2007年3月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ゆびきたっす!

| コメント(0) | トラックバック(0)

予告した通り、本日からサービスが開始されたイーモバイルの通信端末「EM・ONE」を買ってきました。
一通りの設定やソフトウェアのインストールを終えたところです。

画面が大きく、横幅も広いので、Webはとても見やすいですね。
通信速度もかなり速くて、テキスト中心のサイトをみている分にはほとんど不満はありません。
ただし電波が弱いのか、自宅の奥の方では接続が不安定になります。

ひとまず、記念の初投稿です。

滝田明日香さんの著書「晴れ、ときどき、サバンナ」によると「アフリカ病」なるものがあるそうです。

アフリカから日常生活に戻っても、気がつくと考えているのはアフリカのことばかり、目の前の本も読めないほど集中できず生活に支障を来す、唯一の治療法はアフリカに戻ることだけ。
「アフリカの水を飲んだものは、ふたたびアフリカに帰る」のだそうですが(でも、旅行者は買ったミネラルウォーターしか飲まないじゃん、という滝田さんの指摘はスルドイ)、取り憑かれるような魅力が、そこにはあるのでしょう。

さて、まだアフリカになど一度も行ったことのない私、およびその妻ですが、ここ数ヵ月間は重度の「アフリカ病」に悩まされています。
きっかけは昨年の秋、ウォルト・ディズニー・ワールドの「アニマルキングダム・ロッジ」に滞在したこと。毎日窓の外のキリンとあいさつし、宿泊者限定の「サンセット・サファリ(Wanyama Safari)」に参加しているうち、動物たちがはるばるアフリカから運んできた風に当たりすぎたようです。

以来、平日の夜も休日も観るテレビ番組は「アニマル・プラネット」「ナショナルジオグラフィック・チャンネル」そして「ディスカバリー・チャンネル」のアフリカ野生動物ドキュメンタリーばかり(これが、毎日最低でも2~3番組ずつはあるのです)。
読む本もアフリカ、買う写真集もアフリカ、Amazonに注文するDVDもアフリカ、そして眺めるサイトもアフリカ...妻のバッグもいつの間にかアフリカ。

アフリカといっても、エジプトやモロッコではありません。
私たちが来る日も来る日も夢に見ているのは、ケニアやタンザニアなどの東アフリカ、そして南アフリカやボツワナなどの南部です。いずれも乾燥したサファリを持ち、野生動物たちを見学できるサファリツアーのメッカ。
旅行会社のパンフレットを取り寄せ、旅行記やブログを眺めては、このロッジは良いとかバルーンサファリは外せないとか日本人観光客の少ないのはどこだろうとか、いつ行けるんだかわからないアフリカ・サファリ旅行について語るのが、ほとんど唯一の家庭内の会話になってしまってます。

行けばいいじゃん、ということなんですが、フロリダに行くのとは違って大変です。
まずは乗り継ぎが必要で遠いですし、その上、旅費もツアーだとけっこうお高め。しかも、日本人観光客だけまとめられてぞろぞろ歩く旅行会社のツアーなんていやだし(こういってはなんですが、「アフリカ撮影ツアー」的な旅行の紹介などを観てると、まるで老人会です)。
日本の旅行シーズンである5月の連休は雨期まっただ中で、ヌーの大移動をマサイ・マラで観るなら8月下旬から9月など、微妙に長期休みの取りにくいタイミング。
不安材料もたくさんあります。ナイロビではホテルから一歩も出るな、とか物騒な話題にも事欠きませんしね。
野生動物のサファリとなると、撮影機材だって足りない。望遠は最低でも300mm/2.8とテレコンがほしいし、レンズなど付け替えられないから2台体制で、ビデオも追加して...などと考えていると、旅行一回分の予算が平気で飛んでいきます。
しかも、アフリカ国内の移動は手荷物15kgですって。いや、カメラ一式だけで簡単に超えます、私はどうすればいいのでしょうか。

まあ、いろんなハードルを越えないと行けないのは、どこへ行くのも一緒なのです。
順番に準備を整えて、割り切るべきところは割り切って、早いうちに一度行ってみるべきなのでしょう。
帰国後に「あんなひどいところには二度と行くもんか」になっているか、はたまた「次はいつ、来月?」などと病を悪化させているか、どうなるかはわかりません。

けれど、この数ヶ月の重度「アフリカ病」は、ひとまずおさめないと本気で日常生活に支障があります。
仕事しているときにキリマンジャロをバックにアフリカ象が闊歩している場面ばかり浮かんできてご覧なさい。アンボセリに行くにも、ちゃんとお仕事して給料もらわねばならないのです。
とりあえず、春になったら「富士サファリパーク」にでもいってきましょうか。あるいは、動物園で休日を過ごしましょうか。あまり効果的な治療には、ならないかもしれませんが...

Googleのブログ検索はRSSをフィードしてくれるので、日付順に取得したフィードをRSSリーダーに登録しておくと、気になるワードを含むブログ記事が割と簡単に読めます。
もちろん、玉石混淆になりますし、あまりに取り上げられることの多いワードでは情報が多くなりすぎて機能しないかもしれませんけれど。

で、私の好きなとある作曲家の名前での検索結果をフィードで取得しているのですが、毎日の新着が5~10本程度と、ほどよい感じです。
もちろん、別のワードに部分的に同じ文字列が含まれているケースなどもあって、ノイズがないわけではありません。これは概要をみれば判断できるので、問題ないのです。

問題は、この作曲家の名前と同じ文字列を使った筆名で書かれている、エロブログ(と思われる、フィードのタイトルと概要だけで、本体は見に行く気にもなれないので未確認)があることなんですわ。
10か20にひとつ、そこにあるだけで眉間にしわが寄ってしまうようなタイトルが画面に表示されるわけで、これはとても不愉快。
とはいえ、どんな筆名を着けようと、あるいはブログのタイトルをつけようと、商標の侵害といった問題さえなければ自由といえば自由。私が不快だという理由で、変更を求める筋合いはありません。

あー、でもほんとに何とかならないのですかね。
エロサイトだけでなく、単に商品を並べているだけのアフィリエイトブログも、検索結果からとりあえずはずしておきたいノイズのひとつです。
評判を調べようと商品名で検索をかけると、なんの情報も付加せずにただアフィリエイトのリンクとAmazonの評価などが並んでいるサイトばかりが並びます。こんなのいらない。

フィードを取得する際に、指定したドメインからのものは最初からはじくように、なっていれば良いのですが。つまり私のRSSリーダーでは指定したURLのものは表示しない、という設定があるとすごくうれしい。
サーバの負荷とか、ネットワークの負荷とか、そもそも技術的な困難とか、実はニーズは少ないとか、いろいろ事情はあるのかもしれませんが、なんとかならないもんでしょうか。
まさに「臭いものにフタをする」行為に他ならないわけですが、ネットから気に入らないものを追い出すことなどそもそもできないのだから、せめてフタくらいはさせてよ、と思うのです。

<追記>
とりあえず、検索の段階で当該エロサイトの名称を除くことでRSSフィードから除くことはできています。でも、これではアフィリエイトブログが排除できないんですよね...

PDAはIBMが「WorkPad」を出したころから使っていますから、けっこうになります。もう紙の手帳でのスケジュール管理に戻る気はありません。
とはいえPDA自体はあまり売れなかったようで、「冬の時代」とさえいえるような状況が続いていました。2005年の初め頃には、「PDAはこのままなくなってしまうのではないか」と諦めかけていたような状態。
ようやく一昨年頃からウィルコムが「W-ZERO3」を発売しヒットさせたのが刺激となってか、スマートフォンという形で、徐々に拡がりを見せている感じです。

私は「IBM WorkPad」、「Handsprings Visor Prism」、「Sharp Zaurus SL-C750」とほぼ2年おきに買い換え(いずれも前の機種が壊れての買い換えでした)、昨年夏からはウィルコムの「W-ZERO3[es]」を使っています。
用途はほぼ80%がスケジュール管理、あとはメールとWEBです。電話としては使わないのでアドレス帳はほとんど触っていませんし、マルチメディア系はiPodの担当ですので、「ネットに接続可能な電子スケジュール帳」が私にとってのPDAといえます。

こうした用途でW-ZERO3[es]を使ってきて残念な点がいくつかありました。
必ずしもウィルコムやシャープの責任にはできないものも含めて列記します。

<意外と圏外>
ほとんどないのですが、たとえば毎日通る地下通路が圏外なので、「帰るコール」ならぬ「帰るメール」がとても出しにくい。
また、東京都内の割と駅に近い場所にあるわが家でも、奥の方では入りません。

<メール一本で時間かけ過ぎ>
都度、認証をかけてIP網に接続するためでしょうが、地下鉄の停車時に書いておいたメールをさくっと送りたいだけなのに、もたもたとして間に合わないこともしばしば。これは、歩行時の送受信でも同じです。

<画面が小さくてつらい>
コンパクトさの代償ではありますが、やはり若い頃とは違います。メールを読んだり、自分のスケジュールを確認するのに眉間にしわを寄せる必要は、ない。ただ、字を大きくするにもアプリの画面設計とのかねあいで難しい面もあります。

<Operaさん、遅すぎです>
起動に時間がかかる上に、画面が消えているだろうからと復帰のために「PWR」ボタンを押すと終了してしまう。アプリケーションによってこのボタンで終了するかどうかの挙動が違っているのはどうかと思う(これはウィルコムのせいじゃないですけど)。

<メモリ容量少なすぎます>
受信したメールがたかが数百通で一杯になってしまうのなら、携帯電話のように一定数を超えたら古いものを自動削除してくれればいいのに。SDカードをメールの保存フォルダにする方法ってあるんでしょうか。

<やっぱり中途半端>
電話機とPDAのいいとこ取りを狙ったのかもしれませんが、結局は中途半端かな。携帯と同様のテンキーによる予測変換入力もそれほど使いやすくはないし、相手のメールを自動で引用してくれるのは良いけど、消しちゃおうと「クリア」を長押しすると...Operaが起動するんですよね。いや、わかってるんだけど...
結局、インプットスタイルで両手で使うのが一番使いやすくて、それが可能な場面は決して多くはありません。

<メールソフト、使いにくいです>
デフォルトで受信日時が全て表示されないのは、モバイル機器のメールとしては失格。表示を調整しても起動し直すと忘れちゃってるし。
アドレス帳に登録している名前なのに、返信時にはアドレスしか表示されないので不親切。電話なのに、PCの画面をそのままに作っては、使いにくいだけです。でもこれって、EM・ONEでも同じのがついてくるんですよね。
(2007.3.17意味不明の文章を修正しました)

特にメールに関する不満はかなり深刻で、年明けくらいからはメールに関してはauの携帯電話がメインになっています。
auでの受信メールは全て自動転送しているので、長めの返事を書かなきゃいけないときだけ、W-ZERO3の出番。待ち合わせなどの簡単なメールは携帯電話のほうが、やはり簡単で快適です。

それなら、PDAとしてスケジュール管理がやりやすく、必要に応じてWEBが使えればよい(GmailやRSSリーダーなど、主要な情報リソースは最近WEB上にありますから)、というわけで、予約してしまいました。イーモバイルの「EM・ONE」です。
最近はすっかり用心深くなって、こうした機器は登場して半年くらい待って評価が固まってから手を出すのが常だったのですが、今回は予約してしまいました。よほど気が変わることのない限りは、3月31日に入手して使い始めることになります。

上に書いたとおり、全ての用途をひとつの機器ですませよう、というのはやめてしまいました。通話とプッシュメールは携帯電話で、スケジュール管理とWEBはPDAでと使い分けです。
サービス開始当初は通信可能エリアも狭いでしょうし、使い始めると新たな不満が見つかるのかもしれません。ワンセグなんていらないし(サッカーのA代表の試合くらいなら...)、電池が4時間というのも気に掛かります。250gなのでちょっと重たいし。
少なくとも、店頭デモ機で試した結果では、Operaの起動も早いしホイールによるスクロールはとても便利、キーボードはW-ZERO3[es]よりも、そしてVAIO UXよりもずっと使いやすいように感じられました。どうせなら、データ通信が開通するのは31日からで良いのだから、早めに端末だけもらえればいいのに。

昨年の夏に住んでいる家で契約しているJ:COMが勝手にデジタル放送に切り替わり、地デジとなった民放は月間3時間程度の視聴時間に減った一方で、ディスカバリーHDにすっかり満足しています。
もともと試聴できたけれど、セットトップボックス(STB)で番組表を参照できる便利さで視聴時間が大幅に増えた「アニマルプラネット」や「ナショナルジオグラフィックチャンネル」とあわせて、わが家ではテレビといえば野生動物のドキュメンタリーを見るための道具となっています。

とはいえ、現在の環境にはひとつ大きな問題があって、J:COMが据え付けていったSTB、たしかHUMAXという会社のものですが、とてつもなくリモコンの感知範囲が狭いのです。
このSTBは、テレビの右側3mくらいの場所に、縦型のラックにDVDレコーダやAVアンプなどと一緒に置いています。STB以外の機器については、リモコンの反応が鈍くなることはまずなく、ボタンを押して動かないということは一切ありません。適当に前方に向けて操作すれば大丈夫。
けれど、STBのものだけは、しっかりとSTBに向けてやらないと一切反応せず、しかもそうしていても、ボタン操作の3回に2回は無視される(たとえば選局ボタンならば、3回押してやっと一度動く程度)のです。電池が消耗しているのかと新品に変えても同じなので、それはリモコンの赤外線が圧倒的に弱いとか、本体受光部がとてつもなく鈍いとか、そんな事情なのでしょう。

STBというのはほぼつけっぱなしで使うものだと思うのですが(そうでもないですか?)、このSTBはこれまでに10回以上ハングアップして止まっていたことがあります。電源スイッチも含めて一切の操作が不能で、電源コードを抜いてリセットするしかありません。
もちろん、ハングアップしている間の留守録は止まった時点の映像がずっと記録されているというわけで、ちょっと信頼性にも欠けます。熱がこもらないように隙間はかなり空いているのですが、それでも本体がかなり熱くなっており、放熱設計に問題があるようにも思われます。

STBはユーザーが自分で選ぶものではなく、ケーブル会社が勝手に置いておくものだけに、使い勝手や信頼性の面で不安のある商品ではちょっと困りますね。苦情を言えば取り替えてもらえるのだろうか? 一度確認してみなきゃ、と思いつつなかなかできていません。
日々ストレスがたまるのに、なかなか改善できないものって、こればかりではないのですが、意外と面倒なんですよね。

<2007.3.17追記>
メールをいただきまして、なんでもJ:COMに申し出るとけっこう軽微なトラブルでも快く交換してくれるんだとか(ただしJ:COM東京ではないので、同じ対応かどうかは、わかりませんが)。
一度電話してみようと思います。

RSSリーダーを使っているユーザーは、2007年1~2月の調査では12.8%なんだそうです(Japan.internet.comの記事より)。認知度も36.27%と高まってきており、あと1,2年のうちには極めてポピュラーなツールになりそう。
私は最初「Bloglines」を使い始め、続いて「Livedoor Reader」に乗り換え、さらには「Livedoor Reader」のメンテナンスの間に試したのをきっかけに現在は「Google Reader」を使っています。「Livedoor Reader」はけっこう気に入っていたのですが、「Google Reader」の広告のない、シンプルな画面に慣れてしまうと、戻れませんね。

登録しているフィードは150程度で、中にはたまにしか更新のないものもあるので常にチェック対象となるのは50ほどになると思います。
一度登録したフィードを解除することはあまりありません。関心がなくなっても、解除してしまうのはそのサイトへの縁切り宣言になるかのように感じ、たまっていく未読を放置しているのが現状です。すなわち、フィードの登録を解除するのは、よほど腹に据えかねたり、二度とそのサイトとは関わりたくないほどの嫌悪感を抱いた場合に限られます。これまでに5つほどしかありません。

で、登録しているブログのひとつに、先日こんな記事が掲載されました。
 購読解除される34の理由(POLAR BEAR BLOG)
ここで挙げられている理由の中で、私が登録解除をした際の理由は「内容がネガティブ 」「内容が攻撃的/個人攻撃/差別的」「内容が低すぎ」あたりです。私の基準はそれほど厳格ではないので、よほどひどくない限りは解除まではしませんが、何事にも限度はあります。複数の書き手がいるブログなどでは、ときおりとんでもないエントリが混じることがあっても、全体としては面白く読めるのもあれば残しています(著者別のRSSを配信してくれると、良いんですけどね)。

興味深いのは、理由の3番目に挙げられている「全文フィードではない」です。
たしかに、読み手の利便性としては全文がフィードされていれば、いちいち当該記事を別ウィンドウ(タブ)で開いて読みに行く手間がありませんので楽です。
ブロガーやニュース作成者の立場からは、自サイトに来てもらわないことには広告を見てもらえないし、アクセスログによって読者が増えた実感がないなど、不都合もあるでしょう。なので、全文をフィードしたくない、というのも理解できます。

けれど、私の場合、登録したサイトが増え未読記事がたまってくると、全文配信されない記事は読まずにすませてしまうことが増えてしまいます。
都度相手のサイトを開かなければ読めないので、かなりの興味がなければわざわざ開かずにすませてしまうのですね。特に、タイトルだけの場合にはその傾向が強まります。部分のみフィードでも確実に読むのは、たとえば「On Off and Beyond」のように、書かれている記事の水準にかなりの信頼を置いているケースに限られます。
タイトルのうまさに釣られて開くこともけっこうありますが、肝心の記事がたいしたことがなかった場合、サイトへの信頼度はかなり低下してしまって「なんとなく面白そうなんだけど、まただまされるだけだろうから読まない」なんてことも発生します。ものすごく思わせぶりなタイトルだけど、読みに行ってみると本文3行、みたいな場合ですね。

全文がフィードされていれば、その場で全て読めますし、面白ければ当該サイトを開いて過去記事のアーカイブを読んだりします。全文フィードはたしかにサイトへのアクセス絶対数を減らしてしまうかもしれませんが、チラ見して逃げていくのではなく、「読者」を獲得するにはむしろ有効なのではないでしょうか。
また、RSSリーダーの画面よりも読みやすいレイアウトにしておけば(特に長文では大事ですね)、読者は全文がフィードされていてもサイトを開くんじゃないでしょうか。少なくとも私はそうです(逆に、サイトがとても読みにくいとRSSリーダーオンリーになっちゃうことも)。

タイトルや最初の数行で読者の関心をがっちりとつかむことのできる書き手や、すでに一定の評価を得た書き手ならばともかく、これから読者を獲得していこうとする場合には、RSSには全文をフィードしたほうが良いんじゃないのかな、というのが今の私の考え方です。
そのサイトをひいきにしてくれる読者が増えれば、結果として広告やアフィリエイトの効果も高まるでしょう。逆にあからさまにサイトに誘導すると、読むけど広告は避ける、という行動を招くことも。フィードに広告を仕込んでしまう、というのもありでしょうけど、私の場合には、これまでのところフィード内の広告を意図的に開いたことはありません。バランスはけっこう難しそうですね。

カメラが急速にフィルムからデジタルへ変わってきて、写真を鑑賞するスタイルも徐々に変化していることと思います。
以前ならフィルムをまるごとサービス版プリントして、多くの場合お店がただでくれるアルバムに入れて眺める、というのが多かったでしょう。デジタルカメラでの写真を全てプリントするのかどうかはわかりませんが、自宅プリントも含めて、フィルム時代と同様に一度紙焼きをつくって鑑賞しているかたが多いのではないかと思います。

ただ、デジタルカメラだとランニングコストが低いためにたくさん撮ってしまうし、撮ってすぐに見られるというメリットがプリント前提だと損なわれてしまいます。
デジタルならではの鑑賞スタイルは、まだ確立されていないのが実態で、それゆえ従来どおりのプリントが中心になっているのでしょう。
何年か前から、小型の液晶画面にメモリカードに記録されている写真を表示するフォトフレームが商品化されていますが、ヒットしたという話は聞きません。飾っておくならプリントの方が安くて手軽だし、多くの写真を次々に見るために便利なものとは思えません。

私が先日両親の家に遊びに行った際には、iPodに入れていった写真データをテレビに映してスライドショーで見せました。
これはこれで大きな画面で見られて良いのですが、色合いが変わってしまったり(sRGBの写真をNTSCのテレビで映すので)、インターレースのため画面がちらつくのが気になったりで、プリントよりも疲れやすく、飽きやすかったように感じました。両親のテレビが従来画質(SD画質)のブラウン管であること、iPodからの出力がそもそも低解像度のデータであることなど、原因ははっきりしています。
そして、ようやくこれを解決する商品が出てきました。

ソニーから発表されたデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの2007年春モデルでは、全機種に「1080p静止画出力」の機能が付けられたようです。
これをハイビジョン対応のテレビにつなげば、従来よりもずっと解像度の高い写真を見ることができます。プログレッシブ表示が可能であれば、ちらつきもなくなるでしょう。1920×1080ピクセルは200万画素に過ぎませんから、昨今のデジタルカメラの高精細なデータを余さず表示できるわけではありませんが、SD画質のインターレース表示に比べれば月とスッポンです。
実際にハイビジョン対応テレビとつなぐには別売りのアクセサリーが必要、というのがちょいとせこいですが、必要としないひともいる以上、仕方ないかも。

ソニーはVAIOでも大型テレビにつなぐことを想定したモデルを発表するなど、テレビをさまざまなメディアの出力デバイスとして位置づけ、具体的な商品展開を進めているようです。
今でも、パソコンなどをサーバとしてテレビで写真や各種の動画データを楽しむ方法はありますが、必ずしも家電的なわかりやすさは実現できておらず、たとえば私が両親に「これ使ってみたら?」と勧められる状態とはいえません。でも、そう時間はかからないでしょう。
サイバーショットの新商品だけでなく、メールなどで送られてきたものも含めてデジタル写真を蓄え、テレビで簡単に呼び出してみることのできる環境が、ようやく整いつつあるように思えます。

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja