2008年1月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

私は小説を読むのは好きですが、小説読みとしては大きな欠点、というか弱点をひとつ持っています。
それは、「物語の世界に入り込むまでに時間がかかる」のです。

SFやファンタジーによくある、現実世界とは大きく異なった世界の場合だけでなく、時代が違うとか、場所や文化が大きく異なるといった場合も含めて、その小説が舞台としている世界をおおまかに理解するまでにかなりの時間を要するのです。
具体的には、最初の30~40ページは悪戦苦闘、この山を越えられずに頓挫してしまうものも相当たくさんあります。中高生の頃など、少ない小遣いの中から吟味を重ねて買ったにもかかわらず、山を越せずについに読めなかった本があって、我ながらどうしてこんなにも読書能力が低いのだろう、と思ったことが一度や二度ではありません。
余談ながら、そのようにして読めずに放置した一冊、「楽園の泉(アーサー・C・クラーク)」を先日ようやく読み終えました。

けれど、一度その山を超えてしまえば、あとは物語世界に没入してしまい、ラストまでは一気に読み切れます。これは小学校低学年の頃からほとんど変わっていません。
物語世界に没入できやすい傾向を「物語没入力」とでも名付けると、この力は次の要素からなるように思えます。
1.物語世界に没入するまでのスピード(没入速度)
2.物語世界に没入する度合い(没入深度)
3.現実と異なる世界に没入できる度合い(没入許容度)

上記の通り、私は2の深度はそれなりに高い一方で、1の速度に弱く、しかも年を取るにつれて3の許容度が衰えてきている感じ。
読書を趣味としていて、中でも強者の小説読みのかたがたは、おそらくトータルでの没入力がかなり高いのではないかと思います。三つの力のどこが強いのかはそれぞれでしょうが、私としては、速度に優れたかたが大変うらやましい。

多読派は速度が特に強いのかもしれないし、味読派はどちらかといえば深度か。速度と深度の両立度合いはどのくらいなのか、等、他の小説読みがどんなタイプなのか、けっこう気になります。
ある特定のジャンルや特定のタイプの物語にしか関心のないタイプ、あるいはSFやファンタジーにはどうしても関心が持てないのは、3の許容度によるものかもしれません。SFの中でも、大作になるほど巨大な世界観を作り上げて読者をそこに引き込むものが多いように思いますから、読むために求められる没入力のハードルが高くなるんじゃないでしょうか。

ケータイ小説に限らず、よく売れる本、広く読まれる本には、読者に高い没入力を求めないものが多い、といっても良いかも。ハードルを低く設定するほど、その小説を読める母数は増えますし、途中で挫折せずに読み通す読者の数も増えます。
対象読者にとって身近な舞台、現実とは限らないけれどどこかできいたことのある設定、「泣ける」設定、そして予想の範囲内の「泣ける」展開...いずれも高い没入力を必要としないものです。
必然的に高い没入力を持った読者にとっては物足りないものでしょうから、ベストセラーが年季の入った本読みからは評判が悪いのも当たり前かもしれません。

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja