2008年5月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

大人になってからの英語学習では、自己の目的に照らして適切な水準や領域を定め、コストを投入しなければならない。「大は小を兼ね」ないよ、という指摘です。

 「雑記 ◆大は小を兼ねない」(カメハメハ日記)

ちなみにこの文章はサッカーの話題から急に「このように」とつながって面食らうのですが、前の記事からの続きのようですので、さかのぼって読んだほうが作者の意図をきちんとつかめるようです。

さて、英語学習の目的といわれると、私なんぞは困ってしまいます。
会社の近くの英会話スクールに行き始めてかれこれ7年目に突入して、週に一度のレッスンはそのスクールでの最上位クラス(ディスカッション、ライティングを含むビジネス英語のクラスです)で5年目。最初の数年に比べると最近はすっかり維持モードで英語でのコミュニケーション能力が向上している気はしません。
いまここでやめたら、数年で元に戻っちゃうんだろうな、と思って続けているようなものかもしれません。マンネリ気味なのと、仕事では英語を使う機会はほぼゼロであることもあって、6月からはもう少し幅の広いテーマでのディスカッションが中心のクラスに変更の予定。

仕事では使わないし、英語話者の友人がいるわけでもないので、英語学習のたったひとつの目的は年に一度か二度の旅行ということになります。
旅行先でたまたま同じテーブルで食事をするとか、そんな人とちょっと話ができたら楽しいだろうな、というくらいの英会話で十分。あとは困ったときや何か相談したいときに必要十分なコミュニケートできれば良いわけです。なので、そんなに難しいわけじゃありません。

旅行で英語を使えるようにしたいのに、ビジネス英会話でプレゼンテーション資料を作ったりミーティングのロールプレイをしたり、というクラスにいること自体が大きな矛盾と思われるでしょうが、これはもうひとつの趣味と関係しています。
私は本が好きですが、その好きなジャンルのひとつが、ビジネス関連の論文や専門書です。仕事術だとかコーチングだとかのいわゆる「ビジネス本」ではなくて、もう少し理屈っぽいのが好み。簡単にいうと「Harvard Business Review」あたりです。

そんなわけで、読書趣味の一環としてビジネス関連英語の知識やスキルを求めること、そして旅行時にちょっとした会話を楽しめる英語力を求めること、私の英語学習の目的は大きく二つ。
この二つには修得すべきスキルに大きな差があります。
前者では主にリーディング中心でことが足りる(実際に英語で仕事をする機会は今のところないので、読めればOK)し、後者だととにかく会話です。これまではどちらかといえば得意なリーディング中心に、やってきましたが、そろそろ軸足を移しても良いだろうということで、上記の通りクラスを変更することにしました。

私が英語学習にかけているコストは、スクールの授業料(年に25万円ほどが、今度は13万円ほどに)、レッスンの時間と宿題・予習の時間(120~150分/週)、英文の雑誌購読料(3万円/年くらいかな)、そして英文を読む時間(たぶん60~120分/週)です。
あわせて、年に20~30万円と150~200時間くらいでしょう。これで、旅行時には何とかなる程度がやっと維持できているだけなので、相当投資効率は低そう。少なくとも旅行時に困らないように、という目的に対してはリターンは低いですね。読書趣味についても、読むスピードや難解な文章の理解力が早々上がっているわけでもないので、限界効用はかなり低く、赤字といって良い。
英会話スクール通いで大きな限界利益が出ていたのは、最初の3年くらいではなかったかと思います。

冒頭で紹介した記事の主旨は、大人が英語を学ぶためには時間とお金、そして勉強の努力といった投資が必要なのだから、自分が求めるゴールにできるだけ効率よく到達できるよう、考えるべき、ということかと思います。
もちろん、著者もリターンなど求めずにやりたいようにやる学習を否定しているわけじゃなく、目的があって英語を学ぶならば(そして多くの学習者には目的があるでしょう)、というアドバイスをしているわけです。

私の現状は上述の通りで、どちらかといえば曖昧な目的は持ちながらも、好奇心とか興味だけでなんとなく続けている状態。とはいえ、英語を学ぶことや、TOEICで高得点を取ることが自己目的化するほどのめり込んでもいません。
結果的には「大は小を兼ねる」かな、と期待しているところもあります。
けれど、『普通の人は、「洋書がスラスラ読め、洋画が100%わかり、きれいな発音で流暢に話し、そして知性的な文章が書ける」という領域には絶対たどりつけません。』(冒頭のリンク先より引用)というのはたしかにそうだろうな、と思いますので、もう少し効率を出せるよう、今年後半期は英語に割く資源とその使い方を工夫してみようかな、と思ってます。

今のところ、「洋書は日本語の三割くらいで読め、ディズニーのアニメならわかり、10分くらいは楽しく会話が続けられ、最小限のメモやメールは書ける」程度ですので、一度ここからどこまで行きたいのか、考えてみましょう。

先週には販売が始まっていたはずの「今日の早川さん2」ですが(ご存じなければこちらへどうぞ)、せっかくなのでブックカバーとブックマーカーのついた限定版にしようと思っていたのに行動範囲の書店では見つからず、ようやく昨日買えました。

新宿高島屋に隣接する紀伊國屋書店で買ったんですが、見つけるのに15分近くもかけてしまいました。店内の端末で在庫状況と場所を調べ、「1階27-01」に在庫ありとわかったまでは良かったのですが、該当のコーナーをいくら探してもありません。

場所としては「サブカル」のコーナーで、他のブログ発祥本も並んでいたし、ジュンク堂でもサブカルのコーナーに(通常版のみでしたが)展示されていたので間違いないはず。なのにない。
周辺の「女性エッセイ」だの「恋愛エッセイ」だのに紛れ込んでいないかと見ているうちに、はたと「そういえば高島屋の2階から歩いてきた」ということに気がつきました。

こりゃいかん、と、エスカレーターでひとフロア下へ。
児童書なんかが並んでいたのですが、「そっかー、子供たちに過度の読書を戒める目的かなぁ」などと解釈しながら売り場「27-01」へ。
でも、なんか違います。違和感を持ちつつも売り場を一周すると、そこには「2F」の文字が。
そう、確かに高島屋の2階から歩いてきたのですが、地形の関係で紀伊國屋書店の3階につながっていたのでした。なんのことはない、もうひとフロア下の、コミックの売り場にあるのでした。ここまで10分以上迷ってしまいました。

コミック売り場では当然問題なく見つけられ、無事に限定版をゲット。たぶんコミック売り場で本を買ったのは20年ぶりかそれ以上かもしれません。
内容はブログでの掲載当初から引き続き、本読みの生態をおもしろおかしく表現していて、ニヤリのちヒヤリ、というところ。最近ではあまりマニアックな買い方・読み方はしなくなってしまいましたが、やはりいま自分があるのは幼い頃からの読書体験に負うところが大きいです。

それにしても、普段あまり使わない書店では、ちゃんと案内を慎重に見るべきでした。くたびれて、他の売り場を回るゆとりがなくなっちゃいました。早川さんや岩波さんなら、ありえないでしょうね。

全く砂糖を使わずに作ってみましたが、これはこれでお手軽なパンの代用になります。でも、焼き色が不均一になっちゃいました。これって砂糖なしだったから?
パサパサしちゃいそうだったので、生地にはヨーグルトを大きなスプーンで二つ混ぜました。

添えたのはベーコンとレタスのみ。この日(土曜日)は夕食のボリュームが大きくなる予定だったので、簡単に。ベーコンは油をおとしたかったのでカリカリに焼きましたが、ちょっと焦げてしまいました。これはこれでおいしかったですけど、見た目は悪いですね。

最近Youtubeで見つけ、お気に入りのビデオをどうぞ。

 Pancakes!(Youtube)
 

 Pancakes II(Youtube)
 

で、ビデオはすごく面白くて、「早くIIIを作ってくれないかな」と楽しみにしているのですが、ここで作ってるパンケーキって、私の理解だと「クレープ」なんですよねえ。
主人公のPancakemanが使っている材料は三つだけ、小麦粉、卵、ミルクです。これを混ぜ合わせてフライパンで薄く焼き、シロップやフルーツなんかを乗せて食べてます。どう見てもクレープ。

そこでWikipediaの説明を読んでみると、北米やメキシコでは日本で「ホットケーキ」と呼ばれている、ベーキングパウダーなどを使って1cm内外の集めに焼いたものが主流で、一方でヨーロッパではクレープのような薄いのがパンケーキと呼ばれるのだとか。
上記のビデオの作者である「Gir2007」氏はスコットランドに住んでいるようなので、彼にとっての「パンケーキ」は、ふくらませないもので正しいのでしょう。
じゃ、クレープとは何なんだ、ということで同様にWikipediaの説明を見ると、小麦粉で作るとても薄いパンケーキの一種だとあります。

日本だと厚いもの(便宜上、北米型)を「ホットケーキ」、薄いもの(同じくヨーロッパ型)を「クレープ」と呼んで区別していて、「パンケーキ」というのは今のところ両者ほどには定着していない、といったところでしょうか。
クックパッドでレシピ数を検索してみると、「パンケーキ」で858品、「ホットケーキ」で1,479品、そして「クレープ」で591品と、ここではパンケーキが健闘(2008年5月21日現在)。とはいっても、レシピを見ていくと北米型とヨーロッパ型が混在しています。全体としては、やはり北米型が優勢。

最近アップしている写真を見てもおわかりのとおり、私が作るのはもっぱら北米型です。
もっとも、私が小学校の頃には「クレープ」なんていう洒落たものはなくて、「ホットケーキ」も滅多に口に入らないあこがれのおやつのひとつでした(たぶん、仕事をしていた母にとってはホットケーキをちゃんと作る時間がもったいなかったんでしょう)。
また、海外旅行先ももっぱら北米なので、パンケーキといえばやっぱりホットケーキです(なんだか変な文章ですけど)。というか、クレープこそがパンケーキというところがあるとは思ってもいませんでした。

考えてみれば、日本だって地域によって「お雑煮」がさまざまだったりと、同じ名前であってもところ違えばまるで違っている、というのは珍しくありません。
北米とヨーロッパで「パンケーキ」が違うとはいっても、粉・ミルク・卵は共通で、ベーキングパウダーや砂糖が加わるだけなので、基本的にそう大きな差ではないともいえます。上に乗せたり塗ったりするものが違えば、だいぶ違ったものになるでしょうけど。

さて、今週末のパンケーキは、どんなのにしましょうか。

昨日はおかず系だったので、今朝はデザート系のパンケーキに。
下記のレシピブックから、104~107ページに掲載されているクリームチーズのディップを作ってみました。

 「パンケーキ・ママの週末はパンケーキの日」

ディップは8種類紹介されていますが、そのうちのメープルシロップと、エスプレッソです。
使ったクリームチーズは、雪印の「やわらかホイップ クリームチーズ」です。冷蔵庫から出したばかりでも柔らかく、ボウルに出して混ぜるだけなのでとても簡単。
あまり緩くしたくなかったので、メープルのほうはクリームチーズとシロップを混ぜるだけにしました(レシピではミルクも混ぜる)。また、エスプレッソのほうはインスタントコーヒーではなく、ちゃんとエスプレッソを作って(といっても、ネスレの「ネスプレッソ」があるので簡単なんですけど)クリームチーズ、砂糖と合わせます。

パンケーキは富沢商店のパンケーキミックスを120g使用し、小ぶりの卵1ヶとミルクを80ccで直径12cmほどで3枚ずつ焼きました(実際には、3枚目がちょっと大きくなってしまいましたが)。
ちなみにおいしそうに盛りつけたのは妻です。バニラアイスとディップを添えて、メープルシロップのディップにはクルミをのせ、エスプレッソのほうにはココアの粉を散らしてます。ディップのシロップは少なめにしたので、最後にメープルシロップを軽くかけて完成。

甘さは控えめにしたので、クリームチーズの酸味がちょうど良い具合にミックスされて、とてもおいしいですよ。お試しあれ。

妻がスモークサーモンを買っておいてくれたので、早速パンケーキに使ってみることに。
もちろん、クリームチーズを忘れるわけにはいきません。

生地はいつものとおり薄力粉と全粒粉をミックスしましたが、全粒粉だけにして砂糖は使わず、少し塩を多めにしても良かったかもしれません。
とはいえ、クリームチーズがたっぷりと塗られた部分は結構おいしく食べられました。レタスも控えめにしましたが、もう少し増やしても良かったかも。

もともとは薄めに焼いてサーモンとクリームチーズを巻こうかと思っていたのですが、生地が思ったよりも固くできてしまったので方針変更、2枚でサンドすることに。これはこれでおいしかったのですが。

総じてもう一工夫できたな、という感じです。
次回はライ麦粉で作ってみるのも、おもしろいかと思ってます。

2008年6月、ウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World, WDW)のコンテンポラリー・リゾートに新テーブルサービスレストラン「The Wave」がオープンするそうです。
で、このレストランはちょっと変わったワインセラーを持つとのこと。

 「Wine at new Disney restaurant to be served in screw-top bottles」(Orlando Sentinel)

もうタイトルでおわかりの通り、コルク栓のワインは置かず、すべてをスクリューキャップのものとするんだとか。例外はスパークリング・ワインで、これはまだスクリューキャップのものがないので、コルク栓でフタをされたものが出てきます。
ワインの産地も、同じリゾートにある「California Grill」との差別化の意味もあるのか(あるいは、スクリューキャップで質の高いワインを集めるためか)、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、チリ、アルゼンチンからのものとなります。
6月7日のオープンに向けて、すでに性格も価格もさまざまな80種類のワインが集められているそうです。

たしかにワインを飲んだあとのコルク栓というのは、ただの燃えるゴミになってしまうもので、あまり環境に優しいものとは感じられません(もっとも、きちんと回収さえできれば再利用が容易なのだと聞いたこともあります)。
スクリューキャップは開けるのも簡単だし、飲みきれなかった際に締めるのも便利(とはいえ、中の空気を抜かないとあっという間にまずくなっちゃいそうですけど)。全体としては、脱コルクの方向に向かっていくのでしょうね。スクリューキャップではなく、樹脂製のコルク代替材でフタをされたワインも、最近目立つように思います。

とはいえ、ソムリエがテーブルの横でワインを手際よく抜染してくれるのを見るのも、楽しみのひとつではあります。
スクリューキャップが主流になって、あの光景が減ってしまうのも寂しいような気がしますね。ワインの状態を確認するのにも、ビンの口に鼻を近づけて...というのはちょっと無粋に感じられますし。
まあ、長い歴史を持つワインですから、そう簡単にすべてが変わってしまうとは思えないので、それほど気を揉む必要はないのでしょうけど。

いずれにせよ、WDWには良く行くので、新しいレストランがオープンしてくれれば次回の楽しみが増えて、ありがたいことです。新しいアトラクションができても、混んでいると乗らずに帰ってきてしまうこともあるくらいだらけた遊び方をするので、楽しみといえばレストランでの食事が最大のものですので。
近々でかける予定は立っていないのですが、新レストラン「The Wave」、次回のアクティビティリストの上位に、置いておこうと思います。

ごくたまーにアクセス解析のログなんかを見るのですが、ロクに更新もしていないのに毎日50件ほどのアクセスがあるのには驚きです。
そのほとんどが、何らかの検索結果によるもの。中でも目立つのは「iPodおすすめイヤホン」と「イーモバイル(もしくはEM・ONE)評価」です。大文字小文字が違ったり、間にスペースが入っていたりといくつかのパターンはありますが、およそこのブログにたどり着くかたの3分の1ほどが、上記の検索結果からとなっています。

iPod本体は一世代前の動画対応ハードディスク内蔵型、80GBのものを続けて使っています。classicになる前の「5.5G」というやつです。
手持ちのCDはほとんどすべて入れてあるのですが、さすがに容量不足で半年ほど前からは当面聴かないものはチェックを外して同期しないようにしています。それでも空きは2GB内外。うち音楽は50GBほどです。
もちろん、50GBもの音楽(ファイル形式は、標準の128KbpsのAAC)のうち聴いているのはごく一部です。マーラーの交響曲第2番だけで20種類近くも入れて持ち歩く「必要」はどこにもありません。けれど、「ライブラリがまるごと持ち歩ける」ことの心地よさは、他に替えがたいものなのです。
そんなわけで、ぼちぼち160GBのclassicも気にはなっているのですが、理性が「多少の面倒なら我慢すべきだろっ!」と物欲を押しとどめています。

写真はごくわずかで、テレビ番組やビデオPodcast、DVDビデオなどからのMPEG4動画ファイルが20GB強入っています(録画したデータとしては、その10倍以上あるのですが)。
テレビ録画は、アイ・オー・データの「GV-MVP/GX2」をWindows2000で動く自作PCに取り付け、CATVチューナからの外部入力をつなぎ、ネットワーク上のNASに記録しています。NASはバッファローの「TeraStation Living」の2TBのものが現在2基あります(ひとつは満杯となり、2基目が活躍中)。
このキャプチャカードの特長として、テレビやPCでの視聴用のMPEG2と同時に、iPodやPSP向けのMPEG4ファイルを記録してくれること。いちいちエンコードし直す必要なく、できあがったファイルを直接iTunesに放り込めばいいのが簡単です。
H.264ではありませんが、iPodの小さな画面で観るには十分な画質。映画やオペラの字幕もちゃんと読めます。だいたいは標準設定(ビデオ192kbps、音声128kbps)ですが、まあ十分と思います。

MPEG2で録画したファイルを編集して、CMカットやオペラを幕毎にわける、といった際には「TMPGEnc MPEG Editor 3」を使っています。
フリーウェアでもいくつか試してみたのですが、再エンコードなしで編集結果を書き出せたりと性能も良く、使いやすく、しかもそれほど高いソフトじゃないので気に入っています。編集済みのファイルは「携帯動画変換君」などで再エンコードしますが、こちらもあまり高画質にはこだわりません。

もっとも、妻のiPod touchだと画面が大きくなるぶんアラが目立ってしまい、かといって解像度を高めるとファイルサイズが大きくなってしまうのが悩みどころです。類似商品でH.264の同時記録ができるものが出ませんかねえ(もうあるのかな?)。
iPod touchは16GB版で、ソフトウェアアップデートはしていません(妻はほぼ音楽&ビデオプレーヤとしてしか使っていない)。タッチパネルはカッコイイのですが、いちいち取りだして画面を見ながらでないと操作しにくいのは不満のようです。
また、ビデオをちょっとだけ送りたい/戻したい、音量を少し調整したい、といった際にもストレスがたまるよう。Appleはやらないでしょうけど、ジョグダイヤルくらいあれば便利なのに、とは思います。

おすすめイヤホンとして過去の記事で紹介したShureの「E3c」は、いまは隠退生活に入っています。
かわって使っているのは、同じくShureの「E500PTH」です。いまは「SE530」といったほうが良いのかも。「E3c」を買ったときにも、iPod付属のイヤホンやそれまで使っていたソニーや松下などの格安イヤホン(3000円前後の)との違いに驚いたものでしたが、「3」から「500」への変化も強烈でした。たかが128kbpsの圧縮データなのに、情報量はけっこう豊富だったんだと再認識しましたし、もちろん、CDプレーヤでもとの音を聴いたときの感動も相当なものです。
不自然に強調した感じがなく、低音から高音まで非常にバランスの取れた素直な音で、全体のまとまりがよいのと同時に個々の音もしっかりと耳に届きます。音量を上げてもあまりうるさく感じないのは、バランスの良さの表れでしょう。
このイヤホンを買った直後に聴いた、シノーポリ指揮、フィルハーモニア管によるマーラーの交響曲第2番は、以来、私の愛聴盤になったほど(2度も出てきてお気づきの通り、私が一番好きな曲がこれです)。値段が値段だけに当然、という感じましますけどね。

妻が使っているイヤホンは、オーディオテクニカの「ATH-CK9」です。
自分は6万円以上の「E500」を使っておきながら、妻には2万円以下の「CK9」とはけちな野郎だ、と思われるかもしれません。彼女はそれほど音質へのこだわりがなくて、さすがに3万円以上は不要だという前提でいくつかを聴き比べての選択でした。かれこれ1年くらいになります。
オーケストラの迫力や個々の音が丁寧に響く性能では「E500」の圧勝ですが、女性ボーカルなどは「CK9」だととてもつややかに響いて良い感じです。人によっては高音がきついとか、低音不足と感じられるかもしれませんが、全体にまとまりの良い音だと感じます。音の好みは人それぞれでしょうから、一概にどれがおすすめとは言いにくいのですが、「CK9」は間違いなくおすすめできるイヤホンのひとつだと思います。

さて、長くなりましたが、最後は「お風呂でiPod」です。
すでにこのブログで紹介したこともあるのですが、iPodをすっぽりと内蔵できるアンプつき防水スピーカー「AquaTune」を使って、お風呂の中にiPodを持ち込んでいます。
最初はもっぱら音楽を楽しんでいたのですが、上述したキャプチャーカードを購入してからは録画したテレビ番組やPodcastなどを観るようになりました。やはりビデオだと集中しやすいためか、じっくりと暖まるまで入っていることができます。もちろん、長時間入浴での発汗に備えて、飲み物を持って入るのは忘れません。
音質はお世辞にも良いとはいえませんが、トランスミッターで飛ばした音を浴室ラジオで聴くのよりはずいぶんとマシです。そもそもお風呂の中ですから音楽を良い音で楽しむ環境ではありませんし、シャワーを浴びてる間は何も聞こえないのですから、十分なレベルです。
目の悪い妻はiPodに近づかなければならないので、浴槽に渡しかけて使える書見台を探しているところです(意外に気に入るものが見つかりません)。換気扇を切るとあっという間に曇ってしまい、画面が見えにくくなるのが難ですが、さすがにこれはいかんともしがたいですね。

上記の中で一番最近購入したものは妻のiPod touch、次がキャプチャーカードの昨年春ですから、かれこれ1年ほどは同じ環境で使っていることになります。
「E500PTH」を買ってしまったので、イヤホンをあれこれと迷う気がなくなったのも大きいでしょうね。迷ってあれこれ渡り歩くくらいなら、最初にがんばってハイエンドを、というのが私の信条(ただし買える範囲での、ですが)。あとはひたすらCDが増えています。お金を出しても買えないものがあるとすれば、それは音楽を聴く時間ですから。

冷蔵庫から趣味期限切れのハムが出てきたので、朝食で使っちゃうことに。
火を通せば大丈夫だろうということで、一番簡単なハムエッグにしました。ついでに、使い残しのコーンもあったので一緒に処分。

パンケーキ生地は、おかず用なので甘さを抑えた方が良かろうということで、ホットケーキミックスではなく、薄力粉とコーンフラワーを同量でミックス。
砂糖は多少はあったほうが良さそうなので、16g(例によってヨーグルトのおまけです)。もちろん、ベーキングパウダーなどは適宜。

ちょっと手際が悪くて、ハムの端が焦げちゃいました。まあ、自分用ですので気にしない。
パンケーキ自体はちょっと粉っぽくなっちゃったので、ヨーグルトでも加えてしっとり系にしたほうが良かったかもしれません。次回のおかずパンケーキの際には材料を変えてみようと思います。
甘さのほうは、コーンフラワーの甘みもあったのでちょうど良いくらい、ほんのりと甘みの感じられるパンくらいでしたので、朝食には良いんじゃないかと思います。ま、自分で作って自分で食べているので、たいがいおいしく感じるんですけどね。

買ってきたクイジナートのブレンダー、さっそく使ってみました。

まずは朝食、こちらで写真も掲載した「酵母入りビールのパンケーキ」です。
ここでは卵と砂糖とサラダ油とを攪拌するために使っただけですので、実際にはお箸でシャカシャカと混ぜるのとあんまりかわりません。全卵なので泡立てるわけでもありませんし。
もちろん箸でかき回すのよりもラクなことはラクなんですが、使ったボウルがちょっと小さめだったので飛び散りに注意が必要でした。粉とビールを加えて混ぜる際にはボウルの大きさから盛大にはねそうだと思ったので、泡立て用のアタッチメントを外して手でやりました。たいした分量じゃありませんし。

続いて夕食時。
正確には、火曜日の夕食ではなく水曜から食べるための豚肉のビール煮込みシチューづくりで使いました。
まずはフードプロセッサの機能を試すべく、(あとで書くように本来は不要だったのですが)タマネギとニンジンのみじん切りを。タマネギは取説の指示通り8等分してひと玉分ずつを切りましたが、どうしても切れずに残ってしまうものがあって少しずつ振って内容物を動かしてやる必要がありました。それでも、手作業に比べれば圧倒的にラクです。
必ずしも細かく刻む必要がないものだったこともあり、かなり簡単に済ませることができました。
ニンジンのほうは乱切りにして一本分を切りましたが、こちらはある程度重さがあるせいか勝手に中で動いてくれ、うまい具合に短時間でみじん切りができました。これも、手作業とは比べものにならないほど簡単。
フードプロセッサと比べても、場所を取りませんし、後片付けが圧倒的にラクです。今後、よほど大量の食材を扱わねばならないときや、千切りや薄切りが必要でない限り、フードプロセッサの出番はほとんどなくなりそうです。

さて、シチューをコトコトと煮込んで、ほぼ完成の段階で再度ブレンダーを登場させました。
目的は、ゴロゴロとしている煮込み用(スープ用の)の野菜を細かくすりつぶすこと。いわば野菜のポタージュ状にしてとろみをつけようということです。
きちんとしたレシピブックなんかだと、煮込み用の野菜は鍋から取りだして食べないようなんですが、そんなのもったいないですよね。お店で出すわけじゃないので、多少見た目が悪くてもかまいません。
使った野菜は上記のタマネギとニンジン(ここですりつぶすのだから、わざわざみじん切りにする必要はなかったわけです)、そしてセロリ(茎の部分、葉はスパイスとして煮込み時に使ったのちに取り出しました)です。
肉を取りだしてから鍋にブレンダーを差し込んでスイッチオン、すると、あっという間に野菜の塊が消えてスープにトロ味が出てきます。もちろん、完全にきれいにするには漉してやったほうがよいのでしょうが、まあ、家庭用ならば良いんじゃないかと。
驚いたのは、ほんの数十秒で済んでしまったことです。たしかにこれならば、ジャガイモやカボチャ、ニンジンなどのポタージュスープを作るのも簡単そうです。夏になったら、ぜひ冷製スープを試してみようと思います。


そんなわけで、完成したブタのビール煮シチューがこちらです。
ちなみに使ったビールは朝のビールパンケーキの残りと、苦みのあるエール。水は使わずにビールだけで煮るので、味にはしっかりと苦みと酵母の風味が残ります。
野菜を全てすりつぶしたためか、スープ自体はとても甘みが強くなりました。これはこれで良い感じです。セロリポタージュといっても良いくらいの味でもありますので、好き嫌いはありそうですけど。

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja