クイジナートのスティック型ブレンダーの威力やいかに

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

買ってきたクイジナートのブレンダー、さっそく使ってみました。

まずは朝食、こちらで写真も掲載した「酵母入りビールのパンケーキ」です。
ここでは卵と砂糖とサラダ油とを攪拌するために使っただけですので、実際にはお箸でシャカシャカと混ぜるのとあんまりかわりません。全卵なので泡立てるわけでもありませんし。
もちろん箸でかき回すのよりもラクなことはラクなんですが、使ったボウルがちょっと小さめだったので飛び散りに注意が必要でした。粉とビールを加えて混ぜる際にはボウルの大きさから盛大にはねそうだと思ったので、泡立て用のアタッチメントを外して手でやりました。たいした分量じゃありませんし。

続いて夕食時。
正確には、火曜日の夕食ではなく水曜から食べるための豚肉のビール煮込みシチューづくりで使いました。
まずはフードプロセッサの機能を試すべく、(あとで書くように本来は不要だったのですが)タマネギとニンジンのみじん切りを。タマネギは取説の指示通り8等分してひと玉分ずつを切りましたが、どうしても切れずに残ってしまうものがあって少しずつ振って内容物を動かしてやる必要がありました。それでも、手作業に比べれば圧倒的にラクです。
必ずしも細かく刻む必要がないものだったこともあり、かなり簡単に済ませることができました。
ニンジンのほうは乱切りにして一本分を切りましたが、こちらはある程度重さがあるせいか勝手に中で動いてくれ、うまい具合に短時間でみじん切りができました。これも、手作業とは比べものにならないほど簡単。
フードプロセッサと比べても、場所を取りませんし、後片付けが圧倒的にラクです。今後、よほど大量の食材を扱わねばならないときや、千切りや薄切りが必要でない限り、フードプロセッサの出番はほとんどなくなりそうです。

さて、シチューをコトコトと煮込んで、ほぼ完成の段階で再度ブレンダーを登場させました。
目的は、ゴロゴロとしている煮込み用(スープ用の)の野菜を細かくすりつぶすこと。いわば野菜のポタージュ状にしてとろみをつけようということです。
きちんとしたレシピブックなんかだと、煮込み用の野菜は鍋から取りだして食べないようなんですが、そんなのもったいないですよね。お店で出すわけじゃないので、多少見た目が悪くてもかまいません。
使った野菜は上記のタマネギとニンジン(ここですりつぶすのだから、わざわざみじん切りにする必要はなかったわけです)、そしてセロリ(茎の部分、葉はスパイスとして煮込み時に使ったのちに取り出しました)です。
肉を取りだしてから鍋にブレンダーを差し込んでスイッチオン、すると、あっという間に野菜の塊が消えてスープにトロ味が出てきます。もちろん、完全にきれいにするには漉してやったほうがよいのでしょうが、まあ、家庭用ならば良いんじゃないかと。
驚いたのは、ほんの数十秒で済んでしまったことです。たしかにこれならば、ジャガイモやカボチャ、ニンジンなどのポタージュスープを作るのも簡単そうです。夏になったら、ぜひ冷製スープを試してみようと思います。


そんなわけで、完成したブタのビール煮シチューがこちらです。
ちなみに使ったビールは朝のビールパンケーキの残りと、苦みのあるエール。水は使わずにビールだけで煮るので、味にはしっかりと苦みと酵母の風味が残ります。
野菜を全てすりつぶしたためか、スープ自体はとても甘みが強くなりました。これはこれで良い感じです。セロリポタージュといっても良いくらいの味でもありますので、好き嫌いはありそうですけど。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/792

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年5月 3日 08:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バーミックス型のブレンダーを買う」です。

次のブログ記事は「ハムエッグ・パンケーキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja