美しい日本語を、学校だけで教えねばならないのですか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

小学校の英語教育に言及するかたによく見られるのが、「そんなことよりも、美しい(正しい)日本語をきちんと教えてほしい」という発言です。
そういわれると、なんとなく「そうだよな、最近の日本語の乱れは目に余るしね」と思っちゃうのが、大きな問題。そうやってそれが実現できるのか、阻害要因は何かを考えなければ、一種の思考停止です。

こうした発言の主は、たとえば小学校での国語の時間を増やすことで、子供たちの日本語の乱れをただすことができると思っているのでしょうか。
少なくとも、英語教育よりも国語を、という発言が要求しているのは、学校教育におけるリソース配分を国語に重点化するように、ということになるはずです。でも、それって本当に有効な解決策になりうるのでしょうか?

誰でも昔は子供だったわけですが、自分が子供のころに使っていた日本語が「美しく」て「正しかった」と言い切れるかたはどれほどでしょうか。私もはっきりとした記憶はありませんが、相当ひどかったであろうことはたしかです。
「いまよりはマシだった」とおっしゃるかもしれませんが、さらに上の年代からはどう見えていたかを考えると、それほど説得力はありません。
子供たちが日常接する日本語は、教師が授業中に使うものばかりではなく、むしろ、友達との会話やテレビの視聴からのものが多いはず。そして親が使う言葉でしょう。
テレビのバラエティ番組はいうに及ばず、多くの親御さんたちは子供の前で「美しく、正しい」日本語を意識して使っているでしょうか。近所の子供のいる前で、乱れた言葉を使わぬように気を遣っているでしょうか。かなりの個人差があると思います。

躾の問題でも同じような構造があるわけですが、親が自分で使えもしない、そして目指してさえいない「美しく、正しい」日本語を、学校で教師が子供に教え込んでくれると期待するのは、あまりにムシの良い話。我が子に汚らしい言葉をさんざんインプットしておいて、浄化は学校任せなんて話はありません。
子供が「美しく、正しい」日本語の使い手になることを望むのなら、まずはバラエティ番組などを見せるのをやめ、家庭内でも使う言葉に気をつけることから始めねばなりません。先ず隗より始めよ、当たり前ですね。事実、私の友人でもきちんとした言葉遣いのできている家の子供は、けっこうちゃんとした日本語の使い手に育っています。
日本語が乱れているとして、それは「子供たちの日本語が乱れている」のではなくて「かなり多くの日本人の日本語が、乱れている(そしてそういう日本語の使い手が、子供を持ち育てている)」のです。

ところで、小学校のうちから「美しく、正しい」日本語を話す子供って、そもそもちょっと不自然じゃありませんか? 子供の言葉なんて流行に踊らされ、仲間内の符帳にあふれていて当然のもの。
どちらかといえば、10代から20代を過ぎるあいだにさまざまな経験を積んで、まともな日本語を学び、身につけてきたのではないかと思うのです。「正しい日本語を」なんていう主張は、それができなかった(と、自分なりに思っている)大人たちが、「これからの子供たちには」と思っているだけの話ではないでしょうか。自分が努力せずに子供に期待しちゃいけませんよ。
そして、この構造って、英語教育に期待するのととてもよく似ていますよね。

教育を語るとき、子供たちにとってのメリットを考える以前に、自分のルサンチマンの代償を求める大人が多いように思えるのです。ゆとり教育だって、当時の大人たちが望んだ結果だったのではありませんか。
あまりお粗末かつ陳腐な理屈で、子供たちを振り回さないようにしたいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/622

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月 8日 23:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小学校英語、結局何をどう教えたいのか」です。

次のブログ記事は「10月8日読了 ~ 「安心社会から信頼社会へ」山岸俊男著(中公新書)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja