を読まなくなるでしょう(きっと自分が満足する程度まで出世したり、稼ぎが増えたりしたら面倒なことはやめちゃうでしょ)。なので、人生80年で考えれば、ひたすら楽しんで読むひとのほうが、マジョリティだと私は思いますよ。

 「読書術って。。。」(乱読日記)

※ トラックバックしようとしたら、受け付けてませんでした...

金曜の夕方からのオペラ鑑賞でしたので、まず問題は開演に間に合うこと。
会社をジャスト定刻に出て電車に伸び乗り、なんとか軽食を取って開演前に席に着くことができました。私よりも少し通勤時間の長い妻は、残念ながら空腹での第一幕に。

演目はロッシーニの「チェネレントラ」、ただし会場となったホールの宣伝用バナーには「シンデレラ(チェネレントラ)」となっていました。このほうがお客が多くなると踏んだのでしょうか。ディズニー映画の内容を期待されて、逆効果じゃないかと思うんですが。
第一幕の開始直前で、会場は7分の入りといったところ。中央ブロックの4~5列目でさえ空席が目立ちます。今頃イライラしながら電車に揺られているのか、しつこい上司に心の中で悪態をついているのか...

私が行ったのは、東京文化会館などのメインの会場ではありませんでした。S席で13,000円という高コストパフォーマンスです。
もとよりバルチェッローナもシラグーザも登場予定のない回でしたので、来日直前になっての怪我によるバルチェッローナのキャンセルは影響ありません。他の会場では払い戻しなどもあったようですが、たしかに特定の歌手目当てならば気持ちはわからないでもありません。
とはいえ、それならソロリサイタルを聴きに行けばいいのであって、歌手一人でステージの価値が決まるわけでもないでしょうに、とも思います。

初めての会場でしたが、ついて最初に思ったのは「オーケストラピットが小さい!」でした。
まあ、あまり大人数のオケが入っても歌とのバランスが崩れてしまうでしょうけど、たかだか20人程度しか入りそうにないピットには少々不安を感じざるをえませんでした。
不安はある程度あたっていて、どうしても弦の音が管にかき消されてしまったり、その管がときおりとちったりとオーケストラに関しては決して高水準とはいえない演奏であったといわざるをえません。

とはいえ、オペラの場合は演奏会とは違って、歌を楽しめるかどうか、舞台が楽しめるかどうかのほうが重要です。
その点では、ダンティーニ、ドン・マニフィコあたりの重要な脇役がしっかりと歌える人たちだったので、次第にオケの弱さは気にならなくなっていきました(このオペラの場合、この二人がしっかりしていればだいたいうまくいくように思います)。主役のチェネレントラも出だした固かったのか、声の通りが悪かったように感じられましたが、後半は見違えるように。もしかしたら力を温存していたのかと勘ぐりたくなるほど。
王子が少々弱かったのが残念でしたが(というか、直前に「クラシカ・ジャパン」で録画しておいたフローレスで予習したのがいけなかった)、全体としては満足の行く水準でした。もちろん、チケットが安いというのもありますが。

私はこのオペラ、どうも終盤の展開がかったるく感じられるのですが(最後の披露宴のシーンはまるごと要らないんじゃ? と思ってしまう。お説教臭いし、チェネレントラが偽善っぽいしね)、実演で観ると、テレビ鑑賞よりもずっと引き締まって感じられました。テレビではそれほど集中していないということの表れかも。
音のバランスがしっかり取られていて、歌もしっかりと聞こえるテレビ鑑賞も良いのですが、実演の迫力にはかないませんね。

さて、歌手陣の中でのMVPはなんといってもダンディーニ役のオマール・モンタナーリでした。カーテンコールでの拍手ももちろんひときわ大きく、この舞台の満足感の半分くらいは彼の功績といって良かったかも。
終演後も自宅まではすぐ近くでしたから、3時間弱の演奏時間が全く苦にならなかったのも大きいですね。心にゆとりがあると音楽を楽しめる度合いも違います。
椅子の座り心地が悪く、翌日の夜まで背中が痛かったのが最大の問題だったかも。次の機会があったらクッション持参しようかな。

<2008.6.26追記>
トラックバックが一件届きましたが、当記事への言及を全く含まないものでしたので、私の基準により削除しました。
同じ「チェネレントラ」公演についての評でしたので多少迷ったのですが、まったく言及のないトラックバックでは単なる宣伝と同じですので。あしからず。

「フルーツゼリーパンケーキ」なんて書くと、いかにもゼリーを使った新作オリジナルパンケーキのようにも感じられますが、なんのことはない、冷蔵庫にあったフルーツゼリーを乗せただけです。
透明なゼリーに桃の果肉が入っているタイプだったので、果肉とゼリーとを分けて乗せました。

昨夜、ロッシーニの「チェネレントラ」を楽しんだ余韻が残っていたので、作曲者にあやかってグルメパンケーキと行きたいところでしたが、適当な材料がありませんでした。

今回のパンケーキは私は本当に焼いただけ。乗せるものを考えたのは妻です。
ちょっと甘めにしたかったので、小麦粉とコーンフラワーを半分ずつ使い、砂糖を16gと普段の倍に増やしました。これでも、市販のミックスに比べるとだいぶ低糖だと思うんですけど。
あとはいつも通り、ベーキングパウダー、塩、卵、ミルク、サラダ油です。
生地にもしっかりとした味と甘みがあって、おいしく焼き上がりました。

アイスも先日まではスプーンで一生懸命にすくい取って乗せていたんですが、ようやくディッシャーを買ったのでかっこよくなりました。
メープルシロップもかけておいしい朝食のできあがり、30分もかからないのでとっても簡単です。

朝食のために買っておいたソーセージと野菜が使えなかったので、ランチで使うことにしました。
土曜日に買ってきたそば粉を使って、ガレットに初挑戦です。

ネットでいくつかのレシピを見たのですが、当然ながら十人十色です。
最大公約数としてはそば粉単独か、もしくは小麦粉と混ぜて水や牛乳で溶くこと。卵は入れたり入れなかったり。
今回はそば粉と小麦の全粒粉とを8:2で混ぜて塩を少々、水だけで溶いてのばしました。正解なんてないのでしょうから、やってみて失敗したら次回直せば良いし。

二人分(2枚分)の具材はタマネギ半分、アスパラガス4本、粗挽きソーセージ4本、ルッコラ、卵です。タマネギとアスパラ、ソーセージは食べやすい大きさに切って軽く炒めておきます。
フライパンに生地を流し、表面が乾いたら具材を乗せ、ルッコラを適当に散らしたら中央に卵を割り、軽くコショウとオリーブオイルをかけてふたをして蒸らします。今回はあまりうまい具合に卵に火が入ってくれませんでした。やっぱりオーブンがあったほうが楽そうですが、ないものは仕方ありません。

うちにあったフライパンでは直径20cm強が限界だったのと、ちょっと具が多かったので包むのは断念。オープンサンド風というか、ピザ風というか、まあ見た目の通りの食べ物になりました。
味はとても良かったですよ。そばの風味もちゃんとあって、ルッコラもとても香りが強くておいしかった。また適当な具を見つけたらやってみようと思います。

しまった、ベーキングパウダーを買っておくのを忘れてしまいました。
よって、本日の朝食は簡単にホットケーキミックスを使います。
本当は、ソーセージとルッコラとアスパラを買ってあったのですが、砂糖がたくさん入っているミックスとはちょっとあいそうにないので、これはランチに回しましょう

とはいえ、そのままではおもしろくないので、冷凍食品のブルーベリー/ストロベリーミックスがあったので、これをレンジにかけてジャムにし、ホイップクリームと合わせてみました。
クリームはクリームだけでのせ、上からジャムをかけるつもりが、うっかりジャムに加熱しすぎました。ほとんど水分が飛んだペースト状になってしまったので、やむを得ず混ぜてしまうことに。
視覚的におもしろみがなくなったのでバニラアイスも添えてみました。うーん、ちょっとハイカロリー。

味のほうは、まあ見た目の通りです。
冷凍食品のベリーがあれば、グラニュ糖と混ぜてラップをかけずにちょっとレンジで温めるだけですので、とても簡単です。たぶん4~5分でOKと思いますが、様子を見ながらやってみてください。

前日までの雨が上がって久しぶりに行楽日和の日曜となった6月1日、一日がかりの模様替えは午前9時頃から午後6時まで、断続的に9時間をかけてなんとか終了しました。

模様替えのきっかけとなったのは、この日やってきたワインセラーです。
デパートからワイン関連イベントの案内が来ると、いそいそと午前中からでかけてはたっぷりと試飲を楽しむのですが、そこは小心者なので飲むだけ飲んで帰るということもできず、だいたいは何本かを買うことになります。
だいたい、12本までは送料が同じなので、それじゃあとばかりにギリギリまで買ってしまうのは貧乏根性の表れでしょうか。いずれにせよ、飲むスピードよりも買うスピードが速くなってしまい、この冬で60本近くのワインが家に転がっている有様。

平均すれば2~3000円のワインばかりなので、全部飲んじゃえばいいのですが、結婚年のワインを見つける都度買ったり、上記のイベントでも一本くらいは値段の高いのを買うこともあります。少し高めのものは、誕生日とか記念日に開けたいと思えば、結局自宅である程度の期間は保管せざるをえません。
自宅で一夏置いちゃダメだよ、と言われたこともあったので、梅雨入り前には決着をつけようとサクラの咲く頃から本格的に検討を始め、4月の終わりには発注をしました。納期が少しかかってしまい、約1ヶ月後の日曜日にようやく到着。何とか入梅に間に合いました。

購入したのは「フォルスタージャパン」の70本収納可能なタイプ。ガラス扉は見栄えがよい一方で消費電力が跳ね上がるので(値段も多少)、扉タイプのものです。
冷静に考えれば、セラーに保管したいワインは10本程度なので、コンパクトな12~18本収納のタイプにしておけば良さそうなものです。とはいえ、3000円くらいのものでも買ってきてその場で飲むわけではないし、夏場の東京で室内に置いておけばまずくなるのは必至。
30本を超えると背が高くなるだけで、設置面積はそれほど変わらないこともあって「大は小を兼ねる」という結論に達したわけです。
ワインセラーの値段はピンキリですが、ネットで調べてみると安いものは安いなりの品質だという情報が多く、失敗しても捨てたり買い換えたりというのが簡単ではない(処分料もかかりますしね)ので、定評あるものにしておきました。

さて、東京にいれば実に多くのワインショップがあります。
飲みたいときに、ショップでしっかりと保管されていたものを買ってくれば良く、自宅でセラーを持つ必要なんかない、という考え方もあるでしょう。
一方で、思い立ったときにすぐ買いに行けるわけでもないし、上に書いたように結婚年のワインを記念日に、等といったときに確実に店頭在庫があるとは限りません。行きつけのレストランで、記念日に必ず予約を入れておいて...というライフスタイルでもないですしね。
収納本数の考え方はいろいろあるでしょうが、気に入ったものを自宅に置いておき、好きなときに飲めるようにしておける自宅セラーは、やはり便利じゃないでしょうか。
そんなこんなで、わが家には小振りな冷蔵庫サイズのセラーが居座ることとなりました。

配送のかたが設置後、1時間ほどおいてから電源を入れておいたところ、3時間ほど後には庫内温度が12~13℃を指すようになりました。
奥の部屋からワインを運び、ホコリをはらって収めます。買ったときの値段を忘れないよう、上部にカラーシールを貼り付けました(ちとセコいですが)。改めて全体を見ると、3000円くらいのワインが多いのに気がつきました。
店頭で試飲するとけっこうおいしくて、値段的にもそれほど抵抗がなく買えるのですが、いざ飲もうとするとデイリーにするにはちょっともったいないし、かといって記念日に開けるほどでもない、ということで残っちゃうのですね。逆に2000円くらいまでのワインは普段の食事で飲んじゃうので、かなり回転していてそれほどたくさんはありません。
これからは、気軽に開けられる2000円くらいまでと、がんばって(?)飲む5000円以上にはっきりと目的別に買ったほうが良いかもしれません。

さて、ワインセラー到着記念はもちろんワインを開けて祝ったのですが、室内に置いてあったものは少し温度が上がってしまっていたので、近いうちに飲もうと冷蔵庫に移してあった安いのを飲むことになっちゃいました。残念。
ワインのお供は、スーパーで特売になっていた牛肉を見つけたので、タマネギとマッシュルームを追加してビーフストロガノフにしました。味付けを考えるのが面倒だったので、今回は手抜きして市販のルーを使いました。タマネギを2倍にした以外は箱のレシピ通りに作って所要時間は1時間弱。もちろん、普通においしかったですよ。しかも簡単で、ワインにもあったし。

模様替えは食器棚の移動もあって、中身を出してしまってとけっこう面倒でしたが、なんとか日のあるうちに終わって良かった。
あまり高カロリー、高アルコールの食生活はよろしくないのですが、適度に楽しもうかと。とりあえず健康診断を乗り切ってからにしないといけませんが...

冒頭からいきなり演奏会の話題じゃないのですが、このオーケストラ、本当は「Das hr-Sinfonieorchester(hr交響楽団?)」というのですな。
この名前じゃ、どこの楽団なんだかわかりにくいので、「昔の名前で出ています」ということでしょうか。

さて、私が行ったのは6月7日(土)に横浜のみなとみらい大ホールで行われた、パーヴォ・ヤルヴィ指揮によるフランクフルト放送交響楽団の演奏会、ブラームス交響曲全曲演奏の初日です。第2番と第4番のほう。
日曜日の演奏会とだいぶ迷ったんですが、横浜まででかけて行くには、土曜日の方が良かろうということで選びました。3番よりは2番が好きでしたし。
5月も半ばを過ぎてから「なんか演奏会にでも行ってみようか」と動き始めたため、エレーヌ・グリモーとのベートーヴェンピアノ協奏曲第5番、CD発売したばかりのブルックナー交響曲第7番という、サントリーホールには間に合いませんでした。残念(きっと当日券もあったのでしょうけど)。

チケットを買ってからは、毎日の通勤時間はブラームスのヘビーローテーションにより予習を続けました。聴いたのは、ベーム、バリビローリ、ボールト、ヴァント、ベルグルンド、シャイーなど。
こうして毎日のように整えられたCDの(正確にはCDからリッピングしたAACの)音を聴いて過ごしたのは、あとで書くようにちょっと失敗だったかもしれません。
それでも、当日までには曲の流れや特長はほぼつかんだ状態には、なることができました。

もともとブラームスは、聴いていて不快ではないけど、ものすごく好きなわけじゃない、という位置づけの作曲家でした。
なんていうか、反ワーグナーの代表格にされちゃったとか、良く見かける髭面の肖像のイメージもあって、「頭の固い守旧派のじいさん」的な印象があるじゃないですか(私だけですか?)。クララとの仲がどうだったのかはわからないけど、結局独身だし。
中学校の頃に受けたそんなイメージが先行してしまい、あまり真剣に聴いてなかったのです。
最近になって、交響曲や協奏曲を中心に、ようやくちゃんと聴き始め、聴いてみるとかっちりとした構成の上のメロディの美しさや楽器の使い分け、音の受け渡しの巧みさなどの魅力がなんとなくわかってきたところ。
生の演奏に触れることで、ようやくきっかけができたブラームスとの仲を少し進展させられる(笑)のではないか、という期待もありました。

さて、上の方でCDを聴き続けたのは失敗だったかも、と書きました。
コンサートホールは久しぶりでしたし、席も直前に買ったのでA席の後方左側、それほど音響面では有利な場所ではなかったこともあって、バランス良く整えられたディスクの音に慣れきっていた私の耳には、最初のうちどうも違和感が残り続けました。
弦楽器と金管、木管とのバランスがときおり崩れて聞こえるように感じられるし、個々の音が突出しすぎる(視覚的に演奏者が見えているからというのもあります)ようでもあり、「あれれ、生演奏ってこんな感じだったっけか?」と軽いパニック。
おかげで前半の第4番の第1楽章は、こちらが調整しきれないままに終わってしまったように思います。席の問題から、思っていたよりも音が小さくしか聞こえなかったのも要因だったかもしれません。

それでも、曲の後半に進むにつれて、個々の要素を楽しみながら全体をとらえられるようになってきました。なんとか耳のほうも順応したみたいです。
第4番の後半はあまり感情過多にならず、抑え気味ながらしっかりと抑揚もある演奏は、奇をてらわず思いの外オーソドックスなものであったように感じられました。これはまあ、私の好みに合致していたから、ということなのかもしれません(ブラームスかくあるべし、という定見が私にあるわけではないので)。

プログラムの後半が第2番であることについては、当初「何でだよ、やっぱり4番があとだろ」などと思っていたのですが、これは大間違い。
後半の第2番は前半を上回る好演だったように感じられました。しっかりとそろって美しい音色の弦楽器がフルに活躍していましたし、管楽器も(ミスなしとは行きませんでしたが)最終楽章のラストに向かってどんどんとパワーを上げてきたよう。第2楽章の美しさも、第4楽章の大団円も、すべてを堪能できました。
たしかにこの順で聴くと、後半が第2番のほうがスッキリと終わりますし、プログラムとしては正解なのでしょうね。

さて、今回はA席で12,000円でしたが、この値段って最近の安くなったCDだと10枚分にもなる値段です。今回は二人で聴いたので、24,000円。たしかに安くはありません。
でも、演奏会はCDと違って再現のできないもの(収録されてCDになることも、あるでしょうけど)。オーケストラのメンバーも、指揮者も、才能に恵まれ努力も怠らずに成功を収めた演奏家が、ほんの2000人ほどのために演奏を披露してくれる一期一会の場といえるわけです。そう考えると、CDやiPodで1人で音楽を聴くのとは、異質の体験といわなければなりません。
演奏そのものだけでなく、会場の雰囲気や鑑賞側の姿勢など、二度と再現のできないその場限りの演奏会だからこそ、満足できるものだったときの感動は忘れがたいものになります。
久しぶりのコンサートで少しとまどいもありましたが、非常に満足の行く演奏会でした。

本日は連投です。

アクセスログに出てくる検索語を見ていると、「クイジナートのハンドブレンダー」が意外に多いのですね。購入を検討している方が結構いるのでしょうか。
シチューを作った際に使って以来、フードプロセッサや泡立て器の代わりには使っているのですが、ブレンダー自体は動かしていませんでした。

そこで、今日の夕食にはカボチャの冷製スープを作ることに。
非常に簡単な作り方で、カボチャを適当に切ってレンジでチン、柔らかくなったところに他の材料を入れてブレンダーでつぶしながら混ぜるだけ。できあがったら冷蔵庫で冷やして完成です。
レシピは少し前に買った本、「クイーン・アリスの永久保存レシピ (別冊家庭画報)」に載っているものです。各材料の分量などはレシピ本を見ていただくとして、カボチャの他には砂糖、塩、牛乳、水、生クリームだけと至って簡単です。
本来はできあがったあとで裏ごしすればなめらかになったのでしょうが、多少カボチャの粒が残った状態も結構良いですよ。

なお、夕食のメインは同じ本の108ページに掲載されている「豚バラ肉の煮込み」です。
煮込み料理といっても、材料を耐熱容器に入れて1時間ほど電子レンジに入れておくだけ。下ごしらえは30分ほどかかりますが、あとは至って簡単。勝手においしくなってくれます。

このレシピブック、全ての料理のカラー写真が添えられていて、どれをとってもとてもおいしそうです。下ごしらえのテクニックなんかも紹介されていて、全てをその通りに実践するわけではないのですが、かなり参考になります。
こうしたレシピの多くは、オーブンが前提になっていたりするものですが、そればかりではなく手軽に試せるものが多いのも魅力です(手軽ではありますが、どれも本格的な料理ですので、家族に受けること確実です)。

週末の午後に自宅でゆっくりと、レシピブックを眺めながら夕食のメニューとあわせるワインを考えるのも、なかなか快適で気持ちの良い休日の過ごし方だと思います。

長いタイトルでごめんなさい、あと、この2日間「ブラームス、ヤルヴィ、フランクフルト、みなとみらい」で検索してここにたどり着いたかたがた、全然感想も書いてなくてついでにごめんなさい。コンサートの感想は近いうちにきっと書きます。

ところで、書くべき内容はタイトルでおしまいです。
私がこよなく愛する曲である、マーラーの交響曲第2番ハ短調「復活」を初めて聴いたのは、たぶん中学校2年生くらいのこと。NHK-FMで流れたのでした。後述するとおり、ライブではなくレコードがかけられたのでした。
それまでは「運命」「新世界」「未完成」だった私の平凡な耳に突然飛び込んできた、この長大でドラマティックで大仰な曲に、一発でやられちゃったのでした。さほど期待するでもなくエアチェックしていた90分テープ、たしかソニーのDUAD(歴史が感じられますな...)でしたが、もうすり切れるくらい繰り返し繰り返し聴きました。おかげで、未だにこの演奏が私にとっての「復活」のスタンダードです。

で、このときの演奏の指揮者が「サー・ゲオルグ・ショルティ」でした。
おかげで、私の中では「ショルティ=マーラー=最高」という単純な方程式が成立してしまい、NHKで時折かかるマーラーがノイマンだったりするとものすごーくがっかりしたものでした。今はそんなことなく、いろんな演奏をそれぞれに楽しんでいますけどね。
前後して、ショルティがシカゴ交響楽団という名門オーケストラの常任指揮者であることを知り、方程式の項がひとつ追加されました。「ショルティ=シカゴ響=マーラー=最高」というわけです。長年にわたって私はこの方程式に支配され、もちろん、「復活」といえばショルティ=シカゴが最高であり、私のマーラー生活の原点なんだと思い込んで生きてきました。

さて、時代は下って今年の初め、私は思い立ってショルティとシカゴ響によるマーラーの交響曲全集を購入しました。もちろんCDで、しかも8000円くらい。やすくなったもんです。
当然、最初に聴くのは2番です。あのときのあの演奏が...聞こえませんでした。
そう、マーラー好きのかたがたにはすでに推察がついているとおり、私がFMで聴いた演奏は、ショルティはショルティでもシカゴ響とのものではなく、ロンドン交響楽団とのものだったのですね。
ああ、記憶なんてアテにならないものです。しかも、これほど思い入れのある事柄に対して。

ええ、買ってきましたよ、ロンドン交響楽団とのCD。HMVの池袋メトロポリタンプラザで、1390円でした(なんと、今ネットで見たら900円以下じゃないですか。これ、未聴なら買い!です)。確かに独唱者もヘレン・ワッツとヘザー・ハーパー、これはうっすらと思えてました。
聴いてみると、確かに「あの復活」が聞こえてきました。唯一無二のものだった当時ほどの思い入れこそありませんが、ほとんど一瞬にして引き込まれた当時の感覚はよみがえってきます。違うのは、第4楽章から第5楽章の肝心なところでテープの切れ目がやってきて、手動でひっくり返した空白が存在しないこと。
それでも、「あの復活」がコンサートのライブ収録放送ではなく、レコードを音源としたものだったからこそ、今でも同じ演奏を聴くことができたのです。記憶は違っていましたけどね。

このエントリは、クラシカ・ジャパンで放映されたブーレーズによるマーラー交響曲第2番「復活」を聴きながら書きました。

小豆の菓子があったので、パンケーキに使ってみました。
昨夜スーパーで賞味期限近くの生クリームが120円引きで売られていたので購入、小豆とクリームとバニラアイスと、失敗してもまずくはならない必殺の組み合わせです。

パンケーキ生地は富沢商店のホットケーキミックスをそのまま使いました。クリームがあるので量を控えめに、ミックスを110gに卵一個とミルクを70ccほど。生地にも小豆を少し入れました。
クリームのほうは調子に乗って泡立てすぎてしまい、固くなったので、ふわっとさせて軽く小豆と合わせる当初プランを中止、クリーム絞りで飾り付けて小豆とアイスを別々に乗せて混ぜながら食べます。上で書いたとおり、この組み合わせはよほどヘンなことをしない限りはまずくならないので安心です。
ちなみに前にも書いたと思いますが、撮影に向けた飾り付けはいつも妻がやってます。私がやるとガサっドサっという感じできたなくなっちゃうので。

使ったのが菓子だったので、次回はちゃんとゆで小豆を買ってきてやってみようかと思います。
それなら、適度に泡立てたクリームともちゃんと合わせられるでしょうし。

昨日録画しておいた、「名曲探偵アマデウス」を観ながら食べましたが、う~ん、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番と「つぐない」ですか...意識してなかったけど、確かに似てるかも。


今朝はごらんの通り、厚手のベーコンとアスパラガスをパンケーキではさんだサンドイッチを作りました。

レシピは、「エンジョイ! パンケーキデイズ」の12ページ掲載の「スプリングベジーサンド」を参考にしてます。
パンケーキ自体は全粒粉を多めに使ったためか、ちょっと生地が硬めになってフライパンの上で広げるのが大変でした。予定よりもかなり分厚くなってしまい、食べるときには結局ばらしてちょっとずつ。オープンサンドになっちゃいました。
本当は、この本のレシピを試すにはパンケーキデイズのミックスを使うのが一番なんでしょうけどね。手持ちの粉がたくさんあるので、適当に使っちゃいます。
でも、おいしかったですよ。

レシピにも指定がありますが、ベーコンは厚切りのものを使うのがキモです。
これが薄いと本当にカリカリになっちゃうでしょう。厚切りのものを使えば、しっかりとベーコンの味もあって、かなりボリュームのある朝食になります。ブランチにも良いんじゃないでしょうか。

本日は午後からみなとみらいホールに行き、パーヴォ・ヤルヴィ指揮のフランクフルト放送交響楽団のコンサートです。演目はブラームスの交響曲第2番と第4番。明日の第1番と第3番の組み合わせと相当迷ったのですが、こちらにしました。さて、どんな演奏を聴かせてくれるでしょうか。

枝豆パンケーキ

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日は6月の第一木曜日、そう、「アペリティフの日」であります。
恒例となった、六本木ヒルズでのフランス食品振興会主催によるイベント「Happy Apéritif in 東京」が開催されますが...なんと午後からは雨模様。
雨天決行ということなので開催はされますが、紙皿とカップを手に屋外テントを渡り歩くのにはちょっと不便そうです。なんとか朝の状態のまま持ってくれないものでしょうか。

そんなわけで、本日は会社をお休み。少しだけゆっくりと起きて朝食を終えたところです。
今日のメニューは「枝豆のパンケーキ」、「エンジョイ! パンケーキデイズ」の38ページにレシピが掲載されています。
例によってレシピ通りに作ったわけではなく、そこは適当に。小麦粉、ベーキングパウダー、塩、砂糖、ミルク、卵、サラダ油です。少し塩を多めにしました。

枝豆はゆでるのでは時間と手間がかかりすぎますから、冷凍食品のを解凍し、皮をのぞいただけです。薄皮も取り除きます。
ばらけちゃうんじゃないかと心配でしたが、そんなこともなく、ちゃんとできあがりましたよ。

付け合わせのサラダなどもなく、本当に枝豆を混ぜて焼いただけ。
バターの乗っけていただき、結構おいしかった。けれど、サラダにマヨネーズをあわせて食べればもっと良かったかも。
なお、グラスが写っていますが、さすがに朝からワインを飲んだわけではなく、グレープジュースです。

さて、午後からは六本木です。雨よ降らないで~

この件、私としてはかなりイカっているので、4年越しで粘着してます。

 「リニューアルは、難しい」(2004年11月2日)
 「目立てばいいのか」(2004年11月30日)
 「改めていう、講談社現代新書の装丁はダメだ」(2006年3月23日)
 「そうだったか、講談社現代新書」(2006年9月8日)

というか、2年おきに腹が立ってくるようですな(笑) この中では、3つめの記事が突出してアクセスが多いです。たぶん、タイトルに「講談社現代新書」「装丁」「ダメ」というキーワードがあるので、検索で上位に表示されやすいんでしょう。

これら一連の「講談社現代新書装丁リニューアル気に入らないキャンペーン」の中で、私が一貫して主張しているのは、このリニューアルは書店店頭で「他社より目立つ」ことを目指して、販売側の論理優先で実施されたのであろう、ということです。

途中で背表紙が悪趣味極彩色から白に変更されたのは、講談社自身がさすがに間違いに気付いたかと思ったのですが、どうやら店頭在庫段階での退色が主たる要因のよう。このような初歩的な問題を引き起こしたということは、このリニューアルに本作りや書店での在庫流通といった出版社のサプライチェーンからの点検が実施されなかったか、無視されたことの現れでしょう。
事前に退色問題が検討されなかったか、無視された、ということは、店頭でほんの数ヵ月間目立つことが最優先され、ストックは非常に軽視されていることを如実に物語っています。

この装丁を行った「デザイナー」(こんなもんデザインじゃないでしょ、と思うのでカッコつけます)については何度かこき下ろしていますが、小飼弾氏が「ヤクザの抗争における鉄砲玉程度」と表現しているのが実に適切。
講談社営業サイドの意を汲んだ「デザイン」をでっち上げ、その宣伝に一役買って稼いだだけでしょう。コメントもトラックバックも受け付けていないブログで「反論は、直接、僕のアドレスヘ!(改行)か~るく、論破し、反駁します。」などと吠え立てる姿に憐憫を交えた視線を送っておくくらいが良さそう(この発言自体が実に「ヤクザの鉄砲玉」っぽいですな)。
あとできることは、自分の仕事で影響力を及ぼせる範囲では、この勘違い「デザイナー」は使わない、くらいでしょうかね(及ぶ範囲が極めて狭いですが)。

さて、冒頭に掲載した4つの記事のうち最後のもので、講談社現代新書の新装丁は極太の「コシマキ」による販促活動こそが、装丁リニューアルの大きな目的であったろうと推測しています。
カバーを二重にしているとさえ表現できる極太のコシマキが装着できること、これが講談社から「デザイナー」への注文だった、あるいは「デザイナー」が新書の装丁に必要なことだと考えたのでしょう。
上記の退色問題も、長期店頭ストックなど重視していなかった証拠のひとつと考えられます。新書の位置づけを、比較的長期間ストックされ、さまざまな専門分野への入門書として機能するものから、その時々のトピックスに食いついて短期間で売り切るものへとシフトしたのでしょう。現実問題として、そうでないと売れないのかもしれません。

このコシマキに「帯汚し」という秀逸な名を与えているのが、こちらのブログの記事です。

 『「帯汚し」について』(老水夫のごとく)
 「講談社現代新書の装丁の謎が解けた」(老水夫のごとく)

こちらの作者はグラフィック・デザイナーとのこと。いわばプロの目から、このリニューアルが「帯汚し」を助長するものであるとの指摘がなされています。

講談社現代新書の新装丁が極めて不評であることの理由のひとつが、こうした「帯汚し」の氾濫であり、そもそもそれを意図したリニューアルであったことが透けて見えることへの反感ではないでしょうか。読者は単に過去の装丁を懐かしんで保守的になっているのではなく、長年親しんできた「講談社現代新書」が、名前は同じでも全く違ったものへと変質させられているのを感じ取っているのでしょう。
その変質を象徴する新装丁が、変質前の過去のストックまでを侵していくことに腹立たしさを禁じ得ないのではないでしょうか。おそらく私のイカりの原因はこれです。

上記のブログでは、現在も続いている大々的な帯汚しも、「デザイナー」の手によるものとの推測がなされており、その発言が裏付けとして引用されています。
たしかに頷けるのですが、やはりクライアントである講談社が主導的に帯汚しを進め、かの「デザイナー」を「(販促的に)素晴らしい帯汚しをデザインできる人」として重用していると見るべきではないでしょうか。どうやら著名なひとであるようですし。まあ、どちらが主犯でも、良いんですが。

いずれにせよ、
・ぱっとみで「目立つ」ことを優先した装丁
・カバー二重化といって良いほどの徹底した「帯汚し」
・店頭での退色という問題へのすばやい対応ぶり
から考えると、このリニューアルにおいて最大の役割を果たしたのは、講談社の営業部門であると睨んで間違いないと思います。
上記三つ目には疑問があるかもしれませんが、当初から不評が明白だったにもかかわらず変更されなかったこと、一方で退色というおそらく顧客(書店)からのクレームにつながる問題への対応がすばやく進んでいることから見ると、デザインの見直しというよりは苦情対応を急いでいる、すなわち営業主導と見るべきです(これを、あの極彩色を排除する好機ととらえる勢力もあって、一気に進んだのでしょう)。

本が売れないからといって、中身よりもパッケージングをいじることで解決を図ったこの壮大な実験がうまくいっているのか否か、講談社の販売データを見られない私にはわかりません。
仮に失敗であっても、社内ではデータをあれこれと加工してでも数字を作り、特定の部門や特定のだれかにダメージを与えない工夫はなされていることでしょう(「デザイナー」を前面に押し出すのは、その意味でうまい方法です。ホイホイと乗ってくれてるみたいだし)。
以前の記事でも引き合いに出しましたが、この装丁や「帯汚し」なんて、いわばビールのペンギン缶にすぎません。どんなにパッケージングが上手でも、肝心の商品の価値が低ければ長期的にはその商品に未来はありません。

ときおりミリオンセラーが出るものの、それによって新書の売上自体が底上げされているという話は聞こえてきません。一過性のブームに便乗した粗製濫造の本と、本来ならもっと多く読まれて良い本とが、同じように軽薄で販促目当ての安っぽいパッケージに詰め込まれ、大量に並べられている現状を変えようとしない限り、決して明るい展望が開けることは、ないように思います。

このアーカイブについて

このページには、2008年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja