セットトップボックスのリモコンがひどい

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

昨年の夏に住んでいる家で契約しているJ:COMが勝手にデジタル放送に切り替わり、地デジとなった民放は月間3時間程度の視聴時間に減った一方で、ディスカバリーHDにすっかり満足しています。
もともと試聴できたけれど、セットトップボックス(STB)で番組表を参照できる便利さで視聴時間が大幅に増えた「アニマルプラネット」や「ナショナルジオグラフィックチャンネル」とあわせて、わが家ではテレビといえば野生動物のドキュメンタリーを見るための道具となっています。

とはいえ、現在の環境にはひとつ大きな問題があって、J:COMが据え付けていったSTB、たしかHUMAXという会社のものですが、とてつもなくリモコンの感知範囲が狭いのです。
このSTBは、テレビの右側3mくらいの場所に、縦型のラックにDVDレコーダやAVアンプなどと一緒に置いています。STB以外の機器については、リモコンの反応が鈍くなることはまずなく、ボタンを押して動かないということは一切ありません。適当に前方に向けて操作すれば大丈夫。
けれど、STBのものだけは、しっかりとSTBに向けてやらないと一切反応せず、しかもそうしていても、ボタン操作の3回に2回は無視される(たとえば選局ボタンならば、3回押してやっと一度動く程度)のです。電池が消耗しているのかと新品に変えても同じなので、それはリモコンの赤外線が圧倒的に弱いとか、本体受光部がとてつもなく鈍いとか、そんな事情なのでしょう。

STBというのはほぼつけっぱなしで使うものだと思うのですが(そうでもないですか?)、このSTBはこれまでに10回以上ハングアップして止まっていたことがあります。電源スイッチも含めて一切の操作が不能で、電源コードを抜いてリセットするしかありません。
もちろん、ハングアップしている間の留守録は止まった時点の映像がずっと記録されているというわけで、ちょっと信頼性にも欠けます。熱がこもらないように隙間はかなり空いているのですが、それでも本体がかなり熱くなっており、放熱設計に問題があるようにも思われます。

STBはユーザーが自分で選ぶものではなく、ケーブル会社が勝手に置いておくものだけに、使い勝手や信頼性の面で不安のある商品ではちょっと困りますね。苦情を言えば取り替えてもらえるのだろうか? 一度確認してみなきゃ、と思いつつなかなかできていません。
日々ストレスがたまるのに、なかなか改善できないものって、こればかりではないのですが、意外と面倒なんですよね。

<2007.3.17追記>
メールをいただきまして、なんでもJ:COMに申し出るとけっこう軽微なトラブルでも快く交換してくれるんだとか(ただしJ:COM東京ではないので、同じ対応かどうかは、わかりませんが)。
一度電話してみようと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/763

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年3月14日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「RSSでは全文配信が良いのかどうか?」です。

次のブログ記事は「久しぶりの初物買い~「イーモバイル EM・ONE」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja