ついに購入!ムービーデジカメXacti

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

「ザクティ、いいかもね」と書いたのがちょうど1ヶ月前でした。
前回も書いたとおり、高性能なんだけど重くて大きなビデオだけでは、普段気軽にムービーを撮るのは無理。特に旅行中など、大きなビデオカメラを持ち歩くのをいやがった妻の選択は、Xactiの防水仕様「DMX-CA6」です。

Xactiには現状で標準画質の「C6」と防水仕様の「CA6」、そして720pのHD画像が録画可能な「HD1A」の3機種があります。
私はHD画質に関心があったのですが、コンパクトな機材で手軽に、という購入目的から外れてしまうのでパス。軽さと薄さ、操作のしやすさでは「C6」が有利でしたが、雨の日でも気にせず使える防水仕様ならば、別のムービーカメラを買ったあとでも使い続けられるだろう、ということで「CA6」に。カラーはシルバーです(ここが一番迷っていたようですが、「オレンジの方が人気です」と聞いてシルバーにしてました。天の邪鬼がうつったかな?)。
バッテリーは予備をひとつ、SDメモリーカードは価格のこなれていた2GBを一枚(バッテリーが60分強保つようなので、バランスはちょうど)、それぞれ購入しました。


さっそく日曜日に試し撮りにでかけてきました。
うまい具合に、というか午後から雨模様となり、思う存分に防水性能に活躍してもらうことができました。確かに、雨粒がかかっても気にならないというのは良いですね(もっとも、普通のカメラならば雨の中でなど使いませんが)。
曇っていて被写体のコントラストが低かったこともあるのでしょうが、ピントが合うのに少し時間がかかるようです。このため、あまり早くパンするとピントが合わないまま画面が流れてしまい、あとで見ると気持ちが悪いです。
ある程度の明るい場所ならば、ノイズも気にならずけっこうきれいな絵が撮れます(TV-SHQで撮影しました)。晴れた日中ならもっときれいでしょう、試すのが楽しみです。もちろん、DVにはかないませんが、コンパクトさ手軽さを考えると十分に引き合うもの。

暗い室内や夕暮れも、思って以上に明るく写ります。明るすぎて不自然なので、マイナス補正を多用したほどです。ホワイトバランスもかなりきちんと補正してくれるので、雰囲気を残したい場合には意識的に設定し直した方がよさそう。
当然ながら、暗部についてはノイズが目立ちますし、コントラストのある部分でないとピントもうまく調整できません。このあたりはDVだって変わりませんけどね。

画像というのは言葉でいろいろと説明するよりも見ていただくのが一番。
とはいえ、まだ買ったばかりでWEB用の小さいサイズのムービーもありません。そのうちに動画付きで紹介しようかと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/612

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月 2日 20:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電子メールのバックアップとデータ利用」です。

次のブログ記事は「英語教育を阻止すれば、"美しい"日本語は身につくのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja