地デジにかわったら、民放なんて全く見なくなった

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

私が視聴しているのは、居住する集合住宅にもともとひかれていたケーブルテレビ。
有料契約をしなくても、地上波についてはアンテナをつなぐだけで見られるようになっていました(当たり前ですけど)。もちろんケーブルも契約していたのですが、日によって差はあるものの、2時間くらいは地上波の民放をかけていたと思います。
この夏、このケーブルテレビサービスがデジタルに切り替わり、地上波も地上波デジタル放送になりました。で、それから約3ヶ月。起こったことは「民放の地デジは、ほとんど見なくなった」です。

理由はいくつかあります。
ひとつは、セットトップボックスの番組表機能。どういうわけだか、地デジについては意識的にアップデートをしないと番組表が空欄のままなのです。わざわざ番組表を呼び出してまで見たい番組があるわけでなし、何をやっているのかわからないなら最初から素通り、という視聴パターンが身についてしまいました。
ちょうど逆に、番組ガイドをいちいちめくらないと何が放映されているかわからなかったケーブル各局は、画面上の番組表が確実にアップデートされています。番組情報も簡単に呼び出せて先の予約も簡単。これはケーブルのチャンネルを見せようという、ケーブルテレビ会社の陰謀かもしれません。
もうひとつは、チャンネルが変わったこと。1チャンネルから12チャンネルまでの地上波の並びが染みついてしまっていたのですが、いまや日本テレビやフジテレビがどのチャンネルなのか、そもそもわかりません。

もとから私は民放のドラマはほとんど見ませんでした。バラエティ番組に至っては、10分もかかっていると頭が痛くなります(少数の例外はありますが)。
したがって、民放の地上は番組などなければないで全くかまわないのですね。なんとなくかけていただけ。番組表の使い勝手やチャンネル変更で不便になったら、途端に見なくなるのは必定でした。
一方で、ケーブル局には「ディスカバリーHD」や「アニマルプラネット」がありますし、音楽でも映画でも、専門のチャンネルでさまざまなものが楽しめます。これらの番組には、少なくとも無教養や粗野さを売り物にしたような馬鹿げた芸能人が出てきません。粗暴なごろつき一家の子育てを褒め称える番組やら、元ヤンキーが狭隘な視野で教育を語るさまや、インチキ占い師が他人を罵倒する姿を(もともと見ませんでしたが)見ないですむのは、精神衛生上とても良いものです。予告編だけでも不愉快でしたから。

私の世代には、すでにテレビは娯楽の中心にありました。たった6つか7つのチャンネルしか選択の幅がない頃には、その中から一番好みに合いそうなものを選ぶことしかできなかった。けれど、いまや100近いチャンネルからの選択が可能ですし、HDDレコーダーのおかげで、リモコン操作で気に入っている番組を呼び出して楽しむのも簡単です。
この先に、自分が見たいジャンルの、希望する番組をオンデマンドで呼び出して視聴できる環境がいつごろ整ってくるのかは、わかりません。YouTubeの人気ぶりからも、放送事業者の都合に合わせるのではなく、自分の都合でコンテンツを呼び出し視聴するのは当然のことになっていくでしょう。
もちろん、いまのようにCMと引き替えの無料放送ではなくなるかもしれません。けれどスポンサーの意向やテレビ局の視聴率稼ぎのために、毒にしかならないような番組が金太郎飴のように並ぶより、お金を払って必要な番組を視聴する方がずっとマシです。消費者金融の宣伝を毎日毎日見せられるくらいなら、千円でも2千円でも払った方がずっと良いとさえ思います。

確実にいえるのは、私自身についていえば、テレビでのCMはほとんど効力を失ったということです。1週間あたりのCM視聴時間は、きっと5分もないくらい。
理由はどうあれ、多くの人たちが地上波の民放放送から離れていくことは確実でしょう。誰もが同じようにテレビを見ていた従来のほうが不自然なのです。結果的に、民放の番組ももう少しまともなものが作られ始めるかもしれませんし、放送とDVDくらいしかないコンテンツの流通形態も多様化していくことも確実だと思います。それによって、バカ高いわりには効果の見えないテレビCMから、個々のコンテンツ、個々のメディアにあった広告展開が可能になるでしょう。
それは、きっといまよりもずっと自由度が高くて、視聴者だけでなく広告の発信側となる企業にとっても(ちゃんとターゲットを絞った広告が可能ですから)、有益な変化のように思われます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/698

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年12月10日 11:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「良書」に出会わないのは、あなたが探していないからかもしれない」です。

次のブログ記事は「やっぱりリーディングに偏っていた、127回TOEICのスコア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja