やっぱりリーディングに偏っていた、127回TOEICのスコア

| コメント(2) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

本日(12月23日)、遊んで帰宅するとTOEIC事務局からのクリスマスプレゼントが届いていました。11月に受験した127回TOEICのスコアです。

結論からいうと、前回よりも30点増えて880点。これでTOEIC受験4回目、足かけ4年半でレベルAに到達しました。
とはいえ、TOEIC事務局のいう「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる」とはさすがにいえません。レベルCの「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションも出来る」あたりが実態じゃないかな、と思います。

過去の3回の受験では、リスニング・リーディングともにスコアは伸びてきたのですが、今回はリスニングのスコアが425から420へと、わずかではありますが落ち込みました。もともと765点だった2002年の段階でリスニングは410点あったので、ほとんど伸びていません。
かたや、リーディングは今回460。パーセンタイルでは99%となりました。初回が355でしたから、この間の115点分の伸びのうち、リーディングが105点を占めていることになります。

過去に何度か書いているとおり、私の英語力はリーディングに偏っています。
読むだけなら、おそらく相当面倒な文章でも大丈夫。Harvard Business Reviewよりも難解な英語にはなかなかお目にかかりません。映画でも、英語字幕があれば内容をほぼ100%理解する自信はあります。
一方で、リスニングのほうは全然で、英会話スクールでもリスニングのクラスではかなり苦戦しています。
目下の目標はとりあえず900を超えることですが、リスニングを伸ばさないことには難しいでしょう(リーディングでフルスコアを出して、ようやく915になるのですから)。

いろいろなブログを見ていると、リーディングよりもリスニングのスコアが高いかたのほうが多いようです。今回の平均スコアでも、リスニングは309.9に対してリーディングは260.0t、リスニング優位は明白。
というわけで、次の受験時に900を目指すにはリスニングの訓練が不可欠のようです。
まずは海外のドラマやドキュメンタリーを英語で聞くところから始めてみようかと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/707

コメント(2)

うらやましい~!
私は全くリーディングが駄目です。

今回 L 485 R 375

これでも、Rは今までの最高です。
Lはほぼ完全に聴き取れました。
適当にマークしたのは2箇所くらい。

パーセンタイルが99で460という事は、Rで得点を出す事はかなり難しいですね。

Rの方が力をつけるのが難しいんですよね。時間もかかるみたいですし。
Rでせめて405点行かないと、Lで満点取っても900には届きません。何かリーディングのアドバイスはありますでしょうか?
ちなみに今回は時間が足りて、(本人は)余裕だったのですが・・・。

はじめまして、ちょうど私と逆の状態ですね。
私のほうこそ、そのリスニングスコアがうらやましいです(笑) 各パートで「あれ、わかんないや」というのが二つはあり、しかも単純な引っかけ問題にもつまずいている感じです。
リーディングは私も10分余りました。

私はAEON5年目ですが、3年目からビジネス英語中心のクラスで1ページ分のリーディング課題があるテキストを使い続けたのが、訓練になりました。
少し自信がついたところで、関心ある分野(マーケティングとか、好きなミュージシャンの評伝とか)の英語の本を読み始めました。
今は雑誌(Harvard Business Review)やビジネス書のダイジェスト送付サービス(Soundview Executive Summaries)が中心です。

リーディングでスコアを引っ張るのはそろそろ難しそうなので、リスニングの訓練をしてから次回に臨もうと思ってます。
もともとAEONの教室でもリスニングは不得意なのですが、とにかくここまで来たら900点取っておきたいですしね。
何かいいリスニング勉強法はありますか?

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年12月24日 00:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地デジにかわったら、民放なんて全く見なくなった」です。

次のブログ記事は「結局、iPodを新調」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja