2007年1月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

これは、出張時の空き時間によく立ち寄る、ある大都市の駅ビル百貨店に立地するある有名大型書店の話です。営業妨害の意図はないのであえて名前は書きません。
この書店はホテルやオフィス、百貨店を含む大形駅ビルのオープンと同時に開業し、立地の良さや広いワンフロアという使いやすさもあって、すぎに私がこの街でもっともよく利用する書店となりました。当初はベストセラーや売れ筋だけでなく、品揃えもそこそこ充実していたように思います。
名指しは避けますが、わかる人にはわかるように書いておくと、この書店からは世界一にならんとしている巨大自動車メーカーの新しいビルがよく見えます。

通っているうち、それなりに努力はしているものの、やはり「売れる本」に徐々に売場が浸食されていくのは残念でしたが、まあ許容の範囲。
売場の作り方への疑問が大きくなったのは、昨年大きく構成が手直しされたときでした。ビジネス書・経営学関連のコーナーは従来よりも背の高い什器に変わり、置かれている本は不勉強なサラリーマンが手っ取り早い回答を求めて買うようなノウハウ本が大幅に増加。一方でしっかりした内容のものは上部に追いやられたり、奧の目立たない棚に移されました。
フロアの一角にはフラワーショップがありましたが、退店したのか空いた場所にはベストセラーのみを集めた陳列コーナーが。店内の複数の棚でベストセラーを繰り返し見せられるというわけ。

文庫・新書のコーナーも背の高い什器が導入され、背の低い私としてはとても不便に。上の方を眺めているだけで首が痛くなるし、くらくらしてくるんですよね。おそらく身長190cmくらいないと、この棚をストレスなく眺めることはできないんじゃないか(そうなると逆に下のほうが見にくいでしょうけどね)。
ここで気がついたのは、岩波新書の不自然な陳列です。さすが新書の老舗だけあって什器ひとつ分を確保しているのですが、よく見ると同じ本が3~4冊ずつ並べられています。他社の新書でも、売れ筋は2冊並んでいるのですが、こうも同じものばかり並んでいるのは岩波だけ。実質、棚面で見えている3分の1か4分の1程度の在庫しかありません。
しかも、開店30分後の時間帯だというのに、棚のあちこちに隙間ができており本が斜めになっています。岩波新書マニアが大量買いしたのでなければ、昨日閉店時のまま放置されていたのだと思われます。

旅行コーナーの紀行文やエッセイの棚でも最近にない驚きが。
だいたいこの手のコーナーはアジア、ヨーロッパ、北米...とおおまかなエリアごとに分類され、さらにその中で香港、台湾、中国、タイ...と地域別に並んでいるのが普通。この書店でも、おおまかにはそうしているようでした。
けれど、よくよく見るとイタリアに関する本の間に突然ドイツが割り込み、フランスとの間になぜかメキシコ、エジプトとインドが仲良く隣同士で次に来るのがどういうわけかスペイン...といった具合です。おそらくは、一度地域別に並べ替えたのちに客が取りだした本を適当に戻したり、新刊を空いている隙間に押し込んだりといったことを繰り返すうちにおおざっぱにはエリア別、けれど実態は適当、という並びになっているよう。
もちろん、著者別でもシリーズ別でも出版社別でもありません。端的にいえば、でたらめに本が置かれた状態。

また、世界史のコーナーでは「アフリカ」の部分にインドネシアやカンボジアが堂々と並べられていました。
「アジア」のコーナーはずっと離れていますから、仕切の位置を間違えたのではなく、店員が勘違いして並べたか、適当な隙間に押し込んだか、あるいは客がわざわざ位置を変えたかのはずです。
そんなわけで、気になりだして店頭を眺めていると、こまめに配置換えされ、手書きPOPなども付けられたベストセラーコーナーと違って、書棚がなんの手当も受けずに放り投げられている実態が見えてきました。並んでいる本達が不憫。

ベストセラー偏重は仕方ないでしょう。そういう書店なのだと客の側が認識すればすむだけの話です。それによって得るもののほうが大きいという経営判断があったのしょうし。
けれど、貴重な書棚に同じ本を並べて取り繕ったり、でたらめな並びを放置したりといった状態を続けているのは、従業員の絶対的な不足、もしくは買いやすい店頭を維持する意思の欠如としか思われません。表面上はベストセラー偏重ではない、豊富な在庫を持つ書店、けれど実態としては、とりそろえてみたもののあまり売れない在庫を顧みずに放置している書店だったというわけ。
お店の人に直接注意しても良かったのですが、これは店の運営側の意思としか思えませんし、いっても無駄だろうという思いが先立ちました。便利な立地なので今後も使うことはあると思いますが、時間に余裕があるときやあまり急いでいないときには、近くの他の書店で買うだろうな、と思わざるを得ませんでした。残念。

<2007.4.13追記>
その後も何度かこの書店には足を運んでいます(申し訳ありませんが、買ってはいません)。
この記事を書いたのが1月終わりですが、3月の中旬頃に少しだけ変化がありました。
岩波新書のコーナーでは開店直後から本が斜めになるほどの隙間はなくなりました。それでも同じ本が数冊ずつ並んでいるのは変わりません。
世界史のコーナーは、ちゃんと地域別に陳列が修正されています。インドネシアがアフリカではないことは、知っていたようです(笑)。旅行記コーナーも、おおまかにはエリア別に整理されました。とはいえ、ドイツ・スペイン・フランスとその他の欧州各国がランダムに置かれているのは相変わらず。
品揃えは悪化はしても、全く改善されていません。金太郎飴ベストセラー偏重で、ビジネス書コーナーは自己啓発書やノウハウ本(いってみれば、「レバレッジ・リーディング」なかたがたが喜ぶような本)で埋め尽くされています。
いっそのこと売場を半減しちゃえばいいのに、と思うのですけどね。

たぶん私が「レバレッジ・リーディング」を読むことはないだろうな、と思います。
ただ、この本は「読書(この場合は、仕事のノウハウやスキルを身につけるための情報源として本を読む行為としての読書)」をしない人や不足だと感じている人の不安感につけ込んだ、ずいぶんと上手な、けれど決して尊敬できない商売だよなあ、と思うのです。
読まずに批判するのはほめられたことじゃありませんが、あえて書きます。

「レバレッジ・リーディング」(俺と100冊の成功本)

著者は1,500円から100倍のリターンが得られるとしています。
これはご自身の実感からで周りの経営者の方とも意見は一致しているという事。
私も大体それくらいかなぁと思います。
読めば読むほど10倍のリターンですから、貧乏性の私は読まないと損をすると思うと読まずにはいられない。
直接経済活動にかかわってない方でも、人間関係が円滑になり幸せな人生を送ったらその価値は計り知れないでしょう。

引用部にも明らかなとおり、このブログを書かれているかたも1500円の本を読んだら100倍の15万円が儲かる、と書いているわけではありません。
とはいえ、幸せな人生、なんていう価値を持ちだしたら100倍なのか1000倍なのかなんて感じ方次第ですよね。たとえば、私にとって「カラマーゾフの兄弟」や「罪と罰」のリターンはたぶん10000倍だって全然足りません。けれど、それって根拠を示せるものではないし、文庫本4冊で3000円くらいかかるけど、3千万円の価値があるから読みなよ、と人に勧めるようなものでもないでしょ。

私は「本を読む=本代の○○倍のリターンがある投資」という思考回路そのものにものすごく抵抗感があるのです。
抵抗感ついでにからんでみると、平均1500円の本を年に100冊読む人がいるとしましょう(上述の通り、実際のお金で100倍のリターンがあると著者が主張しているかどうかがわからないので、ほんとうに「ただからんでみる」のですが)。
本代は全て新刊で購入するとして15万円かかりますね。これが100倍のリターンを生むのですから1500万円です。給与所得としてはけっこうな水準じゃないでしょうか。
200冊なら3千万だし、「レバレッジ・リーディング」の著者の通り400冊ならばなんと6千万円です。毎年読むんですから、毎年6千万円のリターン! すっごいですねえ、オレも今年からレバレッジ・リーディング実践して高額所得者だ!
...なんていうからみかたが下品なのは自覚しているのですが、でも「100倍のリターン」なんていう煽りかたは同じように下品なんじゃじゃないかな。

Amazonで売れまくっているらしい(2007年1月11日時点で、著者が経営する会社のサイトには、「総合ランキング1位」と麗々しく謳われています)のですが、この手の本はいつの時代でもぽっと出てきては大ヒットし、数年で忘れ去られているように思います。
高収入を得たい、けれどその方法も思いつかないし人の何十倍もの努力や苦労はごめんだ、でもちょっとなら努力しても良いかな、というのがたぶんごく当たり前の人々。私だってそう。
そんな当たり前の人たちに「実は良い方法があるんですよ」とささやいて小金を頂戴し、読者にはちょっとした満足感を与える(実際にはこれを読んで突然読書量を増やし、成功を収める人が出現する可能性は極めて低いでしょう)。冒頭に書いたとおり、お上手だなあと思います。きっとコンサルタントとしても有能なのでしょう。
私はといえば、こんなことばかり考えてしまうので、ビジネス書の大半がまともに読めないのです。

最近は読んだ本の感想もロクに書いていませんが、毎月の読書量が10冊前後に過ぎない私は、決して「読書家」とはいえません。せいぜい、ちょっと本好き、程度。
かなりすごい量を長期間読み続けている人たちがいらっしゃるので、読書量というのは上を見ればきりがない世界ではあります。月に10冊というのは、周囲を見る限りでは「平均よりはちょっと多いくらい」かな、と思ってます(それだけ私の周囲の人たちが本を読まない、ということを示しているに過ぎないかもしれませんけれど)。

量的に最も多く読んでいたのは、やはり中学高校時代です。この頃で毎週5冊くらい。本が好きという一方でテレビも好きだったし、基本は怠け者だしあまり集中力のないほうなので最盛期でもこんなもんです。
もちろん、これらの本のほとんどが図書館で借りたもの。歩いて1時間、バスを使って20分ほどの場所にある市立図書館に、ほぼ毎週通っていました。もちろん両親のカードも使ってフルに借りてきて、とはいえ結局読み切れずに半分以上は中途半端で返却していました。いま思えば、若いんだからもうちょっとがんばって読めよ、と説教したくなります。
高校では図書室にもけっこうたくさん本があったのでこちらでも借りてました。図書委員に頼んでSFをたくさん入れてもらったり。Kさんありがとう。

中学の頃の月の小遣いはたしか1000円か2000円だったはずなので、まだやすかったとはいえ文庫本を数冊買えばなくなります(だいたい100ページ=100円くらいのレートでした。ハインラインの「異星の客」が590円とかじゃなかったかな)。
毎月20~30冊を読むのは図書館がなければ絶対に無理だし、その経験がなければ今頃私も通勤電車で日刊ゲンダイとか夕刊フジばっかり読んでいたかもしれません。たぶん人生はかなり違ったものになっていたでしょう。

図書館で本を借り、読むことで私が学んだ一番大きな事柄は、「一見関心がないもの、面白くなさそうな本でも、読んでみるものである」ということです。
多くの本好きがそうであるように、私は気に入った作家(中学の頃なら筒井康隆とかかんべむさしとかハインラインとか)ばかりを集中して読む癖があります。昨年だって、前半期は読む本の3分の1くらいがドストエフスキーとシェークスピアでした。
けれど、これしかやっていないと量を読んでいるわりには知識の幅が狭くなりがち。狭くても別にいいのですが、狭いなりに突き詰めるほどの覚悟がないのならある程度の拡がりはあったほうが良い。
図書館で借りる分には、労力を除けばコストゼロ。読んでみて「失敗したな」と思っても失われるのは時間だけです(中学生の私にとっては時間なんて安いものです)。ちょっと興味があるだけの分野、聞いたことがあるけどよく知らない作家の本を試せるのは図書館ならでは。

 図書館の価値観(ほどよい司書の日記)

上記リンク先の記事を読んで、こうした強い思いをもって司書の仕事に疲れているかたがいらっしゃることに頼もしさを感じました(ブログをさかのぼって読んでみると、個別の記事については賛同しかねるものもありますが、それは別の話ですから措いておきます)。
佐野眞一氏の『だれが「本」を殺すのか』でも、さまざまな制約の下で図書館の役割やサービスのあり方と向き合っている人々の姿が描かれていました。個別の意見にはそれぞれの立場があるにせよ、図書館というものが作られ、人々に開かれてきたことのもつ意味や理想を失いたくはないし、理想を抜きにした単なるプラグマティックな議論にはやはり抵抗を憶えます。

図書館は偏食の本好きだった私に、いろいろな味覚を教えてくれました。
それは、ベストセラーの貸本屋ではないが、一方で過剰な教養主義の砦でもない、適度に広いすそ野を持ちながらも奥行きのある場所であったからこそ。最近では通勤ルートの関係もあってすっかり図書館から足が遠のいてしまっていますが(現在の地元の図書館に一度行ったら、ベストセラー貸本屋の側面があまりに強くて辟易としたためでもあります)、あの頃図書館に通ったことが、いまの自分を作ってくれたことへの感謝は、消えることがありません。
納税程度でしかお返しできていないのは、ちょっと申し訳ないのですが。

趣味は読書です、というと、最近流行のビジネス書は一通り押さえているように思われることが多くて、「え、君これ読んでないの?」と大ベストセラーを手に怪訝な顔をされることがあります。
そんなときには「だから趣味だと言ってるじゃいないすか。ベストセラーを追いかけるのは趣味じゃなくて強迫観念ですって」などと話すのですが、なかなか納得してもらえません。読んでいる本が小説や畑違いのものばかりならわかりやすいのでしょうが、経営学や組織論に関するものがけっこう含まれていると、どうしても「仕事に役立てるために読んでいるのだろう」と思われがち。

世の中には、本を読むことを稼ぐための投資と割り切ってとらえられるかたも多いようです、あるいは「楽しみの読書」と「投資の読書」を切り替えながら読んでいるのかもしれませんが。

 レバレッジ・リーディング(俺と100冊の成功本)
 [を]レバレッジ・リーディング(たつをの ChangeLog)

私はそういう読み方があまり得意ではないし、そう考えた途端に意欲が減退してページを繰る手が止まってしまうほうです。義務感で読むのは昔から苦痛で、普段は頼まれもしないのに分厚い小説を読み続けているくせに、読書感想文を課されると「蜘蛛の糸」でも読みたくありませんでした(それって私だけじゃないと思うのですが)。
教師や上司に強制されたものではなくても、「この本を読み終えると100倍のリターンだな、フフフ、15万円ゲットだぜ」なんていう読み方はやっぱり無理。仕事場で稼いでいる自分が、オフの自分を支配しているみたいで。教師ではなく、仕事モードの自分からの強制とでも言ったら良いでしょうか。
なので、儲けるために読む活字の典型ともいえそうな「Harvard Business Review」だって、私にとってはただの趣味であり、楽しんで読むものです(なので、たまたま仕事上の問題意識に合致した論文は、むしろ身を入れて読めない)。

別に儲けるために読む人が悪いとかいうつもりはなくて、それはそれで、趣味としての読書とは別のジャンルなんじゃないかなと思うのですね。
朝は日経を読んでいる(それとも眺めてるだけ?)おじさんも、帰路の電車では夕刊紙とか読んでるじゃないですか。朝はどちらかといえばお仕事モードで情報を取り込んでいて、夕方はお楽しみなわけでしょ。両方をひっくるめて「趣味は新聞ですねやっぱり」とは思ってないでしょう。
なので、仕事のためとか、稼ぎのために手っ取り早くノウハウや回答を獲得するために本を探して読む行為については、「読書」じゃなくて「読んで稼ぐ」ので「読稼」とか「読む投資」なので「読資」とか、別の名前を付けてはどうかと思います。
まあ、それが「レバレッジ・リーディング」という言葉なのかもしれませんが、こういうのってどうせ広がらないでしょ。まあ、「読稼」でも広がらないのは一緒か...

子供達の活字離れを嘆くお父さん、お母さん達(あるいは無関係のおじさん、おばさん達)は多いです。が、彼・彼女らが「読書」ならぬ「読稼」ばかりやっているとしたら、いくら子供に「本を読め」と言ったってちっとも魅力ないと思います。金儲けのための道具でしょ、それ(自分は読みもしないのに子供に読ませようというのは、さらにひどいと思いますけどね)。
本を読む習慣がなければ、「読稼」もうまくはできないかもしれないけれど、最初から「読稼」のために「読書」の習慣を付けようとしているなら、オトナの嘘はすぐに見抜かれるんじゃないかな。本を楽しく読んだ経験のない人には、子供に読書をうまく勧めることは難しいのではないかと思います。
「読稼」も大事かもしれませんが、ただただ楽しむ「読書」なしでは、やはり虚しいものと思わざるを得ません。

<2007年1月11日 追記>
「レバレッジ・リーディング」について、AllAboutの「デイトレード・スイングトレード」の項目での解説が目につきました。
 1年間に本を400冊読む方法(All About)
お風呂の中やキッチンで料理しながら、寸暇を惜しんでお金儲けの鍛錬をしているかのようで、ちょっとついて行けない感じ。否定はしませんが、私とはまったく別物の感覚だよなあ、と感じます。

Video再生が可能なiPodに買い換えたのだから、とりあえずいろいろと見てみたくなるのが人情というもの。
さっそくYouTubeでいくつか目についたものをiPodに入れてみました(やり方については、グーグル先生に聞くといくらでも出てきます)。

中でも最初に検索して見つけたのがこれ。
  Steve Jobs Stanford Commencement Speech 2005Steve Jobs Stanford Commencement Speech 2005
2005年6月にスタンフォード大学の卒業式で行った、ご存じスティーブ・ジョブズの素晴らしいスピーチです。スピーチの全文がネットに掲載されるや(私の知る限りではSlashdotのこの記事が最初だったのかな?)たちまち評判に。9月には日本語訳も公開されています。
 ジョブズの卒業祝賀スピーチ(訳:市村佐登美氏、サイト掲載:とむさとう氏)

冒頭のリンクは、このスピーチの模様のビデオ。テレビで放映でもされたのか、大学が撮影したものかはわかりません。素人の撮影によるものでないことはたしかです(いくつものアングルで撮って編集されていますし)。
私はめんどくさがりなもので、普段からYouTubeであれこれと検索するほうではありません。ほんとにときおり、気になったものを探す程度。なので、今回までこのスピーチを写した、これほどきちんとしたビデオがネット上にあることすら知らずにいました(音声ファイルのほうは、かなり早くに入手してiPodで何度か聴いていました)。
音声がたまに小さくなりますが、通常の鑑賞では問題ないでしょう。ジョブズの、歴史的ともいって良いスピーチが掌の中に。素晴らしいですねえ。

内容については、私がとやかくいっても仕方ありません。
まずは上記のリンクから、まずは英文を、続いて日本語訳を読んでみてください。大学の卒業生に向けたメッセージではありますが、若いかただけでなくおそらく全てに人々に訴えかける内容の、感動的なものです。

パッケージ不要

| コメント(0) | トラックバック(0)

年が明けて最初の買い物は、手持ちのソフトウェアのバージョンアップでした。
最近はどれも低価格になっている中で、ずっと高止まりの「Photoshop」と「Illustrator」にそれぞれ2万5千円ほど。そしてこちらもアドビに買収されてしまったMacromediaの「Studio」には5万円ほど。あわせて10万円以上をソフトに使ったのは久々のことです。

ずっと使ってきたPhotoshopのバージョンは5.5、Illustratorは9.0でした。Macromedia関連ではFlashは5.0、そしてDreamweaverとFireworksに至っては4.0と、いずれも5年以上前のバージョン。
WEB作成やグラフィックデザインを仕事としているわけではないので、旧バージョンでもそれなりに使ってきたのですが、下記サイトにあるとおりのアドビの方針変更を前にやむを得ず。いずれも次のバージョンからはあ婦グレード対象から外れてしまうことがわかったからです。
 アップグレードポリシー変更について
どうやら、もともとMacromediaのバージョンアップに関するポリシーだったのを採用したようですね。高機能とはいえ、元が高価なんだからもうちょっと考えてよ、と思うのですが。

上記のうち、私が使っているのはMacromediaの製品です。PhotoshopとIllustratorはもっぱら妻が使っているもの。
DreamweaverとFireworksはもともとセットになった商品が数万円で売られていたのですが、前々回のバージョンアップに際してプロ向けの性格を強め、一気に値段が上がっていたのでした(なので、バージョンそのままだったわけ)。Flashもバージョン5の頃に5万円ほどで買った記憶があるんですが、今では9万円近いんですな、やれやれ。

で、5万円で買ったStudioのパッケージですが、なんと、中身はCD-ROMが2枚と免責事項の書かれた薄いパンフレットのみ(各言語1ページです)。
そりゃあ、マニュアルなんて邪魔になるだけですしね。無駄といえば無駄なんですけど、だったらいっそのこと厚さ3センチ近い箱なんかに入れるのをやめてCD-ROMと冊子を輪ゴムで止めて渡してくれればいいのに、と思いました。
ソフトウェアの箱って、邪魔なんですが捨てにくいんですよねえ。

しかも、今回は買ってくる前にアドビのサイトから30日間使える評価版をダウンロードしてインストールしてあったので、CD-ROMから導入したのは(多分使わない)Contributeだけです。あとはシリアルナンバーを入れただけ。
これなら、多分オンライン決済してシリアルを発行してもらえばそれで良いんじゃないの? という感じです。
ソフトウェアって使用権の売買ですから、こうなっちゃうのは仕方ないんですけどね。使いもしない分厚いマニュアルも、何かを買ったという気分にさせてくれるという点では、それなりには役に立っていたということでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2007年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja