10月8日読了 ~ 「安心社会から信頼社会へ」山岸俊男著(中公新書)

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

少し前に出ていた本ですが、糸井重里氏が話題に取り上げたことで書店に平積みされているのが目にとまりました。
日本は集団主義的で相互の信頼が強く、一方個人主義的な米国では相互の不信感が強い、という一般的な思い込みの否定から始まって、他社を信頼することとは何か、信頼に関する人の行動を決定する要因は何かを、数々の実験の積み重ねによって解き明かしています。
経済や政治のローバル化、社会のさまざまな場面での流動性の拡大など、これまでの「安心社会」がそのコスト(機会費用)を高めつつある中で、社会の成因は新たな行動を身につけ、適応するでしょう。それが「信頼社会」に向かうという指摘は、妥当なものであるように思われます。

著者の記述は、何が良くて何が悪いといった価値判断をしっかりと排除した、非常にバランスの取れたものです。
昨今粗製濫造される新書本に見られる、若者やら中高年を悪者に仕立てて鬱憤を晴らすといった志の低い本ではありません。その分、読んでスッキリしない読者も多いかもしれませんが、こうした本を通じて「信頼」「安心」といった概念についての理解を深め、個々の問題について考えることはとても有益なものと考えます。
もちろん、著者は日本社会がどうなっても成り行きでよい、といっているのではありません。現在見られる多くの変化要因から見て、「安心」をベースにした社会から「信頼」をベースにした社会へと変わっていくことが合理的であろうという見解は、首尾一貫したものです。

とはいえ、こうした分化、あるいは行動パターンは、個々人が意図的に選び取っているというより、社会全体としての適応結果が個人の行動を規定し、同時に個々人の言動がそれを強化するという循環によって形成されたものと著者は指摘します。
したがって、これを意図的に変えることが極めて困難であろうことは、想像に難くありません。個人の立場からは不可能にさえ思えます。長年の積み重ねの中で、「いまのこのやり方が合理的なのだ」という信念ができあがっている以上、それを変えるにはよほどのショックが必要です。ゆでガエルのたとえどおり、緩やかな変化は組織の変化スピードを遅らせこそすれ、早めることはあまりありません。ましてや、社会全般ともなればなおさらのことです。

昨今、たとえばはてなブックマークなどで「空気を読む」といった内容を含むブログエントリが多くのブックマークを得ているのを見ると、若いかたがたにとっては組織内・集団での人間関係を読みとること(すなわち、集団内での「安心」を高める行動)が未だに大きな課題であることが感じ取れます。
明らかに場違いな言動はともかくとして、その場の人間関係を壊さずに本音はどうあれ「空気」にそった言動を選択することが合理的であるとすれば、多くの場は未だに「安心」をベースにしているのでしょう。けれど、こうしたスキルが話題になるということは、それを身につける訓練が、自然にはなされてこなかったことを示しています。
これはとりもなおさず、社会にとって「安心」をベースにしたコミュニティが有効性を失いつつあること(機会費用が高いと認識されつつあること)の表れと見ることもできます。

著者の指摘どおり、旧来日本でうまく機能してきた組織のありようや個人の行動原理は、休息に有効性を失いつつあります。
すでに会社組織の中でも「○○一家」的な価値観は古くさいものですし、出身地とか大学といった属性で人を囲い込んだり判断したりといったことも減ってきているでしょう。上述したとおり社会を意図的に変えようとするのは困難ですが、構成員の変化や環境変化によって少しずつ変わっていくことは、止められません。
若いかたがたは、中高年の真似をして「空気を読む」訓練(本書でいう「地図型知性」の鍛錬)に熱心になるよりも、「ヘッドライト型知性」を磨くことに注力した方が得策であるように思えます。
顔の見えないネットは、そもそも「地図型知性」の有効性が働きにくい環境です。そこでブログのエントリやブックマークコメントなどを手がかりとした判断スキルを磨いているのですし、それを高めていくことが組織における影響力を確保することにつながっていくのではないでしょうか。わざわざ、中高年の得意な土俵(「地図型知性」を磨いて「コミットメント型組織」を強化すること)に飛び込むことはないはずです。

そんなわけで、私のおすすめは「空気なんか読むな」ということになるのかな。
空気なんか読まなくたって、会社組織の中でそれなりに評価され、役割を果たしていくことは十分に可能ですよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/625

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月11日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美しい日本語を、学校だけで教えねばならないのですか?」です。

次のブログ記事は「ちょっとおかしい、人気エントリの"英語勉強法"」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja