私のiPod利用環境 ~ 動画作成、イヤホン、お風呂で視聴

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ごくたまーにアクセス解析のログなんかを見るのですが、ロクに更新もしていないのに毎日50件ほどのアクセスがあるのには驚きです。
そのほとんどが、何らかの検索結果によるもの。中でも目立つのは「iPodおすすめイヤホン」と「イーモバイル(もしくはEM・ONE)評価」です。大文字小文字が違ったり、間にスペースが入っていたりといくつかのパターンはありますが、およそこのブログにたどり着くかたの3分の1ほどが、上記の検索結果からとなっています。

iPod本体は一世代前の動画対応ハードディスク内蔵型、80GBのものを続けて使っています。classicになる前の「5.5G」というやつです。
手持ちのCDはほとんどすべて入れてあるのですが、さすがに容量不足で半年ほど前からは当面聴かないものはチェックを外して同期しないようにしています。それでも空きは2GB内外。うち音楽は50GBほどです。
もちろん、50GBもの音楽(ファイル形式は、標準の128KbpsのAAC)のうち聴いているのはごく一部です。マーラーの交響曲第2番だけで20種類近くも入れて持ち歩く「必要」はどこにもありません。けれど、「ライブラリがまるごと持ち歩ける」ことの心地よさは、他に替えがたいものなのです。
そんなわけで、ぼちぼち160GBのclassicも気にはなっているのですが、理性が「多少の面倒なら我慢すべきだろっ!」と物欲を押しとどめています。

写真はごくわずかで、テレビ番組やビデオPodcast、DVDビデオなどからのMPEG4動画ファイルが20GB強入っています(録画したデータとしては、その10倍以上あるのですが)。
テレビ録画は、アイ・オー・データの「GV-MVP/GX2」をWindows2000で動く自作PCに取り付け、CATVチューナからの外部入力をつなぎ、ネットワーク上のNASに記録しています。NASはバッファローの「TeraStation Living」の2TBのものが現在2基あります(ひとつは満杯となり、2基目が活躍中)。
このキャプチャカードの特長として、テレビやPCでの視聴用のMPEG2と同時に、iPodやPSP向けのMPEG4ファイルを記録してくれること。いちいちエンコードし直す必要なく、できあがったファイルを直接iTunesに放り込めばいいのが簡単です。
H.264ではありませんが、iPodの小さな画面で観るには十分な画質。映画やオペラの字幕もちゃんと読めます。だいたいは標準設定(ビデオ192kbps、音声128kbps)ですが、まあ十分と思います。

MPEG2で録画したファイルを編集して、CMカットやオペラを幕毎にわける、といった際には「TMPGEnc MPEG Editor 3」を使っています。
フリーウェアでもいくつか試してみたのですが、再エンコードなしで編集結果を書き出せたりと性能も良く、使いやすく、しかもそれほど高いソフトじゃないので気に入っています。編集済みのファイルは「携帯動画変換君」などで再エンコードしますが、こちらもあまり高画質にはこだわりません。

もっとも、妻のiPod touchだと画面が大きくなるぶんアラが目立ってしまい、かといって解像度を高めるとファイルサイズが大きくなってしまうのが悩みどころです。類似商品でH.264の同時記録ができるものが出ませんかねえ(もうあるのかな?)。
iPod touchは16GB版で、ソフトウェアアップデートはしていません(妻はほぼ音楽&ビデオプレーヤとしてしか使っていない)。タッチパネルはカッコイイのですが、いちいち取りだして画面を見ながらでないと操作しにくいのは不満のようです。
また、ビデオをちょっとだけ送りたい/戻したい、音量を少し調整したい、といった際にもストレスがたまるよう。Appleはやらないでしょうけど、ジョグダイヤルくらいあれば便利なのに、とは思います。

おすすめイヤホンとして過去の記事で紹介したShureの「E3c」は、いまは隠退生活に入っています。
かわって使っているのは、同じくShureの「E500PTH」です。いまは「SE530」といったほうが良いのかも。「E3c」を買ったときにも、iPod付属のイヤホンやそれまで使っていたソニーや松下などの格安イヤホン(3000円前後の)との違いに驚いたものでしたが、「3」から「500」への変化も強烈でした。たかが128kbpsの圧縮データなのに、情報量はけっこう豊富だったんだと再認識しましたし、もちろん、CDプレーヤでもとの音を聴いたときの感動も相当なものです。
不自然に強調した感じがなく、低音から高音まで非常にバランスの取れた素直な音で、全体のまとまりがよいのと同時に個々の音もしっかりと耳に届きます。音量を上げてもあまりうるさく感じないのは、バランスの良さの表れでしょう。
このイヤホンを買った直後に聴いた、シノーポリ指揮、フィルハーモニア管によるマーラーの交響曲第2番は、以来、私の愛聴盤になったほど(2度も出てきてお気づきの通り、私が一番好きな曲がこれです)。値段が値段だけに当然、という感じましますけどね。

妻が使っているイヤホンは、オーディオテクニカの「ATH-CK9」です。
自分は6万円以上の「E500」を使っておきながら、妻には2万円以下の「CK9」とはけちな野郎だ、と思われるかもしれません。彼女はそれほど音質へのこだわりがなくて、さすがに3万円以上は不要だという前提でいくつかを聴き比べての選択でした。かれこれ1年くらいになります。
オーケストラの迫力や個々の音が丁寧に響く性能では「E500」の圧勝ですが、女性ボーカルなどは「CK9」だととてもつややかに響いて良い感じです。人によっては高音がきついとか、低音不足と感じられるかもしれませんが、全体にまとまりの良い音だと感じます。音の好みは人それぞれでしょうから、一概にどれがおすすめとは言いにくいのですが、「CK9」は間違いなくおすすめできるイヤホンのひとつだと思います。

さて、長くなりましたが、最後は「お風呂でiPod」です。
すでにこのブログで紹介したこともあるのですが、iPodをすっぽりと内蔵できるアンプつき防水スピーカー「AquaTune」を使って、お風呂の中にiPodを持ち込んでいます。
最初はもっぱら音楽を楽しんでいたのですが、上述したキャプチャーカードを購入してからは録画したテレビ番組やPodcastなどを観るようになりました。やはりビデオだと集中しやすいためか、じっくりと暖まるまで入っていることができます。もちろん、長時間入浴での発汗に備えて、飲み物を持って入るのは忘れません。
音質はお世辞にも良いとはいえませんが、トランスミッターで飛ばした音を浴室ラジオで聴くのよりはずいぶんとマシです。そもそもお風呂の中ですから音楽を良い音で楽しむ環境ではありませんし、シャワーを浴びてる間は何も聞こえないのですから、十分なレベルです。
目の悪い妻はiPodに近づかなければならないので、浴槽に渡しかけて使える書見台を探しているところです(意外に気に入るものが見つかりません)。換気扇を切るとあっという間に曇ってしまい、画面が見えにくくなるのが難ですが、さすがにこれはいかんともしがたいですね。

上記の中で一番最近購入したものは妻のiPod touch、次がキャプチャーカードの昨年春ですから、かれこれ1年ほどは同じ環境で使っていることになります。
「E500PTH」を買ってしまったので、イヤホンをあれこれと迷う気がなくなったのも大きいでしょうね。迷ってあれこれ渡り歩くくらいなら、最初にがんばってハイエンドを、というのが私の信条(ただし買える範囲での、ですが)。あとはひたすらCDが増えています。お金を出しても買えないものがあるとすれば、それは音楽を聴く時間ですから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/794

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年5月13日 19:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハムエッグ・パンケーキ」です。

次のブログ記事は「ディズニー・ワールドの新レストラン「The Wave」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja