趣味なら「手の届く限りハイエンド」を選ぼう

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

贅沢品・装飾品はひとまず脇へ置いておくとして、家電製品などでは、そのカテゴリーやシリーズにおける「ハイエンド商品」がわりと手の届きやすい範囲にあるものが、少なくありません。

わかりやすいのは135フォーマットのカメラで、フィルム時代ならニコンのF一桁シリーズがいつの時代もハイエンドでした。ハイエンドとはいっても、年収の5倍といった値段ではなく、月給かボーナスをはたけば買える程度の値段です。
写真機本体だけでなく、交換レンズにしても300mmのレンズは300mm/f2.8(いわゆるサンニッパ)が一番高くて高性能、お値段は50万円前後など、手の届く範囲にハイエンドがあります。
デジタル一眼レフになっても、基本的にはこの構図は変わりません。ニコンのD2Xsはたしかに高額ですが、それでも50万円ほどですから、何かを我慢すれば手が届くもの(まあ、異論はあるでしょうけど)。

趣味の商品の場合、高機能・高性能が自分の使い方で「必要かどうか」は必ずしも商品選択の理由ではありません。
D2シリーズニの全てのユーザーが、毎秒8コマが撮影できなければ絶対に困る、とか、防塵性や防水性能が低いボディでは話にならない、というわけではありません。むしろ使い方だけを見れば、「それってD80(中級クラスのボディ)でも十分だよね、むしろ軽くてコンパクトで、そのほうが良いんじゃないの?」ということが多いのではないでしょうか。
けれど、会社の投資ではなくて趣味なのですから、購入し、使っている自分が心地良いかどうかだって、立派な選定の基準になるのです。客観的な必要性よりも、主観的な満足感が重要。

気分の問題だけでなく、実際に自分が求める性能や品質の基準に照らして、ハイエンド商品のアドバンテージがはっきりとしている場合にはなおさらです。
明かりが十分でないところでシャッター速度を稼ぎたい(たとえばステージ写真とか朝夕に行動する動物の撮影とか)ケースでは、同じ300mmのレンズでも開放f値2.8と5.6との差は歴然としています。差は開放f値だけではありませんし。けれど両者の価格差は下手をすれば10倍にもなりますから、おいそれとは決断できないでしょう。できないけれど、撮影のたびに「ああ、今ここにサンニッパがあれば...」と思い続けるのは、精神衛生上もっとよろしくありません。趣味でストレスをためるなんて、本末転倒です。

販売する側としては、まず入門機を買ってもらい、続いて中級・高級と買い換えてもらったほうが、販売機会も増えてありがたいかもしれません。一度ハイエンドを買ってしまえば、しばらくはそのカテゴリーには買うものがなくなってしまいます(ハイエンド商品には、商品寿命が比較的長いものが多いですし)。
買う側からすれば、結局不満が出てきて買い直すくらいなら、最初から納得が行くもの、言い訳せずに済むものを選んだほうが、長期的にはお得だといえるかも。それだけ長く使えますし。すぱっとハイエンド商品を買っちゃえば、しばらくは悩まなくて済むのです。
逆に、気持ちを寄せつつも値段が高いからとワンランク落とした買い物をしたら、きっと後々まで気持ちは残ります。何かのきっかけがあれば、物欲は容易に暴発してしまうでしょう。そうなると一回分無駄遣いをしただけ。

そんなわけで、趣味の買い物なら、手の届く範囲でのハイエンドを選ぶことを私はおすすめします。もちろん、計画的に、懐具合の許す範囲で、ですが。
もちろん、無尽蔵に資金が使えるひとは少数でしょうから、「範囲」をどこで区切るかは自分で考えればよいのです。たとえば私の場合、デジタルカメラにはニコンDXフォーマットよりも大きな撮像素子を持つものは入れてません(たとえばmamiyaのZDとか、ハッセルブラッドのH3Dとかは、考慮の外)。
いずれにせよ、勝手使う自分自身の心地よさ、喜ばしさが重要なわけです。「安物買いの銭失い」とは、自分の基準をクリアしないものを買ってしまったときに起こるもの。それを避けるには、手の届くハイエンド商品があるなら、買っちゃうのが吉です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/751

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年2月19日 19:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読むのを妨げる「はてな」のキーワードリンク」です。

次のブログ記事は「で、週末に買った「ハイエンド商品」は...E500PTH」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja