GWまでに終えられるか~対訳を追いながら「リング」を聴く

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ワーグナー(なぜこの人の場合、「ヴァーグナー」じゃなく「ワーグナー」という表記が一般化したんでしょうね、まあいいんですけど)の「リング」といえば、もちろん、「ラインの黄金」「ヴァルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」の4作からなる、長大な楽劇です。
どこかのブログでも見かけましたが、今では「リング」というと「指輪物語」か貞子なんでしょうね。でも、クラシックに親しんだものにとっては、やはり「ニーベルングの指環」であると断言して良いでしょう(「指輪」じゃなく「指環」なのがミソ...かな)。

ところで、「ワーグナー/ヴァーグナー」にとどまらず、「ワルキューレ/ヴァルキューレ」「ジークフリード/ジークフリート」「ニーベルング/ニーベルンク」なども気にし始めるときりがありませんね...おっと余談でした。

さてこの「リング」ですが、けっこうたくさんのCDやDVDが存在しています。
大作だけに、CDでは14~15枚組になりますからお値段ももちろんそれなり。少し前(といっても10年単位ですが)だと買う気にもならなかったのです。高校生の頃に、NHKで放送されたブーレーズ指揮(演出はパトリス・シェロー、ファンにはおなじみですね)の「リング」を、90分カセット10本を次々に差し替えながらエアチェックしたという思い出も。
しかし、映像も台本もなしに十数時間にわたる楽劇を聴き続けるのはさすがに無理で、ついに私はこの10本組「リング」を通しては聴けませんでした。おそらく、全体の4分の1くらいをつまんだ程度。以来、「いつかはリング」を胸に秘めて生きてきたのです(うそうそ)。

昨今のクラシックCD価格の大暴落のおかげか、ノイホルト指揮による14枚組がなんと2,890円で購入できました。ようやくチャネス到来です。
実はこのCDセット、HMVの通販では2,300円なにがしだったのですが、入荷の目処が全然つかないのでキャンセルし、タワーレコードの店頭在庫を購入したもの。これでも相当安いですが、一時は1,790円だった、という「史上最安の指環CD(たぶん)」であります。

もう高校生じゃないのですから、同じ間違いを繰り返すわけには行きません。
そこで登場させた秘密兵器が、「対訳本」というわけ。台本とその日本語訳が、数行ごとに書かれているので音楽を聴きながら台詞を追いかけられるスグレモノ。日本語訳だけでは自分がどこにいるかを見失ってしまいますが、ドイツ語も載っているので安心。
ドイツ語って、単に発話するだけならルールを憶えれば簡単ですからね。ちょっとぼうっとしていても、今どこかはすぐにわかります。

買ってきたのは、音楽之友社から出ている「オペラ対訳ライブラリー」からの二冊。
「ラインの黄金」と「ヴァルキューレ」の上巻と、「ジークフリート」と「神々の黄昏」の下巻からなっていて、それぞれ2,100円と2,520円というリーズナブルプライス。
それでも、CDと同じくらいの値段になっちゃいますが、なに、次に別のCDセットを買っても使えますし。

あらすじくらいはさすがに頭に入っていますし、設定や登場人物の関係もおおまかには憶えているので、すぐに本番へ突入。
まずは「ラインの黄金」の第2幕まで進んでいますが、とてもわかりやすいです。というか、映像なし、本なしでこれを聴き進むのは無理。高校生の頃の自分にもこの本をプレゼントしたいほど。ドイツ語の勉強にもちょっとだけなるので、大学の頃にやっといても良かったかもしれません(CDもLPも買えませんでしたけどね)。

今誰が喋っていて、どんな場面なのかは、実は聴き進んでいくとライトモティーフのおかげで対訳なしでもおおまかにはわかるようになります。
けれど、そこにたどり着く前に放り出しちゃうのでは永遠に聴けませんしね。それに映像付きだと、聴くというよりは他のことをしながら途切れ途切れに「観る」だけで聴いた気になっちゃう。やはりここはじっくりと、対訳を手がかりに進んでいこうと思います。

悩みは通勤時間ではなかなか進まないこと。対訳を目で追わねばならないので、歩きながらでは聴けませんしねえ。
ま、大型連休までにどこまで進めるか(途中で別の本が読みたくなるでしょうし)、やってみようと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/772

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年4月10日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東海道新幹線、東京~名古屋間では約20分が圏内」です。

次のブログ記事は「通信速度と処理速度~どこでもWEBを実現した「EM・ONE」の弱点は」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja