三脚を修理した話

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

私の三脚は、ベルボン(株)の「カルマーニュ640E」というもの。
かれこれ6~7年前に購入したもので、私が荒っぽく使うのであちこちに擦れた疵はできているものの、がたつきもなくしっかりとカメラを支えてくれます。カーボン素材で軽いけれど、剛性が強くたわんだりせず、旅行の共として最適です。

で、この三脚がちょっと調子を崩しました。
少し前から、脚のうち一本の動きがゆるくなってしまい、持ち上げただけで開いていた足が閉じてしまうようになりました。ちょっと場所をずらしたいときにもいちいち脚が開ききっているか確認をせねばならず、かなり不便。
そして、三脚に付属の3ウェイ雲台(付属といってもかなりしっかりしたもの)の取っ手のゴムカバーが外れるようになり、さらには今回の旅行で脚の石附ゴムも外れてしまいました。

さすがに実用に差し支えるようになったので、修理に出すことに。
販売店は以前住んでいた街で、持ち込むのは非現実的だということでメーカーのベルボンのサポート窓口にメールで問い合わせをしてみました。状況を伝えると、数時間もしないうちに修理見積と期間が一週間程度であること、そして山梨県の事務所まで三脚を送ってほしい旨が書かれていました。

さっそく、といっても問い合わせたのはウィークデイだったので、週末の日曜日に三脚を梱包(引越時の梱包材の残りが役立ちました)して宅配便で送り、翌日の月曜日に送った旨をメールで連絡して待ちます。
いや、待つつもりだったのです。

なんと、三脚はあっさりと水曜日には手許に戻ってきました。
もちろん、しっかりと修理がなされています。いやもうびっくり。日曜日に送った三脚は月曜日に届いたでしょうから、その日のうちか、火曜日にはすぐに修理されて火曜日に発送という早業。
もちろん、修理といってもとても簡単なものだったのでしょうが、それでもこうも短期間で終わるとは思いませんでした。

写真器材は、カメラを時々サービスセンターに持ち込むニコンをはじめ、新しいボディに適合するための調整を無料でやってくれたシグマなど、カスタマーサポートがしっかりしている企業が多いように感じます。
もともと、プロカメラマン向けの待ったなしの対応力を持っているからかもしれませんが(まあプロならば代替機材を持っていそうですけど)、生活必需品ではないにもかかわらず、スピードが速く、しかも修理費が安いという印象。
ニコンについては、同じ旅行中にデジタルカメラの背面、コンパクトフラッシュカードを挿入する箇所のフタ部分からゴム製のカバーがはがれてしまい、この修理代が材料費プラス1000円でした。持ち込みなので作業も効率的にできるでしょうし、出張料などがかからないとはいえ、やはり安いと感じます。

件の三脚は、たしか8万円前後でしたし、カメラはD2Hですので40万円ほど。
高いといえば高い商品ですが、その背景にはこうしたしっかりとしたサポート体制があると思えば、むしろ安いのではないか、と思えます。内部的にはとてつもない企業努力があることでしょう(おそらくこうしたサポートは収支だけを見ればマイナスでしょうし)。
バブル崩壊後のデフレ進行により、価値のある商品でも安くなければ売れないかのような風潮があります。けれど、こうしたしっかりとした体制に裏付けられた信頼できる商品には、それなりの対価を支払っても良いですね。ニコン、シグマ、そしてベルボン、今後とも信頼して行ける会社だと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/688

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年12月 1日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オジサンTOEIC=会社の命令じゃ、ないんだぞ!」です。

次のブログ記事は「指示を守れない受験者、要領を得ない主催者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja