「ヱヴァンゲリヲン」という表記を見て思い出した「ヴェートーヴェン」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

私の通っていた高校では、週に1コマ「クラブ」の時間というのがあって、スポーツやら芸術系やらの選択肢から何かを選べました。
で、高校3年の時、級友が「自習時間できるからいいぜ」というので選んだのが「音楽鑑賞クラブ」。ようするに、クラシックの名曲を一時間黙って聞きましょう、というクラブです。

自習できなくても良かったのですが(私はそんなに寸暇を惜しんで勉強するほど勤勉じゃなかったので。結局その危機感のなさが徒となって一浪しましたが)、クラシック音楽はいくら聴いていても苦痛じゃなかったので選択しました。
聞きたい曲のリクエストが受け付けられたので、心優しい私は勉強の邪魔にならないよう、わりと静かな曲を選んで教師に提出し、いくつかが採用。

で、各クラブでは運営係のようなのを選ぶのですが、ちとガンコで柔軟性に欠けた人物だったのがやっかいでした。
彼にとってはどうやら音楽が好きでもないくせに受験勉強のためだけに音楽鑑賞クラブを選んだ輩が気に入らないらしく、自分以外の全員に対して実に挑戦的でした(そういうやつだとわかっていて、おもしろがって選出したわれわれが悪かったのですけど)。曲の合間や余った時間には必ず「春の祭典」を超巨大音量でかけ、数回教師がボリュームを下げたほど(たぶん近隣の教室から苦情があったと思われます)。あれを大音量でかければ、勉強時間には使えなくなると思ったんでしょうね。なんだか、話をやめさせるためにアヴァンギャルド・ジャズを大音量でかけるジャズ喫茶の親父のようでした。
以来、私は「春の祭典」を聴くと高校3年の音楽教室を思い出し、「お前らちゃんと聴け!」と叱られてるような気になるのです。

上述の彼が、「今日のレコード」って黒板に書くんですけど、毎回「ヘルヴェルト・フォン・カラヤン」とか「ヴェートーヴェン」って書いてたんですよ(当時はクラシックといえばカラヤンだったので、学校の所蔵レコードにもカラヤンのものが多かった)。
君はそれでもクラシック好きなのか、と思いつつ何度か訂正してあげたんですけど、それがかえってまずかったらしく、卒業までなおそうとしませんでした。まあ、私に指摘されたら、意固地になってなおさないだろうとは、予想してたんですけどね。
んで、タイトルとの関係なんですけど、「エヴァンゲリオン」って「Evangelion」でしたよねたしか。これが最近の劇場版では「ヱヴァンゲリヲン」って、「Wevangeliwon」とかじゃないのに、変じゃないすか? ま、たいした問題じゃないし、「オタク」を「ヲタク」って書いたりするのと、似たようなもんかとも思うのですけどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/778

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年9月12日 22:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod touchのニュースを見ての妄想」です。

次のブログ記事は「お風呂でiPod ~ 防水スピーカ「AquaTune」は良い買い物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja