エプソンP-5000を動画ビューワとして使う

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

買ったは良いが、まだフォトストレージとして試す機会がないもので、PCにあった動画ファイルを「携帯動画変換君」のPSP用設定でエンコードし直し、鑑賞しているのです。
320×240ピクセルのQVGAサイズなので、P-5000の4インチ液晶だとどうしてもアラは見えちゃいます。それでも、新幹線の座席に座って膝の上に保持した状態で見るぶんには気になりません。これがW-ZERO3[es]だと顔から20cmくらいの位置で持っていなければならないのですが、膝の上で支えるだけなら腕の力も要らずに楽です。

ビットレートを低めにしているので、45分のドラマが102MB内外とコンパクト。10本入れても1GBですので移動中の暇つぶしにはちょうど良いんじゃないでしょうか。
近々飛行機で太平洋を横断するのですが、5~6時間分のコンテンツを放り込んでおけば映画がつまらなくても退屈せずにすみそうです。
気になるのはバッテリーでの駆動時間ですが、出張の往路に45分番組を見てから写真のスライドショーを15分ほど再生、帰路で1時間半ほど動画再生をしたところで半分の表示が出ました。この使い方で4~5時間は行けるということでしょうか。予備のバッテリが一本あると安心なのはたしかです(普段使うにも、継ぎ足し充電を避けるには2本で使い回すのが良いですし)。

液晶は最大輝度にしなくても十分な明るさがあって、サイズが大きいこともあり目の疲れも少ないように思います。少なくとも、W-ZERO3[es]とはかなりの差があります。
後者の緻密な液晶もとてもきれいではあるのですが、さすがに長時間の使用は肩も凝りますし目にも辛い感じ。30分内外ならばともかく、映画を見ようといったことならP-5000に明らかに分があります。それに、W-ZERO3[es]は電話機なので、W-SIMを抜いて電話機能を止めるにしても、飛行機の中で使うのはちょっと気がひけますしね。

音楽再生機能ですが、うれしいのはAACにも対応していることです。
iTunesをデフォルト設定で使っていたので、手持ちの音楽ファイルのほとんどはMP3ではなくAACなので、いちいちエンコードしなおさなくてもデータをコピーするだけでOKなのは便利。とはいえ、iPodが壊れたとか、出先でバッテリー切れといったことでもなければ音楽再生だけのためにP-5000を持ち歩くことはないと思いますが。
前機種であるP-4500について、音質がいい、という評価を見かけたのですが、128kbpsのAACで聞き比べたところでは、iPodとそれほど差があるようには感じませんでした。

69,800円の価格は、もちろんただの動画ビューワ、iPodの代替品ならばべらぼうに高価ですが、もともとはフォトストレージのおまけのようなもの。
気に入った写真を相当枚数持ち歩けるのは(iPod photoと用途は重なりますが)大容量ハードディスクならではですし、液晶画面が大きいのでテレビにつながなくても少人数なら鑑賞できます。欲張れば通信機能を付けて写真共有サービスに直接つながったり、ブログを更新できたり...なんていう妄想は広がりますが、それはPCでいいかなあ。
肝心の写真バックアップ機能の評価はまだこれからなんですが、おまけ機能だけでもかなり楽しめます。思いきって買って正解でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/652

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年11月 1日 21:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Sad iPod + 復活 = P-5000 !?」です。

次のブログ記事は「「受験地獄」なんて一部の話じゃないのか、という違和感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja