新幹線で仕事をするリスクに無頓着な人が多すぎる

| コメント(2) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日も新幹線で出張したのですが、斜め前にやっぱりいました、書類を広げて読んでいるおじさんです。
45~50歳ほどと思われる彼が読んでいるのは、ある食品メーカーの年末年始の新商品提案書。彼がその会社の社員なのか、提案を受けた取引先なのかはわかりません。それでも一応は秘密であろう(表紙に丸秘って書いてあった)新商品情報、しかも取引価格入りのものを堂々と広げ、まわり中に見えているのもへっちゃら。
しかも15分くらい目を通していたかと思うと、テーブルの上に置いたまま寝はじめました。いや、これほどの人物にはなかなかお目にかかれません。だいたいは書類をしまってから寝るものですが。
仮に取引先だったとして、担当営業は自分が出した提案書がこんな具合に"大公開"される危険は想定していないでしょうね。

ある同僚から聞いた話ですが、やはり新幹線での移動中、なんと隣にライバル企業の社員が座り、やはり何の警戒もなく流通向けの新企画の書類を読みはじめたとか。メモを取りたい衝動を抑えつつ内容を必死に暗記したそうです。
内容は当然共有され、何ともありがたい情報となったのはいうまでもありません(ものすごく手の込んだ罠だという可能性もゼロではありませんけどね)。

新幹線で仕事をするのには大きなリスクが伴います。隣や斜め後ろに誰がいるか、全くわからないのですから。
私は自分の部下には新幹線で仕事に関連する書類を広げることを原則禁じています。まあ、ガラガラで誰からも見えない状態ならばいいでしょうから、状況をきちんと判断するように、ということ。もちろん、トイレ等で離席するときには、カバンを持っていくのが社内ルールです。

そもそも、新幹線で仕事をせねばならないほどせっぱ詰まった状態を作ること自体がまずいですし、それほど差し迫っていないなら、本でも読んで勉強しておくくらいが良いのではないでしょうか。
つい最近、比較的著名なビジネス系のサイトでも「新幹線の揺れが大きくて仕事に差し障る」という記事が出ていたのを見かけました。記事の著者はなんと「セキュリティ・コンサルタント」だということすが(実名、社名入りで書いてます)、少なくとも私は新幹線で仕事を始める御仁に、セキュリティを守るための大切な仕事を発注する気には、なれません。
"仕事"の内容にもよるのでしょうが、上述のエピソードのごとく、新幹線での仕事は重大な情報漏洩ルートのひとつになっているかもしれません。そこに無頓着な人が多すぎるのは確かです。

新幹線や飛行機の中、喫茶店などはプライベート空間ではありません。
そこで仕事をするならば、周囲の状況にきちんと目を配って情報漏洩などの不手際を犯さぬよう、十分に気を配る必要があります。繰り返しになりますが、そもそもそんな状況で大切な仕事をしなければならない状態を、作らないようにするのが一番。
いつも忙しそうにして寸暇を惜しんで仕事をしている人の中には、やたらに手が遅かったり、無駄な回り道を繰り返して効率の低い進め方をしている人が、かなり含まれるもの。移動中に仕事をしているかたは、一度「なぜ自分はこんなにせわしなく仕事に追われているのか?」を分析してみた方が、良いかもしれません。
なお、本稿には上述の「セキュリティ・コンサルタント」氏を貶める意図はありません。その方に実際にあって信頼しているかたは納得しているのだから良いのでしょう。とはいえ、端から見て不用心だな、とは思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/631

コメント(2)

確かに、リスクを認識せずにいろんな公共空間を仕事場にしているヒトたくさんいますね。

日本にいたころは、居酒屋もかなり危険な空間だなーと思ったものでした。

あー、居酒屋は危険空間ですね
私は放課後に居酒屋で一杯、というのはあまりやらない方ですが...
あと、高層ビルだとエレベーターの中で仕事の話をする人というのも、うかつだなと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月15日 11:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ちょっとおかしい、人気エントリの"英語勉強法"」です。

次のブログ記事は「その売り方は、素人目にもいけない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja