指示を守れない受験者、要領を得ない主催者

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日受けたTOEIC試験会場で、気になったことがふたつあります。
ひとつは、試験の受験者の態度、そしてもうひとつは主催者側の事務能力というか、アルバイトへの指示の不徹底です。

受験者のほうは単純な話です。
今回から、試験前に受験票を回収する際、本人確認をしっかりとするために身分証明書を机におくよう、指示がありました。同時に、携帯電話の電源が切れていることの確認も行われます。
私が周囲の10名ほどを見渡した範囲では、少なくとも3名が身分証明書を出しておらず、1名は運転免許証を裏返しに(しかも受験のしおりなどとぐちゃぐちゃにしたまま)置いていました。

学生か社会人かわかりませんが、この程度の指示を指示どおりにできないというのは、もし仕事をする気ならば、早い段階である方面の能力については見限られる可能性が高いです。まだ間に合いますから気をつけた方が良いでしょう。
免許証裏返し君に至っては、その前に「受験票・解答用紙・筆記用具・時計を除いては全てしまうように」という指示さえ無視して「受験のしおり」などを最後まで出しっぱなしにしていたので、かなり重症。
仕事をする上で、やるべきことをきちんとやれない人物は、他にそこそこの能力があってもそれほど評価も感謝も信頼もされない、と思っておいたほうが良いです。
同時に、指示どおりに身分証明書を提示していないにもかかわらず、見て見ぬふりをして通り過ぎる試験官もいけません。仕事ならばちゃんとやるべき。

主催者側の問題は、試験終了時にはっきりしました。
TOEICでは試験問題を持ち帰ることが禁じられており、回収された解答用紙と問題がきちんとそろっているかを確認したのちに退場が許されます。
会場には100名近い受験者がいたのですが、試験官は予め列ごとに人数を数えてホワイトボードに記入していました。ここまではOK、あとは列ごとに回収して数が合っているかをチェックすれば良いわけです。

会場の机は、最前列が全て空いていました。単純に考えれば、列ごと(あるいは机のブロックごと)に回収した解答用紙と問題用紙を一度最前列に集め、数を数えてOKならば裏返す、といったチェックをすれば簡単に終わります。
ところが、3名いたアルバイト学生(とおぼしき若い女性達)は、好き勝手に回収を始めてしまい、回収後は教壇の上にどんどんと積み重ねていきます。一応は数えているようですが、ひとつのブロックではちゃんと回収せずに受験者から注意される始末。問題用紙と解答用紙は列やブロックをまたがってごっちゃにされてしまっているため、予め数えてあった人数はなんの役にも立ちません。
やむを得ず総数があっているかどうかのチェックに切り替えたものの、終わったのかどうかよくわからないままに「ちょっと時間がかかってしまっていますので、これで退場いただいてけっこうです」ということに。
あのー、そんなチェックなら、簡単に問題用紙を持ち出せますよ。

これ、どう考えても事前にアルバイト学生に回収の際の手順がまともには指示されていないことの表れです。とりあえず集めて数えろといわれれば、そのようにする人もいるでしょう。
大量のアルバイトを集めないと運営できないのなら、誰がやっても確実に数をチェックできるよう、手順を考えておくべき。本部がやってくれなければ試験官が工夫すべきです(試験官自身も大学職員等のお手伝いなんでしょうけどね)。
TOEICの主催団体は、ちょっと仕事の依頼の仕方を考えないと、高い受験料を取るわりには運営はお粗末、なんていう評判を立てられかねません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/690

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年12月 3日 19:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三脚を修理した話」です。

次のブログ記事は「TOEICのリーディングが読解じゃないなんて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja