小学校英語教育を印象や感情だけで語っていないか

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

アクセス解析のおかげで、このブログにきてくださったかたがどんなキーワードで検索されてきたかがわかるのですが、やはり多いのは「小学校英語 必修化」という語句(一応念のためですが、アクセス解析ではアクセスしたかたのプライバシーはわかりませんのでご安心を)。
文部科学相の発言などもあって、相変わらずホットなテーマといえそう。

もちろん、教育はとても大事だと思いますので、この件についても賛成・反対両方からさまざまな意見が出てくるのはよいことだと思います。私も、毎日というわけではありませんが、このテーマについて書かれたブログを読み歩くことが増えました。
とはいえ、単なる印象とか感情だけで反対や賛成を声高に論じても、お互いに得るところは少ないんじゃないの、と感じることもしばしばです。
中でも目立つのは次の3つです。
・学校教育に対する過剰な期待感
・誇張される英語の「必要性」
・並立できる国語教育と英語教育との対立概念化
これらのいずれもが、さしたる根拠もなく各論者の中で前提となってしまっていて、議論がかみ合わない原因となっているように思えます。

●学校で教わっても身についてないのは、英語だけじゃない

まず気になるのは、多くのかたがたが「自分は中学高校と英語の授業を受けたが全然話せない、日本の英語教育は根本的に変えないとダメだ」という実感から意見を組み立てていることです。裏を返せば、「ちゃんと教えてくれれば英語を話せるようになったのに」という根拠のない主張、というか繰り言。
賛成論にせよ(だから若年のうちから始めるべきだ、等)、反対論にせよ(いまの教育ではやっても無駄、等)、そもそも「自分が身につかなかったから学校教育に問題がある」という姿勢は正しいのですか? という違和感が消えません。
「中学・高校での教育のうち、オトナになって応用可能な程度に身につくのはごくわずかで、あとはほんの数ヵ月間"わかった気になる"だけ」というのが、英語に限らず学校教育の現状といえるんじゃないでしょうか。そんなことない、と思うかたは、紀元1世紀までのローマの版図拡大によって地中海世界にどのような変化がもたらされたか、A4サイズに1枚のレポートを書いてみてください。これ、中学校で確実に習ったはずですよ。
数学も社会も理科も、もちろん多くのかたが「大切だ」とおっしゃる国語も、小中高と習ってきた膨大な知識のほんの一部しか、身に付いていないように思えるのですがいかがでしょうか。

ほとんどのオトナはアルファベットが読めるし、「An apple」は「リンゴ」「An orange」は「オレンジ/ミカン」だと認識できる。それって数学や歴史であなたが理解し、記憶にとどめ、日常生活や会話の中で応用可能な知識とさして変わらないのではないですか。
誰もが興味を持てた分野については、そこそこ学校で習ったことを憶え、役に立つわけでなくても図書館で本を借りたり、関連するテレビ番組を見たりして多少の知識を持っているのではないかと思います。公教育では多くの子供たちの広い知識欲に個別に応えることは難しいので、一定の範囲を決めて幅広い知識を紹介するのです。英語はその中の一部でしかない。
英語に関心を持ち、あるいは面白いと思った子供は将来英語の使い手になれるかもしれません。小学校でできることは、その入り口を設けることでしかないように思えます。「しか」と書きましたが、門前払いではなく、うまく関心を引きつける入り口を作るのはとても難しいことです。毎日のように多くの教師たちがその実現に苦労されていることでしょう。小学校での英語教育が、単独で「英語が苦手な日本人」の解決策になるなどという思い込みは危険です。

●英語ができないと就職できないとか昇進できないといったデマには辟易

そもそも、なぜそんなにまでして英語を学ばせなくてはならないのか、についての思い込みも激しすぎるように思えます。
やれグローバル化だ、やれ就職にも英語は必須だと、とくに熱心な英語教育業者などは脅しつけるように英語の必要性をうったえます。ひどいのになると、「TOEICやTOEFLのスコアが一定以上なければ有名企業には就職できない」だの「一流企業では社内会議を英語で行っている」だの「英語ができないものは昇進できない」だのと、ほとんどでまかせに近い。アホなこといいなさんな、なんで日本企業が日本国内でやる会議で、わざわざ効率を落として英語をしゃべらにゃあかんの。一部の企業が何らかの目的でやってるだけのことを、いきなり世間一般に広げちゃダメです。

いずれにせよ、英語が話せなければ生きていけないなんてことは、ありません。不自由なく英語が話せれば便利だし、可能性が広がることはたしかですが、その程度のことだという認識をきちんと持って冷静に考えるべき。
国際的な取引やコミュニケーションの機会は増え続けており、英語を使わざるを得ないケースに突き当たる可能性は高まっているでしょう。けれど、それが全てではありません。

必要だから教える、は、必要ないからやめる、に直結します。
歴史や化学は、ほとんどの人にとって英語よりもずっと「必要度」の低いものです。ならば学校で教えるのはやめます? 時代に応じて子供たちに幅広い入り口を示すことが必要なのであって、オトナが自分たちのルサンチマンをはらすために急に英語英語と騒ぎ立てるのはあまりに身勝手。そして教育業者が声高に英語の重要さをうったえるのは、単なる営業活動と聞き流すことも重要です。

●国語教育に力を入れること=英語には触れさせないこと、じゃないでしょう

また、とくに反対論を唱えるかたがたの多くが、国語教育に力を入れろとおっしゃる。ええっと、小学校卒業時に、いま使っている日本語の基礎をきちんと学び終え、美しい日本語の使い手になっていたと言い切れるかた、手をあげてください。
小学生の日本語なんて、ひどいもんです。流行には弱いし、仲間内で符帳をつくって遊ぶのは日常茶飯事だし、ゲームやアニメやネットなど新しい言葉を仕入れるネタには困りません。だいたい、今も昔も、学校を出て社会人になって最初に教えられるのは、身なりや言葉遣いじゃないですか。言葉なんて、一生かけて身につけるものです。
国語教育に改善の余地がありそうだ、ということは多くのかたに共有された問題意識だと思います。ならば、英語教育と同様に、なぜ必要なのか、小学校ではどこを目指すのかを具体的に示して別個に議論すべきです。でないと、永遠に到達できない目標を定めてしまうことになりかねません。子供たちと教師を、オトナの妄想の犠牲にしてはいけません。

だいたい、学校以外の場所で子供たちは毎日英語に触れています。子供たちを英語を含む外来語から切り離して純粋培養できるならばともかく、否応なしに日本語以外の言語や、日本人にはなじみの薄い物事のとらえ方、考え方に触れながら生きていかねばならないのです。
小学校では国語を大切に、といってたかが週に1単元の英語教育に反対するかたは、それ以上に"有害な"情報から子供たちをどうやって"守る"のかを示していただきたいな。ネット接続は禁止だし、もちろん英語の曲や映画やドラマも禁止ですね。日本語を学ぶ大切な時期に第二言語は有害、などとしたり顔で語るのなら、横溢する英語情報からの悪影響をどう排除するのかを先に考えていただかないと。
すでにあって、無視できないものとは共存していかねばならないでしょう。無視したり、相手を破壊したりではなく。

話を戻すと、国語教育の充実と、小学校での英語教育(あるいは異文化コミュニケーション)の導入とは両立できるもののはずです。
英語を国語教育や日本人のアイデンティティ(!)の敵とみなして非難する人をときおり見かけるのですが、もうちょっと頭を冷やしてはいかがでしょうか、という感想しかもてません。少なくとも、この状態では議論にならんだろうなあ、と。
大人たちは教育問題を語るのが大好きですが、子供たちにとっては毎日の問題ですし、教師をはじめとした教育関係者にとっては仕事の環境を大きく変える話。議論は大いに良いとして、いい年をしたオトナがあまりに短絡な思い込みや業者の甘言を鵜呑みにしてわめき立てるのは、当事者にとって非常に不幸なことではないかと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/647

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月28日 14:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットショップは、配送サービスをきちんと選んでほしい」です。

次のブログ記事は「Sad iPod + 復活 = P-5000 !?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja