2006年12月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

TOEIC公開テストのスコアが以前受けたときよりもずいぶんと親切になっていて、リスニングとリーディングの両セクションについて、それぞれ4ないし5項目ずつの「Abilities Measured」が表示されています。
これで自分の得意分野と不得意分野がわかるというわけ。

リスニングのほうは、過去4年間にわたってスコアがほとんど伸びていない実態を反映して、いずれの項目でも80%台の正答率が並びます。Averageが62~79ですから、80台は悪くはないけどね、という程度。
個別に見ると、多少高いのは後半二つ、「短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる」と「長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる」で、もうすぐ90台。

一方で、上二つの項目、すなわち会話の中での情報をもとにした「要点、目的、基本的な文脈を推測できる」がダメ。つまり、「ストレートに聞き取れたことしか理解できていない」ということになるでしょうか。このあたりは、途中で内容を見失うことも多く、会話のテーマはわかるけど細部が聞き取れていないこととも関連していそうです。
いずれにせよリスニングは意識的に訓練したことがないので、そろそろ本腰を入れねばならないということでしょう。実際の会話でも、相手の話が聞き取れずにきょとんとしてしまうことが多いのです。

さて、本題はリーディング。
スコア的には全て90%以上、「文章の中の情報をもとに推測できる」「ひとつの文章の中でまたは複数の文章間でちりばめられた情報を関連付けることができる」は100%です。
ここで低いのは「語彙が理解できる」の90%。リスニングと並んで私の英語の弱点である語彙力の不足が、見事に指摘されています。なにせ、私の語彙不足はかなり深刻なもので、予備校の最初の単語力チェックテストで高校卒業者の最低水準にやっと引っかかった程度なのです(たしか、数百語とか千語とかいったレベル)。

このリーディングの結果を見て感じたのは、私の場合、リーディングでスコアが伸びてきたのは英語力だけのおかげではないということです。
もう少し肉付けしていうと、もともともっている日本語での読解力に、英語が追いついてきた(もちろんかなり差はありますが)、という状態なのではないかと。

私はちゃんと書かれた日本語であれば、文章を読んでいる途中で文意や筋立てを見失うことはほとんどありません。TOEICのリーディング問題が全て日本語で書かれていたら(ないですけど、TOJICなんていうテストだったら)、ほぼ全問正解できる自信があります。
この4年ほどで出題文、問題文共に日本語に近いレベルで理解できるようになったので、それほど迷うことなく正解にたどり着けるようになったのではないかと思います。事実、今回の試験でも、問題文に未知の単語がある場合以外は、ほとんど迷わずに回答することができました。

私のリーディングのスコア(今回は460でした)を支えているのは、どうやら英語力ではなくて国語の読解力です。
TOEICの問題で問われる推定や文脈理解は、決してとんでもなく難しいものではありません。たぶん、日本語ならかなり多くのかたがたが制限時間内に80%程度の正解を出せるものじゃないかと思います。
ある程度英文が読めるかたならば(つまり基礎的な文法や語彙が身についているなら)、英文読解というよりも文章の読解そのものの訓練をすることで、リーディングのスコアは飛躍的に伸びる可能性があるように思えます。

そこで、TOEICで700以上のトータルスコアをお持ちで、リーディングが300点台からなかなか向上しないかたにおすすめしたいのは、日常にあふれる「TOEIC出題文のような日本語」を短時間で読み、ポイントをしっかりと理解する訓練です。
会社で回ってくる通達や通信販売での出荷案内、取引先からの案内文など、この手の素材は身の回りにいくらでもあります(学生さんには難しいかもしれませんが)。これらを15秒とか30秒で確実に読み取り、重要なメッセージはどれかを的確につかめるようになれば、英文でも同様に早く正確な読解が可能になります。

短い文章を終えたら、次は1ページ2ページある文章で続けると良いでしょう。
大学受験の勉強法として、新聞の社説やコラムを要約する、なんていうのがありましたが、わざわざ要約して作文する必要はありません(続きませんから...)。とにかく短時間でポイントを見極めながら読むだけ。速読法なんかにも似たのがあるかもしれません。
文章を短時間で読み取るスキルは、英語を離れてもけっこう役立つものですし、20代30代の若いうちならば訓練でいくらでも伸ばせると思います。
もっとも、読解力よりも文法や語彙がネックとなっている場合には、別のアプローチが有効かもしれませんけどね。

結局、iPodを新調

| コメント(2) | トラックバック(0)

iPodの診断サイトというのがある、というので見てみました。
 The iPod Death Clock
シリアルナンバーを入れたあとで使用状況に関する質問に答えると、いま使っているiPodがあとどのくらいの寿命化を教えてくれるサービス。
で、私の場合は「Sad iPod」が2回表示されていることもあって、診断結果は「Doomed!」でした。コメントは「It's not good. In fact, you're cheating death with every second. Take some time to reflect on the good times you and your friend have shared, because the end is near.」というもの。

たしかに、この一ヶ月ほどは「Sad iPod」こそ出ないものの、再生中に突然停止して一切の操作を受け付けなくなるという、たちの悪いトラブルを週に一度は繰り返していました(バッテリーが切れるまでじっと待つ以外に対処なし)。
通勤時の音楽に、そしてポッドキャストにと、いまやなくてはならない相棒です。iTunesで全てのデータを管理していることもあって、今さら他社のプレーヤに乗り換える積極的な理由もありません。
そんなわけで、日曜日にサンタさん(別名は愛妻)がやってきました。ホントは誕生日との合わせ技でニコンの18-200mmのレンズとか、あるいはShureのE500とか、考えていたんですけどね(特にE500、店頭の視聴では、いま使っているE3cがオモチャに聞こえるような音でしたから...)。

選んだのは、iPod 80GBのブラック。
薄くて小さくて振り回したって壊れそうもないnanoも魅力的だったのですが、いかんせん容量8GBでは手持ちの音楽が全部は入りません(現状で30GBぶんほど)。何も考えずにライブラリをまるごと持ち出せるのが私にとってのiPodなので、選択の余地はありませんでした。
これまで使ってきた4G(iPod photoの2代目、動画再生機能なし)に比べると、かなり薄くなっています。シリコンジャケットを装着しても、シャツの胸ポケットにスルリと入るのは大変便利。画面解像度が上がったのでフォントも見やすく、情報量も多いので曲の選択もより快適になっています。

動画再生に対応したので、さっそく野村総合研究所のポッドキャスト「NRI Podcast」にも登録しました。
やはりクオリティを維持して提供される動画を見ると感動がありますね。ディズニーのオフィシャルポッドキャストなどもiPodで見るとかなりの画質だというのを実感(PCで見ていると、まあ普通だね、と感じるのですが)。しばらくは関心ある分野でポッドキャストを探し回る日々になりそう。

こうなると、やはり映画まで売られている米国市場との落差を実感せずにはいられません。
前も書きましたけど、「プラネットアース」「地球大進化」などのコンテンツ、なんとか乗っかりませんかねえ。一話500円、DVD購入者割引250円とかで。
NHKの腰が重たいのなら、ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットでもOK。このところ、わが家のテレビ視聴時間シェアはディスカバリーとアニマルプラネットで50%以上、あとはディズニーチャンネル、NHK総合がそれぞれ20%、その他が10%くらいです。HDDレコーダで録画したものを簡単に持ち出せるのでも良いです(この点、ソニーがうまく連携できる商品を出していますが、PSPじゃなくてiPodが良いんです、残念ですが)。

本日(12月23日)、遊んで帰宅するとTOEIC事務局からのクリスマスプレゼントが届いていました。11月に受験した127回TOEICのスコアです。

結論からいうと、前回よりも30点増えて880点。これでTOEIC受験4回目、足かけ4年半でレベルAに到達しました。
とはいえ、TOEIC事務局のいう「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる」とはさすがにいえません。レベルCの「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションも出来る」あたりが実態じゃないかな、と思います。

過去の3回の受験では、リスニング・リーディングともにスコアは伸びてきたのですが、今回はリスニングのスコアが425から420へと、わずかではありますが落ち込みました。もともと765点だった2002年の段階でリスニングは410点あったので、ほとんど伸びていません。
かたや、リーディングは今回460。パーセンタイルでは99%となりました。初回が355でしたから、この間の115点分の伸びのうち、リーディングが105点を占めていることになります。

過去に何度か書いているとおり、私の英語力はリーディングに偏っています。
読むだけなら、おそらく相当面倒な文章でも大丈夫。Harvard Business Reviewよりも難解な英語にはなかなかお目にかかりません。映画でも、英語字幕があれば内容をほぼ100%理解する自信はあります。
一方で、リスニングのほうは全然で、英会話スクールでもリスニングのクラスではかなり苦戦しています。
目下の目標はとりあえず900を超えることですが、リスニングを伸ばさないことには難しいでしょう(リーディングでフルスコアを出して、ようやく915になるのですから)。

いろいろなブログを見ていると、リーディングよりもリスニングのスコアが高いかたのほうが多いようです。今回の平均スコアでも、リスニングは309.9に対してリーディングは260.0t、リスニング優位は明白。
というわけで、次の受験時に900を目指すにはリスニングの訓練が不可欠のようです。
まずは海外のドラマやドキュメンタリーを英語で聞くところから始めてみようかと思います。

私が視聴しているのは、居住する集合住宅にもともとひかれていたケーブルテレビ。
有料契約をしなくても、地上波についてはアンテナをつなぐだけで見られるようになっていました(当たり前ですけど)。もちろんケーブルも契約していたのですが、日によって差はあるものの、2時間くらいは地上波の民放をかけていたと思います。
この夏、このケーブルテレビサービスがデジタルに切り替わり、地上波も地上波デジタル放送になりました。で、それから約3ヶ月。起こったことは「民放の地デジは、ほとんど見なくなった」です。

理由はいくつかあります。
ひとつは、セットトップボックスの番組表機能。どういうわけだか、地デジについては意識的にアップデートをしないと番組表が空欄のままなのです。わざわざ番組表を呼び出してまで見たい番組があるわけでなし、何をやっているのかわからないなら最初から素通り、という視聴パターンが身についてしまいました。
ちょうど逆に、番組ガイドをいちいちめくらないと何が放映されているかわからなかったケーブル各局は、画面上の番組表が確実にアップデートされています。番組情報も簡単に呼び出せて先の予約も簡単。これはケーブルのチャンネルを見せようという、ケーブルテレビ会社の陰謀かもしれません。
もうひとつは、チャンネルが変わったこと。1チャンネルから12チャンネルまでの地上波の並びが染みついてしまっていたのですが、いまや日本テレビやフジテレビがどのチャンネルなのか、そもそもわかりません。

もとから私は民放のドラマはほとんど見ませんでした。バラエティ番組に至っては、10分もかかっていると頭が痛くなります(少数の例外はありますが)。
したがって、民放の地上は番組などなければないで全くかまわないのですね。なんとなくかけていただけ。番組表の使い勝手やチャンネル変更で不便になったら、途端に見なくなるのは必定でした。
一方で、ケーブル局には「ディスカバリーHD」や「アニマルプラネット」がありますし、音楽でも映画でも、専門のチャンネルでさまざまなものが楽しめます。これらの番組には、少なくとも無教養や粗野さを売り物にしたような馬鹿げた芸能人が出てきません。粗暴なごろつき一家の子育てを褒め称える番組やら、元ヤンキーが狭隘な視野で教育を語るさまや、インチキ占い師が他人を罵倒する姿を(もともと見ませんでしたが)見ないですむのは、精神衛生上とても良いものです。予告編だけでも不愉快でしたから。

私の世代には、すでにテレビは娯楽の中心にありました。たった6つか7つのチャンネルしか選択の幅がない頃には、その中から一番好みに合いそうなものを選ぶことしかできなかった。けれど、いまや100近いチャンネルからの選択が可能ですし、HDDレコーダーのおかげで、リモコン操作で気に入っている番組を呼び出して楽しむのも簡単です。
この先に、自分が見たいジャンルの、希望する番組をオンデマンドで呼び出して視聴できる環境がいつごろ整ってくるのかは、わかりません。YouTubeの人気ぶりからも、放送事業者の都合に合わせるのではなく、自分の都合でコンテンツを呼び出し視聴するのは当然のことになっていくでしょう。
もちろん、いまのようにCMと引き替えの無料放送ではなくなるかもしれません。けれどスポンサーの意向やテレビ局の視聴率稼ぎのために、毒にしかならないような番組が金太郎飴のように並ぶより、お金を払って必要な番組を視聴する方がずっとマシです。消費者金融の宣伝を毎日毎日見せられるくらいなら、千円でも2千円でも払った方がずっと良いとさえ思います。

確実にいえるのは、私自身についていえば、テレビでのCMはほとんど効力を失ったということです。1週間あたりのCM視聴時間は、きっと5分もないくらい。
理由はどうあれ、多くの人たちが地上波の民放放送から離れていくことは確実でしょう。誰もが同じようにテレビを見ていた従来のほうが不自然なのです。結果的に、民放の番組ももう少しまともなものが作られ始めるかもしれませんし、放送とDVDくらいしかないコンテンツの流通形態も多様化していくことも確実だと思います。それによって、バカ高いわりには効果の見えないテレビCMから、個々のコンテンツ、個々のメディアにあった広告展開が可能になるでしょう。
それは、きっといまよりもずっと自由度が高くて、視聴者だけでなく広告の発信側となる企業にとっても(ちゃんとターゲットを絞った広告が可能ですから)、有益な変化のように思われます。

とある本のAmazonでの読者レビューに「久しぶりの超良書に出会え、HAPPYです」という一文を見かけました。
なかなか良書に出会えなくて、というのはそれほど珍しい悩みではないと思います。毎月発売される本はとんでもない数ですし、図書館や大型書店ではさらに何百倍、何千倍ものストックがあります。この中から、自分にとっての「良書」を見つけ出すのはとても困難。
しかも、自分にとっての「良書」は不変というわけではなく、そのときどきの気分や頭を占めている事柄などによっても変わってくるもの。どんなに素晴らしい本でも、タイミングを誤れば「良書」とはなりえません。

ただ、あえていわせていただくと、月に1,2冊程度の読書量のあなたは、「良書」に巡り会える可能性は限りなく低い、といえます。読まない月があるようなら、もう絶望的。
読書というのは、ある程度の量をこなさなければ(つまりある程度の無駄を許容できなければ)効果を高められないインプット手法です。年に10冊しか読まないのに、その全てがストライクゾーン、というのはまずありえません。10冊にひとつしかない「あたり」の確率を8冊にひとつ、5冊にひとつに上げていくことはできても、百発百中なんて期待してはダメでしょう。

もうひとつは、本ごときに「答え」を求めるなら、あなたが求めている「良書」など極めてまれにしか存在しません。
自分なりの悩みや問題を、どこかのエライ作家や先生がたちどころに解決してくれることを期待している人は、本ではなく占い師や霊能者のところへ行くべき(まあ、だまされるのがオチですけどね)。本から得られるのは思考や行動のヒントやきっかけではあっても、答えそのものではありません。
答えが書いてあったように感じたとしたら、それはすでにあなたの中に漠然と存在していた答えと近しいアイディアを、本の中に見つけたに過ぎないのではないでしょうか。「良書」にはタイミングがあると冒頭に書いたのは、この意味を含んでいます。
こうした偶然をもって「久しぶりの超良書」と喜ぶのであれば、それは久しぶりになって当たり前です。毎月20冊ずつ読んだって、きっと久しぶりになります。

毎月の新刊や、ベストセラーの中から本を探すこともまた、「良書」との出会いを妨げる要素です。
新刊だけをスキャンするのは一見効率が良さそうですが、一方で膨大なストックを見落とすことにもつながりますし、粗製濫造される新刊にはかなりのろくでもない本が混じっていることを考えると、決して効率も良くありません。
ベストセラーは多くの読者に指示されている本といえますから、一見「良書」が多いように感じられます。けれど、その本が売れているのは、単にプロモーションが上手だったからかもしれませんし、一過性の流行に乗っただけかもしれません。「みんな読んでいる=良い本である」ではないことは、よほど貧弱な読書体験しかお持ちでないかた以外は、容易に理解できると思います。

批判ばかりではいけませんので、私が「あたり」をつかむ確率を高めるためにしていることをいくつか。もちろん、魔法の杖などはなくて、ごく当たり前のことばかりですが。

●過去にあたりの多いシリーズや得意分野を記憶しておく
たとえば、中公新書なら歴史と地理条件に根ざした文化論、講談社現代新書なら歴史関連の軽い読み物、文春新書なら日本社会や組織の分析論、など、新刊ブームが衰えない新書の中でも出版社やシリーズ別に得意分野があります。あるいは読者である自分との相性といっても良いでしょう。
これを元に、全ての新刊や既刊ではなく、テーマに応じて店頭でのスキャン時に意識の濃淡を調整することである程度時間を節約できます。

●気になる程度なら寝かせる
ちょっと気になるけど、すぐにレジに持ち込むほどではない、という場合にはひと月ふた月寝かせます。場合によっては、気になった本の周辺テーマでもう少し別のを探してみて、テーマのおおまかな俯瞰図を理解したのちに再度検討します。
その過程で同テーマでもっと良い本が見つかることもありますし、同時に別の立場から書かれた本を読むこともあります。その結果、同じ本を読んでも理解度が深まったり、あまり著者の意見に引きずられずに特定の問題についての認識を高めることができます。

●もちろん著者による選別は重要
信頼できる書き手というのは、決して多くはありません。また、いかに優れた書き手でも何冊も同テーマで本を出せば、内容が薄まってしまったり、同じことが何度も使い回されたりといったことがおきます。
著者で選ぶということは、過去に読んだ本の内容から優れた書き手を選ぶことだけでなく、以前読んだ本とのテーマの重なり具合や出版点数の多寡などから、手にしている本のレベルを推し量ることでもあります。
また、文学作品と違って、新書やビジネス書の場合には同じ著者の本を読み続けることにはあまりメリットはありません。上述のように、結局は粗製濫造、同じことを別の表現で書いたり30ページの内容を300ページに引き延ばしたり、といったケースが散見されます。自ら採り入れる情報に多様性を持たせる意味からも、特定著者の集中読書はおすすめできません。

●意図して読むテーマとレベルを混在させる
たとえば財務知識を得たいからといって、一ヶ月間財務の解説書ばかり読んでいたのでは頭と心が悲鳴を上げます。また、多少物足りないからといって同じレベルの入門書を読み続けても、得るところは少ないでしょう。
同じ内容ばかりを詰め込むのではなく、財務の合間に戦略論や組織論をはさむとか、同時並行で軽い読み物を読むといった方法で、インプットにメリハリを付けることで吸収も良くなります。たくさん吸収できれば、「良書だった」と感じることも増えるでしょう。
また、入門書は一冊あれば十分(よほどひどいのにあたってしまったらもうひとつ、ということになりますが)。上にも書きましたが、そのテーマについてある程度の地図が頭の中にできあがったら、今度は多様性を求めるほうが良いと思います。財務知識の例でいえば、入門書の次は決算書分析、あるいは資金調達や事業計画など、関心の幅と深さを意図して広げていくことで理解はより深まります。仮に専門分野で理解しきれないことがあっても、気にせず一歩ずつでも進むのが良いと思います。

●いかにも初心者向けの本はパス
難しい事柄をわかりやすく書くのは大変です。けれど、世の中のほとんどの事柄については専門化よりも初心者のほうが圧倒的ですから、売れるのはどうしても入門的なもの。
良い入門書を書くのは大変なので、えてして「わかりやすそうな外見」を整えることが行われます。内容は適当に他の入門書をアレンジして、あとはキャッチーなタイトルと親しみやすい表紙、イラストなどでごまかすというわけ。こういったものが多いのも、私が入門書を早めに切り上げてしまう理由のひとつです。
そんなわけで、いかにも初心者向けにわかりやすく書かれていそうな本は、内容が全く伴っていないスカスカのものであったり、ちっともわかりやすくないものであったりします。わりと多くの人が、こうした粗悪な入門書を渡り歩くだけで疲れてしまっているように感じられます。

●感性の合う書評サイトを見つける
私の経験上、Amazonの読者レビューはあまりあてになりません。もちろん素晴らしいレビューも多いのですが、雑音も多くて見分けるのが大変です。おそらく10ページくらいしか読まずに、自分がわからなかったからといってムキになって否定しているようなひどいものも散見されます。
むしろ、過去に自分が面白いと思った本の傾向が共通している書評サイトを読んだほうが、現時点ではよほど参考になると感じられます。
ビッグネームですからみなさんご存じのサイトではありますが、「情報考学 Passion For The Future」などが有名ですね。ここで紹介される本は膨大なので、全ての関心が一致するわけではありませんが、大変参考になります。
また、"逆"参考というか、「この人がほめるのだから、自分には合わないだろうな」というのも時折あります。それはそれで、情報としては貴重なものです。

読んでいる最中や読了後に「これは良い本だな」と感じられるのはとてもうれしいですし、有意義に時間を過ごした充実感もあります。
とはいえ、そのためにはそれなりの準備とか普段の行動も必要で、黙って待っていても出会いは訪れません。出会いにはそれなりのプロセスがあるものです、などというと男女の仲のようですね。

英語学習について書かれたブログはたくさんあって、面白いものや参考になるものがたくさんあります。
読んでいると、学習法というのは実に人それぞれなのだなと感心しますし、毎日こつこつと学習を続けている人が多いのには頭が下がる思い(私はどちらかというと、波が激しいほうなので)。
特にTOEICの受験対策や感想などは、ほとんどの英語学習ブログ(と、便宜的に呼んでおきます)に共通の話題。時間内に解き終えるノウハウなどは、けっこう役立つものが多いように思えます。

一方で、かなり広範囲に流布しているけれど、疑問を持たざるを得ないノウハウというのがあって、その筆頭がPart7の読解問題に関するもの。
これは以前読んだ参考書にも書いてありましたし、同様の記述のあるブログをたくさん見かけるのですが、ようは問題文を全部読んで理解するのは時間の無駄で、問題を読んでからどこに答えがあるのかを探せば早く解ける、というテクニック。
たしかに、これをやると全文を読むよりは早く問題を片付けることができます。その意味では、受験ノウハウとしては悪くないかもしれません。

でも、あなたはなぜTOEICを受けているのですか?
もし、会社や学校に求められて何が何でも一定以上のスコアを獲得せねばならないのなら、それはそれで良いかもしれません。あるいは単に履歴書を「TOEIC800点」という言葉で飾りたいのならば。
けれど、英語学習の到達度を測るために受験しているのなら、テクニックに頼って点を稼ぐのは本末転倒です。

TOEICの読解問題で出題されるのは、eメールや案内文、広告など(したがって、あの程度は「長文読解」ではない)。ここから正しくエッセンスを読み取れるかどうかが主に問われているところ。精読は必要ないにせよ、短時間でこうした英文を読んで内容を大きな誤解なく理解できる能力が必要です。
実際にこうした英文に触れるとき、そこには明確な「問題文」などはありません。TOEICでスコアを伸ばすためだけに問題文から本文に戻る読み方を繰り返していては、いつまでたってもまともなリーディング力は身につかないでしょう。
逆に、英文をきちんと読む訓練をしていれば、あの程度の英文を時間内に読み終えられないということは少ないと思います。学問に王道なしなどといいますが、ちょっと楽そうだからと藪に入り込んでも、意外にそこは回り道かもしれないのです。

問題文に対応する部分を、いち早く本文から見つけることも英語力のひとつだと強弁はできるかもしれません。
しかし、それが英語によるコミュニケーションにどう役立つのでしょうか? 先ず問題文ありきで答えを探すコミュニケーションってどんなの? 半ページの案内文だから良いけど、10ページの文章だったらそんな読み方は無理。
たかがTOEICで実力以上のスコアを獲得するためのテクニックなど、本来身につけたい英語でのコミュニケーション力とはほとんど関係がありません。

私の実感では、TOEICは実際の英語運用能力が低くても高いスコアを獲得できるタイプの試験です。新形式はまだ一度受けただけですが、その傾向はむしろ強まったように感じられます(たとえば、リーディングに偏った私のスコアは、おそらくかなり高めに出ているでしょう)。
そもそも受験者の中での相対評価をするだけの試験です。本来の英語運用力からは外れた受験テクニックで点数を稼いだからといって、何かの資格が手に入ったりするわけではありません。TOEIC800点、だけど「TIME」程度さえ読めない、なんてものすごく格好悪いと思うのですが、どんなもんでしょうか。

先日受けたTOEIC試験会場で、気になったことがふたつあります。
ひとつは、試験の受験者の態度、そしてもうひとつは主催者側の事務能力というか、アルバイトへの指示の不徹底です。

受験者のほうは単純な話です。
今回から、試験前に受験票を回収する際、本人確認をしっかりとするために身分証明書を机におくよう、指示がありました。同時に、携帯電話の電源が切れていることの確認も行われます。
私が周囲の10名ほどを見渡した範囲では、少なくとも3名が身分証明書を出しておらず、1名は運転免許証を裏返しに(しかも受験のしおりなどとぐちゃぐちゃにしたまま)置いていました。

学生か社会人かわかりませんが、この程度の指示を指示どおりにできないというのは、もし仕事をする気ならば、早い段階である方面の能力については見限られる可能性が高いです。まだ間に合いますから気をつけた方が良いでしょう。
免許証裏返し君に至っては、その前に「受験票・解答用紙・筆記用具・時計を除いては全てしまうように」という指示さえ無視して「受験のしおり」などを最後まで出しっぱなしにしていたので、かなり重症。
仕事をする上で、やるべきことをきちんとやれない人物は、他にそこそこの能力があってもそれほど評価も感謝も信頼もされない、と思っておいたほうが良いです。
同時に、指示どおりに身分証明書を提示していないにもかかわらず、見て見ぬふりをして通り過ぎる試験官もいけません。仕事ならばちゃんとやるべき。

主催者側の問題は、試験終了時にはっきりしました。
TOEICでは試験問題を持ち帰ることが禁じられており、回収された解答用紙と問題がきちんとそろっているかを確認したのちに退場が許されます。
会場には100名近い受験者がいたのですが、試験官は予め列ごとに人数を数えてホワイトボードに記入していました。ここまではOK、あとは列ごとに回収して数が合っているかをチェックすれば良いわけです。

会場の机は、最前列が全て空いていました。単純に考えれば、列ごと(あるいは机のブロックごと)に回収した解答用紙と問題用紙を一度最前列に集め、数を数えてOKならば裏返す、といったチェックをすれば簡単に終わります。
ところが、3名いたアルバイト学生(とおぼしき若い女性達)は、好き勝手に回収を始めてしまい、回収後は教壇の上にどんどんと積み重ねていきます。一応は数えているようですが、ひとつのブロックではちゃんと回収せずに受験者から注意される始末。問題用紙と解答用紙は列やブロックをまたがってごっちゃにされてしまっているため、予め数えてあった人数はなんの役にも立ちません。
やむを得ず総数があっているかどうかのチェックに切り替えたものの、終わったのかどうかよくわからないままに「ちょっと時間がかかってしまっていますので、これで退場いただいてけっこうです」ということに。
あのー、そんなチェックなら、簡単に問題用紙を持ち出せますよ。

これ、どう考えても事前にアルバイト学生に回収の際の手順がまともには指示されていないことの表れです。とりあえず集めて数えろといわれれば、そのようにする人もいるでしょう。
大量のアルバイトを集めないと運営できないのなら、誰がやっても確実に数をチェックできるよう、手順を考えておくべき。本部がやってくれなければ試験官が工夫すべきです(試験官自身も大学職員等のお手伝いなんでしょうけどね)。
TOEICの主催団体は、ちょっと仕事の依頼の仕方を考えないと、高い受験料を取るわりには運営はお粗末、なんていう評判を立てられかねません。

私の三脚は、ベルボン(株)の「カルマーニュ640E」というもの。
かれこれ6~7年前に購入したもので、私が荒っぽく使うのであちこちに擦れた疵はできているものの、がたつきもなくしっかりとカメラを支えてくれます。カーボン素材で軽いけれど、剛性が強くたわんだりせず、旅行の共として最適です。

で、この三脚がちょっと調子を崩しました。
少し前から、脚のうち一本の動きがゆるくなってしまい、持ち上げただけで開いていた足が閉じてしまうようになりました。ちょっと場所をずらしたいときにもいちいち脚が開ききっているか確認をせねばならず、かなり不便。
そして、三脚に付属の3ウェイ雲台(付属といってもかなりしっかりしたもの)の取っ手のゴムカバーが外れるようになり、さらには今回の旅行で脚の石附ゴムも外れてしまいました。

さすがに実用に差し支えるようになったので、修理に出すことに。
販売店は以前住んでいた街で、持ち込むのは非現実的だということでメーカーのベルボンのサポート窓口にメールで問い合わせをしてみました。状況を伝えると、数時間もしないうちに修理見積と期間が一週間程度であること、そして山梨県の事務所まで三脚を送ってほしい旨が書かれていました。

さっそく、といっても問い合わせたのはウィークデイだったので、週末の日曜日に三脚を梱包(引越時の梱包材の残りが役立ちました)して宅配便で送り、翌日の月曜日に送った旨をメールで連絡して待ちます。
いや、待つつもりだったのです。

なんと、三脚はあっさりと水曜日には手許に戻ってきました。
もちろん、しっかりと修理がなされています。いやもうびっくり。日曜日に送った三脚は月曜日に届いたでしょうから、その日のうちか、火曜日にはすぐに修理されて火曜日に発送という早業。
もちろん、修理といってもとても簡単なものだったのでしょうが、それでもこうも短期間で終わるとは思いませんでした。

写真器材は、カメラを時々サービスセンターに持ち込むニコンをはじめ、新しいボディに適合するための調整を無料でやってくれたシグマなど、カスタマーサポートがしっかりしている企業が多いように感じます。
もともと、プロカメラマン向けの待ったなしの対応力を持っているからかもしれませんが(まあプロならば代替機材を持っていそうですけど)、生活必需品ではないにもかかわらず、スピードが速く、しかも修理費が安いという印象。
ニコンについては、同じ旅行中にデジタルカメラの背面、コンパクトフラッシュカードを挿入する箇所のフタ部分からゴム製のカバーがはがれてしまい、この修理代が材料費プラス1000円でした。持ち込みなので作業も効率的にできるでしょうし、出張料などがかからないとはいえ、やはり安いと感じます。

件の三脚は、たしか8万円前後でしたし、カメラはD2Hですので40万円ほど。
高いといえば高い商品ですが、その背景にはこうしたしっかりとしたサポート体制があると思えば、むしろ安いのではないか、と思えます。内部的にはとてつもない企業努力があることでしょう(おそらくこうしたサポートは収支だけを見ればマイナスでしょうし)。
バブル崩壊後のデフレ進行により、価値のある商品でも安くなければ売れないかのような風潮があります。けれど、こうしたしっかりとした体制に裏付けられた信頼できる商品には、それなりの対価を支払っても良いですね。ニコン、シグマ、そしてベルボン、今後とも信頼して行ける会社だと思います。

このアーカイブについて

このページには、2006年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年11月です。

次のアーカイブは2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja