反省してます...

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

1週間ほど前のエントリ「ショルティ、千人、3600円」で、こんなことを書きました。

その頃かなり集中的に聴いたおかげで、いまでもクラシックのコーナーに行くとたいがいの指揮者やオーケストラのい名前にはなじみがありますし、交響曲に関してだけは、自分の好みに合いそうなCDをわりと簡単に見つけられます。

いやはや、お恥ずかしい。こんなこと良くも書けたな、という感じです。

日曜の夜に書店で目についたので、「交響曲の秘密」(200CD交響曲の秘密編集委員会編 学研)を買って読んでみました。よくわかったことが二つ。
一つは、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、シューマン、ブルックナー、ブラームス、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、そしてチャイコフスキーといった超有名作曲家だけが、交響曲作家ではないこと。
そしてもうひとつは、上記の超有名どころを一通り聴いたからといって、「交響曲ならだいたいはわかってるよ」なんていう態度をとるのはとっても恥ずかしいこと。
はい、撤回します。私の知っている交響曲なんて、海面に出ている部分だけで氷山を判断するようなものでした。

で、反省してこれまで聴いてこなかった「交響曲」を聴いてみることにしました。
仕事の帰りにタワーレコードにて次のようなのを買ってきました。ちょっと新しいものに偏った感じではありますが、いずれも廉価版だったので好みに合わなくてもまああきらめがつきます。

 バラカウスカス 交響曲第4番・第5番(ドマルカス指揮、リトアニア国立交響楽団)
 パヴロワ 交響曲第2番・第4番(フェドセーエフ指揮、モスクワ放送チャイコフスキー交響楽団)
 カリンニコフ 交響曲第1番・第2番(クチャル指揮、ウクライナ国立交響楽団)
 サン=サーンス 交響曲第3番(マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団)
 フランク 交響曲ニ短調(マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団)
 フルトヴェングラー 交響曲第2番(朝比奈隆指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団)
 エルガー 交響曲第1番・第2番(シノーポリ指揮、フィルハーモニア管弦楽団)

店頭をしばらく眺めていて感じたのですが、本当にCDが安くなっていますね。
たいがいの作曲者の交響曲全集が、1万円以内で買えます。ショスターコーヴィチなんか、4千円以下のがありました。シベリウスもチャイコフスキーもよりどりみどりで、上記の「これまで聴いてこなかった交響曲」に絞るまでにはけっこう悩みました。
まあ、これらの全集がすぐになくなることはないでしょうから、順番に揃えていけばいいか、と思っています。一気に買っても、聴く時間がありませんしね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/741

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年2月 8日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「過剰なリソースは経営をダメにするか?」です。

次のブログ記事は「一月に読んだ本のメモ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja