クラシック音楽のCDは、とてもではないが安すぎる。偉い!

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

年明けにカラヤンとフルトヴェングラーを読んだのがきっかけとなり、久しぶりにクラシック音楽を聴き続けています(ところで、この本のタイトルは内容から見て「フルトヴェングラーとカラヤン」ではないのかと疑問です)。
クラシックについては、中学高校の頃にNHK-FMのエアチェック中心に聴いており、高校卒業後はだんだんとモダン・ジャズに関心が移ったこともあって手許にはあまり多くのCDはありませんでした。
そんなわけで、2月に入ってから久々にCDショップでクラシックコーナーを見て回るようになり、その価格にびっくり。反則的に安くなっているのですな。

結婚してすぐにクリスマスプレゼントとして妻に買ってもらった小澤征爾/ボストン響のマーラー交響曲全集は2万円以上でしたし(今は14,000円ほどで売ってるようです)、15年ほど前に買ったベーム/ウィーン・フィルのモーツアルト「レクイエム」には3500円と書いてあります。
つい10年ほど前まで、廉価版のCDといえば2000円くらいだったのですね。
それがどうでしょう、最近では廉価版といえば1000円が当たり前で、全集のボックスなど一枚あたり500円程度のものがごろごろとしています。前回触れた、テンシュテット/ロンドン・フィルやベルティーニ/ケルン放送響のマーラー交響曲全集など、11枚組で5000~6000円ですから、やはり単価は500円内外。

ジャズの傑作CDが多く復刻され、1500円前後で並んでいるのを喜んでいたのですが、クラシックでは一足お先にCDの価格破壊が進行していたようです。
クラシックの場合、同じ曲、たとえばベートーヴェンの第5交響曲「運命」を多くの指揮者が多くのオーケストラと演奏、録音しています。単純にこの曲だけでも何十種類ものCDが存在し、数百年の歴史があるだけに著名な作曲家の著名な作品だけをあげていっても莫大な数に上ります。すなわち、CDとなる音源の蓄積がとてつもなく多いことになります。
また、聴く側もその蓄積をできるだけ広く、深く受け取ろうとします。同じ曲のCDを何枚、あるいは何十枚も買い集めるファンは、絶対数として多くはないでしょうが、それでもかなりの厚みをもっていることは確か。3000円で1000枚売れるCDが、1000円にすれば5000枚売れる、という計算が成り立ちやすいのでしょう。
また、モーツアルトやベートーヴェンにはすでに著作権料が発生しないので、演奏者との交渉次第でコストを削減できるという側面もあるのかもしれません。

とにかく、CDが安いというのは久々に聴き始めるのにもありがたいものです。
2月8日にまとめ買いして以来、追加で買ってきたのは次の通り。順番に聞いているのですが、気に入ったものを2度3度と続けているとなかなか消化できません。

 ブルックナー 交響曲全集(ヨッフム指揮、ドレスデン・シュターツカペレ)
 シベリウス 交響曲全集(ザンデルリンク指揮、ベルリン交響楽団)
 ショスタコーヴィチ 交響曲全集(バルシャイ指揮、西ドイツ放送交響楽団)
 マーラー 交響曲第5番(マズア指揮、ニューヨーク・フィル)
 マーラー 交響曲第8番(インバル指揮、フランクフルト放送響)
 マーラー 交響曲第1番(ジンマン指揮、チューリッヒ・トーンハレ管)
 チャイコフスキー 交響曲第5番(チェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィル)
 シューベルト 交響曲第8(9)番(チェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィル)
 ラフ 交響曲第3番・第10番(シュナイダー指揮、スロヴァキア国立フィル)
 アルウィン 交響曲第1番・第3番(ロイド=ジョーンズ指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィル)
 ハリス 交響曲第3番・第4番(オールソップ指揮、コロラド響)

上3行の全集、3つ合わせて26枚組ですが、購入価格の合計は1万円弱でした。あまりにも安すぎる...すごくうれしいけど。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/755

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年2月25日 15:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットショップの注意書きはちゃんと読みましょう」です。

次のブログ記事は「雑誌は新たな定期購読サービスを考えるとき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja