ディズニー・ワールドの新レストラン「The Wave」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

2008年6月、ウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World, WDW)のコンテンポラリー・リゾートに新テーブルサービスレストラン「The Wave」がオープンするそうです。
で、このレストランはちょっと変わったワインセラーを持つとのこと。

 「Wine at new Disney restaurant to be served in screw-top bottles」(Orlando Sentinel)

もうタイトルでおわかりの通り、コルク栓のワインは置かず、すべてをスクリューキャップのものとするんだとか。例外はスパークリング・ワインで、これはまだスクリューキャップのものがないので、コルク栓でフタをされたものが出てきます。
ワインの産地も、同じリゾートにある「California Grill」との差別化の意味もあるのか(あるいは、スクリューキャップで質の高いワインを集めるためか)、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、チリ、アルゼンチンからのものとなります。
6月7日のオープンに向けて、すでに性格も価格もさまざまな80種類のワインが集められているそうです。

たしかにワインを飲んだあとのコルク栓というのは、ただの燃えるゴミになってしまうもので、あまり環境に優しいものとは感じられません(もっとも、きちんと回収さえできれば再利用が容易なのだと聞いたこともあります)。
スクリューキャップは開けるのも簡単だし、飲みきれなかった際に締めるのも便利(とはいえ、中の空気を抜かないとあっという間にまずくなっちゃいそうですけど)。全体としては、脱コルクの方向に向かっていくのでしょうね。スクリューキャップではなく、樹脂製のコルク代替材でフタをされたワインも、最近目立つように思います。

とはいえ、ソムリエがテーブルの横でワインを手際よく抜染してくれるのを見るのも、楽しみのひとつではあります。
スクリューキャップが主流になって、あの光景が減ってしまうのも寂しいような気がしますね。ワインの状態を確認するのにも、ビンの口に鼻を近づけて...というのはちょっと無粋に感じられますし。
まあ、長い歴史を持つワインですから、そう簡単にすべてが変わってしまうとは思えないので、それほど気を揉む必要はないのでしょうけど。

いずれにせよ、WDWには良く行くので、新しいレストランがオープンしてくれれば次回の楽しみが増えて、ありがたいことです。新しいアトラクションができても、混んでいると乗らずに帰ってきてしまうこともあるくらいだらけた遊び方をするので、楽しみといえばレストランでの食事が最大のものですので。
近々でかける予定は立っていないのですが、新レストラン「The Wave」、次回のアクティビティリストの上位に、置いておこうと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/795

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年5月16日 22:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私のiPod利用環境 ~ 動画作成、イヤホン、お風呂で視聴」です。

次のブログ記事は「スモークサーモンのパンケーキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja