お風呂でiPod ~ 防水スピーカ「AquaTune」は良い買い物

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

半身浴というのをご存じでしょうか?
入浴時に、熱い湯に数分浸かって出ていたのでは、身体の表面は暖まるものの、内部までじっくりとは暖まらずにすぐ冷えてしまいます。むしろ、温めのお湯にゆっくりと浸かるのが有効です。
とはいえ、首まで湯に浸かった状態では心臓にも負担がかかってしまい、なかなか長時間入っていることはできません。そこで、湯船に椅子などを置いて胸から下だけをお湯に沈める半身浴がおすすめです。最近では、湯船自体に段差があって半身浴が簡単にできるものもありますね。

さて、ここで問題になるのは20分とか30分の間をどう過ごすかです。
居眠りはいけません。万が一おぼれちゃったら大変です。
読書も良いでしょうが、本がふやけてしまいます(私は出張先のホテルでは良く入浴しながら本を読みます。換気扇が強いこともあって、それほど湿気がこもらないので)。半身浴で10分くらい経過すると、かなりの量の汗をかきますから、額から本に汗がぽたぽたと...なんてことにも。

私のお薦めは、音楽を聴くこと。
最近まで、わが家ではiPodに小型のFMトランスミッターをつけて、浴室内のラジオで受信して音楽を聴いていました。
問題は、入浴中に曲を変えたくなっても難しいこと(お風呂からでなくてはならず面倒)、そしてお世辞にも音が良いとはいえない(ラジオにもよるでしょうが)ことです。ポップスならば何とかなっても、クラシック作品などの音の強弱が激しい場合には、ある時はほとんど無音かと思えば音割れするほどの大音量という状態で、とても音楽鑑賞といえるものではありません。

そこで、半年以上前にWEBサイトで見かけて目をつけていた防水スピーカをついに購入しました。

AquaTune(フォーカルポイントコンピューターの製品紹介ページ)

写真を見ればすぐわかるのですが、樹脂製の防水筐体に小型アンプとステレオスピーカが取り付けられており、中央にiPodを収納して外から操作できるようになっています(クリックホイール部分がシリコンゴムになっている)。
もちろん、接合部にはパッキンが巡らされており、シャワーがかかったくらいでは浸水しない構造になっていますので安心。わざとお風呂に沈めたりしなければ大丈夫でしょう。
ざっと水洗いすることが可能なので、プールやビーチ、ホコリっぽいアウトドアでの利用にも適しているかもしれません。

もちろん、きちんとしたオーディオセットとは比べるべくもありませんが、少なくともFMトランスミッターとお風呂ラジオの組み合わせよりもはるかに高音質。強音でも音割れすることなく(音割れ以前に音が大きすぎて不快になるでしょう)、弱音もしっかりと聞こえます。
低音の不足感はありますが、\14,800(私の購入価格です)の小型スピーカにあまり多くを求めても仕方ありません。浴室内なのでエコーがかかり、これはこれで味わいのある音で楽しめます。浴室の端に立てかけるだけでなく、顔の近くに持ってきたり、湯船に浮かべたりと、位置によっても音は変わります。

なんといっても、その場でiPodの操作ができるのが便利です。
入浴前に曲を決めなくても良いし、気に入らない曲のスキップも簡単にできます。
また、液晶画面はよく見えますから、ビデオ再生をしても良いでしょう。半身浴20~30分となるとずいぶん長いように感じられるかもしれませんが、アニメ1話分と思えば軽いんじゃないでしょうか。
短いシンフォニーやコンチェルトならば1曲ぶん、ジャズやロックのアルバムなら片面(...という発想自体がもはや古いですね)くらい。単一楽章が20~30分になるマーラーやブルックナーは好きずきですが...
iPodの液晶画面ではテキストも読めますから、やろうと思えば読書だって可能です。

あまりに入浴が快適すぎて、のぼせてしまうのには注意が必要です。
半身浴ではかなりの発汗がありますから、水分補給をしながら入るのがおすすめです。水やスポーツドリンクなどを持ち込んで少しずつ飲みながら入りましょう。わが家ではフルーツ酢とスポーツドリンクを合わせた特性ドリンクを良く作ります。
AquaTuneにiPodをセットし、水分補給の準備を整え、ゆっくりと半身浴。これから秋・冬を迎えると、冷え対策として強く強くおすすめします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/779

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年9月29日 22:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ヱヴァンゲリヲン」という表記を見て思い出した「ヴェートーヴェン」」です。

次のブログ記事は「国際線移動時にはiPodのビデオを」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja