TOEICリーディングには日本語の文書を読もう

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

TOEIC公開テストのスコアが以前受けたときよりもずいぶんと親切になっていて、リスニングとリーディングの両セクションについて、それぞれ4ないし5項目ずつの「Abilities Measured」が表示されています。
これで自分の得意分野と不得意分野がわかるというわけ。

リスニングのほうは、過去4年間にわたってスコアがほとんど伸びていない実態を反映して、いずれの項目でも80%台の正答率が並びます。Averageが62~79ですから、80台は悪くはないけどね、という程度。
個別に見ると、多少高いのは後半二つ、「短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる」と「長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる」で、もうすぐ90台。

一方で、上二つの項目、すなわち会話の中での情報をもとにした「要点、目的、基本的な文脈を推測できる」がダメ。つまり、「ストレートに聞き取れたことしか理解できていない」ということになるでしょうか。このあたりは、途中で内容を見失うことも多く、会話のテーマはわかるけど細部が聞き取れていないこととも関連していそうです。
いずれにせよリスニングは意識的に訓練したことがないので、そろそろ本腰を入れねばならないということでしょう。実際の会話でも、相手の話が聞き取れずにきょとんとしてしまうことが多いのです。

さて、本題はリーディング。
スコア的には全て90%以上、「文章の中の情報をもとに推測できる」「ひとつの文章の中でまたは複数の文章間でちりばめられた情報を関連付けることができる」は100%です。
ここで低いのは「語彙が理解できる」の90%。リスニングと並んで私の英語の弱点である語彙力の不足が、見事に指摘されています。なにせ、私の語彙不足はかなり深刻なもので、予備校の最初の単語力チェックテストで高校卒業者の最低水準にやっと引っかかった程度なのです(たしか、数百語とか千語とかいったレベル)。

このリーディングの結果を見て感じたのは、私の場合、リーディングでスコアが伸びてきたのは英語力だけのおかげではないということです。
もう少し肉付けしていうと、もともともっている日本語での読解力に、英語が追いついてきた(もちろんかなり差はありますが)、という状態なのではないかと。

私はちゃんと書かれた日本語であれば、文章を読んでいる途中で文意や筋立てを見失うことはほとんどありません。TOEICのリーディング問題が全て日本語で書かれていたら(ないですけど、TOJICなんていうテストだったら)、ほぼ全問正解できる自信があります。
この4年ほどで出題文、問題文共に日本語に近いレベルで理解できるようになったので、それほど迷うことなく正解にたどり着けるようになったのではないかと思います。事実、今回の試験でも、問題文に未知の単語がある場合以外は、ほとんど迷わずに回答することができました。

私のリーディングのスコア(今回は460でした)を支えているのは、どうやら英語力ではなくて国語の読解力です。
TOEICの問題で問われる推定や文脈理解は、決してとんでもなく難しいものではありません。たぶん、日本語ならかなり多くのかたがたが制限時間内に80%程度の正解を出せるものじゃないかと思います。
ある程度英文が読めるかたならば(つまり基礎的な文法や語彙が身についているなら)、英文読解というよりも文章の読解そのものの訓練をすることで、リーディングのスコアは飛躍的に伸びる可能性があるように思えます。

そこで、TOEICで700以上のトータルスコアをお持ちで、リーディングが300点台からなかなか向上しないかたにおすすめしたいのは、日常にあふれる「TOEIC出題文のような日本語」を短時間で読み、ポイントをしっかりと理解する訓練です。
会社で回ってくる通達や通信販売での出荷案内、取引先からの案内文など、この手の素材は身の回りにいくらでもあります(学生さんには難しいかもしれませんが)。これらを15秒とか30秒で確実に読み取り、重要なメッセージはどれかを的確につかめるようになれば、英文でも同様に早く正確な読解が可能になります。

短い文章を終えたら、次は1ページ2ページある文章で続けると良いでしょう。
大学受験の勉強法として、新聞の社説やコラムを要約する、なんていうのがありましたが、わざわざ要約して作文する必要はありません(続きませんから...)。とにかく短時間でポイントを見極めながら読むだけ。速読法なんかにも似たのがあるかもしれません。
文章を短時間で読み取るスキルは、英語を離れてもけっこう役立つものですし、20代30代の若いうちならば訓練でいくらでも伸ばせると思います。
もっとも、読解力よりも文法や語彙がネックとなっている場合には、別のアプローチが有効かもしれませんけどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/711

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年12月27日 19:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結局、iPodを新調」です。

次のブログ記事は「パッケージ不要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja