2007年10月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

自分なりの「世界十大小説」を挙げてみるのが流行っているようです。
震源地はこちらでしょうか?

 世界十大小説(Where Sweetness and Light Faile)

あまり流行りものには乗らないほうなんですが、いろいろなブログでのリストを見ているうちに考えてみたくなりました。
私にとっての十大小説です。

1.カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー
2.モンテ・クリスト伯 デュマ
3.秘密の花園 バーネット
4.夏への扉 ハインライン
5.幻想の未来 筒井康隆
6.はてしない物語 エンデ
7.羊をめぐる冒険 村上春樹
8.ドリトル先生航海記 ロフティング
9.猛き箱船 船戸与一
10.黒後家蜘蛛の会(連作短編) アシモフ

ざっと眺めると、私はわかりやすい物語が好きなのだということがはっきりわかります。どんなジャンル、どんな傾向のものでも、まずは明確なストーリーがあることが、その小説にのめり込む前提となっているようです。あとは魅力的な主人公ですかね。
好き嫌いでいえば、挙げられる小説は他にもあるのですが、10冊に入れるかとなると迷いますね。たとえば「蠅の王」とか「トリストラム・シャンディ」あたりはかなり好きですが、なんとなくこのリストからははずしてしまいます。

10作品のうち、上位5つはそうそう変動しないもの、下位5つはそのときの気分や状況で入れ替わりそうなものです。
入れ替わりの対象としては、「水滸伝」と「西遊記」(今回はどちらにするか迷ったあげくに両方はずしました)、「モルグ街の殺人」(ポー)、「宇宙船ビーグル号の冒険」(ヴォクト)、「成長の儀式」(パンシン)、「マラコット海淵」(ドイル)、「ほら吹き男爵の冒険」(ビュルガー)、「ガルガンチュワ」(ラブレー)、「ガリバー旅行記」(スウィフト)、「ハックルベリイ・フィンの冒険」(トゥエイン)といったあたりです(これで10ありますね。とりあえずサテライトチーム、ってことで)。

「愛・蔵太の少し調べて書く日記」には下記のような一文があります。

もう少し新しいのも入れたいけど、もういい加減いい年になると世界が小説なんかで変わったりはしないんだよね。十大小説というより十代小説、という感じのオチですな。

私のリストもまさにその通りで、成人してから初めて読んだのは「猛き箱船」と「黒後家蜘蛛の会」。あとはすべて幼少期~10代にかけて読み、成人後に再読しているものばかりです。
もっとも、「世界少年少女文学全集」の抄訳を読んだのを「読んだ」というかは問題ですけどね。上に挙げたのは、すべてその後にちゃんと読み返してます。記憶していたストーリーと違ってたりしますけどね。
リストを眺めると、やはり多少の気恥ずかしさがあります。「秘密の花園」とか、こういうリストに紛れ込ませでもしない限りなかなか愛読していたとは告白できません。小学校の頃の読書体験が、けっこう後々までの読書傾向を規定するのはたしかです。

上記の引用部分でも指摘されていますが、30代、40代になってから読んだものは、やはり受け取る衝撃は小さくなります。だって、もうそれなりに育っちゃっていて、今さら人生観の転換なんて受け入れがたいですから。十代での読書体験とは質的に異なります。
これはやっぱり「老い」なのだろうなあ、と思いますし、年齢に関係なく優れた作品からの感動や衝撃を受容できる人たちが多少うらやましくもありますが、こうして育ってしまった以上は仕方ありません。今さらではありますが、受容力のあるうちにもっともっと世界を広げておけば良かったのにな、とは思います。
きっと十代の自分がそれを言われても、反発しか感じなかったでしょうしね。

ビジネスやファーストクラスに自腹で乗れるほどの収入はないので、旅行時にはもっぱらエコノミークラスを利用します。
ここで問題は、フロリダへ行く際に使っているノースウェスト航空では、パーソナルビデオシステムが搭載されていないことです。すなわち、映画などは機内のあちこちにあるモニターで見なくてはなりません。

どなたも経験があると思いますが、あのモニターは大半の席からはあまりよく見えないもの。壁に投影された画面は暗いし、ちょっと座高の高い人がいると、あっという間に画面の大部分は隠れてしまいます。
また、天井から下がったCRTは決して大きな画面ではないので、少し離れるとなんだかよくわかりません。機内での映画は10時間を超える窮屈なフライト中に時間をつぶせる貴重な存在だけに、毎回ストレスがたまります。

先日、東京からデトロイトまでの往路11時間、復路12時間以上のフライトでは、ビデオ再生機能のあるiPodが活躍してくれました。
予め気に入ったアニメ番組やらを入れておき、たぶん2~3時間くらいずつはみたと思います。2インチほどの小さな画面を二人でのぞき込んでいたので、多少目が疲れましたが、上述のごとく見にくい画面よりはだいぶマシです。
今回は、事前の座席指定で二人だけが並んだ席を取っておいたので、人に迷惑ということもありません(隣にだれかがいると、液晶のちらつきが気になるかも)。機内の映画もひとつ観ましたから、これでもう半分は時間がつぶれます。後は食事と軽い睡眠、音楽を聴いたり本を読んだりしているうちに到着。これまでの中ではかなり短く感じられる移動になりました。

実は、今回も最初からiPodを機内で観るつもりではなくて、暇になったら音楽でも、と思っていただけでした。
このため、入っていたビデオはそれほど多くなかったのですが、非常に有効な時間つぶしになることがわかりましたから、次回からは観ていて退屈しないビデオを多めに入れていけば、10時間くらいはあっという間になるかもしれません。
読む本についても、以前は読みかけの小説などを持って行ったのを、中断しても大丈夫な軽めのエッセイ、しかも何度か読んでいて面白さには折り紙付きのものを選んだのも大正解でした(具体的には、山下洋輔氏の「ピアニストを笑え!」「ピアノ弾きよじれ旅」です。たぶんいまは絶版ですかね)。

もちろん、ポータブルDVDプレーヤやメディアプレーヤなどでも同様の使い方ができます。エンコードやらシンクロやらの手間がないぶん、DVDプレーヤのほうが楽そうではあります。画面も大きいし。もで、ちょっと大きいし、一人で観るぶんには画面も6インチとか8インチは不要です。
最新のiPodならばバッテリの性能も上がり、nanoやtouchで最長5時間、classicならば最長8時間のビデオ再生が可能です。10時間見続けることはさすがにできませんが、これだけあるとかなり心強いですよね。

なんでも、ユナイテッド航空ではファーストクラス、ビジネスクラスのシートでiPodを接続しビデオを観られるようにするとか。
エコノミーにしか乗れない(同じ路線で一気に値段が3~4倍ですからね、なかなか...)私にはまだ縁遠い話ですが、まあ、当面はiPodの小さな画面でも良いでしょう。長距離の飛行機移動の前には、気に入った映画やテレビ番組などをエンコードして、持ち出すことにします。

このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja