2007年9月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

半身浴というのをご存じでしょうか?
入浴時に、熱い湯に数分浸かって出ていたのでは、身体の表面は暖まるものの、内部までじっくりとは暖まらずにすぐ冷えてしまいます。むしろ、温めのお湯にゆっくりと浸かるのが有効です。
とはいえ、首まで湯に浸かった状態では心臓にも負担がかかってしまい、なかなか長時間入っていることはできません。そこで、湯船に椅子などを置いて胸から下だけをお湯に沈める半身浴がおすすめです。最近では、湯船自体に段差があって半身浴が簡単にできるものもありますね。

さて、ここで問題になるのは20分とか30分の間をどう過ごすかです。
居眠りはいけません。万が一おぼれちゃったら大変です。
読書も良いでしょうが、本がふやけてしまいます(私は出張先のホテルでは良く入浴しながら本を読みます。換気扇が強いこともあって、それほど湿気がこもらないので)。半身浴で10分くらい経過すると、かなりの量の汗をかきますから、額から本に汗がぽたぽたと...なんてことにも。

私のお薦めは、音楽を聴くこと。
最近まで、わが家ではiPodに小型のFMトランスミッターをつけて、浴室内のラジオで受信して音楽を聴いていました。
問題は、入浴中に曲を変えたくなっても難しいこと(お風呂からでなくてはならず面倒)、そしてお世辞にも音が良いとはいえない(ラジオにもよるでしょうが)ことです。ポップスならば何とかなっても、クラシック作品などの音の強弱が激しい場合には、ある時はほとんど無音かと思えば音割れするほどの大音量という状態で、とても音楽鑑賞といえるものではありません。

そこで、半年以上前にWEBサイトで見かけて目をつけていた防水スピーカをついに購入しました。

AquaTune(フォーカルポイントコンピューターの製品紹介ページ)

写真を見ればすぐわかるのですが、樹脂製の防水筐体に小型アンプとステレオスピーカが取り付けられており、中央にiPodを収納して外から操作できるようになっています(クリックホイール部分がシリコンゴムになっている)。
もちろん、接合部にはパッキンが巡らされており、シャワーがかかったくらいでは浸水しない構造になっていますので安心。わざとお風呂に沈めたりしなければ大丈夫でしょう。
ざっと水洗いすることが可能なので、プールやビーチ、ホコリっぽいアウトドアでの利用にも適しているかもしれません。

もちろん、きちんとしたオーディオセットとは比べるべくもありませんが、少なくともFMトランスミッターとお風呂ラジオの組み合わせよりもはるかに高音質。強音でも音割れすることなく(音割れ以前に音が大きすぎて不快になるでしょう)、弱音もしっかりと聞こえます。
低音の不足感はありますが、\14,800(私の購入価格です)の小型スピーカにあまり多くを求めても仕方ありません。浴室内なのでエコーがかかり、これはこれで味わいのある音で楽しめます。浴室の端に立てかけるだけでなく、顔の近くに持ってきたり、湯船に浮かべたりと、位置によっても音は変わります。

なんといっても、その場でiPodの操作ができるのが便利です。
入浴前に曲を決めなくても良いし、気に入らない曲のスキップも簡単にできます。
また、液晶画面はよく見えますから、ビデオ再生をしても良いでしょう。半身浴20~30分となるとずいぶん長いように感じられるかもしれませんが、アニメ1話分と思えば軽いんじゃないでしょうか。
短いシンフォニーやコンチェルトならば1曲ぶん、ジャズやロックのアルバムなら片面(...という発想自体がもはや古いですね)くらい。単一楽章が20~30分になるマーラーやブルックナーは好きずきですが...
iPodの液晶画面ではテキストも読めますから、やろうと思えば読書だって可能です。

あまりに入浴が快適すぎて、のぼせてしまうのには注意が必要です。
半身浴ではかなりの発汗がありますから、水分補給をしながら入るのがおすすめです。水やスポーツドリンクなどを持ち込んで少しずつ飲みながら入りましょう。わが家ではフルーツ酢とスポーツドリンクを合わせた特性ドリンクを良く作ります。
AquaTuneにiPodをセットし、水分補給の準備を整え、ゆっくりと半身浴。これから秋・冬を迎えると、冷え対策として強く強くおすすめします。

私の通っていた高校では、週に1コマ「クラブ」の時間というのがあって、スポーツやら芸術系やらの選択肢から何かを選べました。
で、高校3年の時、級友が「自習時間できるからいいぜ」というので選んだのが「音楽鑑賞クラブ」。ようするに、クラシックの名曲を一時間黙って聞きましょう、というクラブです。

自習できなくても良かったのですが(私はそんなに寸暇を惜しんで勉強するほど勤勉じゃなかったので。結局その危機感のなさが徒となって一浪しましたが)、クラシック音楽はいくら聴いていても苦痛じゃなかったので選択しました。
聞きたい曲のリクエストが受け付けられたので、心優しい私は勉強の邪魔にならないよう、わりと静かな曲を選んで教師に提出し、いくつかが採用。

で、各クラブでは運営係のようなのを選ぶのですが、ちとガンコで柔軟性に欠けた人物だったのがやっかいでした。
彼にとってはどうやら音楽が好きでもないくせに受験勉強のためだけに音楽鑑賞クラブを選んだ輩が気に入らないらしく、自分以外の全員に対して実に挑戦的でした(そういうやつだとわかっていて、おもしろがって選出したわれわれが悪かったのですけど)。曲の合間や余った時間には必ず「春の祭典」を超巨大音量でかけ、数回教師がボリュームを下げたほど(たぶん近隣の教室から苦情があったと思われます)。あれを大音量でかければ、勉強時間には使えなくなると思ったんでしょうね。なんだか、話をやめさせるためにアヴァンギャルド・ジャズを大音量でかけるジャズ喫茶の親父のようでした。
以来、私は「春の祭典」を聴くと高校3年の音楽教室を思い出し、「お前らちゃんと聴け!」と叱られてるような気になるのです。

上述の彼が、「今日のレコード」って黒板に書くんですけど、毎回「ヘルヴェルト・フォン・カラヤン」とか「ヴェートーヴェン」って書いてたんですよ(当時はクラシックといえばカラヤンだったので、学校の所蔵レコードにもカラヤンのものが多かった)。
君はそれでもクラシック好きなのか、と思いつつ何度か訂正してあげたんですけど、それがかえってまずかったらしく、卒業までなおそうとしませんでした。まあ、私に指摘されたら、意固地になってなおさないだろうとは、予想してたんですけどね。
んで、タイトルとの関係なんですけど、「エヴァンゲリオン」って「Evangelion」でしたよねたしか。これが最近の劇場版では「ヱヴァンゲリヲン」って、「Wevangeliwon」とかじゃないのに、変じゃないすか? ま、たいした問題じゃないし、「オタク」を「ヲタク」って書いたりするのと、似たようなもんかとも思うのですけどね。

昨年の12月に新調したiPod、この手の商品としては驚異的なことに、この夏まで最新モデルとして店頭にありました。発売は2006年9月だったそうですから、なんとまる2年間もモデルチェンジなしだったようです。
全面液晶画面の「新iPod」については、私が購入した頃からさまざまに噂されており、買い換えの時期にも相当迷ったのですが、2007年9月6日に、ようやく発表されました。

噂のiPhone型iPodは、「iPod touch」と名付けられ、驚いたことに8GBと16GBのフラッシュメモリタイプでした。てっきりハードディスクタイプで出てくると思ったのですが。
もっとも、今回登場したハードディスク使用のiPodは「iPod classic」と呼ばれており、機械的な故障が避けられないハードディスクではなく、フラッシュメモリのタイプがiPodとしては主流ということでしょうか。

最初のiPodは5GBと10GBでした。当時は革命的といえる大容量でしたが、いまやシリコンで16GBです。16GBといえば、128KbpsのデータならCDにして200~250枚は入るでしょうから、まあ十分な容量といえるのでしょう。
ビデオだって、本当に気に入ったものだけを持ち歩くのなら、何とかなるのかな。ポッドキャストもため込まずに未聴エピソードだけにすればたいした量にはなりません。
よって、わりとたくさんのCDを持っている層まで含めても、次のモデルチェンジで32GBくらいまでに容量が増やせれば、ほとんどのユーザーが全ライブラリをシリコンディスクのiPodで持ち歩ける、ということになりそう。やはり今後はフラッシュメモリ中心でしょうね。

私の場合、80GBのハードディスクにはもう10GB弱の空きしか残っていません。
これでも、ポッドキャストを絞り込んだ結果ですし、ビデオポッドキャストも増えていますから、残容量は半年も持たずに埋まってしまいそう。ポッドキャストや動画については、かなり絞り込んで携帯するしかなさそうです。
私はずぼらなほうなので、iTunesと同期する際にできるだけ作業はしたくありません。iPodとiTunesの組み合わせは、つないでシンクロして、ハイおしまい、というのが快適なのです。本来はポッドキャストや動画の絞り込みさえ、したくないのですね。
そのときそのときで聴いているコンテンツに限れば、32GBもあれば十分で、16GBだって足りているでしょう。けれど、何も考えずに全ライブラリを持ち歩き、突然「あの曲が聴きたい」と思っても大丈夫、という安心感が私には大切。旅行時には荷物が多くなってしまうタイプです。

全体としては、160GBものハードディスクを必要とするユーザーは少数なのだろうと思います。とはいえ、無視できないほどの塊ではあるので、ハードディスクタイプのiPodがなくなることはないでしょう。
むしろ、このまま大容量化が進みながら、どこかのタイミングでローカルのディスクやメモリからネット上に、再生するコンテンツの所在が変わるのだろうと予想します。5年先か、10年先かはわかりませんが。CD音質ならば無圧縮でも150KByte/sですから、WiFiやHSDPAでもバンド幅は足りています、128~256kbpsの圧縮データなど余裕ですね。問題はサービスエリアと接続料金でしょうか。

イーモバイルのEM・ONEでわりと快適なネット接続ができていますが、この感じでネット上のライブラリから好きなコンテンツを、好きな場所で楽しめるように、早くならないもんでしょうかね。「Phone抜きのiPhone」として登場した「iPod touch」をみていると、いろいろと妄想がふくらみます。どうせ「Phoneつき」にするならば、そのくらいの環境が実現できればいいですよね。

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年4月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja