結局、iPodを新調

| コメント(2) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

iPodの診断サイトというのがある、というので見てみました。
 The iPod Death Clock
シリアルナンバーを入れたあとで使用状況に関する質問に答えると、いま使っているiPodがあとどのくらいの寿命化を教えてくれるサービス。
で、私の場合は「Sad iPod」が2回表示されていることもあって、診断結果は「Doomed!」でした。コメントは「It's not good. In fact, you're cheating death with every second. Take some time to reflect on the good times you and your friend have shared, because the end is near.」というもの。

たしかに、この一ヶ月ほどは「Sad iPod」こそ出ないものの、再生中に突然停止して一切の操作を受け付けなくなるという、たちの悪いトラブルを週に一度は繰り返していました(バッテリーが切れるまでじっと待つ以外に対処なし)。
通勤時の音楽に、そしてポッドキャストにと、いまやなくてはならない相棒です。iTunesで全てのデータを管理していることもあって、今さら他社のプレーヤに乗り換える積極的な理由もありません。
そんなわけで、日曜日にサンタさん(別名は愛妻)がやってきました。ホントは誕生日との合わせ技でニコンの18-200mmのレンズとか、あるいはShureのE500とか、考えていたんですけどね(特にE500、店頭の視聴では、いま使っているE3cがオモチャに聞こえるような音でしたから...)。

選んだのは、iPod 80GBのブラック。
薄くて小さくて振り回したって壊れそうもないnanoも魅力的だったのですが、いかんせん容量8GBでは手持ちの音楽が全部は入りません(現状で30GBぶんほど)。何も考えずにライブラリをまるごと持ち出せるのが私にとってのiPodなので、選択の余地はありませんでした。
これまで使ってきた4G(iPod photoの2代目、動画再生機能なし)に比べると、かなり薄くなっています。シリコンジャケットを装着しても、シャツの胸ポケットにスルリと入るのは大変便利。画面解像度が上がったのでフォントも見やすく、情報量も多いので曲の選択もより快適になっています。

動画再生に対応したので、さっそく野村総合研究所のポッドキャスト「NRI Podcast」にも登録しました。
やはりクオリティを維持して提供される動画を見ると感動がありますね。ディズニーのオフィシャルポッドキャストなどもiPodで見るとかなりの画質だというのを実感(PCで見ていると、まあ普通だね、と感じるのですが)。しばらくは関心ある分野でポッドキャストを探し回る日々になりそう。

こうなると、やはり映画まで売られている米国市場との落差を実感せずにはいられません。
前も書きましたけど、「プラネットアース」「地球大進化」などのコンテンツ、なんとか乗っかりませんかねえ。一話500円、DVD購入者割引250円とかで。
NHKの腰が重たいのなら、ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットでもOK。このところ、わが家のテレビ視聴時間シェアはディスカバリーとアニマルプラネットで50%以上、あとはディズニーチャンネル、NHK総合がそれぞれ20%、その他が10%くらいです。HDDレコーダで録画したものを簡単に持ち出せるのでも良いです(この点、ソニーがうまく連携できる商品を出していますが、PSPじゃなくてiPodが良いんです、残念ですが)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/709

コメント(2)

the iPod death clock によると、私の20G iPodは280日程の寿命のようです。
(バッテリーを交換しながら)大事に使えば5年も10年も持つと思っていたのですが、本体にも寿命があるのですね。意外と短いな。一日4時間も5時間も聴きたいのに、寿命を縮める事になってしまったらかわいそうです。

私の同僚は初代iPodをつい最近まで使っていましたから、一概に寿命の短いものではないようです。
とはいえ、ハードディスクを持ち歩いているわけで、突然壊れちゃうこともあるでしょうしね。さすがに「Sad iPod」が何度も出たのは、ずっと前に寿命を向かえていたということでしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年12月25日 21:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やっぱりリーディングに偏っていた、127回TOEICのスコア」です。

次のブログ記事は「TOEICリーディングには日本語の文書を読もう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja