パンケーキ? ホットケーキ? それともクレープ?

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

最近Youtubeで見つけ、お気に入りのビデオをどうぞ。

 Pancakes!(Youtube)
 

 Pancakes II(Youtube)
 

で、ビデオはすごく面白くて、「早くIIIを作ってくれないかな」と楽しみにしているのですが、ここで作ってるパンケーキって、私の理解だと「クレープ」なんですよねえ。
主人公のPancakemanが使っている材料は三つだけ、小麦粉、卵、ミルクです。これを混ぜ合わせてフライパンで薄く焼き、シロップやフルーツなんかを乗せて食べてます。どう見てもクレープ。

そこでWikipediaの説明を読んでみると、北米やメキシコでは日本で「ホットケーキ」と呼ばれている、ベーキングパウダーなどを使って1cm内外の集めに焼いたものが主流で、一方でヨーロッパではクレープのような薄いのがパンケーキと呼ばれるのだとか。
上記のビデオの作者である「Gir2007」氏はスコットランドに住んでいるようなので、彼にとっての「パンケーキ」は、ふくらませないもので正しいのでしょう。
じゃ、クレープとは何なんだ、ということで同様にWikipediaの説明を見ると、小麦粉で作るとても薄いパンケーキの一種だとあります。

日本だと厚いもの(便宜上、北米型)を「ホットケーキ」、薄いもの(同じくヨーロッパ型)を「クレープ」と呼んで区別していて、「パンケーキ」というのは今のところ両者ほどには定着していない、といったところでしょうか。
クックパッドでレシピ数を検索してみると、「パンケーキ」で858品、「ホットケーキ」で1,479品、そして「クレープ」で591品と、ここではパンケーキが健闘(2008年5月21日現在)。とはいっても、レシピを見ていくと北米型とヨーロッパ型が混在しています。全体としては、やはり北米型が優勢。

最近アップしている写真を見てもおわかりのとおり、私が作るのはもっぱら北米型です。
もっとも、私が小学校の頃には「クレープ」なんていう洒落たものはなくて、「ホットケーキ」も滅多に口に入らないあこがれのおやつのひとつでした(たぶん、仕事をしていた母にとってはホットケーキをちゃんと作る時間がもったいなかったんでしょう)。
また、海外旅行先ももっぱら北米なので、パンケーキといえばやっぱりホットケーキです(なんだか変な文章ですけど)。というか、クレープこそがパンケーキというところがあるとは思ってもいませんでした。

考えてみれば、日本だって地域によって「お雑煮」がさまざまだったりと、同じ名前であってもところ違えばまるで違っている、というのは珍しくありません。
北米とヨーロッパで「パンケーキ」が違うとはいっても、粉・ミルク・卵は共通で、ベーキングパウダーや砂糖が加わるだけなので、基本的にそう大きな差ではないともいえます。上に乗せたり塗ったりするものが違えば、だいぶ違ったものになるでしょうけど。

さて、今週末のパンケーキは、どんなのにしましょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/800

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年5月21日 20:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パンケーキ クリームチーズのディップとバニラアイス添え」です。

次のブログ記事は「あまくないパンケーキ、ベーコン添え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja