その売り方は、素人目にもいけない

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

我が家の近所にスーパーがあります。
大規模でもさして低価格でもないのですが、駅からの帰宅途中に全く時間ロスをせずに寄れるため、日常の買い物はほとんどすべてここでしています。

この店、一応は名の通ったチェーンなのですが、どうも売場づくりが下手。あまりちゃんと商売をする気がないのではないかと思えるほどです。
たとえば、賞味期限間近や商品入れ替えとなる前の見切り品のワゴンをあちこちに分散し、しかも日によって場所が変わります。
しかも乾物が冷凍食品の脇に、缶詰が卵の隣にと何の脈絡もなく、ただ空いた場所に並べた感じ。客は自分が買った商品でこうした見切り品を見つけると、わざわざカゴの商品を元あった場所に返しに行かねばなりません。売りたくないならともかく、見切り品は早く売り切りたいんじゃないでしょうか。

私が最近知った"使える"冷凍食品に、ふんわりとした半熟のプレーンオムレツがあります。袋のまま10分ほど湯煎すると、自分で作ったのではなかなか成功しないほど見事なオムレツができあがり。これをチキンライスに乗せれば、あっという間にプロのようなオムライスになります。
ふつうなら、この隣には組み合わせて使う食品、チキンライスとかドライカレー、あるいはタンシチューやハンバーグなんかを置きますよね。もちろん、冷凍ケースの隣にはデミグラスソースや付け合わせ用の野菜を置いとくのもセオリー。
ところが、この店ではこのオムレツはお弁当用の冷凍総菜の端っこで売られているのです。両隣はおべんとハンバーグと鳥の唐揚げ。
私はわざわざチキンライスを隣のケースに探しに行きましたが、これでは売上が伸びるわけがありません。使い方を自分で考える客にしか届かないのですから。

また、昨日は夕食のメニューを迷いながら歩いていて、カレールーなどのコーナーでシチューが2種類、特売されているのを見つけました。普段の半額ほどです。
では今夜はビーフシチューにしようかとカゴにルーを放り込み、野菜コーナーで必要なものを追加してから食肉コーナーに行くと...
牛肉はすき焼き用、焼き肉用にそれぞれカットされたものと、切り落とししかないのですね。驚きを通り越して愕然としました。シチューなのだから肩ブロックくらいなければ話にならないじゃありませんか。

やむを得ず、ルーをホワイトソースに変更(同じ値段でした)、鶏のもも肉を買って帰りました。
シチュー自体はおいしくできあがりましたが、店としてはグラム500円×450gの売上が、グラム198円と半分以下になってしまったわけ。買い物客はこの店でビーフシチューのルーだけ買って、牛肉はよそで買うなんてことはしないはず。ビーフシチューのルーを特売するなら、牛肉もそろえなくちゃダメです。

まあ、普段あまり売れないのかもしれませんが、だったらシチューやカレーのルーを大々的に売り出すのはナンセンス。カレーに薄切り肉を使う家庭ばかりじゃないのです。
その割にはスパイス類はそれなりに充実していたりと、売場づくりにまるで方針が感じられません。なんとなく、店格や本社方針で高級食材を並べるんだけど、実際に売れるのは安物、コモディティばかり、という矛盾がそのまま売場に現れている感じ。

少し歩いたところに西友があるので、対抗措置でコモディティを安く、という売り方をせざるを得ない一面はあるのでしょう。とはいえ、そこに徹したって西友に勝てるわけがありません。
この店ではメープルシロップをちゃんと3種類そろえて(ちなみに西友にはありません)、蜂蜜にいたっては20種類近くが並んでいます。タコシェルもちゃんとある。この品ぞろえをうまく客の料理レパートリーに結びつける売場構成にしないと、知っている客だけが買うだけになってしまいます。
売場責任者に十分な権限がないのか、あるいは知恵がないのか、理由はわかりません。しかし、このアンバランスな売場、客としては早いところ何とかしてほしいのです。もちろん、私の希望は西友やダイエーとは違った品ぞろえと提案ですが...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/634

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月16日 20:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新幹線で仕事をするリスクに無頓着な人が多すぎる」です。

次のブログ記事は「10月15日読了 ~ ミッキーマウスの憂鬱」松岡圭祐著(新潮社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja