国際線移動時にはiPodのビデオを

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ビジネスやファーストクラスに自腹で乗れるほどの収入はないので、旅行時にはもっぱらエコノミークラスを利用します。
ここで問題は、フロリダへ行く際に使っているノースウェスト航空では、パーソナルビデオシステムが搭載されていないことです。すなわち、映画などは機内のあちこちにあるモニターで見なくてはなりません。

どなたも経験があると思いますが、あのモニターは大半の席からはあまりよく見えないもの。壁に投影された画面は暗いし、ちょっと座高の高い人がいると、あっという間に画面の大部分は隠れてしまいます。
また、天井から下がったCRTは決して大きな画面ではないので、少し離れるとなんだかよくわかりません。機内での映画は10時間を超える窮屈なフライト中に時間をつぶせる貴重な存在だけに、毎回ストレスがたまります。

先日、東京からデトロイトまでの往路11時間、復路12時間以上のフライトでは、ビデオ再生機能のあるiPodが活躍してくれました。
予め気に入ったアニメ番組やらを入れておき、たぶん2~3時間くらいずつはみたと思います。2インチほどの小さな画面を二人でのぞき込んでいたので、多少目が疲れましたが、上述のごとく見にくい画面よりはだいぶマシです。
今回は、事前の座席指定で二人だけが並んだ席を取っておいたので、人に迷惑ということもありません(隣にだれかがいると、液晶のちらつきが気になるかも)。機内の映画もひとつ観ましたから、これでもう半分は時間がつぶれます。後は食事と軽い睡眠、音楽を聴いたり本を読んだりしているうちに到着。これまでの中ではかなり短く感じられる移動になりました。

実は、今回も最初からiPodを機内で観るつもりではなくて、暇になったら音楽でも、と思っていただけでした。
このため、入っていたビデオはそれほど多くなかったのですが、非常に有効な時間つぶしになることがわかりましたから、次回からは観ていて退屈しないビデオを多めに入れていけば、10時間くらいはあっという間になるかもしれません。
読む本についても、以前は読みかけの小説などを持って行ったのを、中断しても大丈夫な軽めのエッセイ、しかも何度か読んでいて面白さには折り紙付きのものを選んだのも大正解でした(具体的には、山下洋輔氏の「ピアニストを笑え!」「ピアノ弾きよじれ旅」です。たぶんいまは絶版ですかね)。

もちろん、ポータブルDVDプレーヤやメディアプレーヤなどでも同様の使い方ができます。エンコードやらシンクロやらの手間がないぶん、DVDプレーヤのほうが楽そうではあります。画面も大きいし。もで、ちょっと大きいし、一人で観るぶんには画面も6インチとか8インチは不要です。
最新のiPodならばバッテリの性能も上がり、nanoやtouchで最長5時間、classicならば最長8時間のビデオ再生が可能です。10時間見続けることはさすがにできませんが、これだけあるとかなり心強いですよね。

なんでも、ユナイテッド航空ではファーストクラス、ビジネスクラスのシートでiPodを接続しビデオを観られるようにするとか。
エコノミーにしか乗れない(同じ路線で一気に値段が3~4倍ですからね、なかなか...)私にはまだ縁遠い話ですが、まあ、当面はiPodの小さな画面でも良いでしょう。長距離の飛行機移動の前には、気に入った映画やテレビ番組などをエンコードして、持ち出すことにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/781

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年10月 8日 20:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お風呂でiPod ~ 防水スピーカ「AquaTune」は良い買い物」です。

次のブログ記事は「自分にとっての十大小説を考えてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja