TOEICのリーディングが読解じゃないなんて

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

英語学習について書かれたブログはたくさんあって、面白いものや参考になるものがたくさんあります。
読んでいると、学習法というのは実に人それぞれなのだなと感心しますし、毎日こつこつと学習を続けている人が多いのには頭が下がる思い(私はどちらかというと、波が激しいほうなので)。
特にTOEICの受験対策や感想などは、ほとんどの英語学習ブログ(と、便宜的に呼んでおきます)に共通の話題。時間内に解き終えるノウハウなどは、けっこう役立つものが多いように思えます。

一方で、かなり広範囲に流布しているけれど、疑問を持たざるを得ないノウハウというのがあって、その筆頭がPart7の読解問題に関するもの。
これは以前読んだ参考書にも書いてありましたし、同様の記述のあるブログをたくさん見かけるのですが、ようは問題文を全部読んで理解するのは時間の無駄で、問題を読んでからどこに答えがあるのかを探せば早く解ける、というテクニック。
たしかに、これをやると全文を読むよりは早く問題を片付けることができます。その意味では、受験ノウハウとしては悪くないかもしれません。

でも、あなたはなぜTOEICを受けているのですか?
もし、会社や学校に求められて何が何でも一定以上のスコアを獲得せねばならないのなら、それはそれで良いかもしれません。あるいは単に履歴書を「TOEIC800点」という言葉で飾りたいのならば。
けれど、英語学習の到達度を測るために受験しているのなら、テクニックに頼って点を稼ぐのは本末転倒です。

TOEICの読解問題で出題されるのは、eメールや案内文、広告など(したがって、あの程度は「長文読解」ではない)。ここから正しくエッセンスを読み取れるかどうかが主に問われているところ。精読は必要ないにせよ、短時間でこうした英文を読んで内容を大きな誤解なく理解できる能力が必要です。
実際にこうした英文に触れるとき、そこには明確な「問題文」などはありません。TOEICでスコアを伸ばすためだけに問題文から本文に戻る読み方を繰り返していては、いつまでたってもまともなリーディング力は身につかないでしょう。
逆に、英文をきちんと読む訓練をしていれば、あの程度の英文を時間内に読み終えられないということは少ないと思います。学問に王道なしなどといいますが、ちょっと楽そうだからと藪に入り込んでも、意外にそこは回り道かもしれないのです。

問題文に対応する部分を、いち早く本文から見つけることも英語力のひとつだと強弁はできるかもしれません。
しかし、それが英語によるコミュニケーションにどう役立つのでしょうか? 先ず問題文ありきで答えを探すコミュニケーションってどんなの? 半ページの案内文だから良いけど、10ページの文章だったらそんな読み方は無理。
たかがTOEICで実力以上のスコアを獲得するためのテクニックなど、本来身につけたい英語でのコミュニケーション力とはほとんど関係がありません。

私の実感では、TOEICは実際の英語運用能力が低くても高いスコアを獲得できるタイプの試験です。新形式はまだ一度受けただけですが、その傾向はむしろ強まったように感じられます(たとえば、リーディングに偏った私のスコアは、おそらくかなり高めに出ているでしょう)。
そもそも受験者の中での相対評価をするだけの試験です。本来の英語運用力からは外れた受験テクニックで点数を稼いだからといって、何かの資格が手に入ったりするわけではありません。TOEIC800点、だけど「TIME」程度さえ読めない、なんてものすごく格好悪いと思うのですが、どんなもんでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/693

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年12月 6日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「指示を守れない受験者、要領を得ない主催者」です。

次のブログ記事は「「良書」に出会わないのは、あなたが探していないからかもしれない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja