2007年2月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

私はなぜ雑誌を買わなくなったか?
まあ、端的にいえば、「かつては雑誌なしには獲得できなかった情報を、今ではWEBで容易に入手できてしまうから」ということになります。ありきたりですけど。
趣味の領域ではそれが顕著ですね。パソコンとかカメラとか、雑誌を買って読んでいたのは第一に新製品レビューであり、第二にコラムの類でした。これはどちらもWEBで十分な量と質が確保できてしまいます。
あとは新商品情報そのものに関心が低くなってしまった、というのもたしかです。

最近では、スポットで購入する雑誌は年に数冊のカメラ雑誌くらい。サッカー誌や新商品レビュー誌なんかは月に一度行く美容室で読めちゃいますから買いもしない。あとはビジネス情報系で気になったときに買うくらいでしょうか。
20代の頃にはパソコン系で2~3冊、カメラ雑誌にその他をあわせると毎月5~6冊は雑誌を買っていましたから、私個人としては雑誌への支出が最盛期の5~10%程度になってしまっています。自分の事情を全てのひとにあてはめられませんが、まあ、雑誌が売れない、といわれれば「そうだろうな」と納得できます。

そんな私が定期購読しているメディアが3種類あります。
ひとつは紙の雑誌である「Harvard Business Review」で、もうひとつはCD-ROMが送られてくる「Soundview Executive Summaries」、どちらも月刊です。そして最後はデアゴスティーニの「週刊スタートレック」、これ、当初100号で完結と言っていたのに、この間206号が届きました。後のふたつは取り扱い店の問題などから、スポットでは買いにくいので定期購読している、という要素が大きいですね。

「Harvard Business Review」はいわずとしれた著名なビジネス誌ですが、この雑誌は日本の書店では毎号2000円弱で購入できます。ところが、1年間の定期購読料金は日本への送料も含めて17,777円ですから、年に11冊(だいたい夏に合併号があります)での単価は1,600円ほど。さらに、過去の記事をオンラインで検索、閲覧できるプレミアムサービスなら22,500円と、まあ雑誌を都度買うのと同じくらい(私はこちらです)。
日本向け価格だとあまりお得な感じはしませんけど、アメリカ合衆国とカナダに居住していれば、価格はそれぞれ$99と$149です。定期購読申込画面には「ニューススタンドの最大51%引き」とあります。1年購読で半額なら、そりゃあ定期購読しますよね。

通常の定期購読でも、過去1年間の記事はオンラインで全て読むことができます。この雑誌に関していえば、ここが大事なところだと思います。
定期購読には価格メリットだけでなく、過去記事アーカイブへのアクセス権がついてくる。一過性ではなく、後から参照するに足る記事(論文)が多いというメディア特性に良くマッチしたサービスで、読者を引き留めているといえます。実際、過去の論文を個別に購入すると、けっこう高いのです。

日米での雑誌販売のビジネスモデルの差が、雑誌販売量凋落の要因ではないか、という指摘が以下にあります。
 雑誌は売れないのか売らないのか(404 Blog Not Found)
1年の定期購読をしても、せいぜい「送料無料」とか「11冊分の価格で12冊」程度の特典しかついていない場合が多いのは、日本では読者を定期購読に誘導しようという意志が強くなかったといって良いのでしょう。それだけ店頭販売が順調だったし、再販価格維持によって潤っていた、という側面もあるかもしれません。

販売部数がはっきりと右肩下がりを示している今、ビジネスモデルを変えるにはすでに遅すぎたともいえます。店頭で買わなくなった雑誌を、あえて定期購読する動機が読者の側にはないのですから。
それでも、残っている読者を引き留め、次のビジネス展開へとつないでいく上でも、定期購読モデルへの移行はメリットが大きいのではないかと思えます。そしてそこで重要なのは、ただ安くするだけではなく、雑誌の特長や読者ターゲットにマッチしたサービスを設計し、バンドルすることだと思うのです。
まあ、4割引とか半額といった思い切った価格設定をすればいいかもしれませんが、どちらかといえば、読者にとって魅力的な追加サービスを提供することで、雑誌はもう少しメディアとしての寿命を延ばしていけるのではないでしょうか。

年明けにカラヤンとフルトヴェングラーを読んだのがきっかけとなり、久しぶりにクラシック音楽を聴き続けています(ところで、この本のタイトルは内容から見て「フルトヴェングラーとカラヤン」ではないのかと疑問です)。
クラシックについては、中学高校の頃にNHK-FMのエアチェック中心に聴いており、高校卒業後はだんだんとモダン・ジャズに関心が移ったこともあって手許にはあまり多くのCDはありませんでした。
そんなわけで、2月に入ってから久々にCDショップでクラシックコーナーを見て回るようになり、その価格にびっくり。反則的に安くなっているのですな。

結婚してすぐにクリスマスプレゼントとして妻に買ってもらった小澤征爾/ボストン響のマーラー交響曲全集は2万円以上でしたし(今は14,000円ほどで売ってるようです)、15年ほど前に買ったベーム/ウィーン・フィルのモーツアルト「レクイエム」には3500円と書いてあります。
つい10年ほど前まで、廉価版のCDといえば2000円くらいだったのですね。
それがどうでしょう、最近では廉価版といえば1000円が当たり前で、全集のボックスなど一枚あたり500円程度のものがごろごろとしています。前回触れた、テンシュテット/ロンドン・フィルやベルティーニ/ケルン放送響のマーラー交響曲全集など、11枚組で5000~6000円ですから、やはり単価は500円内外。

ジャズの傑作CDが多く復刻され、1500円前後で並んでいるのを喜んでいたのですが、クラシックでは一足お先にCDの価格破壊が進行していたようです。
クラシックの場合、同じ曲、たとえばベートーヴェンの第5交響曲「運命」を多くの指揮者が多くのオーケストラと演奏、録音しています。単純にこの曲だけでも何十種類ものCDが存在し、数百年の歴史があるだけに著名な作曲家の著名な作品だけをあげていっても莫大な数に上ります。すなわち、CDとなる音源の蓄積がとてつもなく多いことになります。
また、聴く側もその蓄積をできるだけ広く、深く受け取ろうとします。同じ曲のCDを何枚、あるいは何十枚も買い集めるファンは、絶対数として多くはないでしょうが、それでもかなりの厚みをもっていることは確か。3000円で1000枚売れるCDが、1000円にすれば5000枚売れる、という計算が成り立ちやすいのでしょう。
また、モーツアルトやベートーヴェンにはすでに著作権料が発生しないので、演奏者との交渉次第でコストを削減できるという側面もあるのかもしれません。

とにかく、CDが安いというのは久々に聴き始めるのにもありがたいものです。
2月8日にまとめ買いして以来、追加で買ってきたのは次の通り。順番に聞いているのですが、気に入ったものを2度3度と続けているとなかなか消化できません。

 ブルックナー 交響曲全集(ヨッフム指揮、ドレスデン・シュターツカペレ)
 シベリウス 交響曲全集(ザンデルリンク指揮、ベルリン交響楽団)
 ショスタコーヴィチ 交響曲全集(バルシャイ指揮、西ドイツ放送交響楽団)
 マーラー 交響曲第5番(マズア指揮、ニューヨーク・フィル)
 マーラー 交響曲第8番(インバル指揮、フランクフルト放送響)
 マーラー 交響曲第1番(ジンマン指揮、チューリッヒ・トーンハレ管)
 チャイコフスキー 交響曲第5番(チェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィル)
 シューベルト 交響曲第8(9)番(チェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィル)
 ラフ 交響曲第3番・第10番(シュナイダー指揮、スロヴァキア国立フィル)
 アルウィン 交響曲第1番・第3番(ロイド=ジョーンズ指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィル)
 ハリス 交響曲第3番・第4番(オールソップ指揮、コロラド響)

上3行の全集、3つ合わせて26枚組ですが、購入価格の合計は1万円弱でした。あまりにも安すぎる...すごくうれしいけど。

2月1日に、海外のAmazonからCDのボックスセットを購入しました。
今回買ったのは、マーラーの交響曲全集が2種類です。ひとつはテンシュテット/LPOによるもの(CDN$48.99)、そしてもう一方がベルティーニとケルン放送響によるもの(CDN$56.99)。
Amazonの国際価格比較サイト「Pricenoia」で検討の上、最も安かったAmazon.caで購入したのですが、国内でもHMVでは前者が\5,504で後者が\6,134(3点以上同時購入の割引後)なので、送料や手間を考えるとかえって高くついたかもしれません。何事もちゃんと調べなきゃいけませんね。

多少の価格差は良いとして、問題はShipping。
購入時に発送方法が3種類選べるようになっていて、もちろん早いのは追加チャージが必要です。Amazon.comならばスタンダードにしておいても、まあ1週間も待っていれば到着しますから、そのつもりで何も考えずにスタンダードを選択。これが間違いでした。
たしかに、目の端に「8-12」という文字は入っていたのです。私は、USのサイトと同じようなものだろうと思いこんでいたので、勝手にこれを「8-12 busuness days」だと解釈していたのでした。

さて、1週間ほどで「商品を出荷したよー」というメールを受け取り、「じゃ、今月中には届くな」とサイトで確認をしてみると、そこには「delivery estimate: May 4 2007 - May 16 2007」という文字が。
へ? 5月ですか? それってなんのご冗談。と思い、最初は取り合っていなかったのですが、心配になって「More about estimates」をクリックしてみると...

やられました。ちゃんと「8-12 weeks」って書いてあるじゃありませんか。「weeks」ですよ。
8~12週間ということは、すなわち2~3ヶ月。2月6日に出荷したら、それはたしかに3ヶ月後の5月上旬になります。「delivery estimate」は正しかったわけですな。
まあ、最短の8週間でやってくれば、4月上旬には届くようですし、のんびり待ちましょうか。そういえば、1996年頃にインターネットで始めてCDを買ったときにも(懐かしの「CDNOW」ですよ! 今やAmazonに買収されちゃってますけど)、2ヶ月くらいたって忘れた頃に到着したのでした。最近便利なのに慣れすぎだったので、たまには良いでしょう。海外通販っぽいし。

そんなわけで、初めてのショップを利用するときには、シッピングや支払いの条件などの注意書きはちゃんと読みましょうね、というお話しでした。
それにしても、テンシュテットとベルティーニ、早く聴きたいなあ。早く届かないと、インバルとかノイマンの全集に、手を出しちゃうじゃないですか。安くなってきたので買えちゃうんだけど、聴く時間が...

<2007.4.13追記>
てなわけで延々と待ち続けたこのセット、ついに4月12日になってゆうパックの不在連絡票がわが家にやってきました。たしかに差出人に「Amazon.ca」と書いてあります。
2月8日に出荷でしたので、9週間かかったことになります。上記の通り「8-12weeks」が先方の見積りでしたので、まあ早めだったことになりますね。
最後に書いたとおり、待ちきれずにインバルとシノーポリとバーンスタインのマーラー全集、買っちゃいましたよ。まだ7割くらいしか聴けていませんが、まずは一番好きな「第2番」から消化していきたいと思います。うれしいなっ。

<2007.4.14追記>
指定通り、ゆうパックは土曜の午前中に届きました。
さっそくテンシュテットのほうをCDプレーヤにかけつつ、ベルティーニの全集からiTunesへの取り込みを開始、順調に9枚目まで到達したところで大事件が発生。
なんと、Disc9の紙ケースに入っていたのは、Disc11の「大地の歌」です。それならばとDisc11の中身をみると、出てきたのはやはり「大地の歌」。イヤ、嫌いじゃないんだけどさ、第9番の後半2楽章も聴きたいし、第10番のアダージョも好きなのよ(Disc9の内容です)。
そんなわけで、Amazon.caのReturn Centerにe-mailしました。さてさて、どうなることやら。ちゃんとしたのを送ってくれるだけなら良いんですが、「間違ってたのを送り返せ、それから出荷だ」とかになると面倒ですねえ。

<2007.4.14さらに追記>
すぐにメールでお返事がありました。ボックスセットのうち一枚だけを取替はできないので、まるごと送る、とのこと。
月末から来月頭には届くようです。
で、本来はミスのあった商品を送り返してもらうことになっているんだけど(もちろん、運賃はAmazon.caの負担で)、今回は運賃がとても高いので送ってこなくて良いよ、とのことでした。
私にとっては、申し分のない最高の解決策です。Amazon.ca、やるじゃん。

こんな小理屈をこねたのは、なんだかんだといいながらまたしても趣味の商品での散在をしてしまったからです。
ブログ上でも何度か「ほしいけどなあ」とつぶやきつつ腹を固めてきたその商品は、Shureのイヤホン「E500PTH」です。まごう事なき、イヤホン界のハイエンド商品。

ご存じないかたのために書いておくと、ステレオイヤホンのひとつ。カナル型と呼ばれるもので、耳栓のように押し込むので、外からの雑音をシャットアウトできると同時に、シャカシャカという音漏れも極めて少ない優れもの。
このカテゴリ、もちろんiPodを買うとちゃんと使えるのがおまけに付いてきますし、別売でも980円から3,000円くらいまでの価格レンジにおびただしい商品が存在します。どれでも聞こえないということはなくて、音質の善し悪しや遮音性その他の付加性能に差があるだけ。
だけ、なんではありますが、このハイエンドE500PTHのお値段たるや、ヨドバシ特価62,800円です。買った日は特別セールで13%ポイント還元でしたが、それでも実質5万円以上。

たかがステレオイヤホン、しかも騒音にまみれた屋外で、さらには所詮圧縮音源のiPodのために、一体何を考えて5万円以上をかけるのかといぶかしむ向きもありましょう。
けれど、そこが趣味の趣味たるゆえん。同じ条件下でも、音の出口が変われば音が大きく変わるのは当たり前のことで、意識して店頭で聞き比べてみれば、その差は歴然としています。
私はもともと2万円弱の「E3C」というイヤホンを使っていたので、同レベルの2~3万円程度のイヤホンではさほどの差は感じません。キャラクターの差はあれど、絶対値としての実力にはあまり差がないとでもいいましょうか。
そんな中で、ほとんど唯一、短時間の試聴でも差がはっきりとわかる選択肢。それがE500PTHだったというわけです(これと並んで高く評価を受けるER-4Sは残念ながら試聴できませんでした)。
どうせ買い換えるのなら、はっきりとステップアップした方が気持ちが良い。多少迷いましたが、最終的には「手の届くハイエンドを買わずにランクを下げると、必ず後悔する」という経験則に従いました。

ドンシャリの過剰演出は論外だし、低音がドカドカと響くのもわざとらしくていや。
低音から高音まで素直に出ていること。全体に必要な厚みが感じられること。そして個々の音が団子になるのではなく解像されていること。私のニーズはシンプルなのですが、これが満足される商品はそんなには多くありません。E500PTHは、現在のところ十分に期待にこたえてくれています。そもそも不満があっても、これ以上の選択肢がないんだから後悔のしようがありません。ハイエンド消費万歳。
E3Cと比較した評価はまた改めて書くかもしれませんが、今のところ大変満足してます。良い買い物でした。

贅沢品・装飾品はひとまず脇へ置いておくとして、家電製品などでは、そのカテゴリーやシリーズにおける「ハイエンド商品」がわりと手の届きやすい範囲にあるものが、少なくありません。

わかりやすいのは135フォーマットのカメラで、フィルム時代ならニコンのF一桁シリーズがいつの時代もハイエンドでした。ハイエンドとはいっても、年収の5倍といった値段ではなく、月給かボーナスをはたけば買える程度の値段です。
写真機本体だけでなく、交換レンズにしても300mmのレンズは300mm/f2.8(いわゆるサンニッパ)が一番高くて高性能、お値段は50万円前後など、手の届く範囲にハイエンドがあります。
デジタル一眼レフになっても、基本的にはこの構図は変わりません。ニコンのD2Xsはたしかに高額ですが、それでも50万円ほどですから、何かを我慢すれば手が届くもの(まあ、異論はあるでしょうけど)。

趣味の商品の場合、高機能・高性能が自分の使い方で「必要かどうか」は必ずしも商品選択の理由ではありません。
D2シリーズニの全てのユーザーが、毎秒8コマが撮影できなければ絶対に困る、とか、防塵性や防水性能が低いボディでは話にならない、というわけではありません。むしろ使い方だけを見れば、「それってD80(中級クラスのボディ)でも十分だよね、むしろ軽くてコンパクトで、そのほうが良いんじゃないの?」ということが多いのではないでしょうか。
けれど、会社の投資ではなくて趣味なのですから、購入し、使っている自分が心地良いかどうかだって、立派な選定の基準になるのです。客観的な必要性よりも、主観的な満足感が重要。

気分の問題だけでなく、実際に自分が求める性能や品質の基準に照らして、ハイエンド商品のアドバンテージがはっきりとしている場合にはなおさらです。
明かりが十分でないところでシャッター速度を稼ぎたい(たとえばステージ写真とか朝夕に行動する動物の撮影とか)ケースでは、同じ300mmのレンズでも開放f値2.8と5.6との差は歴然としています。差は開放f値だけではありませんし。けれど両者の価格差は下手をすれば10倍にもなりますから、おいそれとは決断できないでしょう。できないけれど、撮影のたびに「ああ、今ここにサンニッパがあれば...」と思い続けるのは、精神衛生上もっとよろしくありません。趣味でストレスをためるなんて、本末転倒です。

販売する側としては、まず入門機を買ってもらい、続いて中級・高級と買い換えてもらったほうが、販売機会も増えてありがたいかもしれません。一度ハイエンドを買ってしまえば、しばらくはそのカテゴリーには買うものがなくなってしまいます(ハイエンド商品には、商品寿命が比較的長いものが多いですし)。
買う側からすれば、結局不満が出てきて買い直すくらいなら、最初から納得が行くもの、言い訳せずに済むものを選んだほうが、長期的にはお得だといえるかも。それだけ長く使えますし。すぱっとハイエンド商品を買っちゃえば、しばらくは悩まなくて済むのです。
逆に、気持ちを寄せつつも値段が高いからとワンランク落とした買い物をしたら、きっと後々まで気持ちは残ります。何かのきっかけがあれば、物欲は容易に暴発してしまうでしょう。そうなると一回分無駄遣いをしただけ。

そんなわけで、趣味の買い物なら、手の届く範囲でのハイエンドを選ぶことを私はおすすめします。もちろん、計画的に、懐具合の許す範囲で、ですが。
もちろん、無尽蔵に資金が使えるひとは少数でしょうから、「範囲」をどこで区切るかは自分で考えればよいのです。たとえば私の場合、デジタルカメラにはニコンDXフォーマットよりも大きな撮像素子を持つものは入れてません(たとえばmamiyaのZDとか、ハッセルブラッドのH3Dとかは、考慮の外)。
いずれにせよ、勝手使う自分自身の心地よさ、喜ばしさが重要なわけです。「安物買いの銭失い」とは、自分の基準をクリアしないものを買ってしまったときに起こるもの。それを避けるには、手の届くハイエンド商品があるなら、買っちゃうのが吉です。

私もはてなブックマークのユーザーですし、毎日楽しみにしているブログの多くが「はてなダイアリー」を使っているので、「はてな」を非難するつもりは毛頭ありません。
ただ、はてなダイアリーで公開されているブログのかなり多くが、キーワードのリンクを目立つ状態のままにしているのは、「文章の読みやすさ」の観点からは好ましくないのではないだろうか、と思うのです。

この傾向は、エントリの文章量がページをスクロールして読むくらいになると顕著です。
私はひとまず全体をざっとスキャンして、おおまかに何が書かれているかを把握してからじっくりと読むかどうかを判断することが多いのですが、このスキャンの段階でキーワードリンクされた語だけが目に飛び込んできてしまうのですね。
しかも、文章によってはキーワードリンクはけっこうな分量になります(各行に2~3以上あることも)から、結局キーワードだけが目立って、エントリが何を書いていたかは皆目頭に入ってこない、なんていうこともあります。

今日も「はてなブックマーク」の注目エントリに上がっていたあるエントリを見たら、全体が薄いグレー地に黒の文字なのにキーワードリンクは濃いエンジ色になっており、14行に50個以上もあるリンクだけが目立っていました。この文章、私にはかなり気を入れないと読めません。
結局、開いた1秒後には「読みにくっ」と判断。タブを閉じてしまいました(実際にはリンク数を数えるために再度開き、今度は読んだのですけど)。

もちろん、私自身の文章を読むときの集中力が衰えてしまっている、ということも一因であろうと思います。
けれど、文章中の語句の意味や使われかたなどを気軽に参照し、文章を読む手助けとなるであろうキーワードリンクが、肝心の文章よりも目立ってしまっているのは、やはり本末転倒というべきでしょう(もちろん、それを意図しているのだ、というかたもあるでしょうが)。
キーワードリンクうざったいからやめて、という意図はありません。あまりに主張しすぎるキーワードリンクは、ブログのエントリを読みにくくしている一因かもしれませんよ、ということです。
もしそれを意図しているわけではないのなら、ご一考をおすすめします。

食品の衛生管理は大事だ、けれど、それを逸脱したときに企業は必ず倒産させるか解体して切り売りさせねばならないのだろうかと疑問に思います。
今回の事例でも、また多くの人々が職を失うでしょう。問題ある衛生管理を指示し、黙認した人物をきちんと処分し、食品加工の仕事からはずすことは必要だけど、商品の品質を信じて販売してきた人が生活の手段を奪われねばならないのか、とても不思議です。
消費者は暴君と同義とさえいえます。しかも、多くは自らの判断ではなく、集団リンチに近い報道に踊らされているだけではないのでしょうか。

私は新聞を購読していませんので、テレビとネットにニュース源を頼っています。
最近特に意識していることは、ひとつの報道やひとつの記事を見て物事を理解した気にならないこと。できるだけ複数の情報源にあたり、可能ならば一次情報を探すことで、他者(多くの場合はマスメディア)の価値観によってフィルタリングされた情報を採り入れる危険性が減ります。
もちろん、そのような手間をかけるのは特に関心を持つ分野に限られますが、それだけでも、新聞やテレビの報道内容が、いかに報道するメディアの価値観や意図によって操作されているかがわかります。

もっともわかりやすい情報操作が、テレビのニュース番組の定番手法といって良い、「街の市民の意見を聞いてみました」というやつです。
政治家の汚職や、大企業の不祥事、センセーショナルな事件などで多用されますが、駅前や住宅街などで歩いている人々をつかまえ、事件への感想を求めるもの。なぜか東京の新橋駅前で、ほろ酔いのサラリーマンをつかまえることが多い。
私はあの映像が大嫌いです。なんの意味もあるとは思えません。

第一の理由は、放送の段階でメディア側が意図する方向にあったコメントだけを選び、編集して流すものであることです。そこにはなんの客観性もありません。
そして、流れるコメントのほぼ100%は、居酒屋で酔っぱらったサラリーマンがさしたる知識もなく印象だけでがなり立てるような、つまらぬ内容でしかないこと。意図してそういったものを選んでいるのでしょう。
最後に、それを繰り返し流すことによって、本来はメディアが主張したい事柄を、「多くの市民がそう考えている」という非常に曖昧な状態で印象づける結果を招くこと。

重大な犯罪に対して「許せません」「安心して暮らせるようにしてほしい」などと力んでみたり、税負担の増大や官公庁の無駄に対して「われわれ納税者をバカにしている」「血税をなんだと思っているのか」と怒ってみせたりする「市民」とは一体何なのでしょうか。
そんな話は床屋でやっていればいいのです、個人のブログに書いておけばいいのです。数十万・数百万人の前で恥をかき、さらにメディアの世論操作に荷担する必要なんかないのに。
問題ある衛生基準で食品を作っていた企業や工場に対して怒るのはごく当たり前の感情です。しかし、「許せませんね」とコメントした市民は、ほんとうに数千人の失業者が出ることを望んでいるのか、毎年子供の誕生日ににこやかにケーキを渡してくれた店員から仕事を奪って当然と思っているほどに「許せない」のか。
きっとそんなことはないはず。責任を明確にすることや再発させない努力を望んではいても、集団リンチに荷担したいとは思っていなかったのではないでしょうか。

そんなわけで、私はあの「街で市民に聞いてみました」は百害あって一利ないものと思います。民放に比べると多少はマシなNHKも多用しているところを見ると、印象操作にはとても有効な手段なのでしょうね。
かなり多くの人々が、メディアが中立公正なものだとはすでに思っていないでしょう。過剰なマスメディア不信から陰謀論に取り込まれたり虚無的になったり、あるいはもっと怪しげなものに接近したりは感心しませんが。
少なくとも印象操作に荷担することのないように街中でコメントを求められても拒否するよう(まともなことをいっても編集されねじ曲げられるのがオチです)、そして関心ある領域では一歩突っ込んで情報を探し理解するよう、自分なりのメディアとのつきあい方を、考えるべきなのだと思います。

気がつくと(いや、とっくに気はついていたんだけれど)、昨年10月に「ミッキーマウスの憂鬱」をけなしてから、読書メモを書いていませんでした。
当時でも、読んだ本の一部しか感想を書かなくなっていたので、自分でもこの半年間はどんな本を読み、何を感じたのかがたどれなくなっています。やれやれ。

都度感想を書こうとするから途中でいやになるので、とりあえず読んだ本のタイトルくらいはメモしておくことにします。
というわけで、この1月に読み終えた本は以下の通りです。

 1.「失敗、しっぱい、また失敗!―野生動物、泣き笑い撮影記」田中光常 著(山と溪谷社)
 2.「フィールドガイド・アフリカ野生動物―サファリを楽しむために」小倉寛太郎 著(講談社ブルーバックス)
 3.「アフリカの野生動物誌」黒田弘行 著(労働旬報社 )
 4.「アフリカへ行きたい―ケニア・黄金のリゾート 」芦原伸 著(街と暮らし社)
 5.「タンザニアの草原にて―変わりゆく野生と暮し」加瀬直明 著(研成社 )
 6.「Insight Guide Kenya」Jeffery Pike 著(Insight Guides)
 7.「サバンナの宝箱―獣の女医のどたばたアフリカン・ライフ!」滝田明日香 著(幻冬舎)
 8.「神の目の小さな塵(上・下)」 ニーブン&パーネル 著(創元SF文庫)
 9.「宇宙のランデヴー」 クラーク 著(ハヤカワSF文庫)
 10.「カラヤンとフルトヴェングラー」 中川右介 著(幻冬舎)
 11.「オリエント急行の時代―ヨーロッパの夢の軌跡」 平井 正 著(中公新書)

冊数にして12冊あるのですが、1時間で読めてしまう本が多かったこともあり、そんなに読んだという実感はありません。
アフリカ関連の本については別にエントリを挙げる予定ですが、かなり「ハズレ」が多かったのも事実です。やはり人気ジャンルで多くの優れた書き手が集まるのと、閑散としていて書き手が少ないのとでは差が大きいですね。
8と9はものすごく久しぶりの再読で、 8は復刊されたのを見つけてゲット。続編の「神の目の凱歌」も復刊してくれないもんですかね。アマゾンのユーズドであるうちに買っておこうかな。9は発行日を見ると、大学を卒業して直後に買ったようでした。たしかなかなか文庫になってくれなくて待っていて買った記憶があります。
これらの中で一番面白かったのは7。続いて10ですね。後者については、才能もありすぎて自分がトップでないと気が済まなくなると、やっかいなもんだと実感できます。これを読んで久しぶりに交響曲を聴き直しています。もっとも、iPodでとぎれとぎれでは、なかなか聴いた気になりませんけど。

<2007.2.12追記>
一冊忘れてました。
 12.「ツアコン探訪記 マサイマラに楽園をみた」降分小鹿 著(文芸社)

反省してます...

| コメント(0) | トラックバック(0)

1週間ほど前のエントリ「ショルティ、千人、3600円」で、こんなことを書きました。

その頃かなり集中的に聴いたおかげで、いまでもクラシックのコーナーに行くとたいがいの指揮者やオーケストラのい名前にはなじみがありますし、交響曲に関してだけは、自分の好みに合いそうなCDをわりと簡単に見つけられます。

いやはや、お恥ずかしい。こんなこと良くも書けたな、という感じです。

日曜の夜に書店で目についたので、「交響曲の秘密」(200CD交響曲の秘密編集委員会編 学研)を買って読んでみました。よくわかったことが二つ。
一つは、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、シューマン、ブルックナー、ブラームス、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、そしてチャイコフスキーといった超有名作曲家だけが、交響曲作家ではないこと。
そしてもうひとつは、上記の超有名どころを一通り聴いたからといって、「交響曲ならだいたいはわかってるよ」なんていう態度をとるのはとっても恥ずかしいこと。
はい、撤回します。私の知っている交響曲なんて、海面に出ている部分だけで氷山を判断するようなものでした。

で、反省してこれまで聴いてこなかった「交響曲」を聴いてみることにしました。
仕事の帰りにタワーレコードにて次のようなのを買ってきました。ちょっと新しいものに偏った感じではありますが、いずれも廉価版だったので好みに合わなくてもまああきらめがつきます。

 バラカウスカス 交響曲第4番・第5番(ドマルカス指揮、リトアニア国立交響楽団)
 パヴロワ 交響曲第2番・第4番(フェドセーエフ指揮、モスクワ放送チャイコフスキー交響楽団)
 カリンニコフ 交響曲第1番・第2番(クチャル指揮、ウクライナ国立交響楽団)
 サン=サーンス 交響曲第3番(マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団)
 フランク 交響曲ニ短調(マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団)
 フルトヴェングラー 交響曲第2番(朝比奈隆指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団)
 エルガー 交響曲第1番・第2番(シノーポリ指揮、フィルハーモニア管弦楽団)

店頭をしばらく眺めていて感じたのですが、本当にCDが安くなっていますね。
たいがいの作曲者の交響曲全集が、1万円以内で買えます。ショスターコーヴィチなんか、4千円以下のがありました。シベリウスもチャイコフスキーもよりどりみどりで、上記の「これまで聴いてこなかった交響曲」に絞るまでにはけっこう悩みました。
まあ、これらの全集がすぐになくなることはないでしょうから、順番に揃えていけばいいか、と思っています。一気に買っても、聴く時間がありませんしね。

先日書いた記事「放置された売場...ある大型書店の現実」が、超弱小ブログとしては画期的なことに(笑)はてなブックマークにて5名のブックマークを獲得しました(2007年2月7日朝の時点で)。
被ブックマーク数が記事の優劣を決めるわけではありませんが、それでも読者の関心領域にちょっとでも引っかかったというのは、書いたものとしてはうれしいことです。

さて、件の大型書店がどうしてそんな状態になってしまったのかを考えると、おそらくはその書店がほんとうに必要としているよりもずっと多くの売場をもってしまっているから、といえると思います。
そもそも岩波新書など幅1mほどの棚に2~3段分ほどしか在庫するつもりがない、それで十分だと思っているのに、実際には4段も5段も棚がある。埋めようにも他の新書にも同様に十分なスペースがあるので無理。となると、倉庫から同じ本を数冊ずつ取り出して隙間を埋めるしかないわけです。ついでに、棚の補充の手間も省けますしね。
入手できる岩波新書をほぼ網羅するだけの在庫を持てば、この程度の棚はすぐに埋まるでしょう。実際に、超大型書店である池袋のジュンク堂に行けば、在庫で棚を埋めることは十分可能であることがわかります。
在庫コストを圧縮するためか、あるいは売れにくい商品を在庫することをそもそも否定しているのかはわかりませんが、いずれにしてもこの書店は、明らかに商品の仕入れ・陳列のポリシーとマッチしない店舗スペースをもっているわけ。

私の職場近くにそれほど広くない書店があります。
ここでは新書に割けるスペースは幅4m×高さ2m程度で、ここに岩波・中公・講談社・ちくま・新潮・文春・集英社・etcと各社が並びます。この程度のスペースだし、オフィス街の真ん中なのでストックとしてあてになる場所ではありません。常に新刊が流動し、多少売れ筋と認定されたものが店頭に残っていく程度。
けれど、ここではスペースが無駄になることはありません。平台を除けば店頭には各1冊(平台から移されたばかりだと2冊入っていることもありますが)ずつ。売れて隙間ができれば店員が補充しています。ほめたり感心したりすることではなく、これが当たり前の姿でしょう。

街の書店であれ大型店であれ、限られた売場というリソースを最大限に使うのは店舗経営のイロハでしょう。リソースは多ければいいというものではなく、やりたい商売の姿にマッチしたリソースをもつことが大切。過剰なリソースはコスト高を招きます。
常設店舗にとってスペースは固定費です。広い店舗はそれに見合った売上を挙げるものでなければなりません(ダイレクトな売上だけでなく、豊富な品揃えによる集客効果や休憩スペースやカフェ併設による滞在時間長期化などの効果も含みます)。

件の大型書店についていえば、オープン当初は前回指摘したような売場の「荒れ」は見られませんでしたし、広い店舗スペースはそれなりの必然性をもって設定され、運営されていたように思えます。
それが時間の経過に伴い、ベストセラー中心・売れ筋重視の売場に変化する中で、もともと必要としていた売場よりも狭い面積しか必要としなくなったのでしょう。従業員が減ったのかどうかはわかりませんが、相対的に重視されない棚には目が行き届かなくなったのは事実です。一面的な見方かもしれませんが、いまやその店はずっと狭い店舗をしか必要としない経営方針になってしまった、といってかまわないと思います。
とはいえ、広い店舗を急に狭くすることは、体面上もビルオーナーとの関係からも難しいのでしょう。気の毒なのは飼い殺しにされている本、そして荒れた店頭を毎日見ていても、そこに手を入れるゆとりのない書店員のかたがたでしょう。
企業や事業の規模縮小を伴う活性化は大変難しいものですが、大型であるというだけでは書店の魅力を維持できないのは、たしかなのだと思います。

節分の朝にサントリーから思わぬプレゼントとして届いた、懸賞賞品の<ザ・プレミアム・モルツ黒>。さっそくその日のうちに試してみました。

ランチのメニューは妻の提案によりグリルドチキンサンドに決定、さっそくスーパーにて材料を調達。
とはいっても、そんなに必要なものは多くありません。レタス、キュウリ、トマト、そしてチキンの胸肉と10枚切りの食パン。なんだかんだと用事を足しているうちに12時過ぎてしまい、ものすごくおなかが空いていて「もう冷凍食品か惣菜でもいい」という投げやりな気持ちも浮かんだのですが、ここは初志貫徹。

妻がレタスの準備をする脇で、チキンを焼きます。単純作業だけどこれで味が決まるので多少緊張。
オリーブオイルを熱して塩こしょうしたチキンを皮から焼き、反対にも焼き色を付けてから再度皮側から弱火で加熱します。フタをしてしばらく待ち、良さそうな頃合いでまな板に出してちょっと余熱が入るのを待ちます。ザクざくっと切り分け、あとはトーストしてバターと調味料(といってもマヨネーズとマスタードを混ぜただけ、レモンも入れたんだっけ?)を塗ったパンに野菜と一緒にはさみ、半分に切っていただきます。
サンドイッチはまあまあでした。びっくりはしないけど、人に食べてもらっても文句は出ないだろう、という程度。

あ、肝心のビールですが、サンドイッチとの相性はOK。
ちゃんとローストの風味が付いていて、ザ・プレミアム・モルツよりも甘みや酸味が感じられます。とはいえ、強すぎる味ではなくてコクを出しつつも飲みやすさを確保しているバランスの良いもの。食事と一緒に楽しむことを意識して作られたように思います。
気に入ったので、土曜の夜に今度は料理なしでじっくりと飲みました。もちろん単独でもいけます。とはいえ、この飲み方ならば、もっと個性があるビールでも良いかな。

個性的なビールといえば、日曜には新宿で買い物をした帰りにFrigoというお店でビールを。
人気はヒューガルテンのドラフトのようでしたが、まずはアボット・エール、妻はギネス、シメイ・ホワイトとドラフトで続け、私はサン・フーヤン・ブリューン、ウェストマール・ダブルと瓶ビールに移行。どのビールも冷えすぎずにちょうどおいしさが感じられる温度管理がなされているのもうれしいところ。
ビール専門店だけあって料理も相性抜群。特に地鶏の温燻製の味付けは教えてほしいくらいです。
禁煙席のないお店でしたが、18時頃入店したのでまだお客さんは少なく、隣もたばこを吸わないかただったので助かりました。平日夜だとこうはいかないでしょうね。
1時間半ほどで3杯飲み、帰宅した頃にはけっこう酔っぱらっていました。翌朝もちょっと頭が痛かったので、休肝日を作るようにしなくちゃ。

iPodの付属イヤフォンは一度も使ったことがなく、ShureのE3Cを使い続けています。
そう粗っぽく使った憶えはないのですが、最近になって断線しかかっているらしく、ときおりがさがさと雑音が混じるようになってきました。
妻が誕生日とバレンタインのプレゼントをあわせて、好きなイヤフォンを買っても良いよといってくれたので、今日は新宿まででかけてきました。もちろん、目当てはE500PTHです。

ヨドバシカメラでは、なんということか店頭からE500はおろか、E5CやE4Cまで消えている始末。やっぱり2万円以下のものしか売れないのでしょうか。
もちろん、視聴できるわけもありません。1万円台のイヤフォンをいくつか聴いてみましたが、いま使っているE3Cよりも劣った音しか聞こえてきませんでした。なんというか、やたらに低音が大きな薄っぺらい音。J-POPでも聴くのなら良いのかもしれませんけど、私にとっては音楽用ではありませんでした。
しょうがないので、ビックカメラへ移動。やっとE500PTHを視聴できました。
E3Cからでも十分に違いがわかるほど、別次元の音です。まあ、6万円もするんだからこのくらいでなくちゃ困りますけどね。

で、買ったのかというと、結局今回は見送ることにしました。
E3Cが危なげながら一応は使えていること、邪魔なだけのPTHユニットのないE530が海外では発表されていること、今回のプレゼントはなしにして今年のクリスマスとあわせてニコン用のレンズ追加という選択肢もあることから、迷って決められなくなったもの。
ほしいものがあれこれあると大変です。このほかにも、セイコーインスツルの新しい電子辞書も気になっているのです。

代わりに、といってはなんですが、ヨッフムのブルックナー交響曲集を買ってきました。
オマケに別指揮者の0番までついた10枚組で4800円とお買い得。ついでに1000円のお買い得CDがたくさんあったので、マズアのマーラー9番、インバルのマーラー8番、ロストロポーヴィチのショスタコーヴィチ5番も。しばらくは聴く音楽に不自由しなそうです。


極めつけにクジ運が悪い私なのですが、たまにはこういうこともあります。
昨年末だったか、スーパーで〆切直前にプレゼント企画の応募用紙を発見、とりあえず買い置きしてあった<ザ・プレミアムモルツ>の缶からシールをはがして応募しました。あー、ついこの間空き缶を回収に出しちゃったよー、もったいない、と思いつつ。
で、ちょうど一昨日、同じスーパーで買い物(もちろん、<ザ・プレミアムモルツ>を含む)をしながら「あれってやっぱりはずれたんだよね、きっと」などと話していたのでした。
少し遅い朝食中に呼び鈴が鳴り「宅配便です」とのこと。西濃運輸さんは「セイノーです」とはいわないのですな。
なんだと思って出てみると、お兄さんが写真の箱をもって立っていました。なんと、当選です。ま、7千名もあたったらしいのですが(笑)
まだ飲んでいないので味のほうはわかりませんが、さっそく今日にも試してみようと思います。お昼というよりは、夜ゆっくりとかなあ。午後にのんびり、ってのも良いですね。
味は改めて報告します。

タイトルがなんのことやらさっぱりわからないかたも多いかと思います。
簡単に説明しますと、「ショルティ」というのは、サー・ゲオルク・ショルティという名前の指揮者、「千人」はグスタフ・マーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」という曲、そして3600円というのは、私が買ったレコード(2枚組)のお値段です。

私は最近ではモダン・ジャズを聴くことのほうが多いのですが、中学から高校にかけてはけっこう熱狂的な「交響曲ファン」でした。
クラシックのファンではなく、あくまでも交響曲が中心。なので、聴くのはベートーヴェン、ブラームス、ブルックナー、そしてマーラーなど。当時はNHKのFMでほぼ毎日のようにクラシックの番組があり、週に数度はこのあたりの曲がかかっていました。
私の家は電波の受信状況が芳しくなく、ときおり入る雑音に苛立ちカセットテープをひっくり返すタイミングに息を詰めながら、エアチェック(ふるっ!)に励んでいました。当時の私には、オートリバース機能のあるデッキなんて高嶺の花でしたし、賃貸住まいで外にアンテナを立てることもできなかったのです。
お金がないので、「レコ芸」は図書館で読んでいました(週刊「FMファン」はなんとか買っていた)。

その頃かなり集中的に聴いたおかげで、いまでもクラシックのコーナーに行くとたいがいの指揮者やオーケストラのい名前にはなじみがありますし、交響曲に関してだけは、自分の好みに合いそうなCDをわりと簡単に見つけられます。
もっとも、私が「気鋭の若手指揮者」と認識していたアバドやマゼールはすでに大ベテランですし、テンシュテットやベルティーニは亡くなってしまいました(時期としてはカラヤンの日本における全盛期、ベームもまだ元気でした)。なので、ラトルあたりになると「名前はわかるんだけどなあ」くらい。

で、当時私がもっとも好きだった作曲家がグスタフ・マーラー。どんな人だったかはwikipediaあたりで調べてください。
マーラーがかなり一般的になっていた時期でしたが、放送されるのはやはり第1番、第5番あたりが中心で、たまに第2番や第6番、第4番といった感じ。第8番の「千人の交響曲」は演奏されることも決して多くないためか、FMで聴くこともなかなかかないませんでした。
子供だったせいでしょうか、数あるマーラーの演奏の中でも、ショルティとシカゴ交響楽団によるものは金管楽器の鳴りが派手で、一番のお気に入りでした。オーケストラと合唱、独唱を合わせて千人以上で演奏される第8番を、この組み合わせで聴いてみたいというのが当時の私の大きな願い。けれど、2枚組で5000円以上したレコードはとても買えませんでした(だって、月のお小遣いが2~3000円で、エアチェック用の生テープや読む本もその中で買わねばならないのですから)。

そんなある日、街中のレコード店で見つけたのが廉価版で再発された3600円のレコード。
たしか図書館からの帰りだったと思います。所持金はもちろん不足していました。たしか千円かそこらしかもっていなかったと思います。田舎町ですから、この機会を逃してしまうと二度とこのレコードには出会えないかもしれません。ネット通販などなかった時代です。
私はひとまずレコードを棚の一番奥に移動させ、一目散に走って帰宅しました。レコード店のある繁華街から自宅までは坂道で徒歩45分くらい。自分なりにかなりがんばって走った記憶があります。親にレコードが買いたいから3000円ちょうだい、と頼み込みました。私の記憶している限り、公式な小遣い以外でお金の無心をしたのは生涯で二度だけです(もう一度は就職直前、最初の給料日までの生活費がないことに気がついたとき)。
たぶん、普段は金をせびったことなどない息子の剣幕に驚いたんでしょう、わりとあっさりとお金をくれました。3000円ではなく、4000円を渡してちゃんとバスで行ってくるようにいわれました。

この記念すべきレコードは、もちろんまだもっています。
ひとつの曲を聴くのに3回もレコードを変えたりひっくり返したりが必要なので、この10年以上手に取った記憶もありません。なぜかCDで買い直してもおらず、ショルティの千人は私の記憶の中で鳴っているだけ。
そのうちにCDを入手することは確実ですが、なかなかそのきっかけがありません。

つい先日、久々に小澤征爾のマーラーをiPodで聴いていて、ふと最近のマーラーCD事情はどうなっているのだろうかとブログをあさっていて、下記の記事を見つけました。
読んでいるうちに、上記の自分がレコードを買ったときの状況が思い出されたというわけです。

 ショルティの千人の交響曲と私(音源雑記帖)

この方はなんと小学6年の時に、しかも5千円のレコードを半分も自分で払って(誕生プレゼントなのに!)買われたようですので、私よりもずいぶんと立派です(いや、私も千円は出す気があったんですが)。「レコ芸」もお小遣いで買っていたようですし。
状況はかなり違っていますが、レコードが高価だった頃には、こうして一枚一枚のレコードに買ったときの記憶が染みついているのですね。なんだか久しぶりにLPレコードを引っ張り出したくなりました。

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja