バーミックス型のブレンダーを買う

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ブレンダーというとわかりにくいのですが、要するに「バーミックス」みたいなやつです。しばらく迷っていたんですが、ようやく日曜日に買ってきました。
購入したのは、これです。

 クイジナート 「スマートスティックハンドブレンダー」

主たる用途はパンケーキを焼く際に卵と砂糖を混ぜて泡立てることだったので、最初は単機能のハンドミキサーを買うつもりでした。アイロンに泡立て用の棒が2本くっついてるようなやつですね。クイジナートのが9千円とか。
実は、先週送別会の記念品リクエストを受けたので頼んでみたのですが、どうやら私がふざけて高いものをリクエストしたと思われたらしく、もらえませんでした。残念。

そんなわけで週末にかけて再度検討。
泡立ての他にやりそうなことを考えると、最近煮込み料理やシチューを作ることが多いので、ブレンダーがあっても良いかな、と思ったわけです。ポタージュスープなんかは材料をすりつぶしたりが面倒だからあまり作らないのですが、一度だけニンジンスープを作ったときには妻にかなり好評でしたし。
バーミックスの印象が強く、けっこう高いものだと思っていたのですが、ブラウンとかクイジナートならば1万円内外で買えることもわかってきました。

もうひとつわかったことは、簡易なフードプロセッサの機能もあって、みじん切りもできるということです。
フードプロセッサは持っているのですが、ちょっと野菜をみじん切りに、というときに持ち出すのも面倒なものです。台所が広くていつもキャビネットの上に出ていれば、問題ないんですけどね。結果として使うのは年に数回です。
スティックタイプのブレンダーならば場所も取りませんし、いまよりも気軽に使えそうです。どうせやるのはタマネギのみじん切りくらいなんだし。

そんなわけで、用途その1はパンケーキ用の卵やクリームの泡立て、その2はポタージュやシチュー料理、そしてその3はタマネギのみじん切り。
候補をブラウンとクイジナートに絞って店頭へとでかけました。ネット通販でも良かったんですが、重さとか握りやすさ、モーターの騒音なんかを確認したかったのです。
残念なことに、店頭の展示品はいずれも動いていませんでした。たしかに勝手に触らせちゃ、危ないですよね。それでも、握りやすさなんかは確認できました。

結果としては、2千円ほど割高だったものの、クイジナートを選びました。
ブラウンは回転速度が選べるようになっていたのが魅力だったのですが、泡立て用のアタッチメントがとても柔らかくて華奢な感じを受けたのと、デザインが毎日使っている電動歯ブラシ(これはまさにブラウンのですから)にそっくりだったこと。だって、操作ボタンの作りだけでなく、色まで一緒なんて...

買ってきたブレンダー、さっそく休日の火曜日に朝晩使ってみました。
その感想は、次の記事にて...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/791

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年4月30日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「酵母ビールのパンケーキ」です。

次のブログ記事は「クイジナートのスティック型ブレンダーの威力やいかに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja