ショルティ、千人、3600円

| コメント(2) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

タイトルがなんのことやらさっぱりわからないかたも多いかと思います。
簡単に説明しますと、「ショルティ」というのは、サー・ゲオルク・ショルティという名前の指揮者、「千人」はグスタフ・マーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」という曲、そして3600円というのは、私が買ったレコード(2枚組)のお値段です。

私は最近ではモダン・ジャズを聴くことのほうが多いのですが、中学から高校にかけてはけっこう熱狂的な「交響曲ファン」でした。
クラシックのファンではなく、あくまでも交響曲が中心。なので、聴くのはベートーヴェン、ブラームス、ブルックナー、そしてマーラーなど。当時はNHKのFMでほぼ毎日のようにクラシックの番組があり、週に数度はこのあたりの曲がかかっていました。
私の家は電波の受信状況が芳しくなく、ときおり入る雑音に苛立ちカセットテープをひっくり返すタイミングに息を詰めながら、エアチェック(ふるっ!)に励んでいました。当時の私には、オートリバース機能のあるデッキなんて高嶺の花でしたし、賃貸住まいで外にアンテナを立てることもできなかったのです。
お金がないので、「レコ芸」は図書館で読んでいました(週刊「FMファン」はなんとか買っていた)。

その頃かなり集中的に聴いたおかげで、いまでもクラシックのコーナーに行くとたいがいの指揮者やオーケストラのい名前にはなじみがありますし、交響曲に関してだけは、自分の好みに合いそうなCDをわりと簡単に見つけられます。
もっとも、私が「気鋭の若手指揮者」と認識していたアバドやマゼールはすでに大ベテランですし、テンシュテットやベルティーニは亡くなってしまいました(時期としてはカラヤンの日本における全盛期、ベームもまだ元気でした)。なので、ラトルあたりになると「名前はわかるんだけどなあ」くらい。

で、当時私がもっとも好きだった作曲家がグスタフ・マーラー。どんな人だったかはwikipediaあたりで調べてください。
マーラーがかなり一般的になっていた時期でしたが、放送されるのはやはり第1番、第5番あたりが中心で、たまに第2番や第6番、第4番といった感じ。第8番の「千人の交響曲」は演奏されることも決して多くないためか、FMで聴くこともなかなかかないませんでした。
子供だったせいでしょうか、数あるマーラーの演奏の中でも、ショルティとシカゴ交響楽団によるものは金管楽器の鳴りが派手で、一番のお気に入りでした。オーケストラと合唱、独唱を合わせて千人以上で演奏される第8番を、この組み合わせで聴いてみたいというのが当時の私の大きな願い。けれど、2枚組で5000円以上したレコードはとても買えませんでした(だって、月のお小遣いが2~3000円で、エアチェック用の生テープや読む本もその中で買わねばならないのですから)。

そんなある日、街中のレコード店で見つけたのが廉価版で再発された3600円のレコード。
たしか図書館からの帰りだったと思います。所持金はもちろん不足していました。たしか千円かそこらしかもっていなかったと思います。田舎町ですから、この機会を逃してしまうと二度とこのレコードには出会えないかもしれません。ネット通販などなかった時代です。
私はひとまずレコードを棚の一番奥に移動させ、一目散に走って帰宅しました。レコード店のある繁華街から自宅までは坂道で徒歩45分くらい。自分なりにかなりがんばって走った記憶があります。親にレコードが買いたいから3000円ちょうだい、と頼み込みました。私の記憶している限り、公式な小遣い以外でお金の無心をしたのは生涯で二度だけです(もう一度は就職直前、最初の給料日までの生活費がないことに気がついたとき)。
たぶん、普段は金をせびったことなどない息子の剣幕に驚いたんでしょう、わりとあっさりとお金をくれました。3000円ではなく、4000円を渡してちゃんとバスで行ってくるようにいわれました。

この記念すべきレコードは、もちろんまだもっています。
ひとつの曲を聴くのに3回もレコードを変えたりひっくり返したりが必要なので、この10年以上手に取った記憶もありません。なぜかCDで買い直してもおらず、ショルティの千人は私の記憶の中で鳴っているだけ。
そのうちにCDを入手することは確実ですが、なかなかそのきっかけがありません。

つい先日、久々に小澤征爾のマーラーをiPodで聴いていて、ふと最近のマーラーCD事情はどうなっているのだろうかとブログをあさっていて、下記の記事を見つけました。
読んでいるうちに、上記の自分がレコードを買ったときの状況が思い出されたというわけです。

 ショルティの千人の交響曲と私(音源雑記帖)

この方はなんと小学6年の時に、しかも5千円のレコードを半分も自分で払って(誕生プレゼントなのに!)買われたようですので、私よりもずいぶんと立派です(いや、私も千円は出す気があったんですが)。「レコ芸」もお小遣いで買っていたようですし。
状況はかなり違っていますが、レコードが高価だった頃には、こうして一枚一枚のレコードに買ったときの記憶が染みついているのですね。なんだか久しぶりにLPレコードを引っ張り出したくなりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/731

コメント(2)

音源雑記帖の者です。トラックバック有難うございました。「ショルティの千人」に関して、同じような体験をされたのですね!とても楽しく読ませて頂きました。走る姿が目に浮かぶようです。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントをありがとうございます。その後鶏肉の影響はありませんか?(笑)
レコードが高かったころには、ほとんどの人が苦労して手に入れた「一枚」の思い出をもっておいでなのでしょうね。
そうかんがえると、千円とか1500円でCDがどかすかと出てきて、「大人買い」できるのはうれしいけど、ちょっとつまらないような。せめて買ったらちゃんと聴いてあげようと思ってます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年2月 1日 21:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「放置された売場...ある大型書店の現実」です。

次のブログ記事は「節分の朝に<ザ・プレミアムモルツ黒>のプレゼントが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja