2006年11月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

11月26日に第127回のTOEICを受験してきたのですが、すでに書いたとおり時間が10分以上余り、「問題が簡単になったんじゃないか」と思ったほど。
さっそく今回のTOEICを受験したかたがたのブログをちょっと回ってみましたが、やはり「初めて時間が余った」といった声がけっこう多い様子。特にリーディングセクションでの難易度が少々低めだったということでしょうか。
少なくとも、時間が余ったからといって「ふっふっふ、英語力は確実にアップしていたのじゃ」などと満足感に浸っていて良いわけじゃ、ないようですね。

で、本題なのですが、受験者のブログを見て回ったときに、数名のかたが書いていたのが「40過ぎのオジサンがいて場違いだった、会社の命令で受けてるんだろうけど大変」といったお言葉。
ああ、オレも周囲の若者にそう思われたんだろうなあ、などと思ったんですけどね。それって大きな間違いですから。

なぜオジサンがTOEICを受験すると、「会社の命令で」「昇格試験のためにやむを得ず」になっちゃうんでしょうか。
学生諸君は全員が就職のためのTOEIC受験ですか? 多いかもしれないけど、それだけじゃないでしょ。20代の諸君は全員が転職キャリアアップの準備ですか? それも全員じゃないはず。
オジサンTOEICだって、必ずしも会社の命令で仕方なく、じゃないのです。単純に英語が好きだったり、旅行や趣味のためだったり。TOEICは受験者が多いので情報や参考書も豊富だから選んだだけかもしれませんよね。

かくいう私も、会社は無関係。たしかに私の勤務先でもTOEIC受験がある段階の昇格試験で必須条件になっていますが、もうそこはだいぶ前に突破しちゃってますし。仕事で英語を使う機会もほとんどありません。
私が英語の勉強をしてるのは、ひとつは海外旅行の際にコミュニケーションで困らないように、ふたつめはHarvard Business Reviewなどの海外の経営学・マーケティング情報に触れられるように、これだけ。お仕事も会社も関係なし。

経営とかマーケティングとか、それって仕事じゃん、と思われるかもしれませんね。
でもこれ、趣味なんです。私は大学で経営管理論のゼミにいました。組織論やマーケティングなどの論文を読むのは、仕事を始める前からの趣味で、おそらく仕事を引退してからだって読むでしょう。歴史や社会問題に関する本、あるいは小説を読むのと、私の中ではあまり変わりません。
たまたま仕事に役立てることがあったとしても、それはホントにたまたま。だいたい、仕事のためにそんなに苦労して英語の文献を、しかも休日に読みますか?

オジサン達が若者を十把一絡げにして評価したがるのと同様に、若い人たちにとってもオジサンはおおざっぱなまとまりとしてのオジサンなんですよね。
でも、学びというのは大学卒業までで終了するものじゃない、というのはおわかりだと思います。オジサンが突然英会話スクールに通い始めたからといって、それは仕事の必要じゃなくて単なる好奇心からの行動かもしれないのです。
多くの大学の教室には、相変わらず20歳前後のかたが並んでいるのでしょうけど、いろいろな年代の学生が同居するようになるのは決して遠い将来ではないと思います(たぶん、そんな風景はちょくちょく見られるようになっているんじゃないでしょうか)。
なので、次にTOEIC受験会場でオジサンの姿を見ても、「会社の命令なのね、かわいそうに」などと同情する必要は、ないんですよ。

94人のデータから電子辞書利用の実情を読み取るのが妥当なのかどうかには目をつぶるとしても、下記の記事、ヘンじゃありません?

 たくさん入っているポータブル電子辞書、でも使うのは英和/和英/国語辞典(Yahoo!ニュース)

あ、オリジナルのニュースはこちらです(japan.internet.com)
ええっとですね、どのような調査シートを使ったのかが明記されていませんが、電子辞書のユーザーに「ポータブル電子辞書の中の、どの辞典をよく使用しますか。」と尋ねたら、この調査のトップスリーである「英和」「国語」「和英」が多くなるの、当たり前じゃないですか。
この記事、「国語辞典、英和辞典、和英辞典のみの低価格ポータブル電子辞書をどこか作ってくれないだろうか。」という結論のお馬鹿さ加減もさることながら、データを調べ、読むという行為について大きな勘違いをしています。

そもそも、聞けば必ずそう答えるであろうことが容易に推測できる回答を、麗々しく発表する段階で、調査会社としては営業スキルが不足しています。
この手のリリースを出すのなら、ちょっと目をひく情報、なるほどなと思わせる発見のある結果や分析をチラリと披露するのでなければ、見込み客を引きつけることなどできません。結果の詳細を有料販売するのがビジネスなのだから、営業活動はもっとちゃんとやらないとダメです。
この発表からわかるのは、この調査をした人々は当たり前の情報をわざわざ調査して、やっぱりそうでしたと公表する程度のスキルの持ち主である、ということです。

辞書に関する調査とした場合、「英和」などというのはあまりにもおおざっぱ。
電子辞書をかなり使い込んでいるユーザーならば、英和辞書も使い分けています。もちろん英和だけでなく、英英辞書やシソーラス、コロケーションなどの利用頻度も(少なくとも他のおまけ機能よりは)ずっと高いでしょう。
公表されている情報から見る限りは、調査から何を知りたいのか、どんな人々のどんな行動を調べたいのか、といった意思が感じられません。ただ漫然と、辞書というものについて尋ねてみました、というところ。たとえ営業活動のためのお試し調査であっても、こうした漫然とした調査をする機関はあまり良い評価はもらえないと思いますよ。

で、出した結論が「国語辞典、英和辞典、和英辞典のみの低価格ポータブル電子辞書をどこか作ってくれないだろうか。」なんですよね。
ハイ、冷静に考えましょう。30も40もおまけが入ってるのにたった数万円で買える電子辞書、おまけコンテンツを全部抜いたからといってどのくらい安くなると思いますか? まさか辞書が3つだけだから5000円でけっこうです、という妄想、してないですよね?
所詮は、こんな感想しか書けない程度にしか、辞書というものを使っていない人物が企画した(のではないかもしれませんけどね)調査結果、お金を出して買う人っているんでしょうか。少なくとも、真面目に辞書のマーケティングをしている人は、見向きもしないと思います。
まったくお粗末な仕事としか、いいようがない。

絶賛しているエプソンのP-5000ですが、ちょっと残念だった点もありました。
それは、ずっと使ってきたPQI製の512MBコンパクトフラッシュカードが読めなかったということ。スロットに差し込んでも、認識できません、と冷たい言いようです。
私はこのカードを2枚持っていて、主にコンパクト機のニコン Coolpix8400で使っています。このカメラでは毎日数百枚、なんていう撮影はしないので容量も十分なのです。
メモリーカードもとてつもなくたくさんの種類があり、とても全ての動作確認はできないでしょうから、うまく認識されないものがあるだろうとは思っていましたが、まさに自分の使っているカードが読めないというのはがっかりでした。

とはいえ、回避策はちゃんとあります。
P-5000は、USBホスト機能を持っているのですね。なので、USB接続のメモリーカードリーダーをつなぐと、ちゃんと認識してくれます。
いつも使っているリーダーに件のカードを入れてつなぐと、何事もなかったかのようにあっさりと認識してくれ、バックアップが可能でした。旅行中はいちいちリーダーをつなぐのも面倒なのでこの形態での運用はしませんでしたが、USBホストとして動くというのは、いざというときの安心感が違いますね(メモリースティックなんかでも、アダプタがない環境でもなんとかできちゃいますから)。

ためしにUSBハードディスクをつないでみたところ、バッテリ駆動時にはちゃんと動いてくれませんでした。ディスク自体はUSBからの給電で動くもののはずなのですが、さすがにつらいのでしょうか。
バッテリ駆動時の課題としては、4GBのマイクロドライブからのバックアップに失敗したこともありました。これは消耗度にもよるのかも(SDカードなど、他の媒体からのバックアップのあとでしたから)。追加試験はしていませんが、P-5000をバックアップ用途で検討中で、マイクロドライブを中心に使っている場合には気をつけた方が良いかもしれません。
USBといえば、デジタルカメラを直接つないでバックアップを、という考え方もできますね。やったことはありませんが(だってカードを取り出してスロットに差し込んだ方がずっと簡単だし)...

ところで、今さらですがこの製品の名前、「Photo Fine Player」なんですね。
一番わかりやすい使い方(バックアップ)から、勝手に「フォトストレージ」と呼んでいたのですが、エプソンとしても単なるバックアップ用機材としては高価だし、そんな商品として世に出したのではないことがうかがえます。
前回のエントリで、こいつの真価は「写真をバックアップする」だけでなく、「写真を見て楽しむ」場面を広げられることにあると書きましたが、商品名を見ればまあ一目瞭然なわけです。

TOEIC受験を終えた開放感で、CDでも買おうかと新星堂に寄ったところ、びっくりしました。
「ユニバーサル”ジャズ・ザ・ベスト”リミテッド 1000」というシリーズ、全50タイトルなのですが、なんと税込みで1000円。税抜きだと952円。3桁ですよ。

iTunes Storeで、ブルーノートあたりのアルバムは900円でダウンロード可能ですが、これって流通コストも在庫コストもかからないオンライン販売の価格です。
音楽CDというパッケージで、店頭販売での1000円はちょっと衝撃的。しかも、50タイトルにはけっこうおいしいところがそろっています。これってどう考えても破格のお値段、安すぎます。

というわけで、次の5タイトルを買ってきました。
・MAX ROACH + 4 (Max Roach)
・THE MAGIC OF JU-JU (Archie Shepp)
・THAT'S THE WAY IT IS (Milt Jackson)
・BROWN AND ROACH INCORPORATED (Clifford Brown & Max Roach)
・EAST BROADWAY RUN DOWN (Sonny Rollins)
まだ、フレディ・ハバードやらスタン・ゲッツやらのおいしいところがあって、またお小遣いが出たらふらふらと買ってしまいそうです。

音楽CDが売れないといいますが、売れないから値下げ、という流れができているのなら業界的にはつらいことでも、一人のファンとしては歓迎。とはいえ、これで「古いジャズなんかいくら出したって儲からない」ということにならないかはちょっと心配です。
そんなに気張って安くしなくて良いから、廃盤になってる過去の名盤をもっともっと出してください。新譜を買わないのは申し訳ありませんが、正直いって最近のジャズってつまんないんですよね。なんだか伝統芸能をなぞっているような気がして。

今日(11月26日)は第127回のTOEIC公開テストでした。
通っている英会話スクール(AEON)で講師陣も全員で受ける、というので、勧めに従って受験してきました。9泊11日の旅行から帰った直後だけに、リスニングは多少有利かとも思っていたのも理由の一つ。

今回の試験、結論からいうと初めて試験時間が余りました。ただしたった10分ほどです。
前夜に公式問題集をやったときにも10分余ったのですが、理由としてはPART5を15分、PART6を10分で片付けることができたから。PART7のリーディング問題では50分ほどを使えることになり、1問について3分ほどで終われば40分で終わるという結果。時間配分は前夜の模試とほぼ同じでした。
10分あると、気に掛かった問題を見直す時間が十分にあり、実際一問だけあとで見直して回答を変えました。あっているかどうかはわかりませんけどね。

手応えとしては、前回のスコアくらいは何とかなるかな、という感じ。
とはいえ、TOEICスコアは相対評価ですから、問題の難易度が下がれば受験者の平均点も上がり、過去の問題との比較からもそれほどスコアがインフレーションを起こすとも思えません。まあ、800を切らなければそれで良いかな、というくらいです。
ちなみに前夜の公式問題集の結果は、リスニングで11問、リーディングで15問間違えてトータルスコアは835~920でした。まあ、850に届くかどうかくらいですかね。

以前は、TOEICで800点以上というと英会話には全く苦労しないほどの実力と思っていたのですが、実際にはそんなことはありませんね。
日常会話だってちょっと早口で話されるとついて行けませんし、何をしゃべるか考えながらではなかなかスムーズな会話ができません。そこそこ決まり切ったやりとりなら苦労しない、という程度です。

会場は学生さんから20代前半くらいと思われるかたがほとんどでした。
毎回思うのは、TOEICはかなりビジネスの場面に特化した試験ですので、英語が得意でもビジネスでの用語や言い回し、あるいはビジネス場面での常識にそれほど慣れていない若い方にとっては、けっこう難しいのだろうな、ということです。
リーディングが時間内に終えられない、という声も良く聞くのですが、話題となっているコンテクスト自体が理解しにくいからかもしれません。

私自身にとっては、TOEICの「長文」はかなり難易度の低いものに思われます。
おそらく、海外のWEB通販を日常的に使っていればあまり迷うこともないでしょう。私は毎月「Harvard Business Review」を定期購読していますが、TOEICでの読解13問を全て読むよりも、HBRを2ページ読む方がしんどいと感じます。
TOEICのリーディングを早く終えたいかたは、あのレベルの文章を読むよりも、少しレベルが上の英文をある程度の量読み続けるのが良いように思います。

まあ、結果が出ていませんので、偉そうなことをいっている割にはスコアは伸びないかもしれません。
それでも、私の現時点での英語力は800でもできすぎ、という程度だと思っていますので、結果はどうあれ、次への課題が見つかれば良いかな、と思ってます。

11月の上旬に、9泊の海外旅行に出掛けてきました。
行き先はフロリダ州オーランドの「Walt Disney World(WDW)」。ご存じのかたは多いでしょうが、東京の山手線沿線を超える広大な土地に4つのテーマパークと2つのウォーターパーク、そして商業施設やスポーツ施設とリゾートホテルを持つ、おそらく世界最大規模のテーマリゾートです。

こんな場所ですので、当然毎回カメラを一式持参してたくさんの写真を撮ります。
特に、テーマパークのひとつ「Disney's Animal Kingdom」では多くの動物たちが見られますので、デジタルなのを良いことに一度に数百枚を撮ってしまうことも(フィルム時代は一度に使い切ってしまわぬよう、相当の自制心が必要でした)。
旅行時にはノートPCを帯同し、ホテルの部屋でその日の写真をバックアップ(内蔵HDとUSB外付けHDに二重)し、メモリカードは初期化して翌日使う、という運用が常でした。でもこれってけっこう面倒なんですよね。時間もかかるし。

そんなわけで、バックアップを簡便に、しかも大量データを引き受けられるストレージとして、今回はエプソンのP-5000を事前に購入、持参しました。当初11月だった発売予定が、10月下旬に繰り上がったために間に合ったというわけ。
結論としては、これは大正解。P-5000は7万円ほどする、わりと高額な機器ですが、その価値は十分にあります。反論もありましょうが、安いくらいとさえいえるほど。

バックアップ自体はとても簡単で、コンパクトフラッシュやSDカードをスロットに挿入すると自動的にカード内のデータ閲覧か、バックアップかを当メニューが表示されます。ここでバックアップを選び少しのあいだ放置するだけ。データ量によりますが数分から10分以内で終わります(私用しているのは1GBおよび2GBのSDカードと、4GBのコンパクトフラッシュ、同じくマイクロドライブ)。トラブルといえば、バッテリがつきかけていたのかマイクロドライブのバックアップが不完全な状態で中断したことが一度あっただけです(アウトレットにつないでバックアップしたらちゃんと終了)。
バックアップのスピードも、PCのカードスロットよりもずっと速い印象でした(比較テストなんか流行っておらず、印象のみですが)。むしろ、二重バックアップのためにP-5000からPCへのデータコピーのほうが時間がかかったほどです。

バックアップした写真や動画は、P-5000でもサムネイルが表示されて簡単に閲覧できます。800万画素のデータでもそれほどストレスを感じないスピードで表示されますし、液晶の美しさはノートPCの画面で見る気をなくさせるほど。
ヒストグラムやEXIF情報の表示もボタンをポンポンと押すだけで、ほとんどストレスなし。色合いを鮮やかに見せる「フォトプレゼンモード」はさすがにちょっともたつきますが、そもそもこのモードが不要なくらい、標準状態でも素晴らしい発色です。
RAWデータの場合は簡易表示(データが持つサムネイルを表示するだけ)なので拡大や縮小はできませんが、私の場合はRAWとJPEGを同時記録しているので写真の確認にはまったく問題ありません。あるとすれば、あまりの液晶のきれいさにP-5000で見て良い出来映えだと思っても、ノートPCで見るとなんだかつまらない写真に見えてしまうことくらいでしょうか。

部屋のテレビにつないで写真のスライドショーや動画の確認をしてみましたが、液晶やプラズマディスプレイを前提としているのか、古いブラウン管テレビでは画面の端が切れてしまいますし、ちらつきがちょっと気になります。
それでも、大きな画面で見られるのはとても快適(これはiPod photoでも確認済みだったのですが)で、スライドショーにBGMとして音楽を流すこともできるのでBGV的に流しておくのも、その日が振り返れて良い感じ。料理の写真が出れば味がすぐに思い出せますし、これは旅行後しばらくしてからやっても楽しそうです(枚数が多すぎるので、写真をセレクトする必要がありますけどね)。
また、旅行の写真をちょっと人に見せたいときにも、少人数ならこれ一台で、人数が多ければテレビにつないで、とても快適。iPodよりも液晶が大きいので(本体も大きくて重いですが)単独でも十分写真が楽しめます。
少し不満なのは、せっかく本体にレーティングの機能があるのだから、星4つ以上のファイルだけでのスライドショーといった機能があればいいのにな、と思います。それならファイル操作なしでも見せられる写真をセレクトできますし、人に見せるときも大量になりすぎずにすみます。

撮った写真をバックアップするだけなら、もっと安くてコストパフォーマンスに優れた製品があります。
けれど、P-5000は美しい液晶画面のおかげでデジタル写真の楽しみ方をちょっと広げてくれます。美しさというのは重要で、カラー液晶の品質が悪ければ写真自体の良さも損なわれます。P-5000なら実際以上に写真がよく見えるほどですから、デジタル写真の最終出力としても機能できます。従来の紙焼きプリントの代替にもなりうるもの。
単にフォトストレージとしてだけではなく、写真を鑑賞するための新しい道具と思えば、この価格、納得です。本当に買って良かった。

もともと高くない更新の頻度が、11月に入ってからは激減しています。
これは上旬にちょっと長めの旅行をしていたり、帰国してからも出張が立て込んだりしていてなかなか時間が取れなかったからなのですが、それでも毎日アクセスしてくださるかたが多くてありがたい限りです。

ブログの更新だけでなく、RSSリーダーなどでブログやニュースを読むほうも、もちろんお留守にしていたわけで、かなりの量の未読情報があります。
まあ、あきらめるものはあきらめて、気になるところを順次消化しているのですが、昨日今日読んだ中で面白かったのが、次の記事です。

 「語学書のネーミングの舞台裏」(日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク)

以前出した本で、営業や編集者が個々人の経験値で"売れる"タイトルを付けようとして、その根拠が薄弱なのにあきれた話です。「スーパー」と付けると売れるとか、「コツのコツ」が良いんだとか、いろいろとあるようです。
その上で、近々出版予定の、ビジネスでよく使う英語表現、それもコロケーションに重点を置いた本のタイトルについても出版社と意見が分かれて困っておられる様子。

出版の業界で働く知人から聞いた話でも、あるいはちょっとだけ関わったことのある経験でも、本のタイトルやコシマキでの宣伝文句、あるいはどの売場、どの書店で売るかといった判断は、営業側に強い権限があることが多いようです。
結果として、著者の思いや意向とは別の論理でタイトルが付けられることも少なくないようで、なんでも最近のベストセラー小説「世界の中心で~」も著者が付けた表題は当初別物だったとか(このケースでは、編集者が案出した表題だったようですが)。

営業サイドから見ると、できるだけたくさん売りたいというのが当たり前。
語学教材や参考書の場合、エキスパートや中級者よりは初心者が圧倒的にたくさんいるわけで、初心者に売れるかどうかで潜在マーケットは大きく変わります。それゆえ、その層を主たるターゲットにせざるを得ない。
結果として「最新」「スーパー」「コツのコツ」「超基本」といった言葉が好まれるのでしょう。ひと頃、PCのハードやソフトの解説本で「サルでもわかる」「はじめの一歩」「できる」などというのが店頭を埋め尽くしていましたが、同じような現象でしょう。

私が買うならば、あまりに初心者向けを意識したタイトルや宣伝文句の付いた本は、見栄が邪魔をして選びません。むしろ、スキルアップを目指す中級、くらいを選ぶでしょう。
これは、私自身の英語力が中級かどうかとは無関係(たぶん、客観的には初心者がようやく中級に顔を出したくらい)。初心者だから初心者向けの簡単な本を選ぶ、というのは、実際には次から次への初心者向けの本を渡り歩くだけで、いっこうに向上しない、というのが私の考え方。むしろ、多少取っつきが悪くてもしっかりとした本を選ぶことが近道と思ってます。
初心者向けに書かれているけれど、中身は中級者以上にも役立つしっかりとしたものが選べれば良いのですが、語学やPC関連のように、これだけ若葉マークの付いた本が氾濫しているとそこから選び出すのはすごく難しいのです。

そんなわけで、私なら今度出される「仕事の英語 よく使う言葉のよく使う組みあわせ」は、仕事場での英語がなんとか形になってきたけど、もうちょっと気の利いた表現・自然な英語を話したい、と思っている中級者(ないしは向上心に燃える初心者)をターゲットにしたタイトルを付けるのが良いんじゃないかと思います。
その意味で、出版社の主張するA案「仕事の英語 -- すぐに使える超基本語」はダメ。超基本と書かれただけで、それなりに苦労してきた中級者がそっぽを向きます(ブログで知る日向さんの名前がなければ、私なら100%手に取らない)。このタイトルに惹かれた買う初心者には、読んでもまるで役立てることができずに「日向さんの本はなんだかわかりにくい」などと思いこんでしまう読者が含まれるように思えます。

B案「仕事の英語 よく使う言葉のよく使う組みあわせ」やC案「仕事の英語 -- よく使う言葉はこう使う」は悪くないのですが、店頭でのインパクトが弱い感じ。オッと思って手に取られるかどうかはタイトルだけでなく装幀にもよりますが...
中級者や、もうすぐ中級、といったターゲットならば"コロケーション"という言葉にも触れているはず。たとえばサブタイトルとして「コロケーション(言葉の組み合わせ)で差がつく一歩進んだ英語表現」といったのを付けても良いんじゃないでしょうか。もちろん、「言葉の組み合わせ」は「コロケーション」の上に小さく書いて所見の人でもなんとなく意味がわかるようにしておく。
最近は「できる人」「頭のいい人」が流行のようですから、それを使う手もありますが、あまり長期間売れずに陳腐化してしまいそうなのがつらい。まあ、流行り終わったらタイトルを変える、というても使えるのでしょうが。

いずれにせよ、仕事ではほとんど英語を使わない私ですが、この本は面白そう。
どんなタイトルになるかわかりませんが、出たら買おうと思ってます。かっこいいタイトルになったら書店で、タイトルが恥ずかしかったら、Amazonで(笑)

...と書いて保存したあとで、追加案が出ました。
D案 「仕事の英語 -- この言葉にはこの組み合わせ」(11月22日追加)
E案 「「仕事の英単語 -- フツーに使うためのフツーの組み合わせ」(11月22日追加)
F案 「「仕事の英語 -- 会議を「招集する」のは call? summon? 」(11月22日追加)
うーん、F案はわかりやすいですが、コシマキに書く宣伝という感じ。中ではE案がわかりやすいんですが、長いですよね。この路線ならば、「仕事の英語 -- 言葉の組み合わせの妙をつかむ」とか、読者視点のサブタイトルを付けてはどうかと思います。

下記の記事ですが、そもそも「受験地獄」なんていう言葉を使う段階で、物事をステレオタイプで見ているんじゃないか、という気がします。

 日本の受験システムが日本をダメにしている(Life is beautiful)

私も、日本の大学はもっと学生に勉強させるべきだと思っていますし、30になっても40になっても、必要に応じて必要な学問を修得できる場がもっと増えていけば良いとは思います。必要とは、もちろん仕事の上でのものに限らない。
なので、20歳前後のたった4年間の「在学歴」に意味があるのか、大学を改革することなしに日本の国力低下は防止できないのではないか、といった問題提起には、基本的に賛同します。

とはいえ、

小学生低学年のころから塾に通わされて、自分が本当に好きなこと得意なことは何なのかを発見できず、人生の楽しみ方とか自分なりの価値観とかを学ばずに大人になっていく子供たち。親の言うままに一生懸命勉強して、一流大学に入学し、それを「一流企業へのパスポート」として一番大切な時期に勉強もせずに遊びほうける大学生。

などというステレオタイプの認識を堂々と表明されては、「この人は日本の教育について新聞報道やドラマだけに頼ってるんじゃないの?」と疑わざるを得ません。

私自身も、今の子供達がどの程度の「受験地獄」にさらされているのかをよく知っているとはいえません。
しかし、受験地獄とか受験戦争なる言葉が教育問題を語る際に必ずといって良いほど引き合いに出され、その後の「ゆとり教育」につながっていった時期に中学・高校生だったので、「受験地獄」の実態について語る資格はあると思います。

もちろん、そこは地獄でも戦争でもありません。それは、受験勉強は楽かといわれればそうではありませんが、それ以上につらいこともたくさんあります。毎日20時間勉強していたわけじゃなく、むしろ勉強よりも多くの時間を遊びや趣味に費やしていました。それは私だけでなく、友人達もおおむねそんな感じ。
たしかに大学受験は私たちの10代の暮らしをゆがめたし、今もそうなのかもしれません。しかし、そんな中でも子供達は昔から自分の生き方や価値観をしっかりと築いてきたし、それを「人生の楽しみ方とか自分なりの価値観とかを学ばずに大人になっていく子供たち」などというのは失礼千万ではないかな。人間はマシンではありません。

受験勉強に青春を奪われた、という人もそれなりにはいるでしょうが、それが日本中を覆い尽くしているかのような空気の中で(あるいはその空気を利用して)教育改革を始めたから、「ゆとり教育」などという訳のわからない政策が出てきたのではないのでしょうか。必修科目の履修不足問題は、その矛盾の現れに過ぎないと思えます。
またもや同じような認識から改革議論をスタートして、今度はまともな結論が出るんでしょうか。

教育について語るとき、なぜ人はこうも新聞やらテレビやらが作り出すステレオタイプを鵜呑みにし、その中から都合の良い部分を切り出して語ろうとするのでしょう。
そこを起点にして教育改革を語る限りは、「俺はそうは思わない」「自分にはそんな経験はなかった」で簡単に議論が覆されてしまいます。小学校での英語教育の是非についても、似たような議論が多いですね。
議論を単純化するのは大切かもしれませんが、その根本がドラマで見たようなステレオタイプでは、説得力は決して高まらないばかりか、同じ間違いを繰り返す結果を招くように思えます。どういう訳か、コメント欄でもこのステレオタイプに賛同する声が圧倒的に多いのを観て、ちょっと暗澹たる気分になりました。

買ったは良いが、まだフォトストレージとして試す機会がないもので、PCにあった動画ファイルを「携帯動画変換君」のPSP用設定でエンコードし直し、鑑賞しているのです。
320×240ピクセルのQVGAサイズなので、P-5000の4インチ液晶だとどうしてもアラは見えちゃいます。それでも、新幹線の座席に座って膝の上に保持した状態で見るぶんには気になりません。これがW-ZERO3[es]だと顔から20cmくらいの位置で持っていなければならないのですが、膝の上で支えるだけなら腕の力も要らずに楽です。

ビットレートを低めにしているので、45分のドラマが102MB内外とコンパクト。10本入れても1GBですので移動中の暇つぶしにはちょうど良いんじゃないでしょうか。
近々飛行機で太平洋を横断するのですが、5~6時間分のコンテンツを放り込んでおけば映画がつまらなくても退屈せずにすみそうです。
気になるのはバッテリーでの駆動時間ですが、出張の往路に45分番組を見てから写真のスライドショーを15分ほど再生、帰路で1時間半ほど動画再生をしたところで半分の表示が出ました。この使い方で4~5時間は行けるということでしょうか。予備のバッテリが一本あると安心なのはたしかです(普段使うにも、継ぎ足し充電を避けるには2本で使い回すのが良いですし)。

液晶は最大輝度にしなくても十分な明るさがあって、サイズが大きいこともあり目の疲れも少ないように思います。少なくとも、W-ZERO3[es]とはかなりの差があります。
後者の緻密な液晶もとてもきれいではあるのですが、さすがに長時間の使用は肩も凝りますし目にも辛い感じ。30分内外ならばともかく、映画を見ようといったことならP-5000に明らかに分があります。それに、W-ZERO3[es]は電話機なので、W-SIMを抜いて電話機能を止めるにしても、飛行機の中で使うのはちょっと気がひけますしね。

音楽再生機能ですが、うれしいのはAACにも対応していることです。
iTunesをデフォルト設定で使っていたので、手持ちの音楽ファイルのほとんどはMP3ではなくAACなので、いちいちエンコードしなおさなくてもデータをコピーするだけでOKなのは便利。とはいえ、iPodが壊れたとか、出先でバッテリー切れといったことでもなければ音楽再生だけのためにP-5000を持ち歩くことはないと思いますが。
前機種であるP-4500について、音質がいい、という評価を見かけたのですが、128kbpsのAACで聞き比べたところでは、iPodとそれほど差があるようには感じませんでした。

69,800円の価格は、もちろんただの動画ビューワ、iPodの代替品ならばべらぼうに高価ですが、もともとはフォトストレージのおまけのようなもの。
気に入った写真を相当枚数持ち歩けるのは(iPod photoと用途は重なりますが)大容量ハードディスクならではですし、液晶画面が大きいのでテレビにつながなくても少人数なら鑑賞できます。欲張れば通信機能を付けて写真共有サービスに直接つながったり、ブログを更新できたり...なんていう妄想は広がりますが、それはPCでいいかなあ。
肝心の写真バックアップ機能の評価はまだこれからなんですが、おまけ機能だけでもかなり楽しめます。思いきって買って正解でした。

このアーカイブについて

このページには、2006年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja