小学校英語、結局何をどう教えたいのか

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

下記の記事において、先日の伊吹発言の詳細を読むことができました。

 先日の伊吹発言(公式発表)(女教師ブログ)

まず私も含めてですが、こうした元情報によらずに新聞報道を読んだだけで判断をするのは、やはり危険ですね。
たとえば朝日新聞による「私は必修化する必要は全くないと思う。美しい日本語ができないのに、外国の言葉をやったってダメ」という記事からは、いかにも頑迷な国家主義者が英語教育に反対しているかのような印象を受けます。伊吹氏の本音がどこにあれ、少しかわいそうな報道でしたね。
とはいえ、文部科学省のサイトで読める伊吹氏の発言を見ても、氏が小学校での英語教育にはやはり熱心とはいえないことがうかがえます。

9月29日の伊吹発言を改めて読んでみましょう。下記の発言からは英語の運用力をあくまでもオプションととらえ、さほど重視していないさまが見て取れます。

私は英語教育をやること自体は反対ではないんです。例えばお菓子を食べる、おいしいケーキを食べるということは、余裕があればやればいい。しかし、おいしいケーキや和菓子を食べるということは決して悪いことではないけれども、基本的に体を維持していくために大切なたんぱく質やでんぷん質などが十分体に摂取をされた上で、なお余裕があれば食べればいいのではないかと思います。先ほど言ったように、中央教育審議会で色々な方が色々な立場からご議論なさっているので、その議論を聞かせてもらったら良いし、私は私のご意見をそのときに申し上げたいと思います。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要

国際語としての英語運用能力は、食べなくてもかまわないお菓子ではなく、必須栄養素になりつつあるという認識は、お持ちではないようです。

また、英語教育に慎重であるべき根拠は、次のように示されます。

皆さん同時に学力の低下や、日本語の乱れということも報道されていたりしていらっしゃるわけでしょう。だから僕は記者の皆さんにむしろ伺いたいのだけれども、今の学習指導要領などに決められている時間の配分の中で、英語をやったほうが良いと思いますか?
 そしてもうひとつ、よく検証しておかないといけないのは、今も国際的な感覚を磨くだとか、外国人に触れて外国のものの考え方を聞くとか、そういうことは総合的な学習の時間の中で、現にやっているわけでしょう。英語教育というのは、言葉のニュアンスから見ると、アルファベットから教えるような感覚になってしまうんですよね。外国の人が来て、外国の歴史や自分たちの国の実情を話してくれるのを聞くということは英語教育なのか、これは受け止め方によると思います。
 これはもう、色々な立場で意見が違いますから、私は私の意見を押し付けるつもりはありません。国会の場で皆で教育基本法改正の議論をして、各々の価値観、判断を出し合って、国民の前にさらして理解していただき、皆さんにも報道していただきたいと申し上げているのと同じことです。英語教育は悪いとは僕は言わないけれども、優先順位を考えるとどうなのかなということです。余談ですが、私の子どもは英国で生まれて3つまで英国で育ったけれど、日本に帰ってきて1ヶ月もしたら、英語なんて全然話さなくなってしまった。人格形成や基本的な素養を身につけさせる中で、国際感覚を磨くとか外国の文化に触れるとか、そういうチャンスを小学校で何らかの形で設けるというような打ち出しであれば、非常に良いですね。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要

3歳まで英国で暮らしたけれど1ヶ月で英語を忘れたという伊吹氏のお子さんが、いったい何を立証しているのか不明で(少なくとも、小学校高学年において英語教育に時間を割く優先度が低いことの証明には、なっていません)、こうした無関係の事例をとりあげて議論を煙に巻くのは、そこら中で"オトナ"が良くやっていること。たしかに「意見を押し付け」てはいませんが、無用なエピソードで議論をすり替えようとするのは、こうして読むととてもいやらしく感じられるものです。

冒頭ブログのリンクをたどって、改めて2006年3月に出された中教審の提言(リンク先PDF文書)を読んでみました。
内容としては、スキルとしての英語よりも、異文化を理解する国際コミュニケーション力の醸成が目的であること、その中で、必要な英語のスキルについても教えることが、ここでいう小学校での英語教育であるようです。
ちなみにこの提言、たった24ページのものなので、このテーマに関心のあるかたは読んでおいて損はないと思います。

現実場面を考えると、たとえば異文化に触れるといっても全てを日本語で行うのでは、社会科の授業とあまり代わり映えしません。提言の主旨である国際コミュニケーション力の醸成を考えるならば、外国語を使ってみる、という活動は不可欠でしょう。
けれど、根本的に「ABC」が読めも書けもしない子供たちが、どうやって英語でのコミュニケーションを体験するのでしょう。提言の中でも、挨拶や簡単な会話などの言語活動が必要であることが述べられています。リンゴの絵を示して、下にカタカナで「アッポー」とか書いて読ませるのでもない限り、やはり授業のどこかでアルファベットを教えることは必要であり、「I」は「わたし」であり「apple」は「りんご」であることを知る必要があるのです。なんのことはない、中学一年生の英語の授業がスライドしてくるわけ。

小学校での英語教育が、英語そのもののスキルを目的としないといっても、最低限のスキル(アルファベットの判別ができるとか、単語という概念を持つこと)が不要なわけではありません。
伊吹氏は「英語教育というのは、言葉のニュアンスから見ると、アルファベットから教えるような感覚になってしまうんですよね。」と否定的に取り上げますが、アルファベットを一切教えずして、英語を母国語とする人とどんなコミュニケーションが可能なのか、教育の現場は困ってしまうのではないでしょうか。
提言の内容、文部科学大臣の言葉、そして実際の教室で行われるであろうこととには、とても大きな距離がありますし、そこで苦労するのは教師たちであり、誰よりも子供たちです。

日本人として生きていく最低限の素養が十分身についているならば、そして色々な文化、違う民族の人の文化を理解する態度を養うとか、そういう趣旨であれば、小学校の中でやっても良いし、アルファベットから会話を教えるということまでやるということであれば、それは日本人として生きていく最低限の素養をマスターした上でやった方が良いのではないかということです。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要
伊吹氏はこうもいいますが、「日本人として生きていく最低限の素養」をどう定義するかによっては、高校生や大学生だって英語を学んでは行けなくなってしまうじゃないか、社会人の英会話教室通いも論外、ということになりませんかね。その気もないのに、「もう一段高いレベルの仕事ができるようになったら、昇格を考えるよ」などというのと同じ。ムービングターゲットは、蜃気楼のようにいつまで経っても到達できないものです。

英語のスキル教育と、国際コミュニケーション力とは、分離して片方だけを教えられるものではありません(まあ、中国語やスペイン語でも可能ですが、いずれにせよ外国語のスキル教育とは不可分です)。
それを無理矢理観念の中で区分して、一方は認めるけど、もう一方には賛成できない、という発言をこの大臣はしているわけです(中教審の提言は、不可分であることを認めた上で、どちらが目的であるかを明確にしているに過ぎない)。結果としては、分離できない以上はどちらも実行できない、というのが結論にならざるを得ません。
いってみれば、伊吹氏は提言の内容を指示する体裁は整えつつも、それが実行不可能な環境作りを狙っているように思えるのです。この人物、やはり文部科学大臣として教育改革の担い手とするには、不安が大きいのですがいかがでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/619

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月 6日 22:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コダックのイメージパックCD」です。

次のブログ記事は「美しい日本語を、学校だけで教えねばならないのですか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja