2007年4月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

 ソフマップとマウスコンピューター、ニコンユーザー向けPC(デジカメWatch)

期待して見ると、脱力すること請け合いです。
ようするに、重い重いニコンのRAWデータ処理ソフト「Capture NX」を快適に動かせるスペックのPCに、当のソフトと解説本をバンドルしただけ。一応、黒い筐体ではありますが、赤いラインのワンポイントとか、軍艦部に燦然と輝く「Nikon」ロゴとか、あるいはコンクリート床に落としても壊れないタフさといったニコンっぽさはありません。

なんかこう、もうちょっと一工夫がないといけませんよね。
CPUが「Core 2 Duo E6700」で、メインメモリも2GBと、重たいソフトも安心して動かせそうなハイスペックは良いのですが、それって別に他で手に入らないものではありません。
カードリーダーが標準なので、SDカードだけでなくコンパクトフラッシュも簡単に読めそうです。けれど、RAWファイルを多用しているユーザーならば2GBとか4GBといった大容量のカードを使っている可能性が高いですから、高速のデータ転送ができないとデータのコピーだけで数十分以上もかかってしまいます。何も記述はありませんが。

デジタル一眼レフで大量の写真を撮るユーザーがPCを使う際のボトルネックや処理の流れをちゃんとつかんで企画されたようには思えません。
液晶ディスプレイとのセットもありますが、フォトレタッチを前提とするなら、デュアルディスプレイの提案もあってしかるべきでしょう。メモリーカードからの読み出しにしても同様ですし、最近のカメラはほとんどUSB接続ではありますが、IEEE1394を省いているのも疑問です(実際にD1シリーズをつなぐユーザーは、少数だったとしても)。

この企画、ニコンがどの程度関わったものなのかはわかりませんけど、ちょっと安易すぎたんじゃないでしょうか。
赤いラインは別としても、ニコンというブランドがもつ、「写真機そのものの存在感や積み重ねられたイメージ」をうまく使えていません。結果として、ソフマップやマウスコンピューターはどうでも良いとして、「こんなの許可するなんて、ニコンも落ちたもんだ」という印象。

イーモバイルの「EM・ONE」はどのくらい売れたのか、よく知りませんが、使用開始して2週間になろうとする現在のところ、他のユーザーを見かけたことはありません。
ブログへの訪問者数は相変わらず多いですから、注目されていることは、間違いないのですけどね。

使い始めた当初、スピードテストを繰り返しては「早い、早い」と喜んでいたのですが、使っているうちにどうも「遅い」と感じることが増えてきました。
インストールされているOperaでさまざまなWEBサイトを閲覧しているのですが、アンテナ3本で軽く1Mbpsのスピードでつながっているのに、表示が完了するまでじっと我慢を強いられることが多いのです。

レイアウトが複雑だったり、写真や図版が多かったりといったサイトで、この傾向が顕著。つまりは、情報を受け取るスピードに、受け取った情報をレンダリングして表示するスピードが、追いついていないようなのです。
当然ながら、テキスト主体でレイアウトが単純なサイトは、かなり快適に表示できます。きっと掲示板を専用ビューアで読んでも、同じく快適なのではないでしょうか。

W-ZERO3[es]を使っていた時には、データ通信のスピードがボトルネックに感じられていました。
そこは、イーモバイルのHSDPAで解決されたのですが、今度はPDA自体の処理能力がボトルネックになってしまっているわけです。ひとつの問題が解決したら、2番目が出てきたのですね。

もっとも、この問題は「EM・ONE」をモデムとしてPCにつなぐことで解決はされます。
PCならば処理能力は十分で、理論値では最大3.6Mbps(実際にも、2.2Mbpsまで経験してます)のスピードをフルに活かせることでしょう。
とはいえ、「EM・ONE」本体だけで、PCをADSLでつないだのと同じようなWEB閲覧環境を手に入れられる、という期待は裏切られるでしょう。32kbpsや64kbpsといったスピードよりははるかに高速ですが、これ以上は望みません、というほどの満足感でもありません。

買って使って、初めてわかることもたくさんあります。今回はそれが、「本体の処理能力のせいで、WEB閲覧はやっぱりPCには及ばない」ということでした。
PDAそのものの処理能力も高まるででしょうし、なによりも、このサイズの機器単体で通信ができるという手軽さが最大の魅力ですから、私にとって致命傷とはいえません。むしろ、エリアの限定があるにせよ、これだけの環境を手軽に持ち歩けるということは画期的です。
ブログ記事やニュースサイトなどを渡り歩きながら検討中のかたが多いかと思いますが、こうしたマイナス情報も考え合わせた上で、結論を出されると良いと思います。

ワーグナー(なぜこの人の場合、「ヴァーグナー」じゃなく「ワーグナー」という表記が一般化したんでしょうね、まあいいんですけど)の「リング」といえば、もちろん、「ラインの黄金」「ヴァルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」の4作からなる、長大な楽劇です。
どこかのブログでも見かけましたが、今では「リング」というと「指輪物語」か貞子なんでしょうね。でも、クラシックに親しんだものにとっては、やはり「ニーベルングの指環」であると断言して良いでしょう(「指輪」じゃなく「指環」なのがミソ...かな)。

ところで、「ワーグナー/ヴァーグナー」にとどまらず、「ワルキューレ/ヴァルキューレ」「ジークフリード/ジークフリート」「ニーベルング/ニーベルンク」なども気にし始めるときりがありませんね...おっと余談でした。

さてこの「リング」ですが、けっこうたくさんのCDやDVDが存在しています。
大作だけに、CDでは14~15枚組になりますからお値段ももちろんそれなり。少し前(といっても10年単位ですが)だと買う気にもならなかったのです。高校生の頃に、NHKで放送されたブーレーズ指揮(演出はパトリス・シェロー、ファンにはおなじみですね)の「リング」を、90分カセット10本を次々に差し替えながらエアチェックしたという思い出も。
しかし、映像も台本もなしに十数時間にわたる楽劇を聴き続けるのはさすがに無理で、ついに私はこの10本組「リング」を通しては聴けませんでした。おそらく、全体の4分の1くらいをつまんだ程度。以来、「いつかはリング」を胸に秘めて生きてきたのです(うそうそ)。

昨今のクラシックCD価格の大暴落のおかげか、ノイホルト指揮による14枚組がなんと2,890円で購入できました。ようやくチャネス到来です。
実はこのCDセット、HMVの通販では2,300円なにがしだったのですが、入荷の目処が全然つかないのでキャンセルし、タワーレコードの店頭在庫を購入したもの。これでも相当安いですが、一時は1,790円だった、という「史上最安の指環CD(たぶん)」であります。

もう高校生じゃないのですから、同じ間違いを繰り返すわけには行きません。
そこで登場させた秘密兵器が、「対訳本」というわけ。台本とその日本語訳が、数行ごとに書かれているので音楽を聴きながら台詞を追いかけられるスグレモノ。日本語訳だけでは自分がどこにいるかを見失ってしまいますが、ドイツ語も載っているので安心。
ドイツ語って、単に発話するだけならルールを憶えれば簡単ですからね。ちょっとぼうっとしていても、今どこかはすぐにわかります。

買ってきたのは、音楽之友社から出ている「オペラ対訳ライブラリー」からの二冊。
「ラインの黄金」と「ヴァルキューレ」の上巻と、「ジークフリート」と「神々の黄昏」の下巻からなっていて、それぞれ2,100円と2,520円というリーズナブルプライス。
それでも、CDと同じくらいの値段になっちゃいますが、なに、次に別のCDセットを買っても使えますし。

あらすじくらいはさすがに頭に入っていますし、設定や登場人物の関係もおおまかには憶えているので、すぐに本番へ突入。
まずは「ラインの黄金」の第2幕まで進んでいますが、とてもわかりやすいです。というか、映像なし、本なしでこれを聴き進むのは無理。高校生の頃の自分にもこの本をプレゼントしたいほど。ドイツ語の勉強にもちょっとだけなるので、大学の頃にやっといても良かったかもしれません(CDもLPも買えませんでしたけどね)。

今誰が喋っていて、どんな場面なのかは、実は聴き進んでいくとライトモティーフのおかげで対訳なしでもおおまかにはわかるようになります。
けれど、そこにたどり着く前に放り出しちゃうのでは永遠に聴けませんしね。それに映像付きだと、聴くというよりは他のことをしながら途切れ途切れに「観る」だけで聴いた気になっちゃう。やはりここはじっくりと、対訳を手がかりに進んでいこうと思います。

悩みは通勤時間ではなかなか進まないこと。対訳を目で追わねばならないので、歩きながらでは聴けませんしねえ。
ま、大型連休までにどこまで進めるか(途中で別の本が読みたくなるでしょうし)、やってみようと思います。

さて、本日はイーモバイル「EM・ONE」をもって東海道新幹線に。
東京駅の新幹線ホームではもちろんアンテナ3本で、スピードテストでも1.2Mbpsという結果。実際にWeb閲覧は快適です。

発車して新橋を過ぎたあたりで一度接続が切れましたが(圏外表示ではない)、すぐに再接続できて品川から数分間は全く問題なく通信が可能です。時折アンテナの表示本数が減ったりはします。
新横浜の手前、線路が掘り下げられている場所などで不安定になり、多摩川を過ぎたあたりでしばらく圏外。新横浜駅で再び接続できましたが、通過後(止まらない車両だったので)1分ほどで圏外に戻り、それきり復帰はしませんでした。

東京~新横浜間はだいたい15分強ですから、東海道新幹線で東京を出た後は、16~7分が通信可能時間となりそうです。
新横浜から静岡までの40分ほどはトンネルも多く、auやdocomoなどが通信・通話できるようになったのも最近のことですから、イーモバイル単独での環境整備は難しいのかも、という気が。

今回は名古屋で降りましたが、もちろん名古屋駅の新幹線ホームでも使えています。(帰路では名古屋出発後5~6分後に圏外に突入、東京~名古屋間の1時間40分のうち、イーモバイルサービスエリアは20分ぶん、というのが今回の実験結果です)
名古屋駅のシンボルといえるJRタワーズの高島屋でもちゃんとつながりましたが、場所によって速度は200kbps~700kbpsくらい。思ったほどの速度ではありませんでしたが、実用十分です。

いろんな場所で手軽につながるのは、便利でありがたいことです。
EM・ONEのような(PCに比べれば)コンパクトな機器でWebのさまざまなサービスをフルに高速で使えるようになれば、データをたくさん記録したPCを持ち歩いて紛失や盗難に気を配る必要も大きく減りますね。

最近では新幹線の車内でPCを使うのなんて当たり前の光景になりましたが、データの確認とかメールなど、EM・ONEやW-ZERO3で十分な用途も多いでしょう。
軽くてコンパクトな端末と、高速な通信網の普及は、出張や移動の多いビジネスパースンにとっての福音となるのではないでしょうか。

あとはバッテリーが標準でもう少し長く使えるようになってくれると良いですね。便利になるほど実使用時間は伸び、その分、長時間のバッテリー駆動が求められます。
今は新幹線の最前列にいるので、コンセントが使えていますが、このコンパクトな機器をAC駆動しているのは、やっぱりちょっと滑稽ですよね。

本の感想を書くのは久々です。
2月の頭に読んだのですが、どうもこの本は「困ったちゃん」でした。タイトルと内容とに明らかな齟齬があるのです。

タイトルには「交響曲CD」とあるのに、ほとんど全ての紹介文で販売中のCDよりも過去のアナログ版が音質面で圧倒的に優れていることが強調されます。「交響曲 絶対の名盤」なら問題ないのですが、「CD」とあるので読者としては困ってしまう。
絶対の名盤としての評価はアナログ版に対するものであり、CDではこの価値は伝わらないだろうといった表現も散見されます。

残念なことに、今やほとんどのリスナーはまともなアナログレコードの再生環境はもっていないでしょうし、そもそもアナログ版の入手はほぼ中古に限定されます。本書の中には、いまや40万円というプレミア付きのレコードまでが紹介されているのですが、それは「入手不可能=鑑賞不可能」に近いものでしょう。
中古レコードの入手は、環境によってはそれほど困難ではないでしょうが、それをするのはCDの音に不満を持ち、さらに良い音で音楽を聴くために時間とお金を投資をしていこう、と決めた少数のリスナーだけと思われます。

タイトルを見て買った読者の多くは、程度はどうあれ、これから交響曲を広く聴き始める上でのガイドを期待するのではないでしょうか。私もその一人。
しかし、読んで伝わってくるのは、今では入手不可能(極めて困難)なレコードこそが過去の偉大な録音の神髄を伝えてくれるもので、CDは劣化コピー品に過ぎない、という強いメッセージです。
読者としては、本を参考にトスカニーニのベートーヴェンやワルターのマーラーをCDで購入し聴いたとしても、そして感動したとしても、「あなたは偽物にごまかされてしまっているのですよ」と耳打ちされているような気分に陥るはず。

著者の非常に広範囲な知識や積み重ねてきた鑑賞力、音楽と音質に対する深い理解と愛情はとても良く伝わってきます。
個々のコメントも、私のとても狭い鑑賞の経験からも納得できるものが多いし、かなり信頼に足るものではないかと思います。古い録音に偏っている印象は受けますが、それは趣味なのだから何らかの偏りはあって当然です(私だって、ジャズが好きだといいながら聴いているCDのほとんどが1950~60年代のものですし)。
交響曲の名曲と名演奏について、とても参考になる内容であるだけに、全体に流れる「デジタル否定、アナログ礼賛」の姿勢が、本の価値を減じてしまっています。

もちろん、アナログならば何でも良く、デジタルは一貫して否定されているわけではありません。しっかりとマスタリングされたCDについてはきちんと評価されています。
写真におけるフィルムとデジタルとを引き合いに出して、良質なアナログ記録こそが未来に残るものと主張するところなど、苦笑を禁じ得ないところもあります。とはいえ、まあ玉に瑕の範囲(とはいえ、自説を強調するためによく知らない分野から例をひくのは、あまりよい結果を生まないという事例でもあります)。

とはいえ上述の通り、どのCDを聴いても、アナログ版の劣化コピーを聞かされてしまっているんだ、という居心地の悪さを強いられる内容であることはたしか。
そもそもCDしか入手できないんだからしょうがないじゃん、と気にしない人、あるいは一気にアナログ収集に突入するつもりです、という勇ましい人には、おすすめできます。
一方で、いくつかの文章を拾い読みして「単なるアナログ懐古趣味」に見えてしまったなら、この著者とは相性悪いです。その意味では、是非店頭で立ち読みしてから買うべき本。

さて、買ったCDを128kbpsのAACに変換してiPodで聴いている私は、きっと著者にとっては劣化コピーをさらに劣化させて音楽を聴いた気になっている、大馬鹿者に映るんでしょうね。ま、気にしませんけど。
音がどうこういう前に、まずは聴いて楽しむことが大事。クラシックだけでなくジャズなんかもそうですが、「鑑賞道」に全てのファンがはまりこむ必要など、ないのです。

高速のHSDPAは魅力だけど、サービスエリアの狭さに不安があるイーモバイルですが、今朝の状況です。
私の通勤は途中から地下鉄に乗り換えるのですが、地上を走る鉄道社内でもうまくネットワークにはつながりませんでした。

アンテナは3本表示され、インジケーターも緑、接続済みを示すアイコンも表示されていたのですが、「Yahoo! Japan」のトップページを表示したきり、どのリンクをクリックしても反応なし。
直通運転で地下鉄に入ってからも、緑インジケーターのままで、電源を入れ直すと急に圏外表示に。
おそらく地上にいる途中で圏外か、電波状態が悪くなっていたけれど、表示が変わらなかっただけではないかと思われます。
帰宅時には同じ路線でつながっていましたので、少々不安定なだけかもしれません。

いずれにせよ、地下鉄は仕方ないとして、地上を走っている鉄道で安定して通信ができるように、もっとがんばってほしいところ。
まあ、こういうのはある程度時間が解決するものですので、そんなに悲観はしていません。

電車を降りてから少し時間があったので、地下鉄の駅改札を出たところにあるパン屋の併設カフェでコーヒーを飲んだのですが、ここでも圏外。
けっこう深い場所にある駅なので、現状では仕方のないところかと思います。
また、東京駅八重洲地下街のお店でも圏外表示は変わらず。地下関係は今のところ難しいようです。

ちなみに、西新宿にあるビルの14階のオフィスでは3本アンテナが立っており通信も可能です。speedtest.jpによれば538kbpsでしたから、自宅の室内とほぼ同じくらい。
携帯電話も最近までは入りにくい場所だったので、それなりに健闘といえるでしょうか。
地下街は打ち合わせや時間調整で使うことが多いので、早めに整備が進むことを望みます。

当エントリは、EM・ONEにて零号テキストエディタを使って書き、Operaにて投稿したものです。

3月31日に早速受け取ってきたイーモバイルの通信機能付きPDA(と、言い切ってしまいましょう)「EM・ONE」のファーストインプレッションをば。

<外観など>
店頭のデモ機を触ったかたは実感していると思いますが、薄いです。そこそこ重さはあるのですが、シャツのポケットにも入りますし、鞄の中でも収まりがよいでしょう。
毎日持ち運ぶことを考えると、「小ささ」よりも「薄さ」のほうが大事だと思いますので、これは大歓迎。

<画面・キーボード>
さすがに4インチのWVGAワイド液晶は見やすくてきれい。
W-ZERO3[es]の小さな画面を、眉間にしわを寄せてのぞきこんでいたのとは大違いです。やはり必要十分なサイズというのはあるということでしょう。
キーボードも幅は同じくらいですが縦に広がった分、楽に操作できます。打ち間違いもかなり減りそうですが、今のところはキー位置の微妙な差に指が慣れていない段階です。
慣れてくれば、ブログのエントリ作成もかなり容易になるでしょう。Linux Zaurusのキーボードよりは、少し使いにくいのかな、という程度です(ATOKの変換効率が良いので、トータルでは上です)。

<ネット接続>
自宅の奥の方は、auの電波も不安定なのですが、何とかつながります(もっとも、自宅では無線LANを使ったほうが安定してますけど)。
室内で500kbps強、窓際で800kbpsほどと、私の環境では最大値の3.6Mbpsにはほど遠い数値ですが、実用上はそれほど問題ありません。
Operaの起動がW-ZERO3に比べると圧倒的に早いので、気が向いたらさっとつなぐことができます。
すでにあちこちで指摘されているとおり、YouTubeは実用的ではありません。サイトによっては500kbps程度の動画はちゃんと再生できますから、ちょっと納得ゆかないのですが仕方ないですね。

<導入ソフト>
スケジュール管理は横長の画面構成が活かせそうという理由で「さいすけ」を選びました。母艦のOutlook経由でデータの移行は簡単です。
テキストエディタは「零号」、そしてTMPMCをとりあえず。
これからいろいろなかたの環境を参考に、使い勝手を良くしていきたいと思ってます。

<その他>
PDFのビューア自体は変わりませんが、やはり画面が広い分、読みやすいですね。
Officeなどの添付ファイルも同様だろうと思います。
電話ではないので、メールはPOPでPC同様に読むか、GmailなどのWebサービスを使うことになりますが、ネットにつながらないと読めずに困る場面もあるかもしれません。

結論としては、通信サービス圏内に自宅や勤務地があれば、現時点では最強に近いPDAではないでしょうか。
毎日のようにPCを持ち歩く人でなければ、これだけのコンパクトなマシンで一通りのデータが読め、ネットにも高速につながります。公衆無線LANサービスと契約していれば、さらに実用度は高まるでしょう。
私の周囲でも、クリエなどのPDAが店頭から消えてしまい困っている人がいるのですが、月々5980円のランニングコストが納得できるなら、ビジネスパースンの情報ツールとしては「買い」だと思います。

このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja