Sad iPod + 復活 = P-5000 !?

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

愛用のiPod(iPod photoの2代目、動画非対応)は、買ってから2年半になります。
その「顔」を初めて見たのは今年の5月、新幹線の中で突然音楽再生が止まって操作を受け付けなくなり、リセット操作を繰り返すうちの「sad iPod」の登場でした。
このときには、アップルのサポートサイトの指示どおりにディスクモードにしてから復元し、なんとか元通りに。なんだかハードディスク方面の異音がしていたようだったのですが、それも消えて何事もなかったかのよう。
そして、今月に入って通勤電車内での突然の停止。

妻には「直らなきゃ良いと思ってるんでしょ」と見透かされ、どうせなら新型を待ちたいけれど、買うしかないかな、とあきらめてました。
ところが、突然の停止から3日ほどたってからダメ元で操作してみると、なんと何事もなかったかのように復活を遂げていてびっくり。もっとも、ディスクには何らかの障害があったようで2割ほどのアルバムが消えていました。

さて、期待していなかったiPodの復活にすっかりと気分が良くなってしまい、別の散財をしてしまいました。数年前に登場した当初から気になり続けていたフォトストレージです。買ったのは発売されたばかりで湯気が立っている、エプソンのP-5000
たしかこのジャンル、飛鳥のTripperあたりが最初でした。メモリカードはまだ高価だったためかなり心惹かれたのですが、迷っているうちにMP3プレーヤの分解により4GBのマイクロドライブが安価に手に入ってしまい、撮影中にカードが一杯になるという心配自体がなくなりました(なんせ、RAW+JPEGで1000枚撮れますから)。

今でもこの状況は変わっていませんが、妻もデジタルカメラを2種類(GR Digitalxacti CA6)使い始めており、旅行時には一度二度バックアップの必要がありそう。
また、ノートPCがなくてもその場で写真が見られるのも楽しいものです。ZaurusなどのPDAやカラー液晶つきのiPodでも可能なのですが、画面にある程度の大きさがないと見にくいですし、Zaurusなんか液晶の輝度を上げるとバッテリが30分ももちません。
旅先のホテルにはテレビがありますから、つないで大きな画面で見ることもできます。もちろん、カメラにもAV出力はついていますが、フォトストレージなら昨日の写真もOK。友人宅にもこれひとつ持って行けば簡単に見せられるといういうわけです(テレビにつないでみる、という点ではiPodも同じですけどね)。

それに、最近、W-ZERO3[es]で動画を持ち出して見ることが増えています。出張の帰りなど、ちょっとくたびれて本を読む気にもなれないときなど最高。画面が小さいので肩が凝るのが難点ですが、P-5000なら4インチの大画面です。
なんせ80GBありますから持ち歩けるデータ量もかなりになります。あまり高画質を求めずに384kbps程度なら映画が250~300MBですから10GBぶんを使っても30本も入ります。1MB程度のJPEGは30GBあれば3万枚も保存できるわけで、過去の写真から気に入ったのを常に携帯できます。で、ストレージ用には残り半分の40GBが使えます。

音楽はiPodで、PIMはPDA(スマートフォン)で、そして写真と動画はフォトストレージで、というのは、全てが携帯ひとつで足りてしまう人にとってはあきれた重装備に見えるでしょう。そんなの、VAIO typeUがあれば一つですむじゃん、ともいえます。
けれど、専用機には専用機の使いやすさがあります。映画を見ている最中にメール着信音が鳴って画面が途切れるのはやはり興ざめですし、音楽のように満員電車や歩行中に楽しむならiPodのようなコンパクトなデバイスが適してます。
荷物が多少重くなりますが、言い換えれば常にPCを持ち歩くのよりも、取捨選択によって軽くできるということでもあります。「なんでもできる」PCの役割は、分解されて使い勝手の良い複数の専用デバイスに置き換えられていくのではないでしょうか。
となると、何でもありの携帯電話だって、そろそろ曲がり角にきているのかもしれませんが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/649

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月30日 20:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小学校英語教育を印象や感情だけで語っていないか」です。

次のブログ記事は「エプソンP-5000を動画ビューワとして使う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja