コダックのイメージパックCD

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日、実に久しぶりにポジフィルムでの写真撮影をしました。
使ったフィルムは富士のプロビアで、このフィルムを使うのは初めてでした(フィルムを使っていた時には、価格が安かったこともありコダックのダイナハイカラーばかりでした)。

撮ったは良いのですが、フィルムのままではWEBで使うことができません。
フィルムスキャナはSCSI接続のもので、今手持ちのPCでは動きませんし、ニコンのデジタルカメラアクセサリのフィルム撮影用アダプタは両端がトリミングされてしまいます(私はけっこう3:2の画面全体を使ったフレーミングが好きなので)。

そんなわけで、現像と同時にコダックのイメージパックCDサービスを利用してみました。以前はプロフォトCDと呼ばれていたものです。
普通のフォトCDでも良かったのですが、長辺1536ピクセルの4BASEまでしかなく、サービスサイズくらいまでの印刷にしか耐えられないのは少々不満。長辺3072ピクセルの16BASEまで使えるイメージパックCDにしたわけです。

ただしこのサービス、値段がちょっと張ります。
今回は36枚撮りフィルム2本をスキャン、保存して約1万円ほどかかりました。基本料金と新規ディスク代が合計で1050円、ポジフィルムからの書き込み料金が1カット126円です。ちなみに業務用の64BASE(長辺6144ピクセル)だと1カットあたり2625円。
フィルム代が約1000円ですから、現像代も含めてざっくりと6~7000円かかるわけですね。おおざっぱには一コマあたり200円となります。
とはいえ、久々に使ったポジフィルムでの青空の色は、やはりデジタルではなかなか表現できない発色と階調。フィルムにこだわって撮り続けるカメラマンが多いのも頷けます。

このイメージパックCDにはもうひとつの問題があって、色空間をきちんとあわせて開くにはPhotoshopが必要。
まあ、IrfanViewなどでも開くことはできますから、フィルムと見比べながら色を調整することは可能ですが、手間が少ないのは助かります。けれど、もともともっていたから良いようなものの(それでもバージョンは5.5のままですが)、この画像のためだけにPhotoshopを買う気にはさすがにならないでしょうね。

値段が高くて開くにはPhotoshoが必要という、いささか敷居の高いサービスですが、結果にはかなり満足しています。
これから先も、ときおりフィルムを使うことになるでしょうが、スキャナを使って一枚一枚自分で取り込む手間と仕上がりを考えると、十分に見合う価値はありそう。
とはいえ、過去に撮り貯めたフィルムを全てスキャンして保存するとなると、数十万円かかってしまいます。いっぺんには無理ですが、気に入ったものから少しずつやっていけばよいかな、と思っています。月に1、2本なら、なんとかお小遣いの範囲でやれますしね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/618

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月 5日 22:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「英語教育を阻止すれば、"美しい"日本語は身につくのか」です。

次のブログ記事は「小学校英語、結局何をどう教えたいのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja