2008年4月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ブレンダーというとわかりにくいのですが、要するに「バーミックス」みたいなやつです。しばらく迷っていたんですが、ようやく日曜日に買ってきました。
購入したのは、これです。

 クイジナート 「スマートスティックハンドブレンダー」

主たる用途はパンケーキを焼く際に卵と砂糖を混ぜて泡立てることだったので、最初は単機能のハンドミキサーを買うつもりでした。アイロンに泡立て用の棒が2本くっついてるようなやつですね。クイジナートのが9千円とか。
実は、先週送別会の記念品リクエストを受けたので頼んでみたのですが、どうやら私がふざけて高いものをリクエストしたと思われたらしく、もらえませんでした。残念。

そんなわけで週末にかけて再度検討。
泡立ての他にやりそうなことを考えると、最近煮込み料理やシチューを作ることが多いので、ブレンダーがあっても良いかな、と思ったわけです。ポタージュスープなんかは材料をすりつぶしたりが面倒だからあまり作らないのですが、一度だけニンジンスープを作ったときには妻にかなり好評でしたし。
バーミックスの印象が強く、けっこう高いものだと思っていたのですが、ブラウンとかクイジナートならば1万円内外で買えることもわかってきました。

もうひとつわかったことは、簡易なフードプロセッサの機能もあって、みじん切りもできるということです。
フードプロセッサは持っているのですが、ちょっと野菜をみじん切りに、というときに持ち出すのも面倒なものです。台所が広くていつもキャビネットの上に出ていれば、問題ないんですけどね。結果として使うのは年に数回です。
スティックタイプのブレンダーならば場所も取りませんし、いまよりも気軽に使えそうです。どうせやるのはタマネギのみじん切りくらいなんだし。

そんなわけで、用途その1はパンケーキ用の卵やクリームの泡立て、その2はポタージュやシチュー料理、そしてその3はタマネギのみじん切り。
候補をブラウンとクイジナートに絞って店頭へとでかけました。ネット通販でも良かったんですが、重さとか握りやすさ、モーターの騒音なんかを確認したかったのです。
残念なことに、店頭の展示品はいずれも動いていませんでした。たしかに勝手に触らせちゃ、危ないですよね。それでも、握りやすさなんかは確認できました。

結果としては、2千円ほど割高だったものの、クイジナートを選びました。
ブラウンは回転速度が選べるようになっていたのが魅力だったのですが、泡立て用のアタッチメントがとても柔らかくて華奢な感じを受けたのと、デザインが毎日使っている電動歯ブラシ(これはまさにブラウンのですから)にそっくりだったこと。だって、操作ボタンの作りだけでなく、色まで一緒なんて...

買ってきたブレンダー、さっそく休日の火曜日に朝晩使ってみました。
その感想は、次の記事にて...


今日は「昭和の日」で休日。休日の朝といえば我が家ではパンケーキを焼くことに決まっております。

今朝のメニューは、「酵母入りビールのパンケーキ」です。
昨夜、妻がおいしそうなハムの切り落としを買ってきたので、これを使おうということに。下記のレシピ本の91ページ、「ビールパンケーキのマンゴーパンチェッタ添え」を参考にしました。

 「パンケーキ・ママの週末はパンケーキの日」

レシピではライ麦粉を使う指示なのですが、手持ちがなかったので薄力粉と全粒分で。重曹もなかったのでベーキングパウダーのみ。ブラウンシュガーはふつうのグラニュー糖で代用しました。
さらには、水とビールを使うことになっていたんですが、全てビールで。酵母入りの小麦のビールを選びました。ちょいと苦みのあるタイプです。

パンチェッタではなく、骨付きハムの切り落としだったし、パンケーキのレシピもだいぶ違うので、レシピブックの写真とはかなり違うものができましたけど、おいしくいただきました。
以前、ビール酵母でパンを焼いたことがあるのですが、十分に苦み抜きをせずに焼いたものだから結構苦みの残るパンができました。ちょうどそんな感じ。お子様には無理かもしれませんが、甘いパンケーキとは違った魅力です。

一応使った材料を書いておくと
 薄力粉 65g
 全粒粉 65g
 ベーキングパウダー 大さじ1.5
 塩 ひとつまみ
 グラニュ糖 16g
 卵 1ヶ
 サラダ油 大さじ1
 酵母入り小麦のビール 150cc
これで、12~3cmのを4枚分です。ちょっと多すぎたかもしれないので、小食ならば粉をそれぞれ50gくらいにして、ビールも100ccちょっとにしておくと良いと思います。
グラニュ糖の量が半端なのは、ヨーグルトのおまけ(8gのパック)を二つ使ったからで、深い意味はありません。砂糖を使わずに作ってみても良いかも、と思いました。

なお、記事を5分ほどおいてから焼きましたが、アルコール分は完全には飛びません。
お子様にはやめといたほうが良いでしょう。大人でもお酒(特に癖のある地ビール系)に弱い方だと、食べられないかもです。

本日、外出していて夕食までに30分ほどつぶしたかったので、HMVに寄りました。
3倍ポイントデーではあったものの、ついこのあいだネットで買ったCDが5セット届いたばかりなので見るだけ。

書籍のコーナーには最新号の雑誌がたくさん並んでいて、「レコード芸術」は「オーケストラ・ランキング2008」なる特集記事が。
ふむふむと手に取ってみると、上位はやはりベルリンやウィーンが並んでいます。評論家など40名の投票で、1位に10点、10位に1点を与えて集計した結果とのことなので、まあ妥当な感じ。

日本のオケはと思ってみると、NHK交響楽団、東京フィルなどが真ん中くらいに(確か60位くらいまでのランキングでした)ランクイン、がんばってるじゃないかと思って得点の内訳を見ると、いずれも1位に押した投票者がいたらしく、それぞれ10点の票が入っています。
へえ、そういう聴き手もいるんだと思い、その投票者の他の投票内容を見ると、あれれ、票を投じた全てのオーケストラに10点が入っています。なんかヘン。

記事の後ろのほうに各投票者の内訳とコメントが掲載されているので見てみると、なるほど「順位はつけられない」と10のオーケストラを全て1位としているのです。彼が投票したオケはいずれも1位の10点を獲得しているわけ。
たとえばNHK交響楽団はこのような投票をした一人が1位としたので(もちろん、他の9つも1位)、10点を獲得してランクインと相成ったわけです。
他にも、1位のあとに2位をいくつも並べている人などがいて、もちろん2位はいくつあっても9点ずつが加算されています。

いや、そりゃあ、お遊び企画なんでしょうけれど、これっておかしいじゃないですか。
1位に10点、10位に1点という加点方法をとるなら、順位をつけた投票者の持ち点は全部で55点ということになります。一方、全てに1位をつけた投票者は100点の持ち点を持っていることに。
同じ資格で投票をしているはずなのに、全体への影響力が2倍近く違っていて良い理由はありません。仮に同じ理屈で全てを10位とした投票者がいたら、その人の持ち点は10点になっちゃうのかな。
順不同で10団体全てを1位としたなら、持ち点55点を10等分して各オーケストラに5.5点ずつを与える、1位はひとつだが2位が4つあれば、2位から5位までの30点を4等分して7.5点ずつを加算し、次の団体は6位として扱う...これくらいの理屈は小中学生だってすぐに思いつくし、実行できます。

レコ芸の編集部ってどんな人がいるのかわかりませんけど、お仕事なんだからやっつけでやるのもたいがいにしておかないと、雑誌記事の他の部分でも、信頼度を落とすと思うんですが。
もしかして、とりあえず国内のオーケストラをいくつか中位に上げていかないとまずい大人の事情でも、あったんでしょうか...それにしても、手口としては幼稚の極みですけどね。

不健康な?朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)


これが本日の朝食、8時前から作り始めて所要時間は1時間ほど。食べるのは30分もかからないんですが。
週末の朝食はパンケーキを作ることが多く、ほとんどの場合は手っ取り早く市販の「ホットケーキミックス」を使います。何たって手軽。必要量を計って、卵と牛乳を入れてかき混ぜて焼くだけなので、これなら20分もかかりません。

本日は、買ってきたレシピ本にあった「あつあつイチゴソース」の制作から始めましたので、結構時間がかかりました。ソースに作り方は簡単です。レシピではコアントローで香り付けをするようですが、なかったので割愛。
できあがったソースとホイップクリームを混ぜて、固さは泡立てないクリームで調整、焼き上がったパンケーキにかけて、イチゴとバニラアイスをトッピングして完成です。ちなみに、私は美的感覚が皆無なので、飾り付けは妻に任せました。

今回の失敗は肝心のパンケーキがちと焦げたこと。よく見ると下の段が焦げてるのがわかります。
2枚目を焼くときに、ちょっと火力が強かった模様。生地の状態で火の通り方は違うので、たまに失敗します。
今日はパンケーキそのものの甘みを抑えたかったので、市販のミックスは使わずに薄力粉と全粒粉を同量(65gずつ)混ぜ、砂糖は15gだけにしてベーキングパウダーと塩、サラダ油少々。ミルクは130cc(生地の固さを見ながら適当です)。卵は全卵でひとつ。
卵と砂糖だけを泡立ててから混ぜれば、ふわっとしたかもしれませんけど、面倒なので一気に混ぜて焼いちゃいました。

参考にしたレシピ本はこれです。
エンジョイ! パンケーキデイズ
私の買った版では、「あつあつイチゴソース」のレシピが67ページと記載されていますが、実際には91ページに載っていますのでご注意を。

その昔は雑誌が好きで、カメラ、PC、文具など興味ある分野のものを良く買っていました。狭い部屋の中でうずたかくバックナンバーが積まれ、読み返すでもなく引越の都度捨ててきたのは、いまでもなんだか申し訳ない感じがしてます。
WEBで多くの情報が入手できるようになり、こうした商品情報系の雑誌を買うことはほとんどなくなりました。もっとも、めざす情報や商品がぼんやりしているときなど、かつての情報誌のほうが便利だったので、完全な代替にはなっていないのですが。

で、いま現在、定期購読をしている雑誌はひとつだけ。「Harvarad Business Review」です(以下、長いのでHBRと略します)。日本語の「ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー」(これも長いので、日本語HBRとします)ではなくて英語で書いてあるほう。
わざわざ英語のを購読している理由は三つあります。

ひとつは、英文リーディングの訓練用として。
私の英語力は、リスニングとスピーキングは人並み(ヨーロッパ共通参照枠でいうと、B2以上B1未満、くらいです)、ライティングはかなり訓練不足・経験不足、けれどリーディングはかなり頑張れます、というくらいです。
で、苦手を克服するよりも得意を伸ばすのがラクだし楽しいので、趣味と実益を兼ねて関心あるテーマの論文が多いHBRの購読を始めたというわけです。日本語でさえ、通読するのには2時間以上かかる雑誌のですので、毎月読み切る論文は3つくらいでしょうか。

ふたつ目の理由は、お値段が安いから。
日本語HBRは一冊あたり2,000円、年間定期購読料は20,000円です。2ヶ月分お得ですな。これに対してHBRは年間購読料が17,777円です。両者とも税・送料は込みのお値段なので、英語版の方が安いのですね(ちなみに、アメリカとカナダでは$99なのでさらに安いです)。
紙質も良くしっかりとした作りの日本語HBRと比較すると、雑誌の体裁などはだいぶ落ちるのですが、通勤時に持ち運ぶことを考えると逆に軽くて扱いやすかったりもします。値段のチープさだけでなく、質のチープさも実はメリット。
日本語HBRは、どうも「購読していると箔がつく」みたいな効果を狙っているのか、無駄に上質で重たいように思うのですけどね。

そして大切な三つ目の理由は、過去の論文へのアクセスです。
HBRはその掲載論文全てをWEBに掲載し、検索によって求める論文を探すことができます。もちろん、リプリントの注文もすぐに可能です。また、太っ腹なことに最新号の論文の多くがWEBならば無料で読めるのです。ためしにHBRのサイトをご覧ください。最新号の目次の横に「FREE」と書いてあり、これらは実際に無料で読めますし、プリント用のページもあります。
さらに、上記の17,777円の「Basic Subscription」では、過去1年間のバックナンバーを同様に読むことができます。上記サイトには「Readers' Most Recommended」というカラムがあり、最近の記事の中からの読者推奨論文が並んでいます。定期購読していれば、雑誌が手許になくてもここから人気の記事を見つけて読めるわけです。
そして、私が契約している「Premium Subscription」ならば、5,000円アップの22,777円にはなりますが、さらに過去のバックナンバーの論文を読めてしまうのですね。これはもう、出血大サービスと言って過言じゃありません。
ためしに「Michael E. Porter」で検索してみると、1979年3月号の「How Competitive Forces Shape Strategy」から2008年1月号掲載の「The Five Competitive Forces That Shape Strategy」まで、20の論文がリストアップされており、Premium Subscriptionの契約者である私はこれらを全てWEBで、あるいはプリントアウトして読むことができるのです(なぜか、両論文のタイトルが似てますね...)。
日本語HBRは買った雑誌をずっと保管しておかなければ論文は読めなくなっちゃうけど、HBRならばPremium Subscriptionを続ける限り、古い雑誌は捨ててもOK、というわけ。

最近の日本語HBRは人気の論文がすぐ翌月には訳出されることもあって、けっこう良い雑誌だと思います。価格差だって、翻訳の手間と日本語オリジナル論文があることを考えれば、むしろ安いといえるかもしれません。
けれど、上記3つめの過去論文の検索と全文閲覧サービスの存在は決定的です。読み捨ててしまう雑誌とは違って、過去の論文であっても良いものは繰り返し読まれるHBRだからこそのキラーコンテンツ/キラーサービスといっても過言ではないでしょう。異動になって急にHRM関連の知識が必要、といった際にも、ひとまず検索で論文を一覧で出し、ポピュラーなものからつまんでいく、ということができるのです。
もちろん、こうして閲覧できる記事を勝手にコピーして配布することは禁じられており、あくまで読めるのは購読者本人。とはいえ、システム的に歯止めがあるわけではありません。不正コピーのデメリットと、読者サービスによる顧客維持のメリットとを判断した結果なのでしょう。

日本だと類似の存在は「一橋ビジネスレビュー」あたりでしょうか? でも、日本語HBRと同様に定期購読で2割ほどお得になりますよ、という以外のサービスは実施していないようです。
妨げになっているのは不正コピーか、権利関係か、はたまた業界常識なのか、よくわかりません。リプリントの販売がどれほどの規模で、不正コピーが脅威になるのかどうかも、私には材料がなく判断はできませんし、あとで書籍にして売る妨げになる、という判断が働いているのかも。はたまた広告主への配慮かな。
けれど、その日、その週、その月に消費されて捨てられるものならばともかく、数年後にも参照されうるコンテンツを持っている雑誌ならば、その特性を活かしたサービスをなぜやろうとしないのか、疑問に思われてなりません。
言葉という参入障壁を良いことにイノベーションを怠ると、環境変化には対応できないこと、ビジネス誌こそが良くわかっていると思うのですが...

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja