「良書」に出会わないのは、あなたが探していないからかもしれない

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

とある本のAmazonでの読者レビューに「久しぶりの超良書に出会え、HAPPYです」という一文を見かけました。
なかなか良書に出会えなくて、というのはそれほど珍しい悩みではないと思います。毎月発売される本はとんでもない数ですし、図書館や大型書店ではさらに何百倍、何千倍ものストックがあります。この中から、自分にとっての「良書」を見つけ出すのはとても困難。
しかも、自分にとっての「良書」は不変というわけではなく、そのときどきの気分や頭を占めている事柄などによっても変わってくるもの。どんなに素晴らしい本でも、タイミングを誤れば「良書」とはなりえません。

ただ、あえていわせていただくと、月に1,2冊程度の読書量のあなたは、「良書」に巡り会える可能性は限りなく低い、といえます。読まない月があるようなら、もう絶望的。
読書というのは、ある程度の量をこなさなければ(つまりある程度の無駄を許容できなければ)効果を高められないインプット手法です。年に10冊しか読まないのに、その全てがストライクゾーン、というのはまずありえません。10冊にひとつしかない「あたり」の確率を8冊にひとつ、5冊にひとつに上げていくことはできても、百発百中なんて期待してはダメでしょう。

もうひとつは、本ごときに「答え」を求めるなら、あなたが求めている「良書」など極めてまれにしか存在しません。
自分なりの悩みや問題を、どこかのエライ作家や先生がたちどころに解決してくれることを期待している人は、本ではなく占い師や霊能者のところへ行くべき(まあ、だまされるのがオチですけどね)。本から得られるのは思考や行動のヒントやきっかけではあっても、答えそのものではありません。
答えが書いてあったように感じたとしたら、それはすでにあなたの中に漠然と存在していた答えと近しいアイディアを、本の中に見つけたに過ぎないのではないでしょうか。「良書」にはタイミングがあると冒頭に書いたのは、この意味を含んでいます。
こうした偶然をもって「久しぶりの超良書」と喜ぶのであれば、それは久しぶりになって当たり前です。毎月20冊ずつ読んだって、きっと久しぶりになります。

毎月の新刊や、ベストセラーの中から本を探すこともまた、「良書」との出会いを妨げる要素です。
新刊だけをスキャンするのは一見効率が良さそうですが、一方で膨大なストックを見落とすことにもつながりますし、粗製濫造される新刊にはかなりのろくでもない本が混じっていることを考えると、決して効率も良くありません。
ベストセラーは多くの読者に指示されている本といえますから、一見「良書」が多いように感じられます。けれど、その本が売れているのは、単にプロモーションが上手だったからかもしれませんし、一過性の流行に乗っただけかもしれません。「みんな読んでいる=良い本である」ではないことは、よほど貧弱な読書体験しかお持ちでないかた以外は、容易に理解できると思います。

批判ばかりではいけませんので、私が「あたり」をつかむ確率を高めるためにしていることをいくつか。もちろん、魔法の杖などはなくて、ごく当たり前のことばかりですが。

●過去にあたりの多いシリーズや得意分野を記憶しておく
たとえば、中公新書なら歴史と地理条件に根ざした文化論、講談社現代新書なら歴史関連の軽い読み物、文春新書なら日本社会や組織の分析論、など、新刊ブームが衰えない新書の中でも出版社やシリーズ別に得意分野があります。あるいは読者である自分との相性といっても良いでしょう。
これを元に、全ての新刊や既刊ではなく、テーマに応じて店頭でのスキャン時に意識の濃淡を調整することである程度時間を節約できます。

●気になる程度なら寝かせる
ちょっと気になるけど、すぐにレジに持ち込むほどではない、という場合にはひと月ふた月寝かせます。場合によっては、気になった本の周辺テーマでもう少し別のを探してみて、テーマのおおまかな俯瞰図を理解したのちに再度検討します。
その過程で同テーマでもっと良い本が見つかることもありますし、同時に別の立場から書かれた本を読むこともあります。その結果、同じ本を読んでも理解度が深まったり、あまり著者の意見に引きずられずに特定の問題についての認識を高めることができます。

●もちろん著者による選別は重要
信頼できる書き手というのは、決して多くはありません。また、いかに優れた書き手でも何冊も同テーマで本を出せば、内容が薄まってしまったり、同じことが何度も使い回されたりといったことがおきます。
著者で選ぶということは、過去に読んだ本の内容から優れた書き手を選ぶことだけでなく、以前読んだ本とのテーマの重なり具合や出版点数の多寡などから、手にしている本のレベルを推し量ることでもあります。
また、文学作品と違って、新書やビジネス書の場合には同じ著者の本を読み続けることにはあまりメリットはありません。上述のように、結局は粗製濫造、同じことを別の表現で書いたり30ページの内容を300ページに引き延ばしたり、といったケースが散見されます。自ら採り入れる情報に多様性を持たせる意味からも、特定著者の集中読書はおすすめできません。

●意図して読むテーマとレベルを混在させる
たとえば財務知識を得たいからといって、一ヶ月間財務の解説書ばかり読んでいたのでは頭と心が悲鳴を上げます。また、多少物足りないからといって同じレベルの入門書を読み続けても、得るところは少ないでしょう。
同じ内容ばかりを詰め込むのではなく、財務の合間に戦略論や組織論をはさむとか、同時並行で軽い読み物を読むといった方法で、インプットにメリハリを付けることで吸収も良くなります。たくさん吸収できれば、「良書だった」と感じることも増えるでしょう。
また、入門書は一冊あれば十分(よほどひどいのにあたってしまったらもうひとつ、ということになりますが)。上にも書きましたが、そのテーマについてある程度の地図が頭の中にできあがったら、今度は多様性を求めるほうが良いと思います。財務知識の例でいえば、入門書の次は決算書分析、あるいは資金調達や事業計画など、関心の幅と深さを意図して広げていくことで理解はより深まります。仮に専門分野で理解しきれないことがあっても、気にせず一歩ずつでも進むのが良いと思います。

●いかにも初心者向けの本はパス
難しい事柄をわかりやすく書くのは大変です。けれど、世の中のほとんどの事柄については専門化よりも初心者のほうが圧倒的ですから、売れるのはどうしても入門的なもの。
良い入門書を書くのは大変なので、えてして「わかりやすそうな外見」を整えることが行われます。内容は適当に他の入門書をアレンジして、あとはキャッチーなタイトルと親しみやすい表紙、イラストなどでごまかすというわけ。こういったものが多いのも、私が入門書を早めに切り上げてしまう理由のひとつです。
そんなわけで、いかにも初心者向けにわかりやすく書かれていそうな本は、内容が全く伴っていないスカスカのものであったり、ちっともわかりやすくないものであったりします。わりと多くの人が、こうした粗悪な入門書を渡り歩くだけで疲れてしまっているように感じられます。

●感性の合う書評サイトを見つける
私の経験上、Amazonの読者レビューはあまりあてになりません。もちろん素晴らしいレビューも多いのですが、雑音も多くて見分けるのが大変です。おそらく10ページくらいしか読まずに、自分がわからなかったからといってムキになって否定しているようなひどいものも散見されます。
むしろ、過去に自分が面白いと思った本の傾向が共通している書評サイトを読んだほうが、現時点ではよほど参考になると感じられます。
ビッグネームですからみなさんご存じのサイトではありますが、「情報考学 Passion For The Future」などが有名ですね。ここで紹介される本は膨大なので、全ての関心が一致するわけではありませんが、大変参考になります。
また、"逆"参考というか、「この人がほめるのだから、自分には合わないだろうな」というのも時折あります。それはそれで、情報としては貴重なものです。

読んでいる最中や読了後に「これは良い本だな」と感じられるのはとてもうれしいですし、有意義に時間を過ごした充実感もあります。
とはいえ、そのためにはそれなりの準備とか普段の行動も必要で、黙って待っていても出会いは訪れません。出会いにはそれなりのプロセスがあるものです、などというと男女の仲のようですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/696

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年12月 9日 09:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TOEICのリーディングが読解じゃないなんて」です。

次のブログ記事は「地デジにかわったら、民放なんて全く見なくなった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja