酵母ビールのパンケーキ

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。


今日は「昭和の日」で休日。休日の朝といえば我が家ではパンケーキを焼くことに決まっております。

今朝のメニューは、「酵母入りビールのパンケーキ」です。
昨夜、妻がおいしそうなハムの切り落としを買ってきたので、これを使おうということに。下記のレシピ本の91ページ、「ビールパンケーキのマンゴーパンチェッタ添え」を参考にしました。

 「パンケーキ・ママの週末はパンケーキの日」

レシピではライ麦粉を使う指示なのですが、手持ちがなかったので薄力粉と全粒分で。重曹もなかったのでベーキングパウダーのみ。ブラウンシュガーはふつうのグラニュー糖で代用しました。
さらには、水とビールを使うことになっていたんですが、全てビールで。酵母入りの小麦のビールを選びました。ちょいと苦みのあるタイプです。

パンチェッタではなく、骨付きハムの切り落としだったし、パンケーキのレシピもだいぶ違うので、レシピブックの写真とはかなり違うものができましたけど、おいしくいただきました。
以前、ビール酵母でパンを焼いたことがあるのですが、十分に苦み抜きをせずに焼いたものだから結構苦みの残るパンができました。ちょうどそんな感じ。お子様には無理かもしれませんが、甘いパンケーキとは違った魅力です。

一応使った材料を書いておくと
 薄力粉 65g
 全粒粉 65g
 ベーキングパウダー 大さじ1.5
 塩 ひとつまみ
 グラニュ糖 16g
 卵 1ヶ
 サラダ油 大さじ1
 酵母入り小麦のビール 150cc
これで、12~3cmのを4枚分です。ちょっと多すぎたかもしれないので、小食ならば粉をそれぞれ50gくらいにして、ビールも100ccちょっとにしておくと良いと思います。
グラニュ糖の量が半端なのは、ヨーグルトのおまけ(8gのパック)を二つ使ったからで、深い意味はありません。砂糖を使わずに作ってみても良いかも、と思いました。

なお、記事を5分ほどおいてから焼きましたが、アルコール分は完全には飛びません。
お子様にはやめといたほうが良いでしょう。大人でもお酒(特に癖のある地ビール系)に弱い方だと、食べられないかもです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/790

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年4月29日 10:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「それはヘンでしょ、レコ芸さん」です。

次のブログ記事は「バーミックス型のブレンダーを買う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja