で、週末に買った「ハイエンド商品」は...E500PTH

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

こんな小理屈をこねたのは、なんだかんだといいながらまたしても趣味の商品での散在をしてしまったからです。
ブログ上でも何度か「ほしいけどなあ」とつぶやきつつ腹を固めてきたその商品は、Shureのイヤホン「E500PTH」です。まごう事なき、イヤホン界のハイエンド商品。

ご存じないかたのために書いておくと、ステレオイヤホンのひとつ。カナル型と呼ばれるもので、耳栓のように押し込むので、外からの雑音をシャットアウトできると同時に、シャカシャカという音漏れも極めて少ない優れもの。
このカテゴリ、もちろんiPodを買うとちゃんと使えるのがおまけに付いてきますし、別売でも980円から3,000円くらいまでの価格レンジにおびただしい商品が存在します。どれでも聞こえないということはなくて、音質の善し悪しや遮音性その他の付加性能に差があるだけ。
だけ、なんではありますが、このハイエンドE500PTHのお値段たるや、ヨドバシ特価62,800円です。買った日は特別セールで13%ポイント還元でしたが、それでも実質5万円以上。

たかがステレオイヤホン、しかも騒音にまみれた屋外で、さらには所詮圧縮音源のiPodのために、一体何を考えて5万円以上をかけるのかといぶかしむ向きもありましょう。
けれど、そこが趣味の趣味たるゆえん。同じ条件下でも、音の出口が変われば音が大きく変わるのは当たり前のことで、意識して店頭で聞き比べてみれば、その差は歴然としています。
私はもともと2万円弱の「E3C」というイヤホンを使っていたので、同レベルの2~3万円程度のイヤホンではさほどの差は感じません。キャラクターの差はあれど、絶対値としての実力にはあまり差がないとでもいいましょうか。
そんな中で、ほとんど唯一、短時間の試聴でも差がはっきりとわかる選択肢。それがE500PTHだったというわけです(これと並んで高く評価を受けるER-4Sは残念ながら試聴できませんでした)。
どうせ買い換えるのなら、はっきりとステップアップした方が気持ちが良い。多少迷いましたが、最終的には「手の届くハイエンドを買わずにランクを下げると、必ず後悔する」という経験則に従いました。

ドンシャリの過剰演出は論外だし、低音がドカドカと響くのもわざとらしくていや。
低音から高音まで素直に出ていること。全体に必要な厚みが感じられること。そして個々の音が団子になるのではなく解像されていること。私のニーズはシンプルなのですが、これが満足される商品はそんなには多くありません。E500PTHは、現在のところ十分に期待にこたえてくれています。そもそも不満があっても、これ以上の選択肢がないんだから後悔のしようがありません。ハイエンド消費万歳。
E3Cと比較した評価はまた改めて書くかもしれませんが、今のところ大変満足してます。良い買い物でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/752

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年2月19日 20:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「趣味なら「手の届く限りハイエンド」を選ぼう」です。

次のブログ記事は「ネットショップの注意書きはちゃんと読みましょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja