iPod touchのニュースを見ての妄想

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

昨年の12月に新調したiPod、この手の商品としては驚異的なことに、この夏まで最新モデルとして店頭にありました。発売は2006年9月だったそうですから、なんとまる2年間もモデルチェンジなしだったようです。
全面液晶画面の「新iPod」については、私が購入した頃からさまざまに噂されており、買い換えの時期にも相当迷ったのですが、2007年9月6日に、ようやく発表されました。

噂のiPhone型iPodは、「iPod touch」と名付けられ、驚いたことに8GBと16GBのフラッシュメモリタイプでした。てっきりハードディスクタイプで出てくると思ったのですが。
もっとも、今回登場したハードディスク使用のiPodは「iPod classic」と呼ばれており、機械的な故障が避けられないハードディスクではなく、フラッシュメモリのタイプがiPodとしては主流ということでしょうか。

最初のiPodは5GBと10GBでした。当時は革命的といえる大容量でしたが、いまやシリコンで16GBです。16GBといえば、128KbpsのデータならCDにして200~250枚は入るでしょうから、まあ十分な容量といえるのでしょう。
ビデオだって、本当に気に入ったものだけを持ち歩くのなら、何とかなるのかな。ポッドキャストもため込まずに未聴エピソードだけにすればたいした量にはなりません。
よって、わりとたくさんのCDを持っている層まで含めても、次のモデルチェンジで32GBくらいまでに容量が増やせれば、ほとんどのユーザーが全ライブラリをシリコンディスクのiPodで持ち歩ける、ということになりそう。やはり今後はフラッシュメモリ中心でしょうね。

私の場合、80GBのハードディスクにはもう10GB弱の空きしか残っていません。
これでも、ポッドキャストを絞り込んだ結果ですし、ビデオポッドキャストも増えていますから、残容量は半年も持たずに埋まってしまいそう。ポッドキャストや動画については、かなり絞り込んで携帯するしかなさそうです。
私はずぼらなほうなので、iTunesと同期する際にできるだけ作業はしたくありません。iPodとiTunesの組み合わせは、つないでシンクロして、ハイおしまい、というのが快適なのです。本来はポッドキャストや動画の絞り込みさえ、したくないのですね。
そのときそのときで聴いているコンテンツに限れば、32GBもあれば十分で、16GBだって足りているでしょう。けれど、何も考えずに全ライブラリを持ち歩き、突然「あの曲が聴きたい」と思っても大丈夫、という安心感が私には大切。旅行時には荷物が多くなってしまうタイプです。

全体としては、160GBものハードディスクを必要とするユーザーは少数なのだろうと思います。とはいえ、無視できないほどの塊ではあるので、ハードディスクタイプのiPodがなくなることはないでしょう。
むしろ、このまま大容量化が進みながら、どこかのタイミングでローカルのディスクやメモリからネット上に、再生するコンテンツの所在が変わるのだろうと予想します。5年先か、10年先かはわかりませんが。CD音質ならば無圧縮でも150KByte/sですから、WiFiやHSDPAでもバンド幅は足りています、128~256kbpsの圧縮データなど余裕ですね。問題はサービスエリアと接続料金でしょうか。

イーモバイルのEM・ONEでわりと快適なネット接続ができていますが、この感じでネット上のライブラリから好きなコンテンツを、好きな場所で楽しめるように、早くならないもんでしょうかね。「Phone抜きのiPhone」として登場した「iPod touch」をみていると、いろいろと妄想がふくらみます。どうせ「Phoneつき」にするならば、そのくらいの環境が実現できればいいですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/777

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年9月 6日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンユーザー向けPC(笑)」です。

次のブログ記事は「「ヱヴァンゲリヲン」という表記を見て思い出した「ヴェートーヴェン」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja