放置された売場...ある大型書店の現実

| コメント(3) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

これは、出張時の空き時間によく立ち寄る、ある大都市の駅ビル百貨店に立地するある有名大型書店の話です。営業妨害の意図はないのであえて名前は書きません。
この書店はホテルやオフィス、百貨店を含む大形駅ビルのオープンと同時に開業し、立地の良さや広いワンフロアという使いやすさもあって、すぎに私がこの街でもっともよく利用する書店となりました。当初はベストセラーや売れ筋だけでなく、品揃えもそこそこ充実していたように思います。
名指しは避けますが、わかる人にはわかるように書いておくと、この書店からは世界一にならんとしている巨大自動車メーカーの新しいビルがよく見えます。

通っているうち、それなりに努力はしているものの、やはり「売れる本」に徐々に売場が浸食されていくのは残念でしたが、まあ許容の範囲。
売場の作り方への疑問が大きくなったのは、昨年大きく構成が手直しされたときでした。ビジネス書・経営学関連のコーナーは従来よりも背の高い什器に変わり、置かれている本は不勉強なサラリーマンが手っ取り早い回答を求めて買うようなノウハウ本が大幅に増加。一方でしっかりした内容のものは上部に追いやられたり、奧の目立たない棚に移されました。
フロアの一角にはフラワーショップがありましたが、退店したのか空いた場所にはベストセラーのみを集めた陳列コーナーが。店内の複数の棚でベストセラーを繰り返し見せられるというわけ。

文庫・新書のコーナーも背の高い什器が導入され、背の低い私としてはとても不便に。上の方を眺めているだけで首が痛くなるし、くらくらしてくるんですよね。おそらく身長190cmくらいないと、この棚をストレスなく眺めることはできないんじゃないか(そうなると逆に下のほうが見にくいでしょうけどね)。
ここで気がついたのは、岩波新書の不自然な陳列です。さすが新書の老舗だけあって什器ひとつ分を確保しているのですが、よく見ると同じ本が3~4冊ずつ並べられています。他社の新書でも、売れ筋は2冊並んでいるのですが、こうも同じものばかり並んでいるのは岩波だけ。実質、棚面で見えている3分の1か4分の1程度の在庫しかありません。
しかも、開店30分後の時間帯だというのに、棚のあちこちに隙間ができており本が斜めになっています。岩波新書マニアが大量買いしたのでなければ、昨日閉店時のまま放置されていたのだと思われます。

旅行コーナーの紀行文やエッセイの棚でも最近にない驚きが。
だいたいこの手のコーナーはアジア、ヨーロッパ、北米...とおおまかなエリアごとに分類され、さらにその中で香港、台湾、中国、タイ...と地域別に並んでいるのが普通。この書店でも、おおまかにはそうしているようでした。
けれど、よくよく見るとイタリアに関する本の間に突然ドイツが割り込み、フランスとの間になぜかメキシコ、エジプトとインドが仲良く隣同士で次に来るのがどういうわけかスペイン...といった具合です。おそらくは、一度地域別に並べ替えたのちに客が取りだした本を適当に戻したり、新刊を空いている隙間に押し込んだりといったことを繰り返すうちにおおざっぱにはエリア別、けれど実態は適当、という並びになっているよう。
もちろん、著者別でもシリーズ別でも出版社別でもありません。端的にいえば、でたらめに本が置かれた状態。

また、世界史のコーナーでは「アフリカ」の部分にインドネシアやカンボジアが堂々と並べられていました。
「アジア」のコーナーはずっと離れていますから、仕切の位置を間違えたのではなく、店員が勘違いして並べたか、適当な隙間に押し込んだか、あるいは客がわざわざ位置を変えたかのはずです。
そんなわけで、気になりだして店頭を眺めていると、こまめに配置換えされ、手書きPOPなども付けられたベストセラーコーナーと違って、書棚がなんの手当も受けずに放り投げられている実態が見えてきました。並んでいる本達が不憫。

ベストセラー偏重は仕方ないでしょう。そういう書店なのだと客の側が認識すればすむだけの話です。それによって得るもののほうが大きいという経営判断があったのしょうし。
けれど、貴重な書棚に同じ本を並べて取り繕ったり、でたらめな並びを放置したりといった状態を続けているのは、従業員の絶対的な不足、もしくは買いやすい店頭を維持する意思の欠如としか思われません。表面上はベストセラー偏重ではない、豊富な在庫を持つ書店、けれど実態としては、とりそろえてみたもののあまり売れない在庫を顧みずに放置している書店だったというわけ。
お店の人に直接注意しても良かったのですが、これは店の運営側の意思としか思えませんし、いっても無駄だろうという思いが先立ちました。便利な立地なので今後も使うことはあると思いますが、時間に余裕があるときやあまり急いでいないときには、近くの他の書店で買うだろうな、と思わざるを得ませんでした。残念。

<2007.4.13追記>
その後も何度かこの書店には足を運んでいます(申し訳ありませんが、買ってはいません)。
この記事を書いたのが1月終わりですが、3月の中旬頃に少しだけ変化がありました。
岩波新書のコーナーでは開店直後から本が斜めになるほどの隙間はなくなりました。それでも同じ本が数冊ずつ並んでいるのは変わりません。
世界史のコーナーは、ちゃんと地域別に陳列が修正されています。インドネシアがアフリカではないことは、知っていたようです(笑)。旅行記コーナーも、おおまかにはエリア別に整理されました。とはいえ、ドイツ・スペイン・フランスとその他の欧州各国がランダムに置かれているのは相変わらず。
品揃えは悪化はしても、全く改善されていません。金太郎飴ベストセラー偏重で、ビジネス書コーナーは自己啓発書やノウハウ本(いってみれば、「レバレッジ・リーディング」なかたがたが喜ぶような本)で埋め尽くされています。
いっそのこと売場を半減しちゃえばいいのに、と思うのですけどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/730

コメント(3)

 20年前の知識ですが,岩波書店の本は買い取り制を採っていたという記憶があります。在庫リスクは書店側が負うので,むやみな拡充・補充はできないという判断なのではないでしょうか。結果として,岩波の本が置かれにくい状況というのはあるかと思います。
 一般的な出版社は委託販売ですので,在庫リスクを書店が抱えることはありません。まあそれが,むやみなベストセラー偏重を生む温床でもあるのですが。

コメントをありがとうございます。風邪ひいて寝込んでいて承認が遅れました。
岩波の買取制の話、私も聞いたことがあります。
気になったので、他のいくつかの書店で岩波と他社の新書陳列に差があるかと思いみているのですが、当該書店のようなことはないようです。
いずれにせよ、委託販売がほんの流通の大きな問題となってしまっているのはおっしゃるとおりですね。

いまさらではありますが、
岩波書店の完全書店買い取り制はどんなに駄本も本屋に買い取らせる、
書店にのみリスクを押しつける殿様商売だと思います。

「いっそのこと売場を半減しちゃえばいいのに、と思うのですけどね。」
とおっしゃっていますが、
私も
「いっそのこと岩波書店の本は取り扱いをやめちゃえばいいのに、と思います

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年1月31日 19:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読まずにあれこれいうのはいかんのですが...」です。

次のブログ記事は「ショルティ、千人、3600円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja