読まずにあれこれいうのはいかんのですが...

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

たぶん私が「レバレッジ・リーディング」を読むことはないだろうな、と思います。
ただ、この本は「読書(この場合は、仕事のノウハウやスキルを身につけるための情報源として本を読む行為としての読書)」をしない人や不足だと感じている人の不安感につけ込んだ、ずいぶんと上手な、けれど決して尊敬できない商売だよなあ、と思うのです。
読まずに批判するのはほめられたことじゃありませんが、あえて書きます。

「レバレッジ・リーディング」(俺と100冊の成功本)

著者は1,500円から100倍のリターンが得られるとしています。
これはご自身の実感からで周りの経営者の方とも意見は一致しているという事。
私も大体それくらいかなぁと思います。
読めば読むほど10倍のリターンですから、貧乏性の私は読まないと損をすると思うと読まずにはいられない。
直接経済活動にかかわってない方でも、人間関係が円滑になり幸せな人生を送ったらその価値は計り知れないでしょう。

引用部にも明らかなとおり、このブログを書かれているかたも1500円の本を読んだら100倍の15万円が儲かる、と書いているわけではありません。
とはいえ、幸せな人生、なんていう価値を持ちだしたら100倍なのか1000倍なのかなんて感じ方次第ですよね。たとえば、私にとって「カラマーゾフの兄弟」や「罪と罰」のリターンはたぶん10000倍だって全然足りません。けれど、それって根拠を示せるものではないし、文庫本4冊で3000円くらいかかるけど、3千万円の価値があるから読みなよ、と人に勧めるようなものでもないでしょ。

私は「本を読む=本代の○○倍のリターンがある投資」という思考回路そのものにものすごく抵抗感があるのです。
抵抗感ついでにからんでみると、平均1500円の本を年に100冊読む人がいるとしましょう(上述の通り、実際のお金で100倍のリターンがあると著者が主張しているかどうかがわからないので、ほんとうに「ただからんでみる」のですが)。
本代は全て新刊で購入するとして15万円かかりますね。これが100倍のリターンを生むのですから1500万円です。給与所得としてはけっこうな水準じゃないでしょうか。
200冊なら3千万だし、「レバレッジ・リーディング」の著者の通り400冊ならばなんと6千万円です。毎年読むんですから、毎年6千万円のリターン! すっごいですねえ、オレも今年からレバレッジ・リーディング実践して高額所得者だ!
...なんていうからみかたが下品なのは自覚しているのですが、でも「100倍のリターン」なんていう煽りかたは同じように下品なんじゃじゃないかな。

Amazonで売れまくっているらしい(2007年1月11日時点で、著者が経営する会社のサイトには、「総合ランキング1位」と麗々しく謳われています)のですが、この手の本はいつの時代でもぽっと出てきては大ヒットし、数年で忘れ去られているように思います。
高収入を得たい、けれどその方法も思いつかないし人の何十倍もの努力や苦労はごめんだ、でもちょっとなら努力しても良いかな、というのがたぶんごく当たり前の人々。私だってそう。
そんな当たり前の人たちに「実は良い方法があるんですよ」とささやいて小金を頂戴し、読者にはちょっとした満足感を与える(実際にはこれを読んで突然読書量を増やし、成功を収める人が出現する可能性は極めて低いでしょう)。冒頭に書いたとおり、お上手だなあと思います。きっとコンサルタントとしても有能なのでしょう。
私はといえば、こんなことばかり考えてしまうので、ビジネス書の大半がまともに読めないのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/723

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2007年1月17日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「図書館に教えてもらったこと」です。

次のブログ記事は「放置された売場...ある大型書店の現実」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja